「仕事を辞めたい」と思ったら読んでほしい!理由や状況別の解決策

「仕事を辞めたい」と思ったら読んでほしい!理由や状況別の解決策

「人間関係が悪くてストレス」「入社3日目だけどもう辞めたい」など、「仕事を辞めたい」と思いつつ働いている人も多いですよね。

その悩みを解決すべく、この記事では「仕事を辞めたい」理由の上位ランキングや、その対処法などについて解説します。

新卒や試用期間で辞めることのデメリットや、「仕事を辞めたい」と言い出せないときの対処法も紹介。

自分がどうすべきか、考えるヒントにしてください。

「転職も不安」という人は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

仕事紹介や面接対策のほか、そもそも「いま転職すべきか」についても相談できますよ。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 02:55 求人更新

仕事を辞めた1,000人の理由を大調査!1位は「人間関係」

 
当サイトでは、転職経験者1,000名を対象に転職理由についてのインターネット調査を行いました。

転職した人たちは、どうして「仕事を辞めたい」と思ったのでしょうか。

上位5位をピックアップしてみました。

転職した人に聞いた、「仕事を辞めたい」と思った理由
  • 1位:人間関係に関する不満
  • 2位:給与への不満
  • 3位:キャリアアップのため
  • 4位:他の仕事がしたいから
  • 5位:残業や休日に関する不満

「仕事を辞めたい理由」ランキングの1位は「人間関係」、2位は「給与への不満」でした。

「キャリアアップのため」「他の仕事がしたい」などポジティブな理由も挙がっていますが、ネガティブな意見が多いことがわかります。

ただ、仕事を辞めたいと思った理由やきっかけは、1つだけではないようです。

このアンケートは、最大3つまで回答を選択できたのですが、多くの人が3つの理由を挙げました。

転職理由やその伝え方について詳しくは、次の記事で解説しています。

では、仕事を辞めたい理由に多い「人間関係」「給与への不満」について、その対処法などを見ていきましょう。

仕事を辞めたい理由1位の「人間関係」、どうすればいい?

転職した人が「仕事を辞めたいと思った理由」として一番に挙げたのが「人間関係」。これを読んでいる人の中にも、上司や同僚などに悩まされている人は多いのではないでしょうか。

ただ、人間関係だけを理由に仕事を辞めるのはおすすめできません。

どうしてダメなんですか?

人間関係が悪い職場なら、すぐに辞めたほうがいいじゃないですか。

人間関係が理由で転職したいと思う人が多い、ということは、つまりどこの職場でも起こりうる問題だということです。

転職先でも、また新たな人間関係に悩むことになるかもしれません。

まずは、今の職場で改善ができないか、気にせずやり過ごせないか、次のようなことから考えるのがおすすめです。

人間関係が悪いときの対処法
  1. 不満をため込まず、会社と無関係の人に話す
  2. 特定の人が問題なら、上司など会社に相談
  3. 「上手く付き合わなければ」と思わない
  4. 「どうにもできない」と思ったら転職

それぞれ説明していきます。

1.会社と関係のない人に話し、不満をため込まない

人間関係の不満は、1人で抱え込まず、身近な人に聞いてもらいましょう。

人に話したり相談したりすることで、気持ちが落ち着いたり、軽くなったりします。同じような悩みを持った経験のある人なら、いいアドバイスがもらえることも。

不満を自分の中にため込むと、ネガティブな気持ちはどんどん大きくなりがちです。吐き出すのがおすすめです。

ただし相談相手が仕事関係の人だと、悪口を言ったように広まってしまうことも。

仕事に関係のない人か、もしくは信頼できる職場の仲間・先輩など、話す相手は選んでください。

2、特定の人だけが問題なら、上司や人事担当者に相談する

特定の人とだけ上手くいかない、「あの人とはどうしても合わない」という場合は、職場の上司や人事担当者に相談してみるのも1つの方法。

担当を変えてもらう、関わらない部署に異動する、などの方法で解決できる可能性があります。

会社に相談するなら、上司との人間関係・信頼関係が悪化しないよう、まず直属の上司に伝えしましょう。その人を飛ばしてさらに上の上司に話すのは危険です。

どうして直属の上司を飛ばしたらダメなんですか?
その上司が、会社から監督責任能力を問われる可能性があるからです。

直属の上司には「自分は信頼されていないのか」と思われてしまいますしね。

ただし、悩みの原因がその上司だったり、相談しても解決しなかったりする場合は、人事担当者に直に相談しましょう。

人事担当者に相談するときは、仕事にどんな支障があるのか、何が問題なのかを具体的に説明してください。

単に「気に入らない」「嫌い」などの理由では、自分の人間性に問題があると思われかねません。

上司が自分にだけ厳しい、仲間はずれにされているなどの場合は、パワハラやモラハラの疑いもあります。

パワハラやモラハラについては、次の記事で詳しく説明しています。


3、「上手くやらなければ」という考え方をやめる

「職場の人とは仲良くしないといけない」と真面目に考えすぎて、ストレスになってはいないでしょうか。

考え方を変えてみると、気が楽になるかもしれません。

「あくまで仕事上の付き合い」と割り切って、無理に仲良くしようとするのを止めてみてください。

確かに、相手に期待したり気を使い過ぎたりして疲れちゃうことが多い気がします。
仕事さえ回れば、その人と上手くやっていけなくても自分の人生には関係ない、などと考えられると、気も楽になりますよ。

