「仕事を辞めたい」が言えないのはなぜ?気持ちを切り替える考え方と対策

「仕事を辞めたい」が言えないのはなぜ?気持ちを切り替える考え方と対策

仕事を辞めたいけど、なかなか辞めると言えない…、そんな風に悩んでいる方は、実は多いものです。

職場は多くの時間を過ごす場所なので、これまでに築いてきた人間関係もありますし、また職場の事情もよくわかっているだけに、辞めたら周りの人に申し訳ない、残された人が人手不足で困るのではないかなど様々な事を考えて辞めると言い出しにくくなることもあります。

ですが、辞めたいと考えたからには、何らかの理由があるはずです。そこで、仕事を辞めたいと言えないのはなぜなのか、気持ちを切り替えるにはどうすればいいのか、対策を考えていきましょう。

仕事を辞めるのは悪いことではい!考えるべきなのは理由と辞め方です

仕事を辞めたいと言いづらい理由は、人それぞれあると思います。ですが、仕事を辞めること自体は悪いことではありませんので、まずはそのような考え方をすることが大切です。

なぜ言えないの?よくある退職を言い出せない理由

仕事を辞めたいと言い出せない理由としては、以下のようなことが考えられます。

  • 上司が怖いから
  • 他の社員と仲間意識があるから
  • 他の社員が優しいから
  • 自分が抜けると人手不足になることがわかっているから
  • 自分が思っているような理由で退職していいのかわからないから
  • 辞めた後の生活が不安だから
  • 仕事を辞めた後のことが決まっていないから

これを読まれている方にも、思い当たるものがあるのではないでしょうか。それぞれに対する対策は、後ほど詳細を確認しますので、ここでは理由のみを確認します。

仕事を辞めるのは法律で認められた権利です!

契約社員のように雇用の期間が定められている場合は別なのですが、民法627条によれば、正社員のように雇用の期間が定められていない人の場合、その人はいつでも契約の解約を申し入れることができることになっています。つまり、仕事を辞めることは、労働者の権利だとも言えるんですね。

だから、仕事を辞めること自体を悪く捉える必要はまったくありません。ただ、仕事を辞める場合の注意点もありますので、確認していきましょう。

辞めたい理由と辞め方について考えよう

仕事を辞めることに自体には問題が無くても、辞めてからやはり辞めなければよかったと後悔することだけは避けなければいけません。

そのため、なぜ辞めたいと思っているのか、その理由をしっかり突き詰めて考えることが必要です。辞めてもいいと思う理由と、辞めない方がいいと思う理由を両方挙げてみて、それでも辞めたいかどうかを考えてみましょう。

その上で辞めたいと決めたのなら辞めるための行動を起こすことになりますが、その際に必要な手順を踏まずに辞めるのは良くありません。直属の上司にまずは相談する、退職願いは求められる日付までに提出するなど、退職の際には守るべきマナーがいくつかあります。

その点もふまえて、辞めたい理由をしっかり考えた上で、マナーについて理解しておくことが大切です。

法や就業規則によって退職時期に決まりがあるので注意!

仕事を辞めたいと決意して言葉にしても、民法上の規定や会社の就業規則によって思った時期に退職できないこともありえます。また、転職先を決めてから退職する場合、転職先で仕事を始めるまでに退職できるよう逆算して退職を言い出さなければいけません。

以上のような理由から、退職を切り出すタイミングはとても大切ですし、また今後何らかの関わりを持つかもしれないことを考えて円満な退職を心がけたいことから、退職の切り出し方にも気をつけたいものです。

では、具体的にどうすればいいのかと思われた方に向けて、退職の切り出し方やタイミングについてこちらの記事で詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください。

退職をすることは、労働者の権利の一つなんですね!そう言われると、退職してもいいんだととても楽な気持ちになります。となると、退職したいと思った時にはその意思を貫き通すという考え方で、大丈夫なんですよね?
考え方としてはその通りです。ですが、仕事を辞めたい理由によっては、退職する人本人が仕事を辞めてから後悔する可能性もありますので、労働者本人のためという意味で、退職したい時には本当に仕事を辞めていいのか熟考する必要があると言えます。

仕事を辞めたいと思うのはどんな時?転職者が退職を決意した理由とは

仕事を辞めたいと考えている人の中には、自分が思っているような理由で退職してもいいのかどうかを迷っているという人もいらっしゃることでしょう。それも、仕事を辞めたいと言えない理由の一つとして考えられます。

そこで、転職者が退職を決意した理由を見てみましょう。

退職を希望した理由

労働者が退職を希望する理由として多いのは、以下のようなものです。

  • 人間関係の問題
  • 社風が合わない
  • 労働環境が良くない
  • 仕事内容に不満がある
  • 給与が低い
  • 労働時間に問題がある
  • きちんと評価してもらえない
  • 体調不良
  • 家庭の問題
  • 会社の経営方針や経営状況の変化
  • キャリアアップのため

中でも、人間関係に悩んで仕事を辞めることを考えた人が特に多いことがわかっています。

理由は何でも無理をして仕事を続ける必要はない!

