女性の転職におすすめの資格とは?役立つ理由や人気の秘密を解説!

女性の転職におすすめの資格とは?役立つ理由や人気の秘密を解説!

働いているうちに違う職場や職種に転職したいと思うことは誰でもありますが、女性の場合、例えば結婚や出産を機にライフスタイルが変化しやすいという特徴があるので、転職を希望したのではなくても転職せざるを得なくなることもありますよね。そのため、女性にとって転職というのはとても身近なことなのかもしれません。

そこで、転職をしたいと思った時やライフスタイルの変化で転職せざるを得なくなった時、新しい職場が見つかるかどうかを不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

そんな時に、資格を持っていることで転職先を見つけやすくなることがあります。では、女性の転職にお勧めの資格はどのようなものなのでしょうか。また、実際に女性に人気があるのはどのような資格なのでしょうか。

今回は、女性が転職する場合に、持っていると役立つ資格やなぜその資格が人気なのかを具体的に見ていきましょう。

女性に人気なのはこのコレ!ランキング上位の資格を見てみよう

まずは、転職を考える女性にはどのような資格が人気なのか、ランキング上位にランクインしている資格について見ていきましょう。

女性に人気の資格

どのような資格が女性に人気なのかを調べたランキングはいくつかあり、挙がっている資格も違いますが、その中でも共通して挙がる資格があります。共通しているということは、多くの人が取得を目指していることになりますので、今回はそれを人気の資格としてご紹介します。
  • 医療事務
  • 調剤薬局事務
  • 介護事務
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • 保育士
  • 宅地建物取引士
  • MOS
  • ネイリスト検定・ジュエルネイル検定

これらの資格は人気もあり、また転職の際に実際に役立つ資格でもあります。

女性に人気の資格って、わりと多くあるんですね。これらの資格を持っていると転職先での仕事にどのように役立つのかを詳しく知っていると、転職の際にしっかりアピールできる気がします。
その通りですね!人気があるのは、これらの資格を取ることが転職に実際に役立っているからだと考えることができます。それぞれの資格にどんなアピールポイントがあるのかを知っておくことはとても大切です。この後、詳しく見ていきましょう。

女性の転職に有利な資格とその活用の仕方をまとめてご紹介します

それでは、先ほどご紹介した人気上位の資格に、取得すると役立つ資格を2つ加え、詳細を見ていきたいと思います。

なお、ここでご紹介する費用や受講期間の目安は、資格取得通信講座を提供している大手3社のものを調査してそれを元に記載していますので、他の講座を選ぶなどすれば異なることもあるため参考としてご覧ください。

医療事務

医療事務の資格は、医療機関で事務の仕事をする際に役立ちます。会計・受付・レセプト作成・カルテ管理などの、専門性の高い仕事ができることをアピールすることが可能です。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
38,000円(税込)~110,000円(税込) 3か月~12か月 高め

一言で医療事務と言っても、資格は10種類以上に細分化されています。そのため、どの資格を取りたいのかによって費用や受講期間が異なります。

医療機関は全国に多くあるため、引っ越しても転職先が見つけやすい点でも役に立つ資格だと言えます。

調剤薬局事務

調剤薬局事務の資格は、調剤薬局でのレセプト作成や事務作業全般を行うために役立ちます。転職の際には、薬剤の分野に関する事務作業全般ができることをアピールすることが可能です。

医療事務が入院や処置、手術などの分野も含めて学習するのに対し、調剤薬局事務は薬剤に関する分野のみを扱うため、学習しやすいのもメリットです。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
33,000円(税込)~39,000円(税別) 2か月~4か月 低め

医療機関同様、薬局も全国各地に多くニーズも安定していながら、難易度はそれほど高くないので、ぜひ取っておきたい資格です。

介護事務

この資格は介護事務という名称ですが、介護施設のみではなく医療機関で働くことも可能です。

介護事務の資格にはいくつか種類がありますので、取る資格によって違いはありますが、主に介護保険の請求事務や事務作業全般を行える能力を持っていることをアピールできます。

デスクワーク中心なので、介護の仕事に関わってみたいけれど体力面で心配というような時に選択肢に入れてもいいですね。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
35,000円(税込)~46,000円(税別) 3か月~4か月 低め

受講する講座によって取れる資格が違いますし難易度も変わりますが、いずれにしてもものすごく難しいといったことはありません。

超高齢化社会とも言われる中、介護関係の資格を持っている人のニーズは高いので、持っていると便利な資格です。

秘書技能検定

秘書技能検定を取得していると、以下のようなサポート業務ができることと、言葉遣いやマナーにも気をつけられることを企業に対してアピールすることができます。

  • スケジュール管理
  • 文書作成
  • 書類整理
  • 接客
  • 電話対応

これらの能力を持っていることで、上司をサポートする業務に役立てられます。また、接客能力を生かしてホテルなどのサービス系の仕事に就くことも可能ですし、電話対応能力を生かしてオペレーターの仕事に就くことも可能です。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
12,960円(税込)~61,000円(税込) 3か月~4か月 高め

