転職方法は転職サイトだけじゃない!事前に知りたい7つのやり方

転職方法は転職サイトだけじゃない!事前に知りたい7つのやり方

転職活動において最も重要なことは、言うまでもなく求人情報を探すことです。

では、その求人情報をあなたはどのような方法で手に入れようと考えていますか?就職活動の時と同様に、大手の転職サイトでひたすら求人をチェックしているという人も多いのではないでしょうか?

もちろんそれも1つの方法であり、決して間違いではありません。しかし、転職活動を進める方法には、転職サイト以外にも様々なものがあります。中には、転職サイトよりもあなたに合った方法もあるかもしれません。

ここでは、転職活動を始める前にぜひ知っておいてほしい、7つの転職方法を紹介していきてたいと思います。

知らなきゃ損する7つの転職方法とメリット・デメリット

転職活動の情報源というと、転職サイトやハローワーク、転職エージェントなどを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし実際には、転職活動を進めるにはもっと様々な方法があります。中でも主要な7つの方法について、ここでは解説していきましょう。

  • 転職サイト
  • 転職サイトのスカウトサービス
  • 転職エージェント(人材紹介会社)
  • 自分での応募(企業の公式サイト・SNS・新聞・店頭など)
  • ハローワーク・職業訓練校の紹介
  • 縁故採用
  • 紹介予定派遣

それぞれの方法の利用の仕方や、メリット・デメリットを見ていきましょう。

手軽さは一番!転職サイト

転職サイトは、自分で求人情報を検索して、条件が合うものがあればエントリーしたり書類を送ったりと企業にアプローチをしていくというシステムになっています。

新卒時に似たようなシステムの就活サイトを利用した方も多いと思うので、戸惑うことはそれほどないでしょう。

転職サイトのメリットは、なんといっても誰でも手軽に情報にアクセスできるという点です。

簡単な登録をするだけで、あるいは登録をしていない状態でも、サイトに掲載されている求人情報をほとんどすべて閲覧することができます。

ただし情報の絞り込みや書類作成、面接など、すべての過程を自力で進めていかなければならないので、負担はどうしても大きくなります。また、利用者の絶対数が多く、1つの求人情報に対して応募が多くなりすぎる傾向があるため、競争率がやや高いというデメリットもあります。

企業からのアプローチを待つ!?転職サイトのスカウトサービス

大手の転職サイトの中には、サービスの一環としてスカウトサービスを取り扱っているところもあります。

スカウトサービスでは、サイト上に自分の経歴を登録して、興味を持ってくれた企業やエージェントからのアプローチを待つというのが基本のスタイルになります。したがって、自分のキャリアやスキルが転職市場でどの程度の需要があるのかを客観的に判断するには良い指標になるでしょう。

たいていの場合、スカウトサービスから選考に進むと通常よりも選考ステップは短縮されます。また、時には非公開求人の声がかかる可能性があるというのも、スカウトサービスの大きなメリットです。

ただしこちらから積極的にアプローチをかけることはできない以上、キャリアによっては、希望する企業や職種からの求人が来ないという状況も想定されます。

手厚いサポートと情報の豊富さが魅力!転職エージェント

転職エージェントも、転職方法としては認知度が高い部類に入りますよね。

登録すると担当のキャリアコンサルタントがついて、転職活動を全面的にサポートしてくれるというのが転職エージェントの基本のシステムです。ほとんどの場合、すべてのサービスを無料で利用できます。

サポートの主な内容としては、個々の希望やスキルに合わせた求人の紹介、書類の添削や面接指導、企業との様々なやり取りの仲介などがあり、かなり手厚くなっています。

転職活動を効率的に進めていきたい方には転職エージェントは非常に適した方法と言えるでしょう。

また通常の転職サイトには公開されていない、いわゆる非公開求人の取り扱いも多く、情報量の豊富さは非常に魅力的です。

ただし登録してもコンサルタントとの面談を済ませるまで求人情報を確認したり紹介を受けることができないので、気軽に利用できるサービスとは言えません。

また、キャリアによっては希望する求人を紹介してもらえない可能性もあります。

転職エージェントについては次の記事で詳しく説明しています。

企業のサイトにSNS…自力で求人を探すのもアリ!?

