助産師になるには看護師資格も必要!資格取得までの流れを説明

助産師になるためには、助産師国家試験に合格する必要があります。しかし、助産師国家試験は誰でも受験できるわけではありません。

「助産師資格」を取得するには「看護師資格」が必要なのです。

えっ!助産師なのに、看護師の資格もいるんですか?
はい。助産師の国家試験は、看護師資格を持っていないと受けられないんです。

また、助産師国家試験の受験資格を得るためには「国指定の学校で助産師の専門課程を受けること」も必要です。

当記事では、助産師資格の取得方法や資格を得るための進路、国家試験の合格率などについて解説します。

助産師資格の取得には『看護師資格取得』と『助産課程の修了』が必要

助産師になるためには「看護師資格」と「助産師資格」の取得が必要です。

看護師資格を取得するためには、大学や短大、専門学校などに通って「看護師国家試験」に合格しましょう。

看護師資格の取得方法については「看護師の資格取得方法を解説!看護師になるためのコースはさまざま」の記事で詳しく説明しているので、参考にしてください。

看護師資格を取得したら「助産師国家試験の受験資格」を得るために、国指定の学校で助産について学びます。

助産課程を学べる学校には、次のような種類がありますよ。

助産師資格を目指せる学校
  • 4年制大学の専攻科・助産別科
  • 助産課程のある大学院や助産専門大学院
  • 短期大学の助産専攻科
  • 助産専門学校
なるべく早く資格がほしいんですけど、看護師資格と助産師資格をいっしょに取ることはできませんか?
できますよ。じつは看護師資格と助産師資格は、進学先によっては同時に取得することも可能なのです。

看護師資格と助産師資格を「同時に取得する手順」と「別々に取得する手順」について、次の章で詳しく見ていきましょう。

看護師資格と助産師資格を『同時』または『別々』に取得する方法

まだ看護師資格を持っていない人は、看護師資格と助産師資格が同時に取得できる「4年制大学」への進学がおすすめです。

すでに看護師資格を持っている人は、「短期大学」や「大学院」、「専門学校」で助産課程を修了して、助産師国家試験に合格する必要があります。

では、看護師資格と助産師資格を「同時に取得する手順」と「別々に取得する手順」をそれぞれ見ていきましょう。

看護師資格と助産師資格を『同時に取得』する』ための手順

看護師資格と助産師資格を「同時に取得する手順」は、次のとおりです。

助産師資格と看護師資格を同時に取得する方法

看護師資格と助産師資格を同時に取得するなら、助産について学べる4年制大学の看護学部や看護学科に進学しましょう。

助産課程を修了すると、「助産師国家試験の受験資格」を得ることができます。

看護師と助産師の国家試験を、同じ年に受けられるんですか?
はい、そうです。卒業見込みの年に看護師と助産師の国家試験に合格すれば、卒業後すぐに助産師として働くことができます。

この手順であれば、看護師資格を取得していない人は、最短4年で助産師を目指せますよ。

ただし4年制大学に進学後、助産課程へ進むために「学内選抜試験」を受けて合格する必要があります。

選抜試験に合格できるのは、一般的には1学年に5名~10名程度という狭き門。

それぞれの学校によって募集人数や倍率は異なるので、詳しくは大学のHPやパンフレットを確認してください。

看護師資格と助産師資格を『別々に取得』するための手順

看護師の資格を取得してから、別の学校に入り直して助産師の資格をとる方法もあります。

看護師資格と助産師資格を「別々に取得」する方法は、次のとおりです。

助産師資格と看護師資格を別々に取得する方法

まずは看護課程を修了するために、看護大学や看護短期大学・看護専門学校に進学します。

看護課程を修了したら、看護師国家試験に合格して看護師資格を取得しましょう。

看護師資格が取得できたら助産課程のある学校へ進学し、助産師国家試験に合格して助産師資格を取得します。

看護師として働きながら、助産師を目指すことはできますか?
助産師の通信教育や夜間学校はありませんから、働きながら資格を取得するのは厳しいですね。
そうですか、残念です・・・。
ただし、非常勤の看護師として勤めれば、働きながら資格取得を目指すことは可能です。

たとえばアルバイトやパートとして月に何日か働きながら、学校へ通うことはできそうですよね。

専門学校のなかには、実習期間を除いた週3日のカリキュラムを2年間かけて修了する「2年コース」を設けている学校もあります。

非常勤のアルバイトやパートとして働く場合、パート看護師の平均時給はおよそ1,500円~1,600円。週4日勤務で、ひと月に約20万円程度の収入を得ながら「2年コース」のある専門学校に通うことも可能です。

また、在職中や失業中に資格取得のための勉強をする場合、「教育訓練給付制度」を利用できる可能性があります。

教育訓練給付制度とは「働く人の能力開発を支援するため、教育訓練に支払った費用の一部を国が支給する」という制度です。

支給要件は、これまでの雇用年数や利用する教育機関によっても異なるため、必ず全員が制度を利用できるわけではありません。

支給条件の確認や申請をしたい場合は、最寄りのハローワークで相談してくださいね。

仕事と勉強を両立したい場合は、勉強時間を十分に確保できるように、勤務時間を調整するなど工夫しましょう。

学業に専念したい場合は、いったん退職してから改めて学校に入るのがおすすめです。

助産師国家試験の合格率は93%!資格取得の勉強は大変

助産師国家試験の合格率ってどのくらいですか?気になってしまって・・・。
厚生労働省が発表した結果によると、平成29年度の助産師国家試験の合格率は93.0%(うち新卒者93.2%)でした。
90%以上も!意外と合格率は高いんですね!
そうなんです。ただし合格率が高いからといって、簡単に助産師を目指せるわけではありませんよ。

助産師資格を取得するにあたり、「国家試験に合格すること」よりも「助産課程を修了するための学校に入学すること」のほうが困難です。

4年制大学の学内選抜試験はもちろん、学校の入学試験も倍率が高いため、入学すること自体が難しくなっています。

また入学後は、助産師になるための実習訓練を受けたり、レポートを提出したりなど、身につける知識・技術の量は膨大です。

助産師になるためには相応の努力が必要ですから、安易に目指そうとするのはいけません。

試験の合格率が高いからといって安心せず、受験のために十分な実力をつけておく必要があることを心得ておきましょう。

助産師になるために『看護師・助産師』の資格取得を目指そう!

この記事では、「助産師資格を取得するための進路」や「助産師国家試験の難易度」などについて紹介しました。

助産師になるためには、「看護師」と「助産師」2つの資格を取得しなければなりません。

看護師資格と助産師資格は同時に取ることも、別々で取ることもできます。

2つの資格を同時に取得したい場合は、助産について学べる4年制大学の看護学部や看護学科に進学しましょう。

すでに看護師資格を取得している場合は、助産課程を修了できる学校に入り直す必要があります。

助産師は、国家試験の合格率だけ見ると難易度は低いように感じますが、安易に目指せる職業ではないことを理解しておきましょう。

※記載されている内容は2018年8月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月22日 13:10 求人更新