面接官がうなる!転職面接で効果的なキャリアプランの例文と書き方

面接官がうなる!転職面接で効果的なキャリアプランの例文と書き方

一度入社したら定年まで勤めることが基本だった時代と違い、今は転職も当たり前、という時代。

だからこそ、転職活動時の面接では「どのようなキャリアプランを考えていますか?」という質問がなされます。

新しい環境で仕事をする上で、具体的にどのような自分になりたいのかを「キャリアプラン」として明確に伝えるために、何が必要なのでしょうか。

面接を超えるカギとも言える、このキャリアプランについて今回は解説していきたいと思います。

転職時に聞かれやすい「キャリアプラン」って一体何?

面接などで必ずといっていいほど聞かれ、友人同士の話題としても出てくることさえある「キャリアプラン」。

ここ数年の間に浸透したイメージも強いですが、そもそもキャリアプランってどのようなことを言うのかイマイチわからないという方や、なんとなくわかってはいるけれど正直自信ない!という方もいるかもしれません。

もちろんそんなの知ってるよ!という方も多いとは思いますが、ここで一度改めて「キャリアプラン」とは何か、を考えてみませんか?

「キャリアプラン」とは「仕事を通じて描く未来の自分」

キャリアプランとは、「仕事を通して、自分がどのような人間になりたいか」「最終的にどのような仕事につなげたいか」、という、仕事を通じて描く未来の自分…と考えていいかもしれません。

ただ、「仕事を通じてこうなりたい」とふんわりしたものではなく、「この仕事を通じて○○を学び、それを△△に活かしたい」というような具体的な目標として設定するものです。

キャリアプランとして

  • どのような仕事(内容)をしていきたいか
  • どのような立場になりたいのか
  • 自分の経験を活かし、どのように会社に貢献していきたいのか

は必ず必要と言っても過言ではありません。

また、これだけではなく「どのくらいの収入を目指すのか」「最終的に独立したいのか」といったものもキャリアプランの一部となりえます。

キャリアプランと似ているこの言葉達、その違いは?

キャリアプランの説明をさせていただきましたが、世の中には非常にキャリアプランと似ている言葉達があります。

一つ目は「キャリアパス」です。

キャリアプランと非常に似ているイメージがありますが、キャリアプランは先程説明したとおり仕事を通じて描く未来の自分です。

対して「キャリアパス」は「キャリアアップの道筋」と言っていいでしょう。

例えば会社である地位に就きたいと考えた時、どのようなスキルが必要でどのような部署で経験を積むべきか…という道筋(パス)を明確にしたものがキャリアパスです。

キャリアパスは企業が人材を育成する際に利用することも多く、キャリアプランが独立や転職なども含めて考えるものとすれば、「その企業の中での道筋」として使われやすいと言えるでしょう。

次に「キャリアビジョン」です。ビジョンとプラン、日本語にするとビジョンは「視野」や「未来像」といったもの、プランは「計画」となり、その時点でも違うことはおわかりいただけるかと思います。

キャリアビジョンはキャリアプランと同じように使われることもあるのですが、この2つは密接に関係しているものとも言えます。

キャリアビジョンは「こうなりたいなと思う自分の理想の姿」です。

例えばキャリアビジョンとして「海外で翻訳者として活躍し、訳書を10冊出している自分」を例にしましょう。となると、そのような自分になるためにどうすればいいのか?それをある程度の機関で区切り目標としているのが「キャリアプラン」です。

似ていますがどの言葉も微妙に違うものを指しているんですね。

面接で「キャリアビジョン」を聞かれた時は理想像だけの回答でもいいのでしょうか?

