20代の転職を成功させる4つのコツ。徹底分析が失敗回避のカギ!

「せっかく入社した会社だけど、合わないかも・・・」
「仕事や人間関係が、頑張ってもうまくいかない」

こんな悩みから「転職したい」と考える20代は多いもの。

20代の転職には、大きなメリットもあれば、見落としがちなデメリットもあります。転職を成功させるためには、ポイントを押さえた行動が肝心です。

この記事では、「20代の転職」におけるメリット・デメリット、そして20代の転職を成功させるにはどうすればよいか、ポイントを分かりやすく解説します。

記事を読むことで「20代の転職」についての実態やコツを掴むことができますので、ぜひ活用してください。

20代で転職するメリット。未経験分野にも挑戦しやすい!

まずは、他の年代ではなく「20代」で転職することのメリットについて見ていきましょう。

メリット1:第二新卒が狙える

「第二新卒」とは、新卒入社後だいたい3年以内の退職・転職者を指す言葉です。

法律用語ではないので厳格な規定はありませんが、一般的には大学卒業後すぐに就職し、1〜3年の間に退職した人(おおむね25歳まで)が「第二新卒」と呼ばれます。

どうして企業は、第二新卒を歓迎するんですか?
第二新卒の人材は、企業にとってもメリットが大きいんです。

社会人経験のある第二新卒なら、すでにビジネスマナーの基礎が身についているはず。新卒者よりも教育コストがかからず、短期間で即戦力になれるのが、企業にとって魅力なのです。

第二新卒の転職についてもっと詳しく知りたい人は、次の記事も読んでみてください。

メリット2:未経験の分野に挑戦しやすい

第二新卒に当てはまらない人でも、20代なら「未経験の仕事に挑戦しやすい」というメリットがあります。

中途採用者には即戦力としてのスキルが求められることが多いですが、20代の若手の場合は、将来性やポテンシャル(潜在能力)への期待から採用される可能性が高くなります。

20代なら、初めての分野や未経験の職業にもチャレンジしやすいのです。

メリット3:収入アップの可能性が高い

厚生労働省が発表した「平成27年 転職者実態調査」によると、「転職後、前職よりも給料が上がった」と答えた人の割合は、年齢が若い人のほうが高い傾向にあります。

20代のうちに転職を行うことで、収入や待遇がアップする可能性が高まると言えるでしょう。

ただし、これはあくまでも傾向です。必ずしも転職が収入アップにつながるというわけではなく、当たり前ですが、何歳で転職して収入が減る人もいれば増える人もいます。

無理にでも「20代のうちに転職しなきゃ」と焦ってしまうのはNG。

自分にとって本当に転職が必要かどうか、慎重に考えましょう。

20代で転職するデメリット:「すぐ辞めそう」と思われがち

20代の転職には、その年代ならではのデメリットもあります。

デメリット1:「すぐやめそう」と疑われる

20代の中でも入社後1年未満で離職している人の場合、企業から見れば転職者というより「短期離職者」というイメージが強くなります。

採用担当者は応募者の複雑な背景を知ることができないので、書類選考の時点で「忍耐力がないのでは?」「本人に何か問題があるのでは?」と思われ、敬遠されてしまうことも多いのです。

採用担当者にとって最も不安なのは、「雇ってもすぐに辞めてしまうのではないだろうか」ということ。

こうした誤解を招かないために、応募書類や面接では、採用担当者に納得・安心してもらえる前向きな退職理由を準備しておきましょう。

デメリット2:経験者が有利な場合もある

若手はポテンシャル採用してもらえる可能性が高い……とはいえ、やはり本来の転職市場では、基本的に経験豊富な人が有利です。

中途採用を行う場合、企業の多くはある程度のスキルを持つ即戦力を求めます。

今の職場に大きな不満もないのに「3年以内に転職しないと損だ」と思い込み、無理やり動いてしまうのは損かもしれません。

デメリット3:ビジネスマナーを知らないと厳しい

若手とはいえ、一度は社会人として働いた経験があることが、転職者の特徴です。

年齢が若くても、仕事の基礎知識やビジネスマナーは「身についていて当然のもの」と見なされます。

逆にここが身についていない人にとっては、転職市場は厳しいものです。転職エージェントに登録すると受けられる無料のビジネスマナー講座も増えていますので、それらを活用して身につけておきましょう。

