本当に転職すべき?転職したいと悩んでいる人へのアドバイス

本当に転職すべき?転職したいと悩んでいる人へのアドバイス

「転職したい気もするけどどうしよう」「転職した方がいいのかどうかわからない」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

迷ったら、まずは「本当に転職すべきかどうか」考えてみることが大切です。

転職すべきかどうかが分からなくて困っているんです。
どうしたら答えが見つかりますか?
まずは「転職したいと思う理由」を明らかにすることです。一緒に考えてみましょう。

この記事では「本当に転職すべきかどうか」について解説します。転職を決意したらやっておきたい準備についても紹介していますので、参考にしてください。

本当に転職すべき?転職したいと思ったときに考えるべきこと

今の職場が嫌で転職を考えているのですが、本当に転職するべきかどうか分からなくて・・・。
ではまず、自分の気持ちを見つめ直してみましょう。次のチェック項目を確認してみてください。
転職すべきかどうかチェック
  • 今後どうしてもやりたいことが別にある
  • 今の職場に将来性が全く感じられない
  • このままでは自分の希望が絶対に叶わない
  • 給与・待遇が確実に業界の平均以下である
  • 自分の強み・得意な仕事・希望の転職先が明確に分かっている
自分の希望っていうと、例えばどんなものがあるんですか?
「昇進して経営に携わりたい」「育休・産休から復帰後は時短勤務で働きたい」など、主に働き方についての希望ですね。
「確実に」とか「明確に」と言われると、チェックに当てはまらない気がします・・・。
はっきりわからない場合は、転職したい理由をもう一度考えてみるべきですよ。次の章で詳しく紹介しますね。

1つでも「確実に当てはまる」人は、転職するのが好ましい人です。「転職活動を始める前の準備は3つ!自分の考えをまとめましょう」の章で転職準備を始めましょう。

「転職したい理由」が「転職先に求める条件」を決める!

転職するうえで最も大切なのは、なぜ転職したいのか具体的に分析すること。

「なんとなく嫌だから転職したい」「自分に合っていない気がする」などの考えでは、転職先でも同じような理由で転職したくなる可能性があるのです。

次のような理由で転職を考えている人は、転職理由をもう一度考え直すことをおすすめします。

考え直したほうがいい転職理由(例)
  • 給料が安い
  • 上司や部下、同僚と仲良くできない
  • 何のために働いているのかわからない
  • 毎日が楽しくない
  • もっと面白い仕事がしたい
  • 仕事が難しくてついていけない
  • 仕事でミスして怒られるのが嫌だ
  • 今の職場がブラック企業だ
えっ!「給料が安いから」「ブラック企業だから」という理由では、転職してはダメなんですか?
そういうわけではありません。これらの理由で転職を決意する人もたくさんいますよ。
では、どうして考え直したほうがいいのでしょう?
転職したい理由について「なぜそう感じるのか」を考えることが大切なんです。

「転職したい」と感じた理由が、転職先に求める条件を決めます。

転職したい理由が「給料が安い」という場合を例にして、見ていきましょう。

「給料が安い」と感じる理由と、そこから考えられる「転職先に求める条件」の例は次のとおりです。

給料が安い理由・転職先に求める条件(例)
給料が安いと思う理由 求める条件
サービス残業が多い ・残業手当の支給がある
・就業時間内に終了できる業務量である
どれだけ成果を出しても昇給しない ・社員の評価制度が明確である
残業させてもらえない ・残業代なしでも一定の給料がもらえる
休日出勤でも手当がつかない ・勤務日が明確に決まっている
・完全週休2日である
ボーナスが出ない ・賞与がある
・正社員登用制度がある
同業他社より基本給が低い ・基本給が高い
・諸手当がつく
どういう点において「給料が安い」と感じるのかは人それぞれ。給料を不満に思う理由は、転職先に求める条件に繋がるんですよ。
なるほど!給料が安いと感じた人がみんな「基本給が高い会社に転職しよう」とはならないのですね。
その通りです。だからこそ、転職したい理由をもう一度考え直す必要があります。

求める条件が分かったら、次は「今の職場で改善できないか」という点を考えてみましょう。

その不満は今の職場で改善できる?問題の改善方法を考えよう

ここまで転職理由の考え直しについて説明しました。では、考え直した理由や会社の問題点が「今の職場で改善される」ことはないでしょうか?