4、「これ以上どうにもできない」と思ったら転職する

転職は最後の手段です。

どうしても状況が変わらず、続けられないと思ったら転職を考えましょう。

実際に転職まで行かなくても、「いつでも転職できる」と思えば意外と気が楽になることもあります。

転職するなら、次こそ人間関係のいい会社で働きたいです!

人間関係のいい会社を見つけるには、どうしたらいいですか?

人間関係がいいかどうかは、その人によって違ってきますから難しいですね・・・。

正直、合わない人というのはどこの職場にも大抵1人くらいはいるものだと思いますし。

そ、そんなぁ。
職場全体の雰囲気がいいところなら、転職エージェントが知っている可能性があります。

キャリアアドバイザーが職場に足を運んでいれば、仲のよい職場か、ギスギスしていないかなどの様子も見ているはずですよ。

人間関係で悩んだときの「対処法」「人間関係を理由に転職した人の声」「人間関係のいい転職先の探し方」など、詳しくは次の記事をご覧ください。

「もう人間関係で悩みたくない!」「マイペースに仕事がしたい!」という人は、こちらもどうぞ。

仕事を辞めたい理由2位「給与への不満」、転職で改善する?

「業務量に給料が見合わない」「頑張りが給与に反映されない」「何もしていない管理職ばかり高収入」など、給与に関する不満から転職する人も多いです。

しかし、転職すれば必ず給与が増えるとは限りません。

厚生労働省が行った「平成27年 転職者実態調査」によると、転職して賃金が「増えた」という人は全体の40.4%で、「変わらない」が22.1%。

逆に「減った」という人が36.1%いました。

収入を増やすために転職するなら、これまでの経験や培ったスキルが「即戦力」として活かせる仕事を探しましょう。

同じ業界での転職や、同じ仕事でより条件のよい職場への転職なら、管理職として迎えられる可能性がありますし、収入アップも可能です。

給与水準の高い業界や職種、たとえば金融業界やコンサルティングなどの仕事に転職するのも1つの方法ではありますが、経験重視のため、未経験では難しいのが現状です。

そのため、「今とはまったく異なる仕事に就いて、かつ今より高い給与をもらう」というのは、不可能ではないかもしれませんが現実的ではありません。

給与以外に不満がないのなら、まずは会社に昇級を打診してみてはどうでしょうか。

タイミングを見計らって、会社への自分の貢献度を具体的・客観的にアピールしましょう。

退職を盾にしたり、敵対心を見せたりしないように気をつけてください。

「仕事を辞めたい」上司に言い出せない人に試してほしいこと

私、お世話になった先輩や同期のことを考えると「辞めたい」なんて言い出しづらいです。
その気持ちはよくわかります。

ですが、「辞めたい」という気持ちを抱えたまま仕事をしても、自分がそこから成長できない、前に進めない恐れがあります。

無駄に時間をやり過ごすより、退職の意思が強いなら思い切って伝えましょう。

法律上は、退職を伝えて2週間が経てば雇用契約は終了します。

しかし退職を申し出る時期については、就業規則で「1カ月前に届けること」などと決められている会社もあります。その場合は規則に従ってください。

上司が怖くて言いだせない場合はどうしたらいいんですか?
それなら、先に転職先を決めてしまうのはどうでしょう。

転職先が決まれば、上司に言わざるを得ない状況になりますからね。

実際に退職届を書いてみると、気持ちが固まってきたりしますよ。

仕事を辞めたいと言えない場合の対処法について詳しくは、次の記事をご覧ください。

「辞めさせてもらえない」などの問題が起きそうなら、社外の窓口に相談するなどして対処してください。

在職中に転職エージェントに登録して、サポートしてもらうのもおすすめです。仕事を探す時間のない人も効率よく転職活動ができます。

下の診断ツールを使えば、自分のスキルや希望業種・職種に合う転職エージェントが見つかりますよ。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 02:55 求人更新

