転職の履歴書サイズはB5?A4が2枚になってもOK?

転職の履歴書サイズはB5?A4が2枚になってもOK?

企業の選考に応募する際には、まず履歴書や職務経歴書などの書類を送るところからスタートするというパターンがほとんどだと思います。

それはつまり、応募書類はあなたの第一印象を決める重要なファクターになりうるということです。記入する内容に気を遣うのはもちろんのこと、用紙の細部に至るまで1つのミスもない万全の状態にしておきたいですよね。

例えば、履歴書のサイズは何を選択するべきなのか?というのは、案外悩む人が多いポイントの1つだと思います。

市販の履歴書を見てもサイズは一律ではありませんし、ましてや自分でパソコンで作成する場合は、ゼロから用紙サイズの選択をしなければなりません。

そんな履歴書のサイズにまつわる疑問について、ここではまとめてみました。

B5?それともA4?履歴書のサイズを選ぶ決め手とは

市販の履歴書は、基本的にB5判(B4用紙の二つ折り)とA4判(A3サイズの2つ折り)の2種類しかありません。転職の場合は、市販の履歴書の中でも転職用のものを選ぶ方が大半だと思いますが、その場合でもB5とA4両方のサイズが見つかります。

結論から言ってしまえば、B5とA4どちらを選んでも、間違いではないですし、履歴書のサイズ1つで選考に悪い影響を与えるということもまずありません。

B5の方が履歴書のサイズとしては現状多数派になっているので、一人だけA4を選んでしまうと書類が大きくて扱いにくいと思われるのでは?と危惧する方もいるかもしれません。

しかし最近はビジネス書類のサイズの主流がA4にシフトしてきているという背景もあって、A4サイズの履歴書でも特に目立って扱いにくいと思われたり、採用担当者に悪印象を与えるリスクはほとんどないと言ってよいでしょう。

市販の用紙を使用するのではなく、パソコンで自作する場合でも、B5とA4、どちらを選んでもかまいません。

ただし企業側から履歴書のサイズを指定されている場合は、もちろんその指定に合わせたものを選ぶべきです。

特に企業からの用紙サイズの指定もなく、どちらを選ぶのが良いか決めかねているという場合には、記入したい内容量に合わせて選択するのがおすすめです。書きたいことがたくさんあるのであれば、少しサイズが大きいA4の方が紙面がごちゃつきにくいですし、文字数としてそれほど多くならないのであれば、B5サイズの方が無駄な余白をつくらずに済みます。

書類というのは、内容はもちろんですが、読みやすさというのも重要です。B5とA4、どちらを選んでも間違いにはならないのであれば、より適切に記入しやすい方を選ぶのが正解と言えるでしょう。

履歴書と職務経歴書、用紙のサイズは合わせるべき?

転職の応募の場合、履歴書と併せて職務経歴書を提出するケースがほとんどですよね。となると、履歴書と職務経歴書のサイズを合わせるべきか悩む方もいるかもしれません。

しかし履歴書と職務経歴書のサイズは必ずしもそろえる必要はありません。

一般的には、職務経歴書はA4サイズで作成するものです。一方、履歴書は上でもご説明した通り、B5でもA4でも問題ありません。

サイズの違いが気になる方は履歴書もA4でそろえてもよいですが、履歴書をB5、職務経歴書をA4で作成したからと言って、選考に悪影響を与えたり、極端に印象が悪くなるということはないでしょう。

B5判で履歴書を作成したら、『書くことがないから小さい方の用紙を選んだのでは?』とマイナスに捉えられてしまうのではないかと少し心配です。
履歴書というのは、たくさん書けばよいというものではありませんから大丈夫ですよ。余白を埋めようと余分なことを記入するよりは、コンパクトに無駄なくまとめた方が印象は良いでしょう。

自宅のプリンタでA3印刷ができない…こんな時どうする?

