仕事を教えてくれないのはなぜ?困った時に試したい5つのこと

仕事を教えてくれないのはなぜ?困った時に試したい5つのこと
何も教えてもらってないのにいきなりお客様対応をさせられ、お客様に迷惑をかけてしまった。

仕事が忙しいからと、上司から「マニュアルや前の書類を見てやって」と言われた。細かい部分が分からないので質問すると、上司から嫌な顔をされる。

「分からないことは聞いて」と言われるが、何が分からないのかも分からない。

転職して中途入社した場合や部署異動した場合など、職場が変わって1日でも早く仕事を覚えたいのに先輩や上司が仕事を教えてくれないと困りますよね。

この記事では、「仕事を教えない人の心理」と「仕事を教えてもらえない時の対処方法」を紹介していきます。

仕事を教えてくれない人は何を考えているのか?その心理とは

仕事を教えてくれない人の心理について、考えられることを5つ紹介します。

仕事を教えない人の心理
  1. 仕事が忙しくて教える余裕がない
  2. 上手に教える自信がない
  3. 自分がやったほうが早いと思っている
  4. 仕事は自分で学ぶものと思っている
  5. 教えてもらう側の努力が見えない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

仕事を教えてくれない理由1:仕事が忙しくて教える余裕がないから

目の前の仕事に追われて時間がとれない、または業務量に対して人手が足りないという場合、教えたいけれど「教えられない」可能性があります。

そのため、仕事のマニュアルや資料を渡されるだけで直接仕事を教えてくれないこともあるのです。急いで作成したような雑なマニュアルだと、細かいところが分からず仕事を進められません。

新人が来ると分かっているのですから、忙しい中でも「新人を教育できる体制」と「仕事を教える時間」を作っておいてほしいですよね。

仕事を教えてくれない理由2:上手に教えられる自信がないから

仕事を教えるのが苦手な人は、仕事を教えることから避ける人も。

仕事ができる人であっても、教えるのは苦手という人もいるようです。

人と接するのが苦手な人や口下手な人も、仕事を教えることが苦手な場合がありますよ。

仕事を教えてくれない理由3:自分でやるほうが早いと思っているから

特に会社が繁忙期であると、人に教えるよりも自分がやったほうが早いと仕事を抱え込む人がいます。

自分は仕事ができると思っている人や、この仕事は自分にしかできないと思っている人に多いです。

新人がやるより、仕事を知っている人のほうが早いのは当たり前ですけど・・・。

教えてくれなかったら、新人はいつまでも仕事ができるようになりません!

そうですよね。人に仕事を任せられないと言う人は、人を育てるのに向いていないですね。

仕事を教えてくれない理由4:仕事は自分で学ぶものと思っているから

ゴン課長、今の仕事どうしたらいいのか全く分からないのでどうしたらいいか教えていただきたいのですが・・・。
仕事は教えてもらうものではない、見て覚えるものだ!努力しないと本当に仕事が身についたと言えないぞ!
何も分からないのに「とにかくやれ!」と言われても、誰だってできません。

仕事のやり方を考えさせるのも大切ですが、どういう仕事をするべきか分からないと新人さんは困ってしまいますよ。

また、「自分が苦労して学んできたものを簡単に人には教えられない」「自分よりできるようになると困る」という理由でわざと教えない人もいます。

仕事を教えてくれない理由5:教えてもらう側の努力が見えないから

ここまでの理由は教える側の問題でしたが、教えてもらう側に問題があることも。

例えば、次の行動をしている場合は要注意です。

教えてもらう側のNG行動(例)

