薬剤師の年収はどのくらい?年代や都道府県別で平均収入を比較!

薬剤師は高収入で安定した職業だといわれていますが、実際の年収はどのくらいなのか?気になる人も多いのではないでしょうか。

たしかに厚生労働省の調査結果をみると、薬剤師の平均年収は一般的なサラリーマンに比べて100万円近くも高い傾向に。

ただ年代や性別、働く場所などによって薬剤師の年収は大きく異なります。

当記事では「年代・性別・都道府県別にみた薬剤師の平均年収」や「薬剤師が年収700万円以上を目指せる働きかた」を紹介。

薬剤師の将来性や今後のありかたについても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

年代・男女・都道府県別にみた薬剤師の平均年収を比較してみよう

厚生労働省が発表した「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師の平均年収は男性で約575万円、女性で約526万円でした。

薬剤師の平均年収を年代別・都道府県別に見ると、どのくらい差があるのか、グラフや表で比較してみましょう。まずは年代別・性別です。

【年代別・性別】薬剤師の平均年収

【年代別】薬剤師の平均年収

※「所定内給与額」×12カ月+「年間賞与その他特別給与額」で算出

性別・年代別で薬剤師の平均年収を見ると、男性薬剤師のほうが女性よりも高く、男性は40代、女性は50代後半で収入のピークを迎えることが分かりました。

また70代に入ると、男性薬剤師と女性薬剤師の年収に約200万円もの大きな差が生じています。

次に都道府県別に見た、薬剤師の平均年収を見てみましょう。

【都道府県別】薬剤師の平均年収(万円)

【都道府県別】薬剤師の平均年収

※「きまって支給する現金給与額」×12カ月+「年間賞与その他特別給与額」で算出
薬剤師は都市部よりも、地方のほうが高年収なんですね。
ええ。じつは薬剤師が供給過多となっている都市部よりも、薬剤師が不足する地方のほうが高年収なんですよ。

交通の便が悪く、人の集まりにくい地方では、必要な薬剤師の数が足りていません。

人手不足が深刻化する地方の病院や薬局では、高収入の条件で薬剤師を募集しています。

そのため、人材が集まりやすい都市部よりも平均年収が高くなるのです。

また薬剤師の平均年齢が高い地域や、女性よりも男性薬剤師の割合が多い地域も自然と平均年収は高くなります。

都道府県によっては薬剤師の年齢や労働時間、労働者数にかなり差があるため、薬剤師の平均年収は、あくまでも目安として捉えるようにしましょう。

薬剤師が年収700万円以上を目指せる働きかたを紹介!

薬剤師として働きたい人、もしくは働いている人のなかには「高収入を目指したい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

厚生労働省が実施した平成29年の調査によると、薬剤師全体の平均年収は500~600万円ほどです。

しかし薬剤師としての働きかたを変えるだけで、年収700万円あるいは年収1,000万円以上の収入を目指せることも。

高収入が見込める薬剤師の働きかたには、おもに次の3つのパターンがあります。

薬剤師が年収700万円以上を目指せる働きかた

それぞれの働き方でどのくらい収入を得られるのか、詳しく見ていきましょう。

企業薬剤師になれば年収1,000万円以上も夢じゃない?

製薬会社や食品メーカーなどで働く「企業薬剤師」は、医薬品の品質管理や研究、営業など、さまざまな仕事に携わることができます。

そんな企業薬剤師の平均年収は600万円~1,000万円ほど。

とくに大手製薬会社や外資系企業の管理職に就けば、実力次第で年収1,000万円以上の収入が期待できます。

企業薬剤師になると、実際どのくらい給料がもらえるのか?大手転職サイトや薬剤師専門の転職支援サービスで求人情報を調べてみました。

企業薬剤師の求人情報における収入目安
求人情報 収入の目安
【神奈川県】医薬品製造・販売メーカーでの品質管理業務 年収500~800万円
【東京都】医薬品開発事業における臨床開発モニター業務 年収600~1,200万円
【全国各地】外資系製薬メーカーでのMR業務 年収600~1,149万円
【香川県】健康食品や化粧品の製造・販売メーカーでの学術(ID)業務 年収500~849万円
わぁ~、どの働きかたもすごい好待遇ですね!
ただ高収入が期待できる企業薬剤師は、とても競争率が高いんですよ。

なかでも製薬会社は人気が高く、ライバルの多くが優秀な理系大学出身者。

医薬品に関する知識はもちろん、業務に関する資格を取得したり、外資系企業で役立つ英語力を身に付けたりするなどして、ライバルと少しでも差をつけるための努力が必要です。

管理薬剤師は役職手当の支給により収入アップが期待できる!

