人間関係に疲れて仕事を辞めたいと悩んだら!抱え込む前に相談しよう

人間関係に疲れて仕事を辞めたいと悩んだら!抱え込む前に相談しよう
職場の人間関係が悪くてもう辛いです・・・。やっぱり辞めるしかないんでしょうか。
待ってください、それは誰かに相談しましたか?1人で抱え込む前に、まずは身近な人や人事部などにも相談してみましょう。

誰かに相談することで、新たな解決策が見つかることもありますよ。

また人間関係に疲れてどうしても辛い場合は、転職することで新たな人間関係を築くのも1つの手です。

ほかに解決策がなく仕事を辞めるとなれば、退職理由をうまく言い換える必要があります。

とくに人間関係のいざこざはトラブルに発展しやすいですから、円満退職するために「人間関係」ではないポジティブな理由が必要です。

次の職場を探すときは、転職エージェントを利用すれば事前に社内環境などを知ることができますよ。

この記事では「人間関係が悪くて仕事を辞めたい」と思っている人向けに対処法をアドバイス。人間関係を理由に転職した人たちの「転職してよかった」「転職して後悔した」などの意見も紹介します。転職を決意する前に、まず一度読んでみてください。

「人間関係で仕事を辞めたい!」と思ったときの対処法4つを紹介

「上司が厳しすぎる」「職場内でいじめがある」など、人間関係が悪くて仕事を辞めたいと思う人も多くいることでしょう。

職場の人間関係にストレスを感じるときは、次のような対処法がオススメです。

人間関係が悪いときの対処法
  1. 身近な人に相談する
  2. 上司や人事担当者に相談する
  3. 考え方を変える
  4. 転職する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【1】「人間関係で仕事を辞めたい」まずは身近な人に相談しよう

どうすれば職場の人間関係を良くできるんでしょうか・・・。どれだけ考えても答えが出ません。
1人で考えすぎてしまうと、さらに辛くなりますよ。まずは誰かに話して、自分の気持ちを整理してみてください。

職場の人間関係など、仕事に関することで悩んだら、信頼のおける人に相談してみましょう。相談相手は家族や友人、職場の同期、先輩など誰でもOKです。

悩みを抱え込まず人に話すことで、ストレス解消になったり悩みが解決したりすることもあるんですよ。

自分よりも人生経験が豊富な両親に相談すれば、1人では思いつかなかった解決策を教えてくれるかもしれません。友人と悩みを共有し、相手の意見も聞くことで「自分も頑張ろう」と意識が変わる可能性もあります。

「仕事を辞めるしか方法がない」と思い込まずに、相談相手からのアドバイスに耳を傾けてみることが大切です。

【2】「人間関係が悪くて仕事ができない」上司や人事担当に相談する

「職場の人間関係にどうしてもストレスを感じてしまう」「人間関係の悪さから業務が滞ってしまう」というときは、まず直属の上司に相談してみましょう。それでも解決しない場合や、直属の上司との関係で悩んでいる場合は、人事担当者に相談してみてください。

相談してアドバイスをもらうことで、問題の解決策が見つかる可能性もあります。

また「こんな仕事がしてみたい」「他部署のほうが即戦力として役に立てる」など、部署異動を願い出るのも1つの手です。

ただし上司よりも先に人事担当者に相談すると、さらに人間関係を悪くすることがあるので注意が必要。

上司と人事担当者の仲が良いため相談内容が筒抜けになったり、上司が監督責任を問われたりする場合もあるのです。相談内容を人づてに聞いて、嫌な気分になる上司もいます。

人事担当者が社内でどんな立場にいるのか、上司との関係性や相談内容にも注意して相談するようにしてください。

小さい会社なので、部署異動などは考えられません。人間関係を理由に転職してもいいのでしょうか?
人間関係の悪さから転職を決意した人はたくさんいますよ。ですがその前にもう1つ、自分の考え方を変えてみるのはどうでしょうか?次の章で解説しますね。

【3】良好な人間関係を築く必要はない?考え方を変えてみる

「職場の人と必ず仲良くしなければいけない」ということはありません。

仕事だと割り切って、必要以上に関わらないようにするのも1つの手です。

「上司や同僚とは良い関係を築くべきだ」と思うあまり、職場の人間関係の悪さにストレスを感じてしまう可能性もあるんですよ。

「十人十色」という言葉があるように、さまざまな価値観を持った人たちが同じ会社の中で働いています。合う人もいれば合わない人もいるのです。無理に仲良くする必要はありません。