このような問題点が解消される見込みのある場合、むりに転職する必要はありません。

転職にはリスクがつきもの。転職後の会社にうまく馴染めない場合や、「入社したら実はブラックだった」なんて言う場合もあるんですよ。

リスクを避けるためにも、今の職場で問題を改善できるかどうか考えてみましょう。

転職したい理由・改善方法(例)
転職したい理由 改善方法
サービス残業が多い ・残業代の申請ができないか上司に相談する
・業務量を減らしてもらう
職場の人間関係が悪い ・他の部署への異動を願い出る
・挨拶など積極的なコミュニケーションを試みる
上司からパワハラを受けている ・その上司よりも上の、上層部に対応してもらう
夜勤による体への負担が大きい ・日勤のみで働けないか相談する
仕事を教えてくれる先輩がいない ・上司に指導をお願いする
やりたい仕事ができない ・他の部署への異動を願い出る
・新しい仕事を上司に提案する
あの、残業代を申請したいんですけど・・・。
残業代?そんなもん出るわけないだろうが!
上司に相談するなどして改善されればいいのですが、改善する努力をしても、どうにもならない場合はあります。そのときは、転職するというのも1つの手です。
改善方法が思いつかないときは、どうすればいいですか?
そんなときは、転職エージェントに登録するのがオススメです。社外の人に話を聞いてもらうことで、良い解決法が見つかることもありますよ。

転職エージェントについては「転職エージェントとは?転職サイトとの違いとメリット・デメリット」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

転職活動を始める前の準備は3つ!自分の考えをまとめましょう

ここまで転職したい理由や、その改善方法を考えてきました。今の職場では問題が改善されない場合や自分の希望が叶わない場合は、転職に向けての準備を始めましょう。

転職に向けて準備したいことは次のとおりです。

転職に向けての準備
  1. 自己分析をする
  2. 希望条件を明確にする
  3. 情報収集を行う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1、自分の強みを見つける「自己分析」!紙に書き出すのがオススメ

自己分析をするうえで大切なのは「自分の強み」を発見すること。

企業の求人に応募する転職活動では、履歴書や面接の場において「自分の強み」をアピールする必要があります。

まずは次に挙げる項目を紙に書き出してみましょう。

自己分析の主な項目(例)
項目
経験職種 ・通信販売のオペレーター
・不動産会社の営業
・アパレルショップの店員
仕事内容 ・新規顧客獲得のため、アポなしで多くの店を回っていた
・お客様への商品紹介がメイン。求められれば具体的な商品説明や、実践もしていた
・スピードと作業効率を意識した、パソコンの入力作業が多かった
今までの経験 ・新商品の企画提案に携わったことがある
・海外出張が多く、これまで数十カ国を訪れた
・商品の発注や従業員の教育、勤怠管理、経理など幅広くこなしていた
身につけた知識・技術 ・お客様に説明するため、幅広く商品知識を身につけた
・営業で大切なのは、相手に話を聞いてもらうこと。親しみやすい笑顔とコミュニケーション能力を持っている
仕事上の実績 ・社内の商品販売数1位になったことがある
・作業効率アップのために作業内容の変更を上司に提案した結果、利益アップにも繋がった
・会社が推薦している資格の試験に合格したため、表彰された
紙に書かずに、頭の中で考えてもいいですか?
できれば紙に書き出すことをオススメします。文字にすることで頭の中が整理されて、考えがまとまりやすくなるんですよ。
書き方のポイントはありますか?
自分の得意だった仕事や、評価されて嬉しかったことなどを思い出して書くのがポイントです。具体的に書き出してみてください。

