転職面接で最適なスーツの選び方は?色・シャツ・クールビズなど悩みを解決!

転職面接で最適なスーツの選び方は?色・シャツ・クールビズなど悩みを解決!

新卒の就活の場合、面接の服装といえばリクルートスーツと決まっていますから、考える必要がなくてその点はラクですよね。しかし、転職の場合は自分でスーツを選ばなければなりませんから、どんなものを着ていけばいいのか悩む人も多いはずです。

スーツの色や柄はどんなものがいいのか、転職面接にリクルートスーツを着てもいいのか、はたまた「クールビズでお越しください」と言われたらどうすればいいのか、悩みどころは多いものです。

ここでは、転職面接でも浮くことのない、最適なスーツ選びについてご説明します。スーツを用意する前に、ぜひご一読くださいね。

転職面接に最適なスーツとは?色柄だけでなく清潔感にも気を配ろう

まずは、転職面接にふさわしいスーツスタイルとはどんなものなのか、基本的な部分を知っておきましょう。

転職面接に適うスーツはコレ!

スーツには、色や柄はもちろん、ボタンの数や形など様々な要因が関係しています。それぞれの項目について、転職面接にふさわしいものをまとめました。

項目 転職面接に適したもの
紺・黒・グレーなどの濃いめでベーシックな色
・無地、または細いストライプ程度の控えめな柄
・光沢が強すぎるものはNG
ボタンの数 二つボタンでも三つボタンでもOK
・シングルのスーツ
・形、ズボンの丈や太さ等のデザインが古びていないもの

転職面接に最適なスーツ

参照元:アオキ
ビジネススーツというと、やはり黒や紺が基本です。グレーももちろん大丈夫ですが、トーンが明るすぎるグレーは避けた方が無難です。柄も、基本的には無地がおすすめですが、ピンストライプのような派手ではない柄であればOKです。

二つボタンなら上だけを、三つボタンなら真ん中のボタンだけを留めましょう。

また、スーツの形にも流行があります。手持ちのスーツを着ていきたい場合は、必ず事前に着てみて古臭い感じがしないか確認してください。体格の良い方はダブルの方が楽かもしれませんが、少々品のないイメージになりかねないので、面接には必ずシングルスーツを着用します。

転職面接のスーツに関する注意点

スーツ選びの基本は上記の通りですが、より細かい部分に関して以下のようなポイントに気を付けてください。

  • サイズが合っているか
  • 清潔感があるか

転職面接の場合、前職の職種によっては久しぶりにスーツを身につけるという人もいることでしょう。手持ちのスーツを購入したときと体型が変わっていることもありますから、実際に着用してみてサイズが合っているかどうかを確認しておきましょう。

また、長い間着ていないスーツには、シミ、シワ、ニオイ、ほつれ、ボタンが取れかかっている等の問題が発生していることもよくあります。このようなスーツを着て行ってしまうと、清潔感がないという印象を与えてしまいます。

必ず事前にチェックしてみて、できることならクリーニングに出しておきましょう。

転職面接の場合は、普段スーツを着ていない人もいますから、早めにクリーニングなり購入するなりして準備したほうがいいですね。

スーツは必ずしも無地ではなくてもいいんですね。ピンストライプもいいですが、チェック柄などはどうでしょう?

シンプルで清潔感があればよいのですが、スーツのチェック柄は転職面接にはちょっと派手すぎると言えますね。面接官によっては、悪印象となります。

どうしてもチェック柄を入れたいなら、ネクタイにしておきましょう。

転職面接にリクルートスーツを着て行ってはダメ?

「せっかく就活のために作ったリクルートスーツがあるんだから、転職面接にもこれを着ていきたい」という方もきっといらっしゃるでしょう。しかし、リクルートスーツは新卒のものというイメージもありますよね。

では、転職面接にリクルートスーツを着ていくのはNGなのでしょうか?

そもそもリクルートスーツとは?

リクルートスーツとは、学生が就活に使うのに適したシンプルな色味やデザインのスーツに対する総称であり、ビジネススーツと明確な違いがあるわけではありません。

強いて挙げれば、比較的安価な生地を使っていることや、色柄がある程度決まっているためデザインのコストを抑えて大量生産できることから、学生向けに価格を抑えたスーツが多いという点でしょう。

しかし実際は、無地でベーシックな色のビジネススーツとリクルートスーツを並べて見ても、ほぼ違いが分からないというケースもよくあります。

転職面接にリクルートスーツはNG?

