プロジェクトマネージャーの仕事内容と求められる経験、スキルとは

求人情報などで目にすることの多い「プロジェクトマネージャー(PM)」。

読んで字のごとくプロジェクトチームをマネジメント(管理・統率)する役目で、主にIT・Web業界や機械系モノづくりの分野で活躍しています。

チームを率いることからキャリアアップの1つの過程とされていて、一般的なメンバーよりも高い給料が見込めます。

この記事では、IT・Web業界で活躍する「プロジェクトマネージャー」について、どんな仕事をするのか、どんなメリット・デメリットがあるのか、などについて解説していきます。

プロジェクトマネージャーとはどんな仕事なのか

IT・Web業界において、プロジェクトマネージャーは欠かすことのできないポジションです。

その仕事内容と、求められる資質やスキル、関連する資格について順番に見ていきましょう。

プロジェクトマネージャーはIT現場のチーム取りまとめ役

ITシステムやモバイルアプリの開発などを行う際には、必要な専門スキルのある人を集めてプロジェクトチームを作り、一丸となって成功を目指すのが一般的。

プロジェクトマネージャーとは、そのプロジェクトチームを率いる立場のことです。略して「PM」や「プロマネ」などと呼ばれたりもします。

その業務は次のような内容です。

プロジェクトマネージャーの仕事
  • プロジェクトの要件定義、スケジュールなどの計画
  • チームの人員確保、管理
  • 予算の見積算出、実績の管理(予実管理)
  • クライアントとの折衝
  • スケジューリング、進捗管理
  • 品質管理
  • 制作完了後の運用方法のフォローアップ
  • プロジェクトの振り返り(レビュー)

プロジェクトは新規開発だけでなく、既存案件のブラッシュアップなども行います。

チームの人材管理には、各担当者のワークバランスの管理なども含まれます。また、スタッフの中には外注やリモートワークで関わる人がいることもあります。

これ全部がプロジェクトマネージャーの仕事なんですか!?
大まかに言うとこのような内容ですね。

任される範囲は、プロジェクトの内容や規模、会社によっても違いますよ。

プロジェクトマネージャーは、いわばチームのまとめ役であり総合的な責任者。

直下にサブマネージャーをつけたり、現場のまとめ役としてプロジェクトリーダーを置いたりすることもあります。

プロジェクトマネージャーはリスクマネジメントも忘れてはいけない

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの責任者です。

プロジェクトを進行していく上で発生する問題の把握と解決も重要ですが、「起こりうるかもしれない」リスクを未然に防ぐこと、起きてしまった場合に最小限にとどめる方法を考えておくこと、も重要な任務の1つなのです。

それを「リスクマネジメント」と言います。

リスクマネジメントには、プロジェクトの工程からリスクを想定して洗い出しておく必要があります。

そのリスクがどれくらいの率で起きそうか、どのような影響を及ぼすか、などを想定したら、リスクの高いものから優先して対策を考え、予防や軽減策を施します。

プロジェクトマネージャーに求められる資質、必要な能力とは

プロジェクトマネージャーは、チームを率いるためにさまざまな場面でその能力を発揮する必要があります。

ここでは、プロジェクトマネージャーに求められる資質・スキルを説明し、能力を証明するための手段として関連資格を紹介します。

求められるのは次のような資質や能力です。

プロジェクトマネージャーに必要な資質・スキル
  • 企画力、提案力
  • 交渉力
  • 課題の把握と解決能力
  • コミュニケーション能力
  • コスト管理能力
  • 部下の管理能力、統率力

プロジェクトマネージャーの仕事で最も重要なのは、責任者として現場をまとめ、プロジェクトを計画どおりに進めること。

チームスタッフの信頼を得るには相応の能力がなくてはなりませんが、チームを率いるには自分だけが高い能力を持って発揮しても意味がありません。

チーム要員の確保から始まり、いかにスタッフが働きやすい環境を作り、個々の能力を活かして任せるべきところを任せつつ統率できるか、にプロジェクトマネージャーの手腕が問われます。

もちろん、チーム内だけでなく、チームと会社の上層部との間、会社とクライアントとの間、それぞれのシチュエーションでプロジェクトマネージャーとして間に入り、調整役となる必要もあります。

ITコンサルタントっていう仕事も、プロジェクトマネージャーに似ていますよね?
ITコンサルタントとプロジェクトマネージャーを同義とする企業もありますね。

その2つの大きな違いは、ITコンサルタントの仕事のメインが「問題解決のためのコンサルティング・提案」なのに対し、プロジェクトマネージャーの場合は「問題解決のプロジェクトの管理・進行」だということです。

ITコンサルタントはコンサルティング会社や監査法人などで活躍する人も多く、より経営に近い立場で企業の問題の指摘や解決策の提案を行います。

プロジェクトマネージャーの気になる年収はどのくらい?

