仕事を辞めたいけど言えない!理由別の対処法や円満退社のコツを紹介

仕事を辞めたいけど言えない!理由別の対処法や円満退社のコツを紹介

「今の仕事を辞めたい」と考えていても、なかなか会社に言えないですよね。または家族に反対されて、「退職したい」と言えない場合もあります。

職場の人間関係や家族の問題など、「仕事を辞めたい」と言えない理由は人によってさまざまです。

「先に転職先を決める」「仕事を辞めたい理由や転職のメリットを家族に説明する」など、辞めたいと言えない原因に応じて解決を目指しましょう。

この記事では、理由ごとの対処法や「仕事を辞めたい」と上手く伝えるコツを紹介します。

また「今の仕事を本当に辞めるべきなのか」や「いつ転職活動をするのか」など、退職する前に考えるべきことも紹介するので、参考にしてください。

仕事を辞めたいけれど言えない理由と対処法を紹介します!

仕事を辞めたいのに言えない理由は、人によって異なりますよね。

この章では、「仕事を辞めたいと言えない理由」と「理由に応じた対処法」を紹介します。

自分の状況に合った対処法を見つけて、会社や上司、家族に「仕事を辞めたい」と言いましょう。

退職したいと言えないのには、次のような理由が考えられます。

「仕事辞めたい」と言えない理由

では、それぞれの対処法を見ていきましょう。

人手不足で「仕事を辞めたい」と言えない場合は転職活動を先に

僕の会社は人手不足なので、仕事を辞めるなんて言えないんです・・・。
そんなことを言っていたら、退職する機会を見失ってしまいますよ!

先に転職先を決めてしまうのも、1つの手です。

先に転職先を決めてしまえば、「早く退職すると言わなければならない」という状況に自分を追い込むことができます。それに次の職場が決まっていることで、上司も「それならば仕方がない」と退職を了承してくれる可能性も。

会社が人手不足であることは、あなたの責任ではありません。

会社が人手不足だからといって、「自分が抜けると後が困りそう」や「代わりが入るまで辞めないほうがいいかな」などと考えていると、なかなか退職意思を伝えられないですよね。

しかし「人手不足が解消されたら会社を辞める」と言っていると、いつまでも退職できませんよ。

あなたがキチンと引き継ぎをすれば、仕事が回らなくなることはありません。会社が人手不足だからと、転職を諦めないで上司に「仕事を辞めたい」と言いましょう。

職場での人間関係が理由で仕事を辞めたいと言えない!3つの対策

私が退職することを会社に知られたら、同僚との関係がギクシャクしたり周囲から悪口を言われたりしそうで怖いです・・・。
確かに退職予定の人に周りが冷たく当たることは、よくある話です。

