仕事をしたくないときの心理や原因から対処法を考えよう!

仕事をしたくないときの心理や原因から対処法を考えよう!

「仕事をしたくない」「会社に行きたくない」と思っている、あるいはそう思ったことがある人は、世の中にたくさんいるのではないでしょうか。

「仕事をしたくない」と感じるときは、自分の気持ちと向き合って「なぜそのように思うのか?」深層心理を知ることが大切です。

当記事では仕事をしたくないと感じるおもな理由や、ケース別の対処法を紹介しています。

今の状況を少しでもよい方向へ持っていけるように、できることから取り入れてみてくださいね。

仕事をしたくない理由をあらためて考えてみる

はぁ~・・・仕事なんてしたくないなぁ・・・。
どうかしたんですか?
「仕事をしたくない」と強く感じることがよくあるんです・・・。
大丈夫ですか?「仕事をしたくない」気持ちをそのままにしていると、日々の生活にまで悪影響を及ぼしてしまいますよ。
どうすればこの憂鬱な気持ちから抜け出せるのでしょうか・・・?
「なぜ仕事をしたくないのか」まずは自分の気持ちと向き合って、仕事をしたくない原因を見つけていきましょう。

「仕事をしたくない」と思いながら漠然と仕事をしていても、ただ辛い気持ちが続くだけで、決していいことはありません。

かと言って「働きたくない!」という感情だけで会社を休んだり、辞めたりしてしまっては必ず後悔します。

「なぜ仕事をしたくないのか」自分の気持ちとじっくり向き合ってその原因を突き止められれば、問題を解決できることも。

仕事をしたくない理由として、次のような問題が挙げられます。

仕事をしたくないと感じるおもな理由
  • 人間関係が悪い
  • 労働環境が悪い
  • 給料が安い
  • 仕事内容が合わない
  • 働く意欲がない
うーん、私の場合は人間関係が原因だと思ったんですが、よく考えたら人間関係は労働環境のせいで悪くなっているのかもしれません・・・。
僕は仕事内容かな・・・?人間関係もあまり良くないと感じています・・・。
働きたくない理由や原因を、ノートや手帳などに書き出してみるもの効果的ですよ。

自分の気持ちを客観的に見つめられるので、働きたくないと思う本当の原因を知ることができます。

仕事をしたくない理由をあらためて確認できたら、次章以降で紹介するそれぞれの対処法をぜひ実践してみてください。

仕事をしたくない理由が人間関係の場合は1人で抱え込まないで!

当サイトが実施したアンケート結果によると、「仕事を辞めたい理由ランキング」でもっとも多かったのが「職場の人間関係」によるものでした。

職場の人間関係が悪いと毎日会社にいることが辛くなり、日々のストレスも蓄積してしまいます。

職場の人間関係が仕事に悪影響を及ぼすようなら、まずは上司や先輩に「どのように対処すればよいのか?」相談をすることが大切です。

上司など部署内のリーダーに相談することによって、配置転換などなにか人間関係の問題を解決させる措置をとってもらえるかもしれません。

ただでさえ忙しい上司には、なかなか相談しにくいのですが・・・。
職場に相談できる人がいなければ、家族や友人などに相談してみましょう。

人間関係に限らず、悩みごとは1人で抱え込まないことが大切です。

人間関係が原因で仕事を辞めたいと悩んでいるなら、次の記事も参考にしてみてください。

仕事をしたくない理由が労働環境にある場合の対処法

「サービス残業は当たり前」「仕事量が多くて毎日残業続き」など、辛い労働環境のなかでの仕事は長続きしません。

そもそも法定労働時間外※にも関わらず、働いた分の賃金が支払われない「サービス残業」は、労働基準法違反である可能性が高いです。

法定労働時間とは

法律で定められた労働時間の限度のこと。

さまざまなサービス残業の実態や、対処法などについて「サービス残業は当たり前なんかじゃない!明らかな違法行為です」で詳しく紹介しています。

私の職場の場合、部署内の全員が毎日夜遅くまで残業するので、自分も残業せざるを得ない状況なんです。
毎日の残業が当たり前になっている職場にいると、自分の正しい感覚まで麻痺してしまいますよ。
僕も毎日残業するのが当たり前だと思っていました・・・。

