薬剤師でも派遣で働ける!?法律やメリット、おすすめサイトを紹介

薬剤師でも派遣で働ける!?法律やメリット、おすすめサイトを紹介

求人情報などで目にする派遣薬剤師。「時給3,000円以上」「土日休みで残業なし」など、魅力的な条件で募集されています。

しかし「薬剤師は派遣では働けないと聞いたことがある」、あるいは「派遣と他の雇用形態とでは何が違うのか」など、疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

基本的には、薬剤師が病院やクリニックなどで派遣として働くことは、法律で禁止されています。しかし、薬剤師の派遣が許されている仕事もあるのです。

この記事では、薬剤師の派遣に関する法律や、派遣薬剤師として働く前に知っておきたい注意点などを解説。

派遣薬剤師におすすめの転職サイトも紹介しているので参考にしてください。

薬剤師は派遣で働くことができない?法律を正しく知ろう

自分の生活スタイルに合わせるため、薬剤師の資格を活かして派遣で働きたい、と思う人も多いですよね。

まず知っておきたいのは、いわゆる「労働者派遣法」によって、派遣が禁止されている仕事が指定されていること。

そして、そのうちの1つが、薬剤師も含めた「病院等における医療関係業務」だということです。

ただし、禁止されているのは次の条件に当てはまる業務です。

労働者派遣事業が禁止されている薬剤師業務
  • 病院や診療所での調剤業務
  • 介護医療院での調剤業務

つまり、いわゆる薬局やドラッグストア、企業などでの業務は禁止されていません。そして、次のような例外もあります。

薬剤師が派遣で働ける例外条件
  • 紹介予定派遣である
  • 産休や育休、介護休業の職員の代替要員である

病院やクリニックであっても、紹介予定派遣や代替要員としてなら、派遣での就業が可能なのです。

どうして病院やクリニックでは派遣薬剤師が禁止なんですか?
医療の現場では、医師や看護師、薬剤師などの専門職がチーム体制を取って治療にあたっていますよね。

そのため、チームを構成する人が直接雇用でない派遣の労働者だと、業務の遂行に問題が起きると懸念されているんです。

当然、医師や看護師、准看護師や保健師、助産師などについても同様に、病院などへの派遣が禁止されています。

薬剤師が派遣会社に登録するときの注意点と解決策を紹介

改めて説明すると、この記事でいう「派遣薬剤師」とは、派遣会社のスタッフとして派遣先で働く薬剤師のこと。

正社員やパート・アルバイトの薬剤師は、働く病院や薬局と直に雇用関係を結びますが、派遣薬剤師の場合は、派遣会社との雇用契約が発生します。

給料の支払いや社会保険、福利厚生などの手続も、派遣会社がおこないます。

派遣でも働ける職場があることはわかりましたよね。しかしこれまで派遣で働いたことのない人には、ぜひ知っておいてほしい注意点があります。

ただしこれは、薬剤師に限った内容ではありません。

派遣で働くときの注意点

それぞれ詳しく見ていきましょう。

派遣薬剤師は3年以上同じ職場で働くことができない

派遣会社から派遣される薬剤師は、原則として同じ職場で3年以上働くことはできません。

例外として、派遣先の労働組合への意見聴取により、あと3年までは延長も可能。ですがその場合も、同じ課への派遣は許されないため、別の部署に移されることになります。

そのため、たとえ気に入った職場に出合えたとしても、ほとんどのケースは3年経ったら辞めなければならず、また新たな職場を探さなくてはいけません。

ただし、派遣先の合意があれば、直接雇用への転換も可能。その職場の正社員として、今後も働き続けることができます。

直接雇用を期待できるかどうかわからない状況で働くのが嫌な人は、直接雇用を前提とした「紹介予定派遣」の仕事を選びましょう。

紹介予定派遣とは、派遣社員として最大6カ月働いたあと、直接雇用に切り替えられる制度のこと。ただし切り替えには双方の合意が必要です。

あの、ちなみに派遣や契約社員には「5年ルール」っていうのもありますよね?
ええ。それは派遣の3年ルールとはまた違う決まりです。

「5年ルール」とは、期間を決めた(有期の)雇用契約で5年を超えた場合、労働者側が申し出れば有期雇用から無期雇用への転換ができる、という法的なルールです。

ただしこれは、契約社員や派遣社員の契約期間が「無期」になり、更新の手続きがなくなるという仕組み。「正社員になれる」という決まりではありません。

派遣薬剤師には正社員やパートよりも即戦力が求められる

薬剤師を派遣で募集する理由として、繁忙期の増員や急な欠員の代替などが挙げられます。

そのため、派遣会社に登録して働く薬剤師には、ある程度の調剤経験が必要です。

なかには「未経験者OK」とうたう求人もありますが、やはり薬剤師としてある程度経験を積んだ人が優先して採用されます。

各派遣会社では、派遣社員へのキャリア支援も行っています。復職に不安を感じる人は、大いに活用しましょう。

薬剤師が派遣会社に登録する3つの大きなメリットを紹介

ところで、薬剤師が派遣会社に登録して働くことには、当然次のようなメリットもあります。

派遣薬剤師として働く3つのメリット