公式サイトの採用ページ、SNS、店頭の張り紙などの企業から出ている情報や、地域の求人雑誌や求人広告といった媒体から情報を得て、自力で直接アプローチをかけていくという方法もあります。

中には転職サイトやハローワーク、転職エージェントと言った大きな媒体には情報が上がっていないものも少なからずありますし、利用者が少なく競争率がやや低いのもメリットと言えます。

ただし情報公開の範囲が狭く、掲載期間が限定されていることも多いので、情報を得るのは容易ではありません。

志望する企業がある程度具体的に絞り込めているのであれば、こまめにチェックしておきたいポイントの1つです。

地域密着ならココ!ハローワーク・職業訓練校の紹介

ハローワークのような公的機関も欠かせない情報源の1つです。

ハローワークが取り扱っている求人情報は大手の転職サイトに比べればそれほど多いわけではありません。

しかし全国規模の企業よりも、どちらかというと地元の中小企業の求人情報の掲載数が多いという特徴があるので、地元で仕事を探したい人にはおすすめの方法です。

また、相談窓口も設けられており、求人探しや書類・面接対策などのアドバイスを受けることも可能です。さらに職業訓練校では、受講して身に着けたスキルに応じて求人を紹介してくれることもあります。

ただし転職サイトのような民間のサービスとは違い、ハローワークでは基本的に求人情報を掲載するにあたって、事前に企業の調査や面談を行うということはありません。したがって、中にはあまり条件の良くない企業や、求人情報と実態が異なるケースがないとも言えないのです。

どんな転職方法を利用するにしても企業研究は必須ではありますが、特にハローワークから応募する場合は、その企業について少し慎重に調べてみた方が良いかもしれません。

転職のコネは努力の結果!使えるなら使いたい縁故採用

前職の関係者や取引先、あるいは友人・家族などからの紹介によって企業とつながりをつける、いわゆる縁故採用も転職の1つの方法です。

縁故採用の魅力は、やはり公に求人を出していない企業ともつながれる可能性があるという点でしょう。また選考のステップが通常より短くなったり、無選考で採用されるなど、優遇が受けられることもあります。

縁故採用、コネというと聞こえが良くありませんが、転職の場合、縁故採用はそれまでに築いてきたキャリアや人脈のたまものとも言えます。

使えるものならぜひ積極的に使ってほしい方法です。

ただし知り合いを介している分、しがらみが強く、思っていた職種や条件と違っても断りにくかったり、交渉しにくいということもあります。状況に流されず、事前にしっかり話を聞いて内容を詰めておくようにしましょう。

派遣から正社員になれる!?紹介予定派遣

正社員採用を目指すには少し変わり種の方法ですが、紹介予定派遣を利用するという手段もあります。

紹介予定派遣というのは、正社員として雇用されることを前提として、一定期間(最長6カ月間)その企業で派遣社員として働くことができるという仕組みです。通常の派遣社員の場合、派遣前に面接をしたり、派遣先の希望を出すということはできませんが、紹介予定派遣の場合はいずれも可能になっています。

正式に就職する前に、業務内容や職場の雰囲気を体感することができるのは、このシステムならではのメリットと言えるでしょう。

ただし正社員として採用されるにあたっては本人と企業双方の合意が必要になります。派遣期間中に企業側が何らかの不満を感じて、正社員採用を取りやめるというリスクがあることは否定できません。

転職方法っていろいろあるんですね…。でも方法がありすぎて、結局どうやって進めていけばいいのかわからなくなりそうです。
いくつかの転職方法を併用していくと、情報が集めやすいですよ。そうしているうちに、自分にはどの方法が合っているのかわかってきたら、その媒体をメインに転職活動を進めていきましょう。