でも本当は定時に帰って、家でゆっくり自分の時間を過ごしたいです。

残業が原因で仕事をしたくないと感じている場合、まずは自分のできる範囲で残業を減らせないかどうか検討してみましょう。

残業時間を減らすためには、自分の仕事のやり方を見直すなど、おもに次の3つの方法があります。

残業時間を減らす3つの方法
  • 仕事の効率化
  • 周囲へのサポート依頼
  • 配置転換や増員

自分で残業時間を減らす方法として一番実践しやすいのは、効率的に仕事を進めて時間内に終われるように工夫することです。

「効率的に仕事を進める」と言われても、いまいちピンとこないのですが・・・。

具体的にどのように取り組めばよいのでしょうか?

たとえば「よく送るメールの文章はテンプレート化して文字入力の手間を省く」「トイレへ行くついでに他部署へ書類を届ける」など、

些細なことでも工夫して取り組めば、大幅に時間短縮できることもありますよ。

そのほかに工夫できることはありますか?
「納期などによって仕事の優先順位を決めておく」「集中できる時間を確保する」「適度に休憩する」などの方法もあるので、ぜひ試してみてください。

またたくさんの仕事をひとりで抱え込まずに、キャパオーバーだと感じたら同僚や部下など周りの人たちに手伝ってもらいましょう。

頼まれた仕事はなんでもかんでも引き受けるのではなく、自分で処理できるかどうか判断して、ときには「断る勇気」を持つことも必要です。

残業時間を減らす努力をしても改善がみられない場合は、上司に「配置転換や増員はできないか?」などの相談をして、仕事量と人員のバランスを見直してもらいましょう。

職場全体にサービス残業が当たり前の雰囲気があったり、上司からの圧力で残業せざるを得ないなどの状況であれば、ブラック企業である可能性も。

「自分の会社もブラック企業かも?」という人は、次の記事も読んでみてください。

上司などに相談しても改善不能な状況であれば、社外の労働相談窓口に解決のヒントを求めるのも一つの手です。次の記事で紹介しています。

仕事をしたくない理由が給料にある場合の対処法

「仕事の割に給料が安い」「ボーナスが何年も出ていない」など給料への不満が原因で仕事をしたくないと感じてはいませんか?

給料の額は、仕事をしていくうえで大切なモチベーションのひとつです。

仕事をしたくない原因が給料への不満から来ている場合は、収入を増やすために次に紹介する方法を試してみてください。

収入を増やす方法
  • キャリアアップにつながる行動を起こす
  • 副業をする
  • 転職で年収アップを図る

給料に不満を感じたら、まず社内でキャリアアップを目指して、給料を上げる努力を試みましょう。

具体的にどのようにして、社内でキャリアアップを目指せばよいのでしょうか?
たとえば資格を取ったり社外セミナーを受けたりして、仕事に対する熱意を上司にアピールすることはキャリアアップとして有効な手段です。

平日の業務終了後や休日に副業をして、別の収入源をつくるという手もあります。

次に紹介する5つの副業はパソコンやスマホを使って、誰でも手軽に収入を得ることができる方法です。

サラリーマンでもやりやすい副業
副業 方法
株式投資 企業が発行する株を売買することによって、利益を出す。
アフィリエイト広告 ブログやサイトで商品やサービスを紹介して、購入などの成果があった場合に報酬を受け取る。
Webライティング ブログやサイトなど、インターネット上に掲載する文章を執筆する。
アンケートモニター アンケートサイトやアプリのアンケートに答えて、もらったポイントを現金や商品券などと交換する。
せどり 安く仕入れた古本や古着などをオークションサイトやフリマアプリなどで高く売り、売値の利益を得る。
僕、副業で頑張って収入を増やそうかな・・・!
会社によっては就業規則で副業を禁止されていたり、収入額によっては確定申告が必要だったりするので、事前に確認しておきましょう。
上で紹介されているすべての副業は、確実に利益を出せる方法ですか?
株式投資は株価が値下がりした場合、損失が出ることも充分に考えられます。