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

派遣薬剤師の平均時給はパートやアルバイトより高い

派遣薬剤師の時給は、パートやアルバイト雇用に比べて、数百円ほど高い傾向があります。

実際に「パート」と「派遣」では、どのくらい給料に違いがあるのか、薬剤師専門の求人情報から調べてみました。

薬剤師の給料は地域や職場ごとで多少異なるため、「同じ地域」「同じ業務内容」の募集情報で比較しています。

【名古屋市】病院での病棟業務ほか
パート薬剤師 派遣薬剤師
時給2,500円~3,500円 時給3,000円~3,500円
【大阪府】調剤薬局での調剤業務ほか
パート薬剤師 派遣薬剤師
時給1,800円~2,100円 時給2,700円~3,150円
【福岡県】ドラッグストアでの調剤業務ほか
パート薬剤師 派遣薬剤師
時給2,000円~2,500円 時給3,000円以上
同じ業務内容なのに、パートと派遣薬剤師では、なぜこんなにも給料に差があるのですか?
明確な理由はわかりませんが、派遣を雇うほうがパートよりも高いスキルの人材を確保できるので、その分時給も上がると考えられます。

派遣会社に登録する薬剤師はライフスタイルに合わせて自由に働ける

派遣薬剤師は「週2で1日4時間」「土日休み」「残業なし」など、自分の都合に合わせて働くことも可能です。

育児中の人やプライベートを充実させたい人、副業をしたい人などにおすすめの働き方です。

派遣会社によっては、北海道や沖縄などの「人気リゾート地に住居付」なんていう案件も取り扱っています。

派遣薬剤師って、社会保険や有給制度はきちんとしているんでしょうか?
ええ。法律上は、派遣社員も契約社員やパート・アルバイトと同じ扱いです。

週の労働時間などの条件を満たせば、派遣会社で社会保険にも入れますし、有給も発生します。

ただし、すべての派遣会社が法令を遵守しているとは限りません。就業する前に、必ず条件面をよく確認してくださいね。

派遣薬剤師はあらゆる職場を経験してスキルアップできる

前の章でも触れたとおり、派遣薬剤師が同じ職場で働ける期間は最長3年。雇用期間終了後は、また次の派遣先を見つけて新たに雇用契約を結びます。

必然的にさまざまな職場で働くことの多い派遣薬剤師は、高いコミュニケーション能力やあらゆる知識を身につけることができるのです。

一緒に働く人や職場の環境が変化することで、視野も広がります。新たな価値観が持てたり、将来のビジョンが見えてきたりしますよ。

本来、派遣の3年ルールというのは、その時点で「さようなら」ではなく、それだけ継続するなら正規雇用への変換をしてほしい、というのが狙いなんですけどね(汗)。

派遣薬剤師におすすめしたい6つの転職サイトを紹介

派遣薬剤師の求人を探すなら、薬剤師向けの転職サイト・エージェントで、なおかつ派遣の求人を取り扱うところを見つける必要があります。

というわけで、この章では薬剤師専門転職サイトのなかでも、派遣の求人を豊富に取り扱うおすすめの転職サイトを紹介します。

派遣薬剤師におすすめの転職サイトとその特徴
転職サイト おもな特徴
薬キャリ
エージェント
・業界知名度の高いエムスリーグループが運営
・健保の保険料が比較的安い
ファルマ
スタッフ
・リゾート住居付の求人がある
・スキルアップの制度が手厚い
・eラーニング受講可能
・薬剤師賠償責任保険加入
お仕事ラボ ・eラーニング受講可能
・薬剤師賠償責任保険加入
メディプラ
薬剤師転職
・薬剤師派遣に10年以上の実績あり
・単発派遣も探せる
・eラーニング受講可能
ヤクジョ ・調剤薬局の派遣に強い
派遣って、何社も登録して大丈夫なんですか?
派遣先の病院や薬局が決まるまでは、派遣会社との雇用契約は発生しません。

勤める派遣先は1つですから、複数の派遣会社に登録できるんですよ。

派遣先で働く期間が終われば、同時に派遣会社との雇用契約も終了となります。

福利厚生の内容やサポート体制が自分の生活スタイルに合わなかった場合は、契約期間終了後に別の派遣会社を通じて仕事をすることも可能です。

また複数の転職サイトや派遣会社に登録することで、新たな派遣先を見つける際に職場の選択肢が一気に広がるメリットも。

ぜひ複数のサービスを利用してみて、自身に合った働き方や派遣会社を見つけてくださいね。

求人数が少ない場合は、大手の総合型転職サイトも利用して、選択肢を増やしましょう。

派遣薬剤師の制度やメリット・デメリットを理解して賢く働こう!

派遣薬剤師とは、派遣会社と雇用を結び、派遣先の病院や薬局で働く薬剤師のこと。

派遣会社に登録する薬剤師には、高時給や時間の自由度が高いなどの大きなメリットがありますが、契約期間や働ける職場が限られるなどのデメリットもあります。

派遣薬剤師として働く場合は、派遣雇用の制度をきちんと理解したうえで、派遣会社や派遣先と雇用契約を結ぶことが大切です。

また「紹介予定派遣」の制度をつかって、正社員を目指すこともできますよ。

転職サイトや派遣会社の登録は何社でも可能。当記事で紹介したおすすめの転職サイトを参考にして、自分のライフスタイルに合った働き方をぜひ見つけてください。

※掲載の情報は2020年10月現在のものです。