編集者の年収はどのぐらい?求人情報から見る相場・似た職種との比較

漫画や小説、雑誌などの編集者というと華やかなイメージがありますよね。クリエイティブな仕事なので、年収も高そうな印象がありますが、実際はどうなのでしょうか。

編集者の仕事はほかの職種に比べて募集も少ないため、正直なところどのぐらいの給料がもらえるのか、イメージしづらいですよね。

そこで今回は求人情報をもとに、会社の形態別(出版社or編集プロダクション)や、地域別に編集者の給料について検証します。

また、類似の職種との給与の比較や全職種平均についても紹介。転職先を選ぶ際の参考にしてください。

編集者の職種にしぼった、給料に関する公のデータはない

編集者の年収についてお伝えする前に言っておきたいのですが、編集者の年収の実態については、政府や業界団体による公のデータが存在しません。
じゃあ、編集者の具体的な給料の額はわからないんですか?
平均給与や給与の中央値など実態はわからないのですが、求人情報で転職時の相場はわかりますよ。

年収が高いのは大手出版社、だが中途採用は超がつく狭き門!

では、さっそく編集者の給料の相場について見てみましょう。一般的に、給料の額は会社の規模により差があります。

「大手出版社>中堅出版社>編集プロダクション」の順で、一番高収入なのが大手出版社です。

ちなみに編集プロダクションとは、出版社から依頼を受け、編集にまつわる実務を行う会社です。

大手出版社の正社員がどのぐらい給料をもらっているのか、気になるところですね。
求人情報によると、とある大手出版社の年収は、正社員の中途採用で634万円~910万円でした。
すごい!やっぱり高いですね。
でも、大手出版社は業界の中でもごく一握りですし、募集もめったにありません。

業界全体の相場を知りたければ、中堅や小規模出版社の求人を見た方が参考になりますよ。

中・小規模出版社の給料の相場は年収で400~600万円程度

ではまず、中堅、あるいは小規模出版社の給料の相場を地域ごとに見てみましょう。次の表を参考にしてください。

編集者の給与例(中小規模出版社の場合)
地域 年収例(月収例) 備考
東京 年収400万円~600万円 書籍編集、契約社員
東京 年収252万円~600万円 総合出版社の編集、契約社員
大阪 年収500万円 雑誌・パンフレット・Web等の編集、正社員
大阪 年収400万円~600万円 企業のブランディング書籍の編集、正社員
広島 月収18万円~35万円 スポーツ雑誌の編集、正社員
沖縄 月収18万円~ 教科書・参考書などの編集、正社員
年収は400万円~600万円の範囲が多いです。

あと、東京や大阪といった大都市の方が、給与は高めですね。

大都市では出版社が多く競争も激しいですし、家賃や物価も地方より高いです。

そのため給料も全体的に高くなっていますね。

月収だとどのぐらいが相場なのでしょうか?
求人情報の月給例で見ると、東京だと25万円前後、地方だと20万円前後が多いです。

編集プロダクションの給料の相場は、月収20万円前後

では次に、編集プロダクションの給料の相場について見てみましょう。求人情報をもとに、地域別の給与をリストにしてみました。

編集者の給与例(編プロの場合)
地域 年収例(月収例) 備考
東京 年収300万円~ アパレル関係の編集、正社員
東京 月収19万円~ 書籍・コミックの編集、契約社員
大阪 月収18万円~20万円 雑誌・Web・広告の編集、契約社員
京都 月収18万円~21万円 書籍・広告の編集、正社員
愛知 月収18万円~30万円 企画・制作・編集、正社員
岡山 月収20万円 雑誌・Web・広告の編集、正社員
月収は東京でも20万円程度と、出版社よりは少し低めですね。
でも、地域による格差はその分少ないように感じます。年収だと相場はどのぐらいなんでしょう?
編集プロダクションの場合は出版社より低く、250万円~400万円が相場です。

また、会社によってはボーナスのないところもあります。雇用条件は募集要項や面接でしっかり確認しておきたいですね。

毎月のお給料は高くないし、ボーナスもないかもしれない・・・。

じゃあ、編集プロダクションで働くメリットって何でしょうか。

確かに時間外勤務が多い割に給料は安く、条件面ではハードです。

しかし、大手出版社の仕事に携われることもあるので、編集者としてのスキルは鍛えられます。

ある程度経験と人脈を培ってから、独立してフリーの編集者になる人もたくさんいるんですよ。

編集者に近い職種との比較や全職種の平均年収も知っておこう

では、編集者に近い業界や職種の年収、全職種の平均はどれくらいなのでしょうか。

編集者と比較的似ている職種との年収を比較してみました

編集者からの転職が多い職種や業界の給料を、求人情報から抜粋して比較してみましょう。
編集者に類似の職種の年収例
地域 年収例(月収例) 備考
東京都 年収350~500万円 Webメディアの編集、正社員
東京都 年収350~500万円 電子コミック編集者 正社員
東京都 年収500万円 雑誌・Web・パンフレットの編集、正社員
大阪府 年収350万円~500万円 広告の編集、正社員
Webにパンフレットに広告と、編集の仕事って意外と幅広いんですね。
そうです。分野が違っても仕事で共通する部分も多いので、編集のスキルは十分活かせるんですよ。
給料を見ると、中堅出版社より高いか同じくらいのところが多いですね。
会社によって差がありますが、Webを手がける会社の求人には、給料が高いところが多いですね。

書籍にこだわらないのであれば、ほかの分野にも視野を広げて転職先を探してみるのがおすすめです。

全職種の平均月収はいったいいくら?

ちなみに、全国・全職種の平均年収ってどれくらいなんですか?
全職種の平均については、政府の統計があるので見てみましょう。

厚生労働省の「平成30年 賃金構造基本統計調査」によると、全国の20~70代までの男女平均の月収は30万6000円です。

じゃあ、さっき見た編集者の給料って、ほとんどが平均を下回っているんですね。
待ってください、先ほどご紹介した求人情報からの相場は、あくまで入社時の給与として求人情報に載っている額です。

こちらは勤続年数の長い人も含めた平均ですので、一概に比較はできません。

とはいえ、中小規模の出版社や編集プロダクションなどに勤務する編集者の収入は、労働時間などを考えても高いと言えないのは事実。

編集者として経験を積み、管理職になったり独立してフリーになったりして、年収を上げていきましょう。

編集者の仕事内容については、「編集者の仕事内容を、主な業務の流れや働き方から詳しく紹介します」の記事で紹介しています。

転職成功のポイントは「★編集者の転職(【作成中)」の記事で解説していますので、こちらもぜひ読んでみてください。

編集者の年収は高いとは言えないが、情熱があればやりがいがある仕事

クリエイティブで華やかなイメージがある編集者の仕事ですが、年収は一部の大手出版社をのぞき、決して高いとは言えません。

残業や休日出勤も多く、プライベートの時間がほとんどないという話もよく耳にします。雇用条件だけを見ると、あまり恵まれているとは言えないのが現実です。

しかし、自分が手がけた本が書店に並んだ時の感慨はひとしお。作家やアーティストなど、憧れの人と仕事ができるのも大きな魅力です。

ほかの仕事では得られない経験を給料や待遇より優先できる情熱のある人には、編集はやりがいのある仕事です。

条件面や雇用形態をしっかり確認して、自分の理想に近い転職を実現させてくださいね。

※掲載の情報は2019年8月現在のものです。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月18日 19:10 求人更新