退職金への影響や、転職を繰り返すリスクも考慮して

他にも、20代の転職にはいろいろなリスクが付き物です。

たとえば、新卒から定年まで勤め上げる人に比べると、昇進・昇給・退職金などの扱いに差がつくケースもあります。

また、転職の目的を明確にしないまま勢いで次の職場を選んでしまうと、また「イメージと違った」と悩んで転職を繰り返すことにもなりかねません。

転職活動を行う際は、本当に自分に合った職場・環境を選び取れるように、労働条件や自分の目的・キャリアプランをしっかりと確認しておきましょう。

転職先についてだけでなく、今の仕事や職場についても、改めてメリット・デメリットを見直してみると良いでしょう。
えっ、どうしてですか? 今の仕事が合わないからこそ、転職したいんですけど。
自分では「合わない」と感じていても、もしかしたら単に「慣れていない」だけかもしれません。その場合、仕事の楽しさが分かる前に見切りをつけてしまうのはもったいないですよ。

20代でも我慢せず転職した方がいい3つの場合とは

もし上記のようなデメリットがあっても、「迷わず転職すべき」と言えるケースもあります。

迷わず転職したほうが良いケース
  • パワハラやモラハラが横行している
  • ストレスで体調を崩してしまった
  • 精神の不調が生活に支障を及ぼしている

人間関係にしろ業務内容にしろ、心身が参ってしまうほどの負担がかかっているのであれば、転職(もしくは休職)をぜひ視野に入れてみてください。

また、今の職場ではできない分野の仕事を「どうしてもやりたい」と感じている場合も、未経験からチャレンジしやすい20代のうちに転職活動を進めていきましょう。

20代の転職を成功させる4つのポイント。具体的にどうすればいい?

次に、20代の転職を成功に導く4つのポイントをご紹介します。

ポイント1:自己分析をきちんと行う

まず、「転職の理由」について客観的に見つめ直し、転職以外の選択肢がないかを探ってみましょう。

「なぜ辞めたいのか(辞めなくてはいけないのか)」、現状の何が不満なのかをはっきりさせることが大切です。

仕事の悩みを解決する方法は、転職以外にもあります。周囲に相談する、別の部署へ異動する、オンとオフのメリハリをつける、といった手段が使えないかどうか、客観的に見つめ直すのは大切なステップです。

転職の理由と解決策について考えることは、次の職場探しのヒントにもなります。

転職する目的をしっかり把握することで、自分の希望条件が明確になり、志望動機を語る際にも自然な言葉が出てきます。

ポイント2:求められていることを知る

20代の転職者に求められていることを、きちんと把握し、意識しましょう。

どんな応募者が好まれるのかは企業によってさまざまですが、多くの場合20代の転職者に期待されているのは、次のようなことです。

20代の転職者に期待されていること
  • 熱い意欲やポテンシャルを発揮してほしい
  • 若年層ならではの柔軟性や適応力がほしい
  • 社内の雰囲気を活性化してほしい
  • 新卒教育にかける時間やコストを削減したい