できれば退職日まで、同僚と気まずさを感じずに過ごしたいですよね。同僚と良好な関係で退職日まで過ごすには、気づかいが大切ですよ。

退職日まで職場で辛い思いをしないための、3つのポイントは次のとおりです。

退職日まで同僚と良好な関係を保つためのポイント
  • 転職に関する話を避ける
  • 自分の仕事を完璧にこなす
  • 十分に引き継ぎをおこなう

周囲を不快にする可能性があるため、転職先の自慢をしたり退職を嬉しそうにしたりすることは避けてください。

なかには退職が決まって気が緩んでしまう人も。

辞めるからといって、自分の仕事に手を抜いてはいけません。

任された仕事をやり遂げることは、社会人としてのマナーです。悪い印象を残さないためにも、最後まで責任を持って勤務したいですね。

また後任への仕事の引き継ぎは、十分すぎるくらい丁寧に行いましょう。

引き継ぎをキチンとやっておかないと周りに迷惑がかかりますし、転職後に前の会社から連絡が来るということにもなりかねません。

引き継ぎを行うときには、無理のないスケジュールを組んだり、仕事のマニュアルを作成したりすることがおすすめです。

「引き継ぎが必要な理由」や「引き継ぎの手順」の詳細は、次の記事で説明しています。

強引な引き止めにも「仕事を辞めたい」とはっきり伝えよう

仕事を辞めたい・・・?そんなの認めるわけないだろ!絶対に辞めさせないぞ!
そうは言っても、労働者が仕事を辞めるのは基本的に自由なんですよ。

「辞めてもらうと困る」「今辞めたらもったいないよ」と上司に引き止められても、自分の意志を持ってはっきりと断りましょう。

「どうしてもやりたいことがある」など、引き止められにくい退職理由を言うことも大切です。

次の記事では、退職を伝えたときの「引き止められにくい方法」や「状況ごとの対処方法」を紹介しています。

また「どうしても上司が退職届を受け取ってくれない」という場合もありますよね。

「上司から脅されて仕事を辞められない」という場合には、「労働基準監督署」など外部の相談窓口に相談することも考えてください。

上司の脅迫による引き止めは、「パワハラ」に当たります。次の記事では「パワハラ」の解決方法を紹介しているので、参考にしてください。

家族には「仕事を辞めたい理由」と「辞めた後のメリット」を説明

家族から「会社を辞めないで欲しい」と止められている場合、強引に辞めてはいけません。

家族との信頼関係が、崩れてしまう可能性があります。

家族に「なぜ仕事をやめたいのか」「今どんな状況にいるのか」を説明し、理解してもらうことが大切です。

また転職すると「給与が上がる」「残業が減るからプライベートな時間が増える」など、利点を伝えることで相手が納得してくれる場合も。

「夫の転職後、給与が減ったら嫌だ」とか「今の安定した生活を手放したくない」と、妻が夫の転職に反対することを「嫁ブロック」と言います。

「嫁ブロック」の理由や対策は、次の記事を参考にしてください。

仕事を辞めたいけど言えない人に!3つのコツを紹介

この章では「仕事を辞めたいけれど言えない」という人に、上手く仕事を辞めるためのコツを紹介します。

「仕事を辞めたい」と上司に上手く伝えるコツは、次の3点です。

仕事を辞めたいと伝えるときのコツ

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

仕事を辞めたいと伝えるとき、忙しい時期は避けよう

「仕事を辞めたい」と上司に伝えるときには、忙しい時期や時間帯を避けてください。

「後にしてくれ」と、話を聞いてもらえない可能性があります。上司の時間が取りやすい閑散期や空いている時間を選んで、「仕事を辞めたい」と伝えましょう。

引き継ぎなどを考慮し、1~2カ月前には余裕を持って退職意思を伝えてくださいね。

会社によっては、就業規則で「1カ月前に退職を申し出なければいけない」と規定している場合も。「退職を申し出る時期」が規定されている場合は、就業規則に従いましょう。

上司が常に忙しそうでいつ話せばいいか分からない人は、上司に話がしたいと前もって伝えておくのがおすすめ。

メールや口頭で「いつ空いているか」を聞いておくと、上司と話をする時間が確保できますよね。

円満な退職のために、「退職の切り出し方」や「退職を申し出る前に準備すること」を知りたいという人は、次の記事も読んでみてください。

「家庭の事情」や「自分のスキルアップ」を退職理由として伝える

退職理由には家庭の事情や自分のスキルアップのためなど、「どうしようもない理由」や「前向きな理由」がおすすめです。

ただし「結婚することになった」「家業を継ぐことになった」などの嘘は、バレた時に信頼を失うのでやめてくださいね。

「給与が少ない」「やりたい仕事をやらせてもらえない」などと、会社の不満を言うのは避けましょう。

「昇進させるから考え直してくれ」や「会社に残ってくれるなら、希望部署に異動させる」など、会社や上司から引き止められてしまうことも。

それに退職理由として不満を言うと、仕事を辞めることが決まったとしても最終勤務日まで働きづらくなります。

実際に退職をした人たちは、なんと言って退職しているのでしょうか?気になります。
では、実際に仕事を辞めた人から話を聞いてみましょう。

筆者が、仕事を辞めた人に向けてアンケートを行いました。アンケート結果の「会社に伝えた退職理由」と「実際の退職理由」をまとめたので紹介します。

「会社に伝えた退職理由」から、見ていきましょう。

会社に伝えた退職理由
  • 一身上の都合
  • 家庭の事情
  • 結婚に伴う転居
  • 通勤時間が長く、キツい
  • 精神的にキツい

「実際の退職理由」は、次のとおりです。

実際の退職理由
  • 悪口の多い職場だった
  • 職場の人からいじめられていた
  • 上司が無能だった
  • 正社員の人より派遣の自分の方に仕事を回されて、納得できなかった
  • プレッシャーの多い仕事だった
  • 不規則な仕事なので体力的に無理だった
  • 社風が合わなかった
  • 会社に将来性を感じなかった
皆さん、本当の理由は伝えないんですね!僕はどうせ辞めるんだから「不平不満を全部言ってやる」と思ってました!
不平不満は引き止めの材料になるだけでなく、相手の気分も害してしまいます。

円満な退職を目指すには、やはり会社への文句を言わないのが無難です。

退職理由は退職時だけでなく、転職活動の面接でもよく聞かれます。

面接で退職理由を尋ねられたら、前の会社を悪く言うことは避けましょう。

「ネガティブな理由」を「ポジティブな表現」に言い換えることで、面接官に好印象を与えることができます。

次の記事では、「面接で答えるべき退職理由例」や「退職理由を考えるうえでの注意点」を紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

仕事を辞めたいが、どうしても言えないときは自分の将来を考えて

「会社に迷惑をかけるのがどうしても気になる」という人は、今の仕事を「辞めた場合」と「辞めなかった場合」の自分の姿を考えてみましょう。

今の仕事を辞め、次の職場で活躍している自分を想像してみてください。逆に退職しなかったら、辞めなかったことを後悔しながら働くことになりかねません。

今の職場で嫌々働き続けると、職場の雰囲気を壊すことになる可能性もありますよね。

「退職は自分にとってプラスになるんだ」という前向きな気持ちを持って、「仕事を辞めたい」と伝えましょう。

じゃあ3つのコツを押さえていれば、僕はいつでも退職できるんですね!
ちょっと待ってください!実は仕事を辞める前に、考えてほしいことがあるんですよ。

仕事を辞めたいと言う前に考えるべきことを2つ紹介します!