秘書検定は級が分かれていて、1級・準1級・2級・3級とあります。1級の合格率は30%程度なので、かなり低いと言えます。3級であれば60%程度の合格率です。

認知度が高い資格なので企業からの評価がいいですし、特に人と接する機会が多い企業で目に留まりやすく、役立つ資格だと言えます。

日商簿記検定

日商簿記検定の資格は、帳簿をつける能力を養える資格で、経理事務や会計を行うのに役立ちます。この資格を取得することで、経営管理能力やコスト管理能力があることをアピールすることができます。

検定には1級から3級までありますが、求人では2級以上が求められることが多くなっています。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
27,000円(税込)~78,000円(税込) 2か月~6か月 高め

通信講座で扱われるのは2級と3級が多いのですが、どちらかのみを受けるテキスト構成になっている場合もありますし、セットで受講できる場合もあります。

難易度は級や実施回によってかなり違うのですが、合格率が1級で10%前後、2級で10%~25%程度、3級で25%~50%程度であることを考えるとかなり難しい検定だと言えます。

どの企業でも簿記の能力は経営活動を管理するために必要とされるので、幅広く転職先が見つけられます。3級でも基礎知識はあると思ってもらえますが、2級以上を持っていると企業から高い評価を得られます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格は、保険や税金・年金などについて身につけた知識をもとに、顧客の夢や希望がかなえられるような計画を立てるために役立ちます。

活躍できる分野は多岐にわたっていて、例えば不動産会社や住宅メーカー、保険会社など様々な方面で資格を持っていることで知識が深いことを企業にアピールすることが可能です。

今回調査した3社の中ではファイナンシャルプランナーに関する講座を提供しているのは1社のみですので、その会社の情報を目安として掲載しています。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
64,000円(税込) 6か月 高め

転職の際のキャリアアップにも利用できますが、開業にも役立つ点でも持っておくと便利な資格です。

保育士

保育士の資格を持っていると、保育所などで働くことができます。持っていることで、保育に関わる知識があることをアピールできます。

ここでの費用は、科目別ではなく全講座まとめて受講する場合をご案内しています。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
43,000円(税込)~59,000円(税込) 6か月~12か月 高め

近年保育所に入れなかったという声が多く聞かれることからもわかるように、保育士はとてもニーズの高い仕事なので、就職のチャンスは多くあります。ただし、合格率はかなり低いので、しっかり勉強しないと取れません。

出産を経験された女性ならその経験が生かせますし、出産前の方なら逆に産後にご自身の子育てにその経験が生かせるという意味でも持っていると有利な資格だと言えます。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は企業からの注目度がとても高い国家資格で、持っているとかなり転職に有利です。不動産関係の仕事をする際に役立ち、不動産を取得したり買ったりしようとする人に対しての情報の提供などを行います。

不動産関係の仕事の中にはこの資格を持っている人しかできないものもあるので、企業に対するアピールも十分にできます。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
19,440円(税込)~63,000円(税込) 3か月~6か月 高い

合格率は20%前後なので、難易度はかなり高いです。

ですが、宅地建物取引士にしかできない仕事もありますし、宅建業者の事務所には5人に1人以上の宅地建物取引士を置くことが法律で義務付けられているので、ニーズが高くなっています。そのため、不動産関係の仕事に興味があるのならお勧めの資格です。

MOS

MOSとはマイクロソフトスペシャリストの略で、パソコン作業全般に役立つ資格です。この資格を持っていることで、ワードやエクセルといったパソコン操作のスキルがあることを企業にアピールすることが可能です。スペシャリストとエキスパートという2種類の資格があります。

費用は、ワードとエクセル両方を受講した場合を案内しています。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
35,000円(税込)程度 1か月~2か月 低め~高め

合格率が公表されていないので受験した人の感想を元にすると、スペシャリストの方はそれほど難易度は高くありませんが、分野が分かれているので得意不得意が出やすい点では注意が必要です。エキスパートの難易度は高いです。

パソコンを導入していない企業は少ないと思われますので、パソコンの基本的な操作ができることはどのような企業でも役に立ちます。

ネイリスト検定・ジュエルネイル検定

ネイリスト検定などを取得すると、ネイルに関わる仕事をすることができます。これらの資格は、ネイルサロンなどに就職する際にアピールポイントになります。3級から始まりますが、ネイルサロンにアピールするなら2級は取っておきたいところです。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
46,000円(税込)~381,600円(税込) 4か月~15か月 ネイル検定:3級は低め、2級からは高め
ネイリスト検定:初球は低め、中級・上級は高め

用具がついたコースや、ネイルとジュエルネイル両方が受講できる場合の費用は、かなり高くなります。また、習得したい内容によってコースが細かく分かれていますので、自分が目指すコースを選ぶようにしたいものです。