企業のニーズと自分のスキルや資質がしっかりマッチしていることをアピールできれば、採用される可能性はグッと高まります。

企業が何を求めているか、自分にどんな資質があるのか、といったことを把握するためには、少し面倒でも自己分析・企業分析をきちんと行うのが一番です。

ポイント3:在職中に転職活動を始める

もしもあなたがまだ在職中であるならば、可能なかぎり、今の職場で働きながら転職活動をスタートしましょう。

働きながらの転職活動は、時間のやりくりが大変で避けたいように感じるかもしれません。ですが、転職活動は収入がある状態で行うほうが冷静に進められます。

無収入の状態で求職活動をしていると、「早く次を決めなければ」という焦りから、条件の悪い職場に飛びついてしまうことがあります。

せっかく頑張って転職したのに、結局合わなくてまた転職……という負のスパイラルに陥らないためにも、心に余裕を持って臨める「在職中の転職活動」がおすすめです。

ポイント4:甘い言葉に釣られない

「これぞ」という求人募集を見つけたら、応募する前に内容をくまなくチェックしましょう。

とくに「未経験でも簡単・高収入」といった甘い言葉には要注意。全てではないものの、そうした募集の中に求人詐欺と呼ばれる詐欺案件が含まれている場合があります。

スキルや経験が伴わないのに、給与や待遇が良すぎる広告は、「なぜこんなに条件が良いのだろうか?」と立ち止まって考えることが大切です。

求人詐欺について詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

20代の転職におすすめの転職サイト・エージェント

20代の転職を成功させるポイントについて、さまざまな面からご紹介してきました。

ここまで読んで「自分の強みが分からない」「自己分析や企業分析ってどうやったらいいの?」と感じた人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、転職エージェントというサービスです。

転職エージェントとは、転職に詳しいアドバイザーに相談できるサービスのこと。
キャリアプランの相談や仕事の紹介、面接対策、書類の書き方アドバイスなど、転職に関するさまざまなサポートを無料で受けることができます。
どうして無料なんですか?
転職が成功した際には、企業から転職エージェントに手数料や紹介料が支払われます。だから、求職者側は無料で利用できるんです。

20代の転職、とくに第二新卒での転職には、その分野に強い転職サイト・転職エージェントを活用することがおすすめです。なぜなら、通常の転職市場ではよりベテランに近い経験者が圧倒的に有利になるため。

でも20代・第二新卒向けの転職サイト・エージェントなら、そうした世代を積極的に採用する企業の情報が集まっており、効率的な転職活動を行えます。

20代の転職に強い転職サイト・エージェントは、次のとおりです。

20代の転職に強い転職サイト・エージェント
サイト名 特徴
DYM就職 ・書類選考なしで面接可能
・地方在住者でも利用可能
・18~35歳の既卒、第二新卒、社会人経験がない人向け
ハタラクティブ ・内定率約80%
・経歴、学歴、スキルを問わない
・既卒、フリーター、社会人経験がない人向け(20代中心)
マイナビジョブ20’s ・未経験OKの求人が豊富
・第二新卒、20代の若手専門
・関東・関西・東海中心
かつやくカレッジ ・20代の第二新卒、既卒、フリーター向け
・ビジネスマナーや実務を学べる研修型
・研修(カレッジ)型転職エージェント
ジェイック ・20代の第二新卒、フリーター、大学中退者などが対象
・アルバイト経験のみでも正社員を目指しやすい
・就活講座終了後、書類選考なしで約20社の企業と面接できる
就職shop ・書類選考なしで面接可能
・大手リクルートキャリアが運営
・既卒、第二新卒、フリーター向け
ウズキャリ ・ITエンジニアなどの無料の研修サービスあり
・初回2時間カウンセリングなど、丁寧なサポート
・既卒、第二新卒、フリーター、社会人経験がない20代向け

各エージェントごとに特徴や得意分野が異なります。自分のキャリアや現状、目指す仕事内容などに合うサービスを2〜3つ選んで併用するのがおすすめです。

20代ならではのポイントを押さえ、転職を成功させよう!

20代の転職には、その年代ならではのメリットやデメリットがあります。

第二新卒や未経験の仕事や業界に挑戦しやすいメリットを活かし、「すぐ辞めそう」と思われてしまうデメリットを克服するために、転職を成功させるポイントをしっかり押さえて動きましょう。

具体的には、改めて自己分析をしてみること。転職の理由やどんな会社に入りたいのかを明確にすることが重要です。

また、焦って合わない会社を選び、転職を繰り返す……というリスクを減らすため、できれば働きながら転職活動を行うのがベストです。

20代に強い転職サイトやエージェントも活用し、希望どおりの転職を成功させていきましょう!

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月2日 15:00 求人更新