ただ、いまいち退職に踏み切れない、という人は、無理に退職意思を固める必要はありません。

感情に流されて仕事を辞めるのは後悔のもとです。転職目的、退職理由を紙に書き出すなどして、本当に辞めるべきかどうか、頭の中を整理してみてください。

新卒だけど仕事を辞めたいなら「第二新卒枠を狙うべし

実は、新卒者の約30%は3年以内に離職していると言います。

ただ「サービス残業が多い」「賃金が支払われない」などの法的な問題がなければ、すぐに辞めるのではなく、しばらく様子を見るのがおすすめです。

誰でも慣れないうちは大変なもの。環境や人、仕事に慣れれば、意外と楽しくなってくることもあります。

とはいえ「精神的に追い詰められている」「身体に不調が出た」など心身に支障をきたしている場合は、退職もやむを得ません。

職場がいわゆるブラック企業の条件に当てはまる場合も、転職を検討しましょう。

「ブラック企業」の見分け方などについては、こちらの記事を参考にしてください。

嫌な仕事を辞めれば、気が晴れたり体調が良くなったりするでしょう。新卒すぐに退職する場合は、転職の際に「第二新卒」枠が狙えるというメリットもあります。

第二新卒とは、学校を卒業して就職後、約3年以内に転職を希望する人のこと。

企業にとって「社会人としてのマナーを一通り身につけている」「前職に染まりきっておらず柔軟性がある」などの利点があります。

そのため、「第二新卒歓迎」としている求人は比較的多数見つかるのです。

ただし、新卒ですぐに仕事を辞めることにはデメリットもあります。

転職するには、短期で辞めた理由が第三者にも納得できるものでないと「忍耐力がない」など本人の落ち度だと思われ、採用されにくいことも。

「ウチもすぐに辞めるのでは」と、社会人としての常識や働く意欲を疑われてしまうのです。

また、即戦力や経験を重視する求人では、応募資格を満たすことができません。

新卒で仕事を辞める「メリット・デメリット」「新卒で仕事を辞めたい場合に知っておきたい知識」について詳しくは、次の記事に掲載しています。

新卒と同じく多いのが、試用期間中に仕事を辞めたくなってしまうこと。

試用期間中に仕事を辞めることにも、新卒と似たようなメリット・デメリットがあります。

詳しくは次の記事を読んでみてください。

「試用期間だけどもう辞める」と決めた人向けの記事はこちらです。

いざ転職を決意したなら、さっそく行動に移しましょう。

転職活動には、さまざまな方法があります。転職エージェント以外の転職方法については、こちらの記事も読んでみてください。

結婚で仕事を辞める人は減少傾向!まずはパートナーに相談

 
「結婚を機に仕事を辞めたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

でも、仕事を辞める口実として結婚を考えるのはおすすめできません。

その場合、仕事から逃げることはできても、結婚によって新たな悩みごとが出てくる可能性が高いからです。

すでに相手がいるなら、パートナーに相談してください。相手にも結婚後のビジョンがあるでしょうし、経済的な問題もあります。

1人で勝手に決めたことで信頼関係にヒビが入っては、元も子もありません。

結婚後に仕事を辞めたいと考える女性は減っている|厚生労働省による調査結果

仕事を辞めるか続けるか、「ほかの女性はどう考えているんだろう」と気になりますよね。

厚生労働省は平成14~24年まで継続して、結婚や出産などに関する意識調査(「21世紀成年者縦断調査」)を行いました。その結果を紹介します。

結婚後も現在の仕事を続けますか?

結婚後も仕事を続けたいと考えている独身女性の割合

結婚した後も仕事を続けようと考えている女性は、10年前の調査よりも増えています。

一方「結婚を機に仕事を辞める」という女性は、10年前に比べると減っています。

ちなみに、「結婚後も仕事を続ける」と答えた人に、出産後はどうするかを聞いたところ、「出産後も続ける」と答えた人は65%いました。

反対に「出産を機に辞める」と答えた人は約7%。10年前の24.5%に比べると、3分の1以下に減っています。

結婚をして仕事を辞める場合のメリット・デメリットについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「仕事を辞めたい」理由をはっきりさせて、感情的にならずに行動を

転職理由として最も多い「人間関係の悩み」。悩んだら、まずは誰かに相談してみましょう。

会社に「仕事を辞めたい」と言えない人は、転職の意思が強いなら貫きましょう。迷いがあるなら気持ちを整理してみてください。

新卒や試用期間中の退職は、ブラック企業であればやむを得ません。心身の不調で働けなくなる前に対処しましょう。

「仕事を辞めたい」と思う人は多いもの。大切なのは「辞めてどうするか」転職目的をはっきりさせておくことです。

仕事を辞めるにしても続けるにしても、後悔しないようにじっくり考えて決めてください。

転職に失敗・後悔しないために!転職活動のポイントを徹底解説」の記事もおすすめです。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 02:55 求人更新