面接で聞かれた場合、キャリアビジョンにキャリアプランが含まれている可能性も十分にあります。

ただ夢を語るだけでは面接官に伝わりづらいので、きちんとそこに向かうためにどうしたいのかも合わせて答えることが望ましいですね。

面接時のキャリアプランの質問について知っておきたい知識とは

面接時、必ずといっていいほど聞かれる「キャリアプラン(あるいはキャリアビジョン)について」。

「○年後、自分はどうなっていたいと思いますか?」「今後のキャリアプランを教えて下さい」など、転職活動をしていれば聞かれたことはない、という方はいないでしょう。

しかしどうして企業はキャリアプランを質問しようとするのでしょうか?

そこにどのような意図があるのかを知ることで、より的確な回答ができ、採用担当者を「おっ」と思わせることが出来るかもしれません。

どうしてキャリアプランの質問をするの?その意図は?

なぜ企業がキャリアプランについて必ずといっていいほど質問をするのか。その理由は

  • 応募した企業(自社)でそのプランに沿ったことが出来るか
  • 仕事を通じてこうなりたいという明確な方向性を持っているか
  • 「こうなりたい」という目標に向けて何かしらの努力を行っているか
  • その上で、会社に貢献できそうな人物かどうか

を判断するためです。

同じような能力である場合、「5年後にはマネージャーとなり人を統括する立場でありたい」と明確に目標を持っている人間と、方向性が定まっておらず「とりあえずこうできたらいいな…」と考えている人間であれば、当然ながら前者の方が魅力的な人間に思えます。

「前職の経験を活かしてチャレンジしたい」と考えて転職活動を行う方も多いですが、

「チャレンジしてどうなりたいのか(ビジョン)」

「そのためにどういう働き方をしていくか(プラン)」

を面接で話すことができないと、面接官もあなたという人間を把握することが難しいというわけです。

キャリアプランについて聞かれた際、こう答えたらいいという例を知りたい

それでは、具体的にどのような回答をすれば好印象になるのでしょうか?

ひとつ例文をご紹介しましょう。

私は10年後には企画部にて、よりお客様が魅力的と感じる旅行プランをご提案し、「この会社だからこそ出来るツアーだね」と言われるような、看板商品と言われるようなツアーを作成したいと考えています。

そのため、前職が接客業だったことを活かし、まずはカウンターにて生のお客様の声や希望を聞き、「本当にお客様が求めているものは何なのか」を知ることが大切だと思っています。

また、それと合わせてまだツアーなどにも紹介されていないよりディープな場所をご紹介出来るよう、京都検定などより観光地を深く知るための資格取得も行って参ります。

キャリアアップへの努力も忘れず、企画部に入ることができましたらカウンター業務で得たお客様の生の声をしっかりと活かしたツアー商品を開発し、御社の顧客の新規開拓に努めて参りたいと考えています。

そのためにもしっかりとアンテナを張りながら業務に努めて行きたいと思っております。

前職が接客業という強みを使いつつ、将来的にはツアーを企画したいというプランに向けてどのように行動して行きたいか、努力をするかと含めています。

あくまでこれは例ですので、実際自分の描き出すビジョンがあればもっと具体的、かつ説得力のあるものが作れるかと思います。

確かに、具体性のない目標を持っていても「じゃあそのためにどんな努力を?」と言われたら答えられないですよね。

頼りにならない印象も受けてしまいますし…。

新卒なら多少頼りない部分があっても今後の経験などでカバー出来るかも、と見ている採用担当者もいるでしょう。

しかし転職となると前職の経験からどのように今回の転職に繋げるのか、キャリアアップをどう図るのかをしっかり説明出来ないと厳しいでしょうね。

質問されても迷わない!キャリアプランの考え方

ここまでのトピックで、「キャリアプランとは何か」「どのように面接で回答するべきか」という点についてお伝えしてきましたが、「そもそもキャリアプランはどのように作ったらいいんだろう」と悩む方も少なくありません。

