子育てと仕事の両立に悩む女性・男性に乗り越えるためのコツを紹介

子育てと仕事の両立に悩む女性・男性に乗り越えるためのコツを紹介

子育てが一段落して、もう一度働きたいと思っても「『仕事だけ』『家事・子育てだけ』でも大変なのに両立なんて無理」「子どもと一緒にいる時間が減ってしまう」など、不安は尽きませんよね。

すでに子育てをしながら働いている人のなかにも、仕事との両立が大変だと感じている人は多いことでしょう。

子育てだけでも毎日大変なのに、働きながらって考えると・・・正直私にはできる気がしません。
確かに子育てをしながら働くのは、簡単なことではありません。しかしほんの少しの工夫や、周囲の状況を変えることで楽になることもあるんですよ。

この記事では、子育てと仕事を両立するコツや働き方を紹介します。

家事にかかる時間の短縮や子育て支援サービスの活用、自分に合った働き方の選択など、子育てを楽しめるよう工夫してみましょう。

家事の時間を減らして、子育てと仕事を両立しよう

子育てをしながら働くとなると、毎日の時間のやりくりが大変です。

仕事を終えて、帰ったらご飯を作って、洗い物や掃除・洗濯もして。食材や生活用品も必要ですから、買い物にも行かないといけません。

これでは我が子との時間を作るのが、難しく感じてしまいます。

でも子育てと仕事を両立すると決めたからには、頑張らなくっちゃ!
頑張り過ぎは禁物ですよ!手を抜けるところは抜くのが、子育てと仕事を両立するコツです。

しかし、子育てや仕事では手を抜きたくないですよね。

それなら家事でかしこく手抜きして、子育てと仕事の両立を楽しみましょう。

手を抜くといっても、実際にどこをどうすればいいか、わかりません。
では家事にかかる時間を短縮するコツや、便利なサービスを紹介します。

ここで紹介するのは次の3つです。

家事を簡単にするコツ
  1. 料理は作りおきや、食宅サービスを利用する
  2. 買い物はネットスーパーを利用する
  3. 家電製品を活用して掃除・洗濯の時間を短縮する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【子育て・仕事、両立のコツ1】作りおきや食卓サービスを利用しよう

子どもの健康を考えると、なるべく栄養バランスの取れた食事を用意したいですよね。

しかし毎食作るのは、かなりの負担です。子どもが給食ならお昼は不要ですが、お弁当なら朝、家を出るまでに用意しなければいけません。

仕事に行くとなると自分の準備もありますし、朝からごはんを作っていては大忙し。

そこで毎日の食事は、「予定が入っていない休日」や「子どもを寝かしつけた後」、「子どもの面倒をみてもらっている間」など、時間に余裕があるときに下ごしらえや作りおきをするのがオススメです。
なにを作るか考えるのも、大変なんですよね~。
献立を1週間分まとめて決めておくことで、毎日なにを作るか悩む時間を短縮できますよ。

例えば「ウィークックナビ」では、料理研究家や管理栄養士が提供するレシピをもとに、1週間の献立や作りおきのおかずを紹介しています。なにを作るか悩んだら、参考にしてみてください。

事前に1週間分の献立を決めたら、食材宅配サービスの利用もオススメ。

なかでも、「YOSHIKEI(ヨシケイ)」や「Oisix(オイシックス)」などのように、厳選された新鮮な食材にあわせて、レシピも提供してくれるサービスがあるんですよ。

食材だけでなく、生活用品もまとめて購入するなら、ネットスーパーを利用するという手も。次の項目で紹介しますね。

【子育て・仕事、両立のコツ2】ネットスーパーで買い物の時間を削減

仕事終わりにスーパーに寄って、食材や生活用品を求めてグルグル。疲れているのに、重い荷物を持って帰宅。考えるだけで気が滅入ってしまいます。

都度買いする商品は、生鮮食品に絞ることで買い物の時間を短縮しましょう。

また日持ちする食品や生活用品は、休日など余裕のあるときにまとめ買いすることで、仕事帰りにスーパーに寄る手間を省くことができます。

調味料など日持ちする食品や生活用品はストック分も買うと、かなりの量になってしまうんですよね・・・。
それならネットスーパーの宅配サービスがオススメですよ。
例えば「おうちでイオン」は一定額以上の買い物で配送料が無料に。さらに当日配送や、20時までなら受け取り時間を指定できるサービスもあります。

イトーヨーカドーのネットスーパー」では「子育て応援キャンペーン」を行っており、登録から4年間は配送料が100円で利用できるんです。当日配送や、21時までの受け取り時間指定もありますよ。

【子育て・仕事、両立のコツ3】家電活用で掃除や洗濯の時間を短縮!