ネイリスト検定の場合3級は90%程度の人が合格していますが、2級になると合格率は50%を切ります。ジュエルネイルの方も、初級は70%程度の合格率ですが、中級になると60%程度になります。

ネイルは女性にとっては欠かせないファッションの一つなので、活躍できる場は多くあります。

介護職員初任者

今後、高齢化が加速することを考えると、就職率が高い介護関係の仕事も女性の転職先として向いています。先ほど介護事務をご紹介しましたが、こちらは現場で働く職員です。以前はホームヘルパー2級と呼ばれていましたが、試験に合格することが必要となり名称が変更されました。

この資格を持っていることで、介護技術を習得していることをアピールできます。

介護のニーズは高いため転職先を見つけやすく、人気のある資格です。ただし、この資格は実際にベッドや車いすなどを使用して介護技術を身につける必要があるため、通信講座だけで取得することができません。

その時間が確保できるかを検討してから、取得するかどうかを決めた方がいいですね。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
150,000円程度 130時間履修すること 低め

130時間履修する場合、毎日通学できれば3週間程度で資格を取得する人もいますし、仕事と両立しながら通学する人は自宅で通信学習も行いながら、資格取得までに3か月~4か月程度必要なこともあります。

資格取得の難易度は低めなので、通学できる時間があるなら取得を検討したい資格です。

調理師

女性の場合、自宅で料理をする機会も多いことと思います。そこで、その経験を生かして調理師を目指す方法もあります。

調理師の資格があると、栄養面や衛生面、調理法などに関する知識を持っていることが証明できますので、それが企業に対するアピールになりますし転職先も幅広くなります。

調理師についても今回調査した3社のうち1社しか講座を開講していませんので、その会社の費用などを目安としてご紹介します。

費用の目安 資格の取得期間の目安 難易度
44,000円 6か月 高め

調理師の合格率は60%程度なので、難易度はやや高めと言えそうです1年以上専門課程を履修すれば、試験を受けることなく交付してもらうこともできますので、時間に余裕がある方はそちらの方法を利用してもいいかもしれませんね。

飲食店などは数多くあるので、調理師の資格を生かせる職場は見つかりやすいと言えます。実務経験があると、なお生かせる資格です。

番外編!資格ではないけれど受けていると役立つTOEIC

資格ではないのですが、TOEICを受験し高スコアを取っていると、転職先に英語ができることをアピールできます。国際化社会の中、英語力は注目を集めていますので、英語ができることは多くの企業で重視されます。

外資系の企業への転職を考えている場合はTOEFLが重視されることが多いため、その場合はTOFULを受けるようにしましょう。

受験料はTOEICが税込み5,725円、TOEFLが以下の通りです。

  • テスト7日前までに申し込むと235USドル
  • テスト4日前までにオンラインで申し込むと275USドル
  • テスト前日17時までに電話で申し込むと235USドルに手数料40USドルを加算

興味がある方は受験してみてはいかがでしょうか。

女性に人気の資格は、どれも働き先が多くあったり企業にアピールしやすかったりするものが多いですね。一度仕事を辞めてからブランクを経て再就職する場合でも、これらの資格を持っていることで転職先に自分の良さを伝えやすくなりますよ。

女性なら気になる事務職に就きたい時!アピールするならこの資格

ランキング上位に事務と名のつく資格が多くあることからもわかるように、事務職を希望する女性は多くいます。そこで、次は事務職に就きたい場合はどのような資格を持っていると有利なのかをご紹介します。

特にお勧めの資格

事務職に就きたい時に特にお勧めの資格は、以下のものです。

  • 日商簿記検定
  • 宅地建物取引士
  • 秘書技能検定
  • MOS

また、資格ではありませんが、アピールのためにTOEICを受験したという声も多く聞かれます。

事務職では、人と接する・パソコンを使用する・経理に関わるといった機会が多いので、それらにまつわる資格が役に立つということですね。

事務職では接客やパソコンの使用も多いですから、秘書技能検定やMOSなどを取っておけばいいんですね。資格というのは、就きたい職種の仕事内容に直接関わるようなものを選んで取得すればいいということですね!
資格は取得して転職の際にアピール材料として活用するだけではなく、転職後の仕事に生かすことに意味がありますから、転職後どのような仕事をしたいのかに合わせて取る資格を決めると働きやすくもなりますね。

ライフスタイル変化が多い女性にはニーズが高い資格がお勧め

ここまで、女性に人気があり転職の際にも有利になる資格をご紹介してきました。

女性の場合、ライフスタイルの変化に伴って転職する機会が増えることもありますし、そうでなくても違う職場で働いてみたいと思うこともありますよね。その時にスムーズに転職できるようにするには、ニーズが高い資格を取ることが大切です。


ニーズの高い資格の中から自分がしたいことを選べば、転職もその後の仕事もスムーズに進みそうですね!