キャリアプランとは?その意味と選考での回答方法を紹介(例文つき)

キャリアプランとは?その意味と選考での回答方法を紹介(例文つき)

転職の面接・書類選考で「これからのキャリアプランをお聞かせください」や「5年後、あなたはどうなっていたいですか?」と聞かれた場合、あなたは答えられますか。

キャリアプランとは、仕事における最終目標までの過程を計画するという意味です。

大切なのは、仕事での目標を立てて現在の自分に「必要なこと」や「やるべきこと」を明確にすること。

面接や応募書類でキャリアプランについて答える際は、採用担当者の意図を理解して具体的に答えられるようにしておきましょう。

この記事では、キャリアプランの答え方や立て方を説明しています。また、キャリアプランの例文も紹介しているので、参考にしてください。

キャリアプランとは?キャリアビジョンとの違いも説明

キャリアプランとは、仕事での最終目標を実現するまでの過程を段階的に計画すること。

「仕事を通じて成長したい」など漠然としたものではなく、「この仕事を通じて○○を学び、それを△△に活かしたい」という具体的な目標を設定しましょう。

また、「どのくらいの収入を目指すのか」「どこまで昇進したいのか」なども、キャリアプランだと考えられます。

転職活動を始める前に、これからのキャリアを考えてみましょう。

キャリアプランと似た言葉に、「キャリアビジョン」があります。

「キャリアビジョン」とは、あなたが持つ仕事での最終目標のこと。キャリアビジョンを実現するための「過程」がキャリアプランなのです。

キャリアプランとキャリアビジョンは、微妙に違う意味なんですね。

面接で「キャリアビジョン」について聞かれたときは、理想像だけ答えればいいんでしょうか?

ただ理想像を答えるだけでは、あなたの熱意が伝わらない可能性があります。

キャリアビジョンを実現するために、あなたが何をしているか伝えてください。

次の章を読んで、キャリアプランの質問に答える準備をしていきましょう。

【例文あり】面接などでキャリアプランを聞かれた際の答え方・書き方

採用担当者があなたのキャリアプランを聞くのは、応募者が「企業と方向性がマッチしているか」と「目的に向かう行動力があるか」を確認するためです。

この章では、面接でキャリアプランを答えるときのポイントを紹介します。また、応募書類へのキャリアプランの書き方も説明するので、参考にしてください。

面接でキャリアプランを答える際のポイント4つ!目標に向かう行動力が大切

面接でキャリアプランを答える際のポイントは、次のとおり。

キャリアプランを答えるときのポイント
  • 応募企業であなたのキャリアプランが実現できる
  • あなたのスキルや経験が応募企業で貢献できる
  • 仕事での明確な目的を持っている
  • 目標に向けて具体的な行動をしている

これらを満たした上で「どんな仕事をしたいか」または「どんな立場になりたいか」を具体的に答えられるようにしてください。

明確な目標を持っていると、仕事に対するモチベーションを伝えることができます。

また、今までの経験や持っているスキルが転職先で活かせることも。応募企業が求めているものは何かを調べて、ニーズに合ったスキル・経験をアピールしましょう。

私、目標のために何もできていません・・・。
やっていないことを言う必要はありません。

ただ、目標のためにどんな努力をしているのか答えられると、あなたのキャリアプランに説得力が増しますよ。

面接におけるキャリアプランの例文を紹介!段階的に目標を設定しよう

次に、面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例を紹介します。

面接でキャリアビジョンを聞かれたときの回答例
私は3年後までに企画部に配属されたいと思います。そこで、よりお客様が魅力的と感じる旅行プランを提案し、「この会社だからこそ出来るツアーだね」と言われるようなツアーを作成したいです。

そのため、前職が接客業だったことを活かし、まずはカウンター業務で生のお客様の声や希望を聞き、「本当にお客様が求めているものは何か」を知ることが大切だと思います。

また、ほかのツアーで紹介されていないディープな場所をご紹介できるよう、観光地を深く知るために京都検定などの資格取得も行います。

企画部では、カウンター業務で聞いたお客様の意見を反映させ、新しいツアー商品の開発によって顧客の満足度アップに努めたいです。

そのために、常にアンテナを張りながら業務に努めて行きたいと思っております。

この例文の場合は、前職が接客業という強みを使いつつ、将来的にはツアーを企画したいというプランに向けてどうしていくのかを答えています。

キャリアプランの回答を準備する際には、例文を参考に目標までの過程を具体的しましょう。

キャリアプランを書く場合、限られた文字でどうまとめるかが重要

面接だけでなく、応募書類にキャリアプランを聞かれる場合があります。

応募書類でのキャリアプランの書き方は、面接で答えるものと同じで問題ありません。

ただし、応募企業によっては400文字~600文字など短い文章でまとめなければいけないので、「何を残し、何を省くか」が大切。

目標を達成するために欠かせないことを残し、途中の細かい過程は省きましょう。

面接で聞かれたら、省いた部分について詳しく答えてくださいね。

キャリアプランが思いつかない人のために立て方を紹介します

ここまで、「キャリアプランの意味」と「面接や書類でのキャリアプランの伝え方」を紹介しました。

しかし、「キャリアプランの立て方が分からない」と悩んでいる人もいますよね。

この章では、キャリアプランの立て方を2つ紹介します。

まず仕事での最終目標を考えてから、逆算して具体的な短期目標を立てる

キャリアプランを立てるために第一にやることは「仕事を通して、自分がどうなりたいか」という目標を持つこと。

その後、目標を達成するために「いつまでに何をするか」を逆算してください。

やりたいことや昇進するために「今何を学ぶべきなのか」を考えると、具体的なプランが分かり、応募企業で実現できるのか見えるのです。

応募先の先輩の経歴を参考にして入社後の自分を想像しよう

転職サイトや、応募したい企業のホームページなどに「先輩社員の経歴」が掲載されていることがあります。

応募企業で働く人たちの経歴を読んで、入社後の自分の姿を想像してみましょう。

先輩の経歴が自分に合っていると思ったら、それを参考にキャリアプランを立てることができますよね。

希望する企業に経歴例が載っていない場合は、「希望する企業と方向性が近い企業」や「希望する仕事と同職種がある企業」のサイトなどを見てみましょう。

そもそも仕事でどうなりたいとか、何をしたいとか、僕にはありません・・・。
「自分のしたいことが分からない」という人もいますよね。そんな場合は、一度自己分析をしてみましょう。

自分の長所や得意なことなどを紙に書き出すと、本当にやりたいことが分かる可能性がありますよ。

自己分析の方法は次の記事で説明しています。

面接や応募書類で答えられるようにキャリアプランを立てておこう

転職活動中、キャリアプランについて聞かれることは珍しくありません。

何も準備しておかないと、いざ聞かれたときにドキッとしてしまいますよね。当記事を参考に、きちんと答えられるように準備しておきましょう。

キャリアプランで大切なのは、現実的かつ具体的な目標を立てること。

また、目標に向かうために今どんな努力をしているかを伝えると、キャリアプランに説得力を持たせられますよ。

自分の方向性を決めるためにも、採用試験で意欲や行動力をアピールするためにも、事前に「キャリアプラン」を立てるのがおすすめです。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
2月20日 05:03 求人更新