ふんわりした目標はあるものの、どのように考えたらいいのか、どのように書いたらいいのか…ココで詰まってしまう!という方もいるかと思います。

そこで最後のこのトピックでは、キャリアプランの考え方について解説していきたいと思います。

「キャリアビジョン」をまず考え、そこから逆算する

まずは「自分がどうなりたいか」というキャリアビジョンを出しましょう。

その後、「そのためには何年間でどうすることが必要か」と逆算していくのです。

例えばチーフマネージャーになりたい、というビジョンがあるとしましょう。

最初はスタッフとして、そこからスタッフリーダーになり、マネージャーになり、チーフマネージャーに…とステップアップする必要がある場合、逆算していけば「○歳までにはマネージャーになりたい」など具体的なプランが見えてくるはずです。

さらに、その地位になるために「どのようなことをするべきか?」を考えてみましょう。

ここまでくれば具体的なプランが見え、応募企業でそのプランを実現出来るか?も見えやすくなってくるはずです。

質問などでは「10年後にどうなっていたいか?」と聞かれることもあります。突然10年後のことを考えてもなかなか想像出来ないですよね。

しかし、細かく期間を分けていくことによって「この年にはこうなっていないといけない。それならこの時点でこの資格は取っておくべきだな」など、説得力が生まれるキャリアプランを立てることが出来るでしょう。

先輩のキャリアプランを参考にするのも手!

転職サイトや、応募したい企業のホームページなどには先輩社員のキャリアプランであったり、企業が提示するキャリアプランが掲載されていることがあります。

業種によって内容が変わってくるものですが、「すでにここで働いている人達はどのようなキャリアプランを持っているのだろうか」という面で非常に参考になります。

いくらキャリアプランが立派であっても、企業理念に合致していなければ不採用、ということも十分にありえます。

当然ながら応募する企業の企業理念などには目を通しているかと思いますが、合わせて先輩のキャリアプランも参考にしちゃいましょう。

残念ながらキャリアプランに関する記載がない場合、方向性が近い企業や同職種の企業を参考にするのも有効な手段だと思います。

キャリアプランを文字にする場合、どう書くべき?

新卒の学生がエントリーシートにキャリアプランを書くことは決して珍しくはありません。

転職活動では基本面接時の質問としてそう多くはありませんが、キャリアプランを書く機会もあります。

多くの場合、400文字~600文字でまとめなければいけませんので、「何を残し、何を省くべきか」が大切となります。

面接時に回答するような内容で問題はありませんが、さらに

  • 自己PRに繋がる部分
  • 自分の強み・弱み(弱みの場合克服すべき手段)

を入れることで内容の濃いものを作ることが出来ます。

確かに、いきなり10年後とか言われても全く想像出来ないですよね。

会社にはいるかもしれないけど、具体的に…と言われると。

でもこうなりたい、という自分があればそこから10年の間に何をするべきかが見えてくるということですね!

その通りです。

10年というと、大きく環境が変わっている可能性も十分にありますし、あくまで「プラン」なので変わること自体は問題ありません。

仮に10年後に設定した場合、どのような過程を辿ろうとしていくのか(キャリアパス)が重要といえるでしょう。

「キャリアプラン」は、自分の人生を構築するのにも役立つ

キャリアプランはあくまで仕事に限定した将来設計像ではありますが、自分がこれからどう生きていくか、人生を設計するに当たっても非常に役立つものです。

「この年齢でこのくらいの年収なら結婚しても大丈夫そう」など、具体的に「この年齢にはこうしたい」「この年齢の時にはこうできるかも」と計画が立てられることで、次に自分がやるべきことを明確に出来るからです。

とはいえ、それに縛られる必要はありません。

プランはあくまで「計画」であり、様々な理由で計画通りにならないこともあるでしょう。

しかし、計画を立てて小さな目標を作り、それをクリアすることで自分の自信に繋がりますし、新たなビジョンが見えてくるかもしれません。

転職活動の上で必ず必要といってもいいキャリアプランですが、自分の人生にも使える…と考えると、考えるのが楽しくなるかもしれませんよ!