「仕事を辞めたいんだけど、言えない」という場合、もしかしたら退職や転職に不安や迷いがあるのかもしれません。

退職を決める前に、「自分がどうしたいのか」じっくり考える時間を持つのもおすすめです。

この章では「退職を伝える前に考えてほしいこと」を2つ紹介します。

退職を伝える前に考えるべきことは、次のとおりです。

「仕事辞めたい」と上司に言う前に考えるべきこと

では、それぞれ見ていきましょう。

仕事を辞めたいと伝える前に「問題を解決できないか」考えよう

勢いで仕事を辞めて「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、今の会社を退職するべきかもう一度考えてみることが大切です。

仕事を辞めたいと伝える前に、次のことを順に実践してみてください。

仕事を辞める前に実践すべきこと
  1. 「仕事を辞めたい理由」を全て書き出す
  2. 辞めたい原因を解決できないか考える
  3. 転職後、自分がどうなりたいか考える

「人間関係」「待遇への不満」「仕事が楽しくない」など、なぜ自分が今の仕事を辞めたいと思ったのか、理由を洗い出してください。

仕事を辞めたいと思った理由を洗い出したら、解決できる問題かどうか考えてみましょう。

例えば人間関係に悩んでいる場合は、上司や人事課に相談して別の部署に異動することで解決できる可能性もあります。

「仕事を辞めたい理由」と「理由ごとの解決方法」を詳しく紹介している記事もあるので、参考にしてください。

「問題を解決できそうにない」または「問題の解決にはかなり時間がかかる」場合は、転職を視野に入れましょう。

「自分がどういう仕事をしたいのか」「どんな職場で働きたいのか」など、希望条件を明確にしてから転職活動に臨んでくださいね。

職場の人間関係に悩んでいるので、次は人間関係が良好な職場で働きたいです。そんな職場を見つける方法はないんでしょうか・・・。
でしたら、転職エージェントを利用してください。キャリアアドバイザーから社内の雰囲気を聞くことができますよ。

「転職エージェント」は、あなたの希望条件に合った企業を紹介してくれます。次の記事では「転職エージェント」のサービス内容が詳しく書かれているので、興味のある人は読んでみてくださいね。

当サイトにはおすすめの転職エージェントの紹介記事もあるので、参考にしてみてください。

在職中の転職活動は金銭面に余裕があり、精神的負担が少ない!

「転職活動を在職中にするか転職後にするか」は自分に合ったほうを選べばいいですが、できれば在職中の転職活動をおすすめします。

在職中の転職活動は「金銭面に余裕があること」と「精神的な余裕があること」が大きなメリット。

在職中に転職活動をすれば、毎月安定した収入があるので納得いくまで転職活動を続けることも可能です。しかし、退職後に転職活動をすると、収入がなくなるので貯金だけで生活費と転職活動費をやりくりする必要があります。

お金に余裕がないという焦りから、精神面にも悪影響を与えかねません。

退職後の転職活動は「仕事が決まらないこと」と「収入がないこと」の不安から、精神的な負担が予想以上に大きいのです。

在職中のデメリットである「転職活動に割く時間がない」という問題には、「転職エージェント」を利用して解決しましょう。

「転職エージェント」を利用すると、キャリアアドバイザーが「面接の日程調整」や「企業と待遇交渉」などを代行してくれます。自ら企業に問い合わせる必要もないので、転職活動にかける時間を省くことができますよ。

「在職中の転職活動を成功させるための注意点」は次の記事で紹介していますので、参考にしてください。

仕事辞めたいけど言えない人はタイミングと退職理由に気をつけて

この記事では「仕事を辞めたいと言えない」理由ごとの対処方法を紹介しました。

上司に退職を伝えるとき、「繁忙期」や「忙しい時間帯」は避けましょう。退職理由は、「家庭の事情などのどうしようもない理由」や「ビジネススキル向上のため」などを上司に言ってくださいね。

金銭面や精神面に余裕を持てるので、転職活動は「在職中」に行うのがおすすめ。

「転職エージェント」を利用すれば企業とのやり取りを代行してもらえるので、働きながらでも負担を減らして転職活動ができますよ。

退職を決めたら、「仕事を辞めたい」と言えない理由を解消しましょう。できるだけ早く上司に退職意志を伝えて、円満な退職を目指してくださいね。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 22:30 求人更新