「仕事上だけの関係を築けばいい」「好きになれないし、馴染めないものは仕方がない」と割り切ってしまえば、ストレスも感じにくいですよね。必要以上に仲良くなろうとせず、業務に集中して取り組むようにしましょう。

ただし挨拶をしなかったり、悪口を言ったりしてはいけません。社会人として恥ずべき行為です。相手もしているからと言って、非常識な行動を取らないように注意してください。

確かに割り切ってしまえば、ストレス疲れも軽減しそうですね!
ええ。人間関係を気にしすぎないことが大切ですよ。
でもそんな簡単に自分の考え方を変えることができません・・・。そういった場合はどうするのがいいですか?
そんな時は転職するというのも1つの解決法です。次の章で見てみましょう。

【4】悩みが改善しない場合は、転職するのも1つの手

家族や友人、人事部に相談したり、自分の考え方を変えたりしても悩みが改善されない場合は、転職を考えましょう。職場を変えるわけですから、新たに人間関係を築くことができます。

ただし転職するにあたって、次の2点に注意してください。

転職する際の注意点
  • 「人間関係の悪さが原因で辞めた」と伝えるのはNG
  • 転職しても悩みが改善されない場合もある

退職・転職理由で「人間関係に疲れたから」などと言うのは控えましょう。

ハッキリ伝えてしまうと職場と喧嘩別れになる恐れがあります。転職する場合は応募先に「人間関係の悪さからまた辞めてしまうのでは?」と思われる可能性も。

また転職することで現在の人間関係は一新されますが、転職先の人間関係が良好とは限りません。

退職・転職理由の伝え方や、人間関係の良い職場の見つけ方について詳しくは「辞めるときの退職理由は?どうすれば人間関係の良い職場が見つかる?」の章で解説しています。

どうしても上司とうまくいかないですし、ストレスで辛いので転職したいです・・・。でも本当に転職してもいいのか悩んでいます。
確かに転職の決断はなかなかできないですよね。次の章で人間関係の悪さから転職した人たちの声を紹介していますので、転職すべきかどうか考えるときの、参考にしてください。

「転職してよかった/後悔した」転職経験者の意見を紹介

当サイトでは、転職経験のある全国の男女約1,000名を対象にアンケートを実施しました。

アンケートに回答した1,000名のうち、転職したきっかけとして「人間関係」を挙げたのは、なんと356名。3割以上の人が、人間関係を理由に仕事を辞めています。

その中でも8割以上の人が「転職してよかった」と感じているのです。

まずは「人間関係を理由に転職してよかった」という人の意見を見ていきましょう。

「転職してよかった」転職経験者の意見
・前の職場よりも、人間関係で気を遣うことが少なくなった。(23歳/男性)

・前職よりも自分の意見が上に通りやすくなり、自分のしたいことが思い切りできるので転職は正解だった。(33歳/男性)

・転職してから上司や後輩と仲良く仕事ができた。人間関係がいいほうが仕事も楽しい。(21歳/女性)

・給料は下がったが、人間関係は良好になった。仕事がきつくても辛いと感じることがない。(27歳/男性)

なんだか皆さん、転職して生き生きとしている感じが伝わってきます・・・!
転職は新しい人間関係を築くきっかけになりますからね。新たな職場で楽しく仕事をしている人はたくさんいますよ。

ただし「転職して後悔した」という人も少ないですがいます。人間関係を理由に転職して、後悔した人の意見も確認しておきましょう。

「転職しなければよかった」転職経験者の意見
・転職しなければ分からないが、前の職場のほうが人間関係の悪さがマシだった。(44歳/女性)

・セクハラが原因で転職したが、転職先でも同じようにセクハラしてくる人がいた。(29歳/女性)

・転職することで給料が下がったし、新しい仕事を1から覚えるのは大変だった。(30歳/男性)

・以前の職場と同収入の会社が見つからなかったため、もう少し考えてから決断すればよかった。(30歳/男性)

転職することで人間関係の悩みが解決されても、給与面でまた新たな悩みを抱えてしまうことがあるんですね・・・!
ええ。転職することで年収が下がってしまった、というのはよくある話です。人間関係の問題だけでなく、転職に伴い発生する問題についてきちんと考えておく必要があります。