みんなはどうやって転職活動してる?利用者の多い転職方法とは

様々な転職方法がありますが、他の人はどの方法で転職活動を進めているのか、気になるところですよね。

単純に利用者数でいえば、最も多いのは、やはりハローワークです。特に退職してから転職活動をする場合は、まず離職後の手続きでハローワークに行かなければならないですから、最初の情報源となるケースも多いでしょう。

また在職中でも手軽に利用できる転職サイトも、大半の転職希望者が利用しています。

次いで手厚いサポートが受けられる転職エージェントも、転職初心者、経験者問わず人気を集めています。

その他の転職方法に関しては、情報量自体がそれほど多くない分、利用者数も限られるのが実情です。

やっぱりハローワークと転職サイトを利用する人が多いんですね。じゃあとりあえずは転職サイトを利用しておけば、間違いないですね。
利用者数でいえばそうですが、実は実際に応募したい求人が見つかる確率は、個別で情報を紹介してくれる転職エージェントの方が高いんですよ。効率よく転職を進められるという点では、転職エージェントの方が優位なんです。

流れは?期間は?転職活動の基本の進め方を簡単解説

主要な転職方法がわかったところで、そもそも転職活動はどのように進めていくものなのか?どのくらい期間がかかるのか?といった基本的な疑問についても、簡単に解説しておきたいと思います。

転職活動は大まかに4つのステップに分けることができます。

①自己分析、転職計画や希望の職種・雇用条件のとりまとめ

②求人情報の収集

③採用選考への応募

④内定・入社

転職活動に要する期間はステップ①の準備期間も含めて、だいたい2~6カ月程度が一般的とされています。

ただし転職活動期間は個々人の置かれている状況や年齢・キャリアなどの様々な条件によって大きく変わってくるため、一概には言えません。

転職活動、在職中と退職後では何が変わる?

転職活動の期間を左右する最も大きな要素の1つが、在職中と退職後、どちらのタイミングで転職を進めていくかということです。

一般的に、在職中の転職活動は、退職後に比べて長引く傾向があります。

現職の都合にかなり拘束されるので、書類を落ち着いて作成する時間が取れなかったり、面接の日程を合わせにくかったりと、スムーズに転職活動を進めるのが難しいのです。

ただ、在職中に転職活動をする場合、給与をもらい続けることができるので、生活の心配がなく焦らずじっくり進めていくことができますし、失業期間もありません。

一方、退職後の転職活動では時間を十分に注ぎこむことができるので、短期で転職先が決まりやすいと言えます。

とはいえ、収入がなくなってしまうので、焦ったり金銭的に追い詰められて、やむを得ず妥協してしまうというケースも少なくなりません。

また、うまく転職活動が進まず失職期間が長くなると、ブランクが不利に働き、かえって転職活動が長引いてしまうというリスクもあります。

一概にどちらが転職活動で有利とは言えませんが、それぞれのメリット・デメリットは把握しておくようにしましょう。

金銭的に余裕さえあれば、退職してから落ち着いて転職活動に取り組んだ方が、うまくいきそうな感じがしますね。
確かにお金の心配がなければ退職後の転職活動にはメリットが大きいです。ただ、転職先を決める前に退職してしまうという行為自体が、企業から『何かトラブルがあってやめたのでは?』と邪推されてしまうリスクもあるので、その点は少し心配です。

道は1つじゃない!あなたにぴったりの転職方法を見つけよう

様々な転職方法をご紹介してきましたが、何よりも重要なのは自分に合った転職方法を見つけるということです。

また、思うように転職活動が進まない場合は、それまで使っていなかった媒体や方法を利用してみると、思いがけず道が開けることもあるかもしれません。

転職活動では情報が生命線です。ぜひ手間を惜しまず、いろいろ試して自分にとって最も効率が良い情報収集の方法を模索してみてください。