その辺りも理解した上で、無理のない金額から投資を始めてみてください。

また今よりも高収入が期待できる会社へ転職することも、収入を増やす手段として有効です。

転職で収入アップを狙う場合、給料水準の高い企業や人手不足の業界を選ぶことがポイントとなります。

「転職で今よりも収入を増やしたい」と思っている人は、次の記事を参考にしてください。

仕事をしたくない理由が仕事内容への不満がある場合の対処法

「毎日同じような作業でやりがいがない」「営業のノルマについていけない」など、仕事の内容に不満を抱えている人も多いのではないでしょうか。

仕事内容に不満があって「仕事をしたくない」場合、まずは現在の仕事内容や社内制度を分析して現状を変えられないかどうか考えてみましょう。

仕事への考え方や取り組み方を変えるだけで、仕事内容の不満を解決できるかもしれません。

仕事内容の不満を解決する方法
  • 仕事だと思って割り切る
  • やりがいを探す
  • 部署異動をする

仕事は会社からお金をもらっておこなっているので、「会社」と「会社で働く人」は平等の関係でなければなりません。

楽しいことばかりの仕事や、100%希望通りにいく仕事はまずないでしょう。

そのため多少の不満があっても、仕事だと割り切って仕事をこなしていくことが大切です。

「仕事だからしょうがない」などと、自分の気持ちを切り替えることで仕事のストレスが減って気持ちがラクになることも。

また仕事をしていくなかで、自分なりのやりがいをあらためて探してみることも効果的です。

今の仕事は毎日同じことの繰り返しなので、やりがいなんて見つからないと思うのですが・・・。
「仕事にやりがいがない」と決めつけてしまうのは、もったいないですよ。コロン太さんはどのような仕事がしたいですか?
うーん、そうですね・・・できればなにか達成感が味わえる仕事をすることが理想ですかね・・・。
達成感を味わうには、自分でその日の作業目標を立てることがおすすめですよ。
目標かぁ・・・。たしかに僕は何も考えずに、淡々と毎日を過ごしていたのかもしれません。

「やりがい」はどのように見つけていけばよいのでしょうか?

「やりがい」というのは、人それぞれの価値観によって変わってきます。

まずは自分の得意分野や好きなことを書き出してみて、「自分にとってのやりがい」はどんなことなのかを見つけていきましょう。

仕事内容が自分に向いていないと感じている人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

「仕事をしたくない」以前に「働く意欲がない」場合の対処法

「仕事をしたくない」というよりは「仕事をする気がない」場合、無気力な状態が継続するとうつ状態にまで発展することも。

また仕事のみに対して意欲的になれずに無気力な人は、「無気力症候群」の可能性も考えられます。

なんですか「無気力症候群」って?
仕事や勉強など、本業にだけ無気力になってしまう症状です。
どのような人が「無気力症候群」になりやすいんですか?
おもに完璧主義の人に多いと言われています。放っておくとうつ病になってしまうこともあるんですよ。

このような心の病に侵されてしまう前に、休みの日は心身のリフレッシュをするなど気持ちを切り替えることが大切です。

また生活が不規則になっていると疲れが取れず、やる気も起きません。「早寝早起きをする」「食事を抜かない」など、規則正しい生活を心がけましょう。

憂鬱な気分を少しでも減らせるように、次に挙げたプライベートの過ごし方を実践してみてください。

仕事をしたくないときに実践してほしいプライベートの過ごし方
  • 身体を動かす
  • リラクゼーション施設へ行く
  • 休日の楽しみを作る
  • 理想の職場をイメージする