ものによってはリクルートスーツなのか、地味なビジネススーツなのか分かりにくいとお伝えしました。ということは、リクルートスーツを着て転職面接に行っても、特に問題はないということです。

ただし、20代後半以上の人が、初々しいイメージのリクルートスーツを着ているのに違和感を抱く面接官も中にはいますし、やや頼りない印象を与えてしまうおそれがあります。

転職活動をする人の年齢層は様々ですので、20代半ばまでなら第二新卒としてリクルートスーツを着て転職面接を受けてもよいですが、それ以上の年齢の方々はビジネススーツにしておいた方が無難と言えます。
年齢が若ければ、転職面接にリクルートスーツを着て行ってもさほど問題なさそうですね。

でも、逆に20代後半以上の人が無地のスーツを着て行って、ビジネススーツなのにリクルートスーツで来たと思われちゃったら困りますね…。

ある程度の年齢になってからの転職は、基本的な社会人経験のみならずスキルも期待されていますから、あまり初々しい印象のスーツは避けた方がよいかもしれませんね。

明らかにビジネススーツと分かるように、ストライプ柄を選ぶのもひとつの手です。

転職面接にふさわしいクールビズとは?

夏場の転職活動において、「面接にはクールビズでお越しください」とか「クールビズでもかまいません」という案内が企業側から出されることがあります。そんなときは、何を着ていくべきでしょうか?

「クールビズでも可」と言われたら?

クールビズに限定して指定されるのではなく、「クールビズでもいいですよ」という程度の案内の場合は、やはりスーツを着用していく方がよいでしょう。

その企業がクールビズを導入していて、面接の場で「暑ければ上着を脱いでもいいですよ」と言ってもらえることもあります。その場合は、好意を無下に断らず、「ありがとうございます。では失礼します。」と言って脱いでも大丈夫です。

そんなことも想定して、シャツのジャケットに隠れる部分にもシミや汚れなどがないか、気を配っておきましょう。

クールビズを指定されたら?

「クールビズでお越しください」とはっきり指定された場合は、クールビズで面接に行くべきです。

スーツを着ていくと指示を守れない人ということになり、逆にマイナスな印象となってしまいます。

転職面接に適したクールビズとは、シャツ(半袖でもOK)とスラックス(ビジネススーツのものを使ってもOK)にノーネクタイが基本です。色柄が派手でないものという点は、通常のスーツによる面接と同じです。

転職面接にふさわしいクールビズ

参照元:Biz front

清潔感を第一に考え、シンプルで涼しげな印象を持ってもらえる服装を心がけましょう。

シャツは、スーツに合わせるシャツを流用して、一番上のボタンを開けてもかまいませんが、ものによっては第一ボタンを閉めないと襟がきれいに立たないシャツもあります。

クールビズのシャツ

参照元:アオキ

なので、ネクタイをせずボタンをあけても、襟元がきれいに見えるボタンダウンシャツを選ぶのもよいでしょう。

クールビズの基準は企業によって異なる

環境対策の一環として政府の取り組みにより普及したクールビズですが、何をもってクールビズとするかは職場によって様々です。

クールビズとはいえジャケットやネクタイ必須のところもあれば、アロハシャツやサンダルもOKというところまで、幅広い差があるのです。

したがって、事前に応募先のサイトやSNSなどをチェックして、その企業のクールビズがどのような雰囲気なのかを知っておくとよいでしょう。

基本的にはノーネクタイでよいのですが、その企業のクールビズがネクタイ必須ならば、やはりネクタイを着けていきましょう。

また、色柄物のシャツやサンダルなど、非常にカジュアルなクールビズを導入している企業でも、面接に同じような格好をしていってはいけません。その場合も、ノーネクタイ・ノージャケット程度のきちんとしたクールビズにとどめましょう。

スーツからジャケットとネクタイを取り除いたものが、面接に最適なクールビズというわけですね。

クールビズの時期になると、ポロシャツやコットンパンツで働いている方々もいますが、面接にこのような服装で行ってもよいのですか?

クールビズは基本的に社内の人向けの服装ですから、面接にポロシャツやコットンパンツはNGです。

ボタンダウンシャツはクールビズにおすすめなのですが、中にはこれをカジュアルとみなす面接官もいますので、お堅めの職種の場合は注意してください。

転職面接に最適なスーツにはシンプル&清潔感が重要!

転職面接にふさわしいスーツとはどんなものなのか、また、クールビズを指定された場合どんな服装で行くべきかについてお話してきました。

どんな場合にも共通するのは、シンプルで清潔感が感じられる服装でなければならないということ。スーツは濃い目の落ち着いた色合いで、柄は無地か細いストライプ程度の控えめなものが最適です。

クールビズの場合は、そこに清涼感をプラスすべく、ノーネクタイ・ノージャケットが基本です。これらの原則を押さえたうえで、応募先の雰囲気に合わせて各自調節してくださいね。