薬局やドラッグストアで働く管理薬剤師は、局内または店舗内にある医薬品の管理だけでなく、従業員の監督業務などをおこなっています。

また薬による副作用被害の情報を入手した場合には、管理薬剤師が厚生労働省への報告もおこなうのです。

そんな管理薬剤師の平均年収は450~800万円ほど。

基本給与とは別に役職手当のつく管理薬剤師は、一般の薬剤師スタッフに比べて高収入が期待できるのです。

大手転職サイトの求人情報で調べた、管理薬剤師の収入の目安は次のとおり。

管理薬剤師の求人情報における収入目安
求人情報 収入の目安
【東京都】調剤薬局の管理薬剤師 年収500~650万円
【愛知県】ドラッグストアの管理薬剤師 年収550~800万円
【岩手県】ドラッグストアの管理薬剤師 年収480~900万円
【岡山県】調剤薬局の管理薬剤師 年収550~1,000万円
管理薬剤師と薬局長や店長業務を兼任すれば、さらなる収入アップが見込めますよ。

派遣薬剤師が常勤の薬剤師スタッフよりも高年収なわけ

派遣薬剤師は派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の薬局やドラッグストアなどで業務をおこなっています。

一般的なパート薬剤師だと時給相場は1,800~2,500円ほどですが、派遣薬剤師は時給2,500~3,500円とかなり高額。

しかも一般事務などの派遣スタッフは交通費を支給されないことが多いですが、派遣薬剤師の場合は、ほとんどの求人が「交通費全額支給」でした。

派遣薬剤師は、おもに薬剤師が不足する薬局やドラッグストアへ配属されます。

薬剤師の足りない薬局や店舗は、高い賃金を支払ってでも薬剤師に来てほしいと考えているため、必然的に待遇が良くなるのです。

では、どのような派遣薬剤師の求人情報があるのか?実際に調べてみました。

派遣薬剤師の求人情報における収入の目安
求人情報 収入の目安
【神奈川県】病院内薬局での調剤・監査・服薬指導 時給2,800~3,500円
【大阪府】ドラッグストアでのOTC販売 時給3,000円以上
【愛知県】調剤薬局での調剤業務・服薬指導・薬歴管理 時給3,500円以上
【岩手県】調剤併設店舗での調剤業務・服薬指導・薬歴管理・OTC販売 時給3,700円以上
これだけ時給がいいと、何か裏があるではないかと勘ぐってしまいます。
さすがウサギーヌさん。

人手不足の現場で働く派遣薬剤師には、当然いくつかのデメリットがありますよ。

派遣薬剤師は法律により同じ職場で3年を超えては働けなかったり、収入以外の条件が良い職場がなかなか見つからなかったりするなどの、デメリットがあります。

派遣薬剤師として働く場合は、時給の額面だけでなく、このような働く環境のデメリットを理解することが大切です。

これまで紹介した「企業薬剤師」「管理薬剤師」「派遣薬剤師」の仕事内容については、「★薬剤師 仕事内容」の記事で詳しく解説しています。

今後の薬剤師に将来性は?現場に必要とされる薬剤師になろう

現在薬剤師として働く人も、今後薬剤師を目指そうとする人も、「薬剤師の将来性」に不安を抱くことがあるのではないでしょうか。

厚生労働省の調査によると、2028年に必要とされる「薬剤師従事者」約28万人に対して、予想される薬剤師の数は約44万人。

薬剤師の人数は全体で見ると、どんどん過剰になると予想されているのです。

薬剤師の需要と供給予測

薬剤師の需要と供給予測

※平成20年発表 薬剤師供給の将来動向に関する検討会資料より
今後さらに薬剤師が増え続けたら、働く場所や収入がどんどん減ってしまうのでしょうか。
薬剤師の過剰供給が予想される都市部では、そのような傾向になるかもしれませんね。

ただ地方の場合は、まだまだ薬剤師不足が深刻化するところも多くありますよ。

また超高齢化社会になりつつある日本では、AIやロボットなどによる医療技術の高度化が進んでいます。

それに伴って、薬剤師の役割や業務内容は今後ますます多様化する傾向に。

今後薬剤師は介護・福祉職との連携や、各地域に基づいた患者のサポート体制を強化することが課題となります。

これから何十年先も必要とされる薬剤師になるには、他の職種との連携によるチーム医療のなかで「自分はどのような役割を果たすべきなのか」を常に意識することが大切なのです。

薬剤師の年収の差に注目して働きかたを考えてみよう

「性別・年代・都道府県別にみた薬剤師の平均年収」や「薬剤師が年収700万円以上を目指せる働きかた」「薬剤師の将来性」について紹介しました。

薬剤師の平均年収は性別や年代、働く地域によってかなりバラつきがあります。

年収700万円以上の高収入を目指す場合は、企業薬剤師や管理薬剤師、派遣薬剤師として働く方法がおすすめ。実力次第で年収1,000万円を狙えるかもしれませんよ。

ただ勤務先や仕事内容などの働く環境をきちんと把握しておかないと、収入以外の面であらゆる不満が出てくることも。

今後の医療業界の動向も視野に入れつつ「薬剤師としてどうあるべきなのか」を考えて、自身の収入やスキルアップにつなげていきましょう。

※記載されている内容は2018年7月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月20日 04:23 求人更新