パソコンで履歴書のフォーマットから自作したり、企業指定のフォーマットをダウンロードして履歴書を作成する場合、自分で印刷まで行わなければなりません。

その場合、A3用紙に印刷してA4判として作成したくても、自宅のプリンタがA3印刷に対応していないという方も少なくないでしょう。

そこでぜひ活用してほしいのが、主要なコンビニに設置されている多機能を備えたマルチコピー機です。

コンビニのマルチコピー機でA3用紙にパソコンで作成した履歴書を印刷するには、主に以下の3つの方法があります。

  • 自宅でA42枚に分けて印刷したものを、並べてA3設定でコピーする
  • 自宅でA4用紙に印刷したものを、A3設定で拡大コピーする
  • 履歴書データをPDF形式にしてUSBなどに落とし込み、プリントアウトする

いずれの方法を選択しても、特に仕上がりに大きく差が出ることはありません。やりやすい方法を選びましょう。

コンビニによって、設置されているコピー機の性能やサービス内容が異なることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

コピーだと曲がってしまったりするのが心配なのでデータプリントにしようと思うのですが、USBじゃないと使えないんでしょうか?
データプリントの対応はコンビニによって異なるのですが、例えばCD-RやSDカードにも対応している機種もありますよ。失敗しないように使い慣れた機器を使用できるものを選びましょう。

パソコン作成の履歴書、A4用紙2枚でも問題ない?

自宅にA3対応のプリンタがなく、コンビニに印刷しに行くのも難しい場合、A4用紙2枚に分けて印刷せざるを得ないこともあるかもしれません。

基本的には、A4用紙2枚に分ける形で履歴書を作成しても、それはそれで問題ありません。

サイズとしてA4かB5のいずれかに該当する分には、採用担当者が特別に扱いに困るということもないですし、選考への影響も心配しなくてよいでしょう。

気遣いが大事!履歴書をA4用紙2枚で作成するときの2つの注意点

履歴書をA4用紙2枚に分けて印刷すること自体には全く問題はありませんが、用紙1枚で作成する場合に比べると、少し気遣いが必要になります。

具体的には、以下の2つのポイントに注意しましょう。

  • 用紙をまとめる際に、ホチキスではなくクリップを使用する
  • ページ番号を振る

1つの書類を複数の用紙に分割した形で提出する場合、用紙がばらけないようにしておかなければなりません。

その際に、ホッチキスを使用するのはこのようなケースでは避けた方が良いでしょう。

履歴書のような選考書類は、何度も読み返して内容を確認したり、複数人で回し読みすることも考えられます。ホチキスできっちりと2枚の用紙を固定してしまうと、いちいちめくらなければならないので読みづらく、留めた部分から紙が破けてしまうこともあります。

また、ファイリングしたり、コピーやスキャンをしようとする場合にも、わざわざホチキスの針を外さなければならないので余分に手間がかかってしまうでしょう。

履歴書をまとめる場合は、すぐに外せて繰り返し使えるクリップを使うのが適切です。さらにクリアファイルに入れた状態で提出すると、用紙が折れ曲がったりばらけたりするのを、より防ぎやすくなるでしょう。

また、クリップを外してばらした時にも順番がわからなくならないように、あらかじめページ番号を振っておくことをおすすめします。

2つの注意点はいずれもちょっとしたことではありますが、これだけで確実に書類は扱いやすくなります。

書類を留めるクリップはどんなものでもよいのでしょうか?あと、クリアファイルも手持ちのものを使えばよいですか?
クリップはシンプルなものであれば基本的に問題ありませんが、厚みが出るものは封筒に入れたり他の書類と重ねた時に邪魔になるので避けましょう。クリアファイルも絵柄の入ったものや使い古しは失礼ですよ。透明無地のものを用意しましょう。

相手への配慮が重要!見やすく扱いやすい履歴書を作成しよう

履歴書を作成するうえで、用紙のサイズ自体はそれほど気にする必要のあるポイントではありません。よほど規格外のものでなければ問題ないでしょう。

それよりも用紙を選ぶうえで注意してほしいのは、受け手がより読みやすく、扱いやすいように仕上げられるものを選ぶことです。

記入内容が同じでも、読みやすく扱いやすく仕上げられた書類とそうでないものとでは、相手が受ける印象は変わってくることは間違いありません。

こうしたちょっとした心配りというのは、選考に直接影響するほどの大きな要素ではありませんが、印象を底上げするのに一役買う大事なポイントです。

ぜひ見やすく、扱いやすく仕上げるということを念頭に置いて細かい部分にも気を遣い、好印象を与えられるような履歴書を作成してください。