掃除って、どうしても後回しになっちゃいます。
確かにやることが多いと、掃除は後回しになりがちです。しかし汚れは放っておくと、落ちにくくなりますよ。

早めにキレイにすることで、頑固な汚れになるのを防ぎましょう。

そうですね。清潔な空間で子どもを育てたいですし、すぐに掃除をできるように心がけます!

でも掃除し始めると、どうしても時間がかかってしまうんですよね。

それなら、全自動の家電を活用するのもひとつの手ですよ。

仕事が忙しい人にも人気の「新・三種の神器」と呼ばれる家電。

洗濯・掃除・食器洗いを手助けしてくれるので、子育てと仕事の両立を目指す母親・父親にもオススメです。

家事で手を抜くために、活用しない手はありません。

新・三種の神器
家電の種類 特徴
ドラム式洗濯乾燥機 ・洗濯物を干す必要がなくなる
・天気を気にせず、洗濯ができる
全自動掃除機 ・床掃除の手間が必要最低限になる
・全自動掃除機が動けるように、物を床に置かなくなる
食器洗い乾燥機 ・食器洗いの手間を省くことができる
・食器洗いによる手荒れも防げる

いずれの家電も安いモノではありませんが、一度使うと手放せなくなるほど便利です。金銭的に余裕があるなら、ぜひ活用してくださいね。

家事でかしこく手を抜いて、「我が子との時間」や「自分の時間」を増やしましょう。

仕事と両立するなら周囲の人に助けてもらおう!子育て支援サービスも

専業主婦(主夫)でも、子育てしながら家事をするのは重労働。子育てと仕事を両立するなら、なおさら大変です。

体力の限界がくる前に、「周囲の人に頼る」という選択肢も視野に入れておきましょう。

仕事と子育てを両立するうえで頼りたい人を、次にまとめました。

子育てと仕事を両立するうえで頼りたい人
  • 夫(妻)
  • 両親
  • 兄弟姉妹
  • 親戚
  • 友人
  • 親しいご近所さん など

なにもかも自分で抱え込む必要はありません。疲れたら周囲の人に頼ることも、子育てと仕事を両立するためのコツ。

夫が子育てをやってくれるとは思えません・・・。
簡単なことからお願いしてはどうでしょうか。あなたの負担が少しでも減るような、関係づくりが大切です。

栄養バランスの良い料理を作ったり、キレイに洗濯物を畳んだりといった家事を、上手にこなせる男性はあまり多くないです。

しかし子育ては、どちらか1人でやるものではありません。

子育てをするために必要な家事は、夫婦で話し合って役割分担をしましょう。

子どもの面倒をみてもらったり、食器を洗ってもらったり、お風呂を掃除してもらったり。男性でも出来ることは、意外とたくさんありますよ。

身近に頼れる人がいない場合や、時間的に都合がつかない場合は、ベビーシッターなどの子育て支援サービスに頼るのもいいでしょう。

保育サービスを活用して、子育てと仕事を両立しよう

ベビーシッターなどのサービスに頼るのは、なんとなく抵抗があるという人もいますよね。しかし海外の子育て事情を見ると、そういったサービスを頼るのはむしろ当然のようです。

例えば保育制度が整っており、「子育て先進国」と言われるアイスランドやノルウェー。これらの国では、保育所の代わりに子どもを保育してくれる「保育ママ」というサービスは一般的になっています。

子育てと仕事を両立するには、少しでも夫婦の負担を軽減する環境作りが大切です。

日本に「保育ママ」はないんですか?
ありますよ。日本では、地方公共団体から認定を受けた「保育士の資格者」か、「子育て経験者」が保育事業として子どものお世話をしてくれます。

詳しくは、市区町村の保育課に相談してくださいね。

ほかにも「ファミリーサポートセンター」といって、子どもを保育所まで送迎してくれたり、保育所終了後に預かってくれたりする事業も。

子どもが急に病気になったら、仕事を休めない場合もありますよね。NPO法人や小児科のある病院などが運営する「病児保育」は、看護師や保育士が子どもをみてくれるので安心ですよ。