ではそれぞれの過ごし方について、詳しく紹介します。

仕事をしたくないと感じたら身体を動かす趣味を作ろう

休日は「緑の多い公園で散歩をする」「ヨガ教室に通う」など身体を動かす趣味を作ると、よい気分転換となって心も身体もスッキリします。

定期的な運動や身体活動は「メンタルヘルスや生活の質の改善に効果がある」とさまざまな研究結果で認められているんですよ。

僕は身体を動かすことが苦手なのですが、どうすればよいですか?
たとえ運動を目的としなくても、休日は気分転換ができるように、ちょっとした買い物やランチなどどこかへ出かけることをオススメします。

仕事をしたくないと感じたら温泉やマッサージなどに出かけよう

温泉やマッサージなどのリラクゼーション施設で、身体の疲れを芯から癒すことも効果的です。

近くにそのような施設がない場合は、自宅のお風呂に入ってのんびり過ごすのもおすすめ。

好きな香りの入浴剤を入れたり、アロマキャンドルを浮かべてみたりして自分だけのリラックス空間を演出してみましょう。

お風呂の温度を38度~40度ぐらいのぬるめにすると「副交感神経系」が刺激されるので、よりリラックス効果が期待できますよ。

仕事をしたくないと感じたら休日の楽しみを作ろう

仕事終わりに飲み会や映画の予定を入れたり、休日に出かける予定を立てたりすると、仕事とプライベートをはっきりと切り替えられます。

また旅行やグルメを趣味にしてプライベートを充実させると「〇〇のために仕事を頑張ろう」と思えるように。

定時後や週末に自分がワクワクするような予定を入れて、心身のリフレッシュを意識しましょう。

仕事をしたくないと感じたら理想の職場をイメージしてみる

「仕事をしたくない」と思っているときは、ついネガティブな発言や暗い妄想をしてしまいがちになります。

そんなときは逆に「明るい雰囲気の職場のシーン」「お客さんに感謝されるシーン」など自分が仕事を通じて輝いているシーンをイメージしてみてください。

なりたい自分像を頭のなかで鮮明に描くことによって、自分が思っている以上の効果を発揮できることも。

これって「イメージトレーニング」ですよね?

スポーツ選手ならともかく、イメトレってビジネスシーンでも役に立つんでしょうか・・・?

ええ、もちろんです。

イメトレによる効力はさまざまな研究で立証されていて、トップクラスの経営者や技術者たちの間でも積極的に取り入れられているんですよ。

精神的に追い詰められて働けない状態になってしまわないように、自分でできることから少しずつ取り入れてみてください。

自分の気持ちを深く見つめていると、自分のやりたい仕事や目標が明確に見えてくることも多いです。

その場合は、転職を視野に入れて行動してみるのもよいでしょう。

「転職エージェント」を知っていますか?自分に合う仕事や職場を紹介してくれるサービスです。詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

当サイトには、おすすめの転職サイト・エージェントを集めた記事もあります。

その他の転職活動の方法について紹介している記事はこちらです。

「やりたい仕事が見つからない」という人は、こちらの記事も読んでみてください。

「仕事をしたくない」というより「仕事辞めたい」と思っている人もいるかもしれませんね。その理由や状況別に対処法を紹介している記事もありますので、こちらも参考にしてみてください。

「仕事をしたくない」という自分の気持ちに耳を傾けてみよう

仕事をしたくないと感じたら、周りの人間関係や労働環境などを見つめ直して「どんなことが原因で仕事をしたくないのか」を考えてみることが大切です。

「仕事がしたくないから」というただ漠然とした理由で会社を辞めてしまうと、すぐに辞める癖や休み癖がついて社会的信用を失ってしまうことも。

今の状況を抜け出すためにも、当記事で紹介したケース別の対処法やプライベートの過ごし方を参考にして、やれることから始めてみてください。

もしやりたい仕事が明確に決まっていて、会社を辞めることが自分の未来によいと確信している場合は、転職を視野に入れて行動していきましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月17日 08:10 求人更新