・何度も同じことを聞く
・メモを取ることもせず、ただ聞いている
・教えたことを「聞いていません」と堂々と言う
・態度が生意気、人に教わる態度ではない

確かに、後輩にこんなことされたら嫌な気分になります。
そうですよね。

教えてもらう側にやる気が感じられないと、教える側は教えるのが嫌になってしまうのです。

仕事を教えてもらえない原因は分かりました。

ですが、どうしたら仕事を教えてもらえるでしょうか。

仕事が教えてもらえない時の対処方法は、次の章で紹介していきます。

仕事を教えてもらえない際は、待つのでなく自分から行動しよう

仕事が教えてもらえないと言って、いつまでも教えてもらうのを待っていてはいけません。

自分から仕事を教えてもらえるように行動することも大切です。

仕事が教えてもらえない際の対処方法は、次のとおり。

仕事を教えてもらえない時の対処方法

それぞれの対処方法について、詳しく見ていきましょう。

教えてもらうことが当然だと思わず、謙虚な姿勢で説明を聞こう

研修中にわざと教えてくれる人に難しい質問をしたり、自分の知識をひけらかしたりする人っていますよね。
そうですね。

中途採用者の場合、すでにある程度の知識を持って入社している人もいます。しかし、仕事を教えてくれる先輩を尊重し、謙虚な態度をとる必要があります。

教わる側も教えてもらって当たり前だと思わず、「教えていただく」という謙虚な姿勢を心がけてください。

例えば、仕事を教えてもらう際にはメモをとりながら聞くのがおすすめです。

また、ただ聞いているだけでなく、「これってこういうことですか?」「だからこの仕事が必要なんですね」など質問したり相槌を打ったりしながら聞きましょう。

そういえば、前の職場に仕事を教えてもらうたび「ありがとうございます!また一つ賢くなっちゃいました!」と言っている人がいました。
いいですね。そうやって感謝されると、教える人も嬉しくなって「もっと教えてあげたい!」と思えますよね。

参考になる過去のドキュメントや資料がないか探してみよう

提出資料や報告書を作成する場合、過去に他の人が作成したドキュメントや資料がないか聞いてみましょう。

過去の資料をマニュアル代わりにして、自分で仕事を進められる可能性があります。

それに先輩や上司が作成したものは、どこまでのレベルが求められているのか分かる貴重な資料です。

過去の仕事では、どうやって進めていたのかが分かることもあります。

仕事を教えてくれそうな面倒見のよい人を探そう

どんな職場でも、面倒見のよい人、聞きやすい人が必ず一人や二人はいるもの。

上司や教育係がどうしても仕事を教えてくれないなら、教えてくれそうな人を探すのも手です。

ただし、どんな優しい人でもタイミングが悪かったり同じことを何度も聞いたりすると、嫌がられることも。

質問するときの注意点は、次で説明します。

質問する時には分からないことを整理し、聞き方に工夫をする

分からないことを質問する場合、自分なりに整理して聞きたいことを絞ってから質問することが大切です。

あなたが何を聞きたいのか伝わらないと、教える側は何を教えていいのか分かりません。ですので、質問した人にイライラされてしまう可能性があります。

ですが、分からないことが分からない場合、どうしたらいいのですか?
仕事に分からない部分があったとしても、まずはやれそうなところまで実際にやってみましょう。実践することで初めて、分からない部分が分かることもあります。
実際に仕事を進める中で、分からないところを見つけていくという感じですか?
そのとおりです。

また、自分なりに仕事のマニュアルを作るのもおすすめですよ。マニュアルを作っていく中で、どこが分からないのかを明確にすることができます。

質問する時には「どうしたらいいんですか?」ではなく、自分で考えて「こんな感じにしようと思いますが、これでいいでしょうか?」と聞きましょう。

前者のような聞き方をすると、自分で何も考えていないように思われる可能性があります。

また、聞きたいことをメモしておき、一度にまとめて質問をするのも大切。質問すると教えてくれる人の手を止めるので、何度も聞きに行くのは相手の仕事を妨害してしまいます。

僕はメモをとって質問に行くのですが、質問するときに何のことだったか分からなくなります。
キーワードだけをメモしていませんか?

質問するときに何のことだったか忘れないよう、メモをとる際には「何がどう分からないのか」まで書くようにしましょう。

仕事を教えてもらえない時は努力も必要!それでもダメな時は相談を

この記事では、仕事を教えてくれない人の心理や対処方法を紹介しました。

教える側にも、それぞれの事情や考えがあります。

仕事を教えてもらえないと周りを責めてばかりでなく、自分から教えてもらおうと努力するのも大切です。

しかし、わざと教えない場合や自分が努力しても仕事を教えてもらえないという場合は、上司や人事などに相談してください。

我慢しすぎて体調を崩すと大変ですから、そうなる前に対処しましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月26日 19:21 求人更新