転職の書類選考通過率や倍率はどのくらい?

転職の書類選考通過率や倍率はどのくらい?

転職活動をしていると、この求人に応募したとして、選考に通る確率はどのくらいあるのか…ということが気になるものですよね。

特に最初の関門である書類選考になかなか通らなかったりすると、『実際のところ、いったい何%くらいの人が通過しているのだろう?』と不安になってしまう人もいるかもしれません。

そんな転職の書類選考の一般的な通過率や、書類選考通過率を上げるのに有効な方法について、ここではご紹介します。

業種・企業によっても違う!書類選考通過率の平均とは

転職における書類選考の通過率は、一般的には10%~30%程度とされています。

かなり幅があると感じられるかもしれませんが、業種や企業の規模などによっても確率はかなり異なってくるので、これは仕方のないことと言えるでしょう。

事務職などの人気が高い職種や、知名度の高い大手企業ほど、書類選考の段階で通過率は低くなります。中には、通過率10%未満のケースも少なからずあるでしょう。

同じ企業でも応募方法しだいで書類選考通過率が変わるかも!?

同じ企業に応募するにしても、応募方法によって書類選考の通過率が変わることもあり得ます。

利用者の絶対数が多く、競争率が高い転職サイトから応募すると、書類選考ではじかれる確率はどうしても高くなってしまいます。

一方、企業と直接コンタクトを取る形での応募やハローワークを介しての応募の場合、利用者がやや絞られてくるので、通過率が多少上がる見込みがあるのです。

また、転職エージェントは基本的に個人に合わせて採用の見込みが高い案件を紹介するものなので、書類選考の通過率はかなり高いとみてよいでしょう。

転職と言えば転職サイトで求人を探すものだと思っていましたが、いろいろ方法があるんですね。転職エージェントやハローワーク以外には何かあるんでしょうか?
あとは縁故採用くらいでしょうか。コネというと聞こえが悪いですが、転職の場合は、キャリアを積み人脈を広げていくことで、縁故採用の声がかかることもありますから、決してマイナスイメージばかりではありませんよ。

見直しが大事!?書類選考通過率を上げる3つの方法

まずは書類選考をクリアしなければ、面接に進むことはできませんから、書類選考の通過率は少しでも上げたいものですよね。

一般的な書類選考の通過率に比べて、自分自身の通過率が低いように感じられる場合、転職活動の見直しが必要なのかもしれません。

具体的には、以下の3つのポイントを今一度見直してみることをおすすめします。

  • 応募書類
  • 応募数や求人へのアプローチ
  • キャリアと応募する求人とのマッチ

あなたの応募書類、正しく適切に書けていますか?

書類選考の通過率が良くない場合、真っ先に見直すべきは履歴書や職務経歴書と言った応募書類そのものです。

書き方のルールが間違っていたり、ビジネスマナーから外れている部分があったりはしませんか?

職種や企業に合わせて適切な自己アピールができていますか?企業が求める人材とは異なるキャリアや個性をアピールしていたり、あなたの魅力が十分に伝わらない文章になっていたりはしないでしょうか?

応募書類が正しく適切に書けているか確かめるのは、自分ではなかなか難しいことです。時には、家族や友人など周囲の人に見せて意見をもらうのもいいかもしれません。

個人に合わせて書類の作成にもアドバイスをくれる転職エージェントを利用するのもおすすめです。

量と質、どちらも重要!転職方法の見直し方

転職への取り組み方も書類選考の通過率を左右する大事な要素です。

まず応募数を増やす努力をしましょう。書類を作成するのも手間と時間がかかることなので、どうしても求人を厳選して応募しようとしてしまいがちですが、ある程度は数も必要です。

書類選考の期間は比較的長く、企業によっては1週間~2週間以上もかかることもあるので、何件か送って結果を待つのではなく、結果待ちの間にも並行して応募を進めるようにしましょう。

企業へのアプローチの仕方を変えたり増やしてみるのも有効な方法です。

例えば1つの転職サイトだけで求人をチェックしている状況であれば、他の転職サイトも見てみるようにしましょう。さらに転職エージェントやハローワークも合わせて利用することで、より情報の幅が広がります。

量と質、両方の面から転職方法を見直してみましょう。

全然書類が通らない…キャリアに合わない求人に応募しているのかも?

場合によっては、そもそも自分のキャリアにマッチした求人に応募しているのかという根本的な部分から見直さなければならないこともあるかもしれません。

例えば、求人情報の中では明言されていなくても、実際には未経験の人材は基本的に採用されない職種や企業もあるかもしれません。

職種が違いすぎたり、収入などの条件が極端に現状より良いなど、自分のキャリアとかけ離れた求人ばかりを選んで応募していると、書類選考の通過率はどうしても低くなってしまうでしょう。

在職中に転職先を決めたいのですが、働きながら複数の転職サイトをチェックしたり、転職エージェントを利用するのは時間的に難しそうです…。
確かにアプローチの方法を増やすと、情報量が増える分、負担が大きくなりますね。ある程度は、メインで利用するサイトやエージェントを決め、補足的に他のアプローチを利用するのがおすすめです。

大事なのは、自分自身の書類選考通過率を上げること

書類選考に限らず、転職活動というのは結局のところ自分が採用されるか、されないかというのが重要です。確率を気にしすぎる必要はありません。

それよりも、自分自身の書類選考通過率を少しでも上げるためにできることを、積極的に探して取り組んでみましょう。