自分に合った働き方で、子育てと仕事を両立しやすい職場選び

職場の環境や働き方によって、あなたが抱えるストレスは大きく変わります。無理な働き方で、家庭に影響が出るようでは両立と言えません。

もしフルタイムで働いているなら、パートタイムへの変更や「短時間勤務制度※」の利用も検討してくださいね。

短時間勤務制度とは

元々の労働時間よりも勤務時間を短くしたり、残業をなくしたりして働ける制度のことです。

短時間勤務制度については、次の記事で詳しく解説しています。

短時間勤務制度を利用すれば、フルタイムで働く場合と比べて「子育てに時間が取れる」のは嬉しいですよね。また、仕事を退職するわけではないので「今までのキャリアを継続できる」のも、働きたい女性にとっては嬉しいポイント。

ただしパートタイムに変更したり、短時間勤務制度を利用したりすると、フルタイムで働いているときと比べて収入は減ってしまいます。家計の状況を確認したり、家族と相談したりして、自分に合った働き方を選択してくださいね。

子育てと仕事を両立したいなら、転職するのもひとつの手

子育てと仕事の両立を目指す人の悩みには、「職場が遠く通勤に時間がかかる」「休日が少なく、残業が多い」「育児休暇などの制度が利用しづらい」など職場に関するものも多いです。

現在の職場で子育てとの両立ができるか不安な人は、転職を考えてみてはどうでしょうか。

なかには「妊娠や出産を機に仕事を辞めたけど、子どもが成長したから新たな勤務先を見つけたい」という人もいます。その場合も、子育てと仕事の両立がしやすい職場がいいですよね。

子育てと仕事の両立がしやすい職場、の条件はなんでしょうか。
人それぞれですが、「通勤が便利な場所に職場がある」「シフトの融通が利きやすい」などです。もちろん「子育てへの理解」も重要なポイントですよ。
子育てに理解のない企業では、育児との両立に不都合が生じる可能性もあります。

例えば、子どもが病気のときに休めなかったり、保育所の迎えに間に合う時間に帰れなかったりすると、働きづらいですよね。

子育てに理解があるかどうか、判断基準はありませんか?
「子育てに理解のある企業」であることを示す指標として、「くるみんマーク※」があります。
くるみんマークとは

「育児を支援する働きやすい企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証のことです。

「くるみんマーク」を取得している企業では、時短勤務や時間外労働の削減など、働きやすい環境づくりが行われています。

仕事を選ぶ際には、「くるみんマーク」もひとつの目安にしてくださいね。

くるみんマークについては、「くるみんマークとは子育て支援企業の証!認定基準・メリットを解説」で詳しく紹介しています。

「くるみんマーク」を取得している企業のなかから、私の希望条件に合う職場を見つけられるのでしょうか。
女性用の転職サイトで調べると、「くるみんマーク」の取得企業がたくさん掲載されています。あなたに合った企業もきっと見つかりますよ。

女性が働きやすい会社についての記事もあります。参考にしてみてください。

ワーママの転職には、「ワーキングマザーの転職のポイントを説明します!自己PR例も紹介」の記事もおすすめです。

女性用転職サイトについて紹介した記事はこちらです。

子育てと仕事を両立させるには、比較的「楽」な仕事に就くのも1つの方法です。こちらの記事で紹介しています。

子育てと仕事を両立するコツは、無理なく自分のスタイルで

この記事では、子育てと仕事を両立するためのコツやサービスを紹介しました。

両立するうえで大きな負担となる家事は、ネットスーパーや全自動の家電など、文明の利器を活用して少しでも手を抜きましょう。夫婦で分担することで、より効率的に進められます。

また職場の環境や、働き方もとても重要です。

「現在の職場では両立が難しい人」や、「再就職しようと考えている人」は、働きやすい職場を選びましょう。

子育てしながら働きやすい職場の目安として、「くるみんマーク」があります。仕事選びの際に、確認してみてくださいね。

子育てと仕事の両立は大変です。なるべくストレスを溜めないためにも、1人で抱え込まず自分に合ったスタイルで両立を目指しましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 22:36 求人更新