転職で年収アップを狙うなら、給与水準の高い会社や人手不足の業界への転職がオススメです。詳しくは次の記事を参考にしてください。

転職しても人間関係が改善しなかった、という場合もやっぱりありますよね。転職先でうまくやっていけるか不安です。
確かに転職しても悩みが解決しなかったという事例はあります。転職を後悔しないためには、転職する前に良い人間関係を築くための方法を確認しておきましょう。

人間関係が悪い場合の対処法や、良い人間関係を築く方法について詳しくは次の記事を確認してくださいね。

新卒で入社したばかりの人や、「まだ試用期間中だけど辞めたい」と悩む人もいるでしょう。辞めるか辞めないか、どちらがいいかは状況などによって異なります。

試用期間中に辞めることのメリットやデメリットも把握した上で、どうするかをよく考えるのがおすすめです。

辞めるときの退職理由は?どうすれば人間関係の良い職場が見つかる?

仕事を辞める決意をしたら、まず考えられるのが「退職・転職理由をどう伝えるか」という問題ではないでしょうか。また人間関係の良い職場をどう見つけるのかも、転職活動では重要なポイント。

最後に退職・転職理由の伝え方と、人間関係の良い職場を見つける方法を紹介します。

退職・転職理由の伝え方!うまく言い換えて円満退職を目指す

仕事を辞めるとき、どんな理由であっても円満退職を目指したいものです。

円満退職するためには「人間関係が悪いから」とはっきり口にしないことが大切。

「あなたとうまくやっていけないから辞めます」「ここの職場は人間関係が悪いので辞めます」など、言われた相手はあまりいい気持ちではありませんよね。上司と揉めたり関係がさらに悪くなったりすることも考えられます。

ただし嘘をつくのはNG。「ストレスから体調不良になり、仕事を続けるのが辛い」など、うまく言い換えるようにしましょう。

退職の伝え方や切り出すタイミングについては、次の記事で詳しく解説しています。

転職活動で応募先企業に退職理由を聞かれたときも、同じように言い換えて伝えるのが良いのですか?
そうですね。応募先企業に伝える場合は、ポジティブに言い換えて話すほうが面接官に好印象を持たれますよ。

面接での退職理由の伝え方や注意点については、次の記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

人間関係の良い職場を見つける方法は?転職エージェントに相談しよう

「転職先の人間関係も最悪だった・・・」という話を聞いたことがあります。事前に職場の人間関係について知る方法はないのでしょうか?
事前に社内の様子を知りたいなら、転職エージェントへの登録がオススメです。キャリアアドバイザーから企業の詳しい情報を聞くことができますよ。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが自分の経験やスキルに合った企業を紹介してくれます。

応募するにあたって、どんな年齢層の人たちが働いているのか、社内の雰囲気はどんな様子なのかなど、気になることはたくさんありますよね。

事前にキャリアアドバイザーから、社内の職場環境を聞くことができるんですよ。

また、今後の転職活動について相談することも可能。転職先には「人間関係が良いこと」を第一に求めている点を事前に伝えておけば、その希望に沿った求人案件を紹介してくれます。

転職エージェントを利用するメリットやデメリットについては、次の記事で紹介していますので参考にしてください。

人間関係だけでなく、多くの人がさまざまな理由で仕事を辞めたいと思っています。その理由や状況別の悩みを解決するヒントを紹介している記事もあります。ぜひ読んでみてくださいね。

仕事を辞めたいと思ったらまずは相談!後悔しない転職をしよう

人間関係に悩み「仕事を辞めたい」と思ったら、まずは身近な人や人事部などに相談してみましょう。新しい解決策が見つかることもありますし、考え方を変えることでストレスなく仕事に集中できることもあります。

どうしても解決しない、ストレスで辛いという場合は、転職するのも1つの手です。

転職経験者で「転職してよかった」と感じている人はたくさんいます。

ただし後悔している人もいるのが現実。転職することでまた新たな悩みが出てくる可能性も、念頭に入れておいてくださいね。

仕事を辞めるときは円満退職を目指して、退職理由をうまく言い換えて伝えるのがオススメ。転職活動では転職エージェントをうまく利用して、人間関係の良い会社への入社を目指しましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月18日 09:28 求人更新