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの一員となるプログラマーやシステムエンジニアなどを管理する立場のため、それらの職種よりも高い収入を得られます。

とは言え、プロジェクトマネージャーとしての給料の公的な統計データはないため、求人情報から相場を見てみました。

求人情報で見るプロジェクトマネージャー入社時の給料相場は、月給で36.2万円、年収では約530万円といったところ。

大まかには想定年収500万円~1000万円としているところが目立ちました。

ただし企業による金額の幅はかなり大きく、最低で25万円や30万円という企業もあれば、初めから1000万円以上を提示している企業もあります。

また、給与には経験やスキルレベルの違いも大きく影響していて、経験年数の差で15万円から45万円ほどの差が付くケースも。

職場の企業規模やクライアントの企業規模、関わるプロジェクトの種類などでも入社時の給与は異なります。

応募資格も、給与設定が高いほど高いスキルを求める内容です。また、他のエンジニア系職種と違い、マネジメント経験や社会人経験10年以上を求める企業の多さも特徴的でした。

プロジェクトマネージャーには資格よりも経験が必須

プロジェクトマネージャーには、必須資格はありません。

求人情報を見ても、募集要項に資格について記載のある企業は少なく、海外とのやり取りがある企業でTOEICのスコア600以上あるいは700以上が求められていたりする程度です。

ほとんどの企業が、資格よりもエンジニアやプロジェクトマネージャーとしての実務経験を判断基準の1つとしています。

中でも、次のような経験を必要とする企業が多いです。

プロジェクトマネージャーに必要とされる経験
  • チームリーダーやプロジェクトマネージャーの経験
  • クライアントとの折衝、要件定義の経験
  • 複数プロジェクトでのメンバー経験
  • Java、Ruby on Rails、C#、C++、SQLなどでの開発
  • Webシステム、業務システムの開発
  • 社会人経験10年以上

使用言語などの開発環境については企業により異なりますし、「言語(の種類は)不問」としている企業もあります。

プロジェクトマネージャーに関連する資格は、自分の知識・スキルを可視化するものと認識した上で取得するのがおすすめです。

プロジェクトマネージャーという立場に直結する資格には、主に次の2つがあります。

  • プロジェクトマネージャー試験
  • PMP試験

それぞれ大まかに説明します。

プロジェクトマネージャ試験

「プロジェクトマネージャ試験」は、国家試験である「情報処理技術者」の試験区分の1つです。

受験資格としての条件はないので、誰でも受験可能ではあります。しかし「対象者像」としては、確立した専門分野を持つ高度IT人材であり、システム開発プロジェクトにおいて責任を持って計画から実行、管理をする人が想定されています。

プロジェクトマネージャー試験は合格率が公表されています。

平成31年度の合格率は14.1%でした。

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)試験

「PMP」は、NPO法人PMI(米国プロジェクトマネジメント協会)が認定する国際的な資格です。

受験には、次のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 指揮・監督する立場でのプロジェクトマネジメント経験が一定期間以上ある
  • プロジェクトマネジメントの公式な研修を35時間受けた

1つ目の条件にある「一定期間以上」とは、学歴によって次のように指定されています。

・高卒または同等の場合
60カ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む、プロジェクトの指揮・監督として7500時間の実務経験

・大卒または同等の場合
36カ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む、プロジェクトの指揮・監督として4500時間の実務経験

対象となる指揮・監督業務は、試験申し込み前8年以内に行ったもの限定です。

公式な研修とは?
協会が指定した研修機関や大学、企業内教育やeラーニングシステムによる研修のことですよ。

研修名や受けた日付、時間や場所などを申請書に記載し、証拠となる資料も保管しておく必要があります。

PMP試験は、受験料だけでも約6万円。3年ごとに資格の更新料も必要です。受験資格を得るための研修を受けるにもお金がかかりますし、別途参考書などで勉強する人もいます。

自費だと負担が大きいので、会社の資格支援制度を利用するのがおすすめです。

IT系のプロジェクトマネージャーへの転職には、IT業界に特化した転職エージェントの利用が効率的。求人の紹介はもちろん、転職相談から面接対策、条件交渉まで任せることができますよ。

プロジェクトマネージャーにおすすめの転職サービス
サイト名 主な特徴・注意点
レバテックキャリア ・ベンチャーから大手まで幅広い求人情報
・1都3県、関西、福岡エリア対象
Forkwell(フォークウェル) ・スキルを可視化するポートフォリオサービスあり
・東京都内の求人がメイン
Geekly(ギークリー) ・内定までの平均期間が約1カ月
・首都圏の求人がメイン
マイナビエージェントIT ・求職者側、企業側のアドバイザー2名体制
・地方の求人情報あり

それぞれのエージェントの特徴やメリットなどについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。




ただし地方では求人が少ない、あるいはない場合もあるので、大手の総合型転職サイト・エージェントもチェックしてみてください。

プロジェクトマネージャーには幅広い知識と高いスキル、経験が不可欠

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを成功させるべくチームを率いる統率者。

プロジェクトマネージャーになるには、幅広いIT関連の知識やエンジニアなどの経験、マネジメント能力などが評価されなくてはなりません。

しかし高いスキルが要求されて責任も大きい分、一般的なエンジニアよりも給料は高い傾向に。経験と実績を積んだ人なら、企業によっては1000万円などの高年収も見込めます。

プロジェクトマネージャーの求人は、経験が必須の企業がほとんど。一方で応募要項に資格を挙げる企業は見当たりませんでした。

しかしマネジメント能力は可視化しにくいもの。プロジェクトマネジメントの資格を取れば知識やスキルがある程度は可視化できます。昇進時に役立つことも期待できますよ。

ただし試験によっては自費だと高額になってしまうことも。会社が費用負担をしてくれる資格取得支援制度のある企業も多いので、資格を取るならぜひ利用しましょう。

※掲載の情報は2020年1月現在のものです。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
2月28日 03:22 求人更新