自己分析の主な項目を書き出せたら、次はそこから「自分のできること」を明らかにしましょう。「自分のできること」は「自分の強み」に繋がるのです。

例えば次のようなものが考えられます。

考えられる自分の強み(例)
できること 強み
アポなしで多くの店を回る ・初対面の人と仲良くできる「親しみやすさ」
・会話を通じて顧客の希望を汲み取る「対話力」
お客様に商品説明をする ・新しい知識を学ぶ「意欲」と「探究心」
・商品をアピールする「プレゼン力」
自分のできることが、どんな強みに繋がるのかわかりません。
その場合は、第三者に意見をもらうのがオススメです。自分ではつまらないと思っていることでも、他人にはアピールポイントだと思われることもあるんですよ。

2、譲れない点と妥協できる点をはっきりさせる!希望条件を明確に

転職先への希望条件を考えるうえで大切なのが、「ここまでは譲ってもいい」というラインを決めておくこと。

仕事内容や給与、勤務地など、転職先に求める条件はたくさんありますよね。それぞれ1つずつ書き出して、「最低これ以上は必要」という基準を決めましょう。

ここで注意したいのは、「これだけは譲れない条件」と「妥協してもいい条件」をはっきりさせておくことです。

書き出していくうちに、転職先に求める条件がどんどん増えていくことも。希望条件が多すぎると、条件をすべて満たす求人が見つからない可能性もあります。欲を出しすぎないように気をつけてください。

3、どんな会社で働きたいのか考える!会社や求人の情報収集をしよう

転職先の希望条件が決まったら、その条件をもとに「どんな求人があるのか」と「その求人の企業情報」を調べましょう。

情報収集を行う目的は次の2つです。

情報収集の目的
  • 自分の希望やスキルに合った求人を探す
  • 転職したい理由が、その企業で解決できるか確認する

求人情報と、その企業情報を見るうえで、それぞれ着目したい点は次のとおり。

「求人情報」情報収集のポイント
  • 職種・職務内容
  • 給与・手当
  • 労働時間・休日
  • 勤務地
  • 福利厚生
「企業情報」情報収集のポイント
  • 事業内容
  • 経営状態や成長企業かどうか
  • 勤務環境や待遇
  • 経営者の考え方や企業理念
  • 企業の風土
  • 社員の在籍年数
  • 取扱商品やサービス
情報収集のポイントは、できるだけ多くの情報を集めることです。集めた情報を比較検討し、「自分の希望条件に合う会社」を見つけましょう。
働きたい会社がなかなか見つからないときは、どうすればいいんでしょうか?
実は、一般には公開されていない非公開求人もあるんです。転職エージェントに登録すると転職アドバイザーが、希望条件に合う非公開求人を紹介してくれますよ。
自力では見つけられない求人があるんですね!
そうなんです。それでも見つからない場合は、転職先に求める条件のハードルが高すぎる可能性があります。もう一度条件を考え直して、妥協できる点を検討しましょう。

実際に「希望していた条件とは少し違ったけれど、好きな仕事ができて満足している」という人もいますよ。

情報収集や企業研究のやり方については、次の記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

転職前の準備が大切!自分の考えを明確にして転職成功を目指そう

この記事では「転職したい」と思ったときにすべきことを紹介しました。

転職したいと感じたら、まずは本当に転職すべきか考えましょう。

転職理由を考え直して改善方法を探ることで、問題が解決することもあります。改善方法がわからない場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみるのもいいですね。

転職すべきと思ったら、転職活動に向けての準備を始めます。転職前の準備は、主に「自己分析をする」「希望条件を明確にする」「情報収集をする」の3つが重要。

悩んだときは第三者の意見を聞くことで、自分の考えがまとまることもありますよ。

転職活動の前にしっかり準備をして、転職成功を目指しましょう。

アナタに合った職場が見つかります
おすすめ転職サイト
転職者の年収アップを実現!専任のプロが徹底サポート!独占求人情報も掲載中
  • アナタの適職をプロがアドバイスします
  • @typeだけに掲載される独占求人情報アリ!
  • 年収・待遇の交渉も専任のプロが代行
詳細記事へ
公式サイトを見る
詳細記事へ
公式サイトを見る