このように、退職した人は様々な理由で退職を考えています。自分はこんな理由で退職していいのかと不安に思っている方も、これを見れば人それぞれの理由があっていいんだと思われるのではないでしょうか。

どのような理由であっても、それを我慢することで仕事に対するモチベーションが上がらない、体調にまで問題が出そうだなど、仕事を続けることが難しいと思ったら、辞めても構わないと言えますね。

みんないろんなことで悩んで、転職を考えるんですね。僕もこういうことを考えたことがあります。だからこそ、みんなが同じように悩んでいるのなら、少しは我慢した方がいいのかもしれないと思ってしまうんですが、どうなんでしょうか。
その不満が我慢できるもので、退職するよりもいいと自分で納得できるならいのですが、そうでなければ仕事に対する熱意も湧きませんし、体調を崩す場合すらあります。自分が辛いと思えば、無理をしてまで続ける必要はないんですよ。

仕事を辞めにくい時に試したい、退職が言い出しやすくなる方法一覧

それでは、仕事を辞めにくいと思った時に試したい、退職が言いやすくなる方法をご紹介します。

仕事を辞めたい理由を整理する

先ほど少しお話しましたが、仕事を辞めたい理由を自分なりに整理していくと、会社を辞める目的が見えてくるはずです。他の社員との仲間意識があったり、周りが優しかったりしたら辞めるとは言い出しにくいかもしれませんが、それを考えてもやっぱり辞めたい気持ちの方が大きいとわかったら、行動に移しやすくなります。

人手不足に関しても、不安に思うことはありません。自分が辞めた後の会社のことは、会社が何とかするものです。もちろん、辞めたいからといって何の手順も踏まずに突然逃げるように辞めるのには問題がありますが、手順を踏んでの退職ならその間に引き継ぎも求人もできますので、問題ありません。

真面目な人ほど残された人のことや会社の人手不足のことなど後のことを考えてしまいがちで、そのせいで退職が言い出せないということもあるかと思いますが、そういった理由があるとしても辞めたいだけの理由があると自分の中で納得できれば、退職が言い出しやすくなります。

そのために、仕事を辞めたい理由を整理することが大切なのです。

具体的な行動を起こす

頭の中だけで考えるとどうしても上手くいかない時のことを考えてしまい、ますます退職を言い出しにくくなることがあります。そこで、以下のような具体的な行動を起こすことで、辞めるというイメージを固め、行動に移す方法もあります。

  • 辞める場面をイメージする
  • 退職願を書いてみる

辞める場面をイメージするとは、例えば何か月後の何日までに辞められるようにする、そのためには何日前までに直属の上司である○○さんに話を切り出す必要があるなど、退職までのプロセスを具体的にイメージするということです。それを書き出してみると、さらに意識できます。

また、なかなか言い出せなくても、自宅で退職願を書くという具体的な行動を起こすことも可能です。実際にそれを提出するのは退職を切り出して了承をもらってからではあるのですが、手元にそれを置くことで決意を固めるきっかけになります。

上司からの嫌がらせなどがあるなら無料相談を利用する

上司が怖くて仕事を辞めたいと言い出す勇気が出ないという人は、もしかしたら普段から威圧的な態度を取られていたり、パワハラを受けていたりするのではないでしょうか。そんな時には、労働相談を受けてくれる窓口に相談をして、間に入ってもらう方法もあります。

パワハラやセクハラなどに限らず、賃金に問題がある、残業が多すぎる、有給が取れないなど、様々な労働問題に無料で対応してくれる相談先はいろいろありますので、それらを上手に利用して問題を解決する方法もあるんですよ。

こちらの記事で無料で労働相談ができる窓口をまとめてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

転職先を先に決める方法も!自分なりのタイミングを決める

次に始める仕事が決まっていれば、いくら言い出しにくいと思っても次の仕事に間に合うように退職を言わなければいけないのですから、辞めると言わなければという気持ちが高まります。

転職活動を行う中で、この時期までには今の職場を辞めようと自分なりのタイミングを決めることで、言い出すきっかけにできますね。

それに、この方法を取れば、辞めた後の生活が不安だから退職を言い出せないということもなくなります。

後のことが決まっていない場合は退職してから決める手もあると考える

仕事を辞めた後のことが決まっていないから退職が言い出しにくい場合、とりあえず退職してから転職先を探す方法もあると考えてみましょう。

転職活動のやり方は二種類あり、在職中に転職活動をする方法もあれば、退職してから転職活動に専念する方法もあります。まずは目の前の問題を片づけて、それからゆっくり考えることもできますので、次が見つかるまで働くのが苦痛な場合などは、いったん辞めることも考えてみましょう。

さらに、転職することすら考えておらず、とりあえず今の職場を辞めたいということもあるかもしれません。そうなると、ますます辞めると言いにくくなりますが、それでも無理をして体に負担を掛けたり、心が苦しくなったりしたら意味がありません。

そのような場合でも、自分を守るための退職があってもいいと考えることで、気持ちが落ち着くことでしょう。

落ち着いてから再びゆっくり考えることで、先が見えてくることもあります。

転職が言い出しにくい時には理由を整理する、行動を起こしてみるなど試すべき方法はいろいろあるんですね。でも、いざやるとなるとやっぱり不安かもしれません。これらの方法を試して後悔しないためには、どうすればいいのでしょうか。
後悔しないためには、やはり辞めたい理由を自分で納得することが大切です。ここで紹介した方法は、その上で背中を押してくれるものだと思って下さい。まずは、決意を固めたかどうかを確かめることを忘れないでくださいね。

仕事を辞めることは労働者の権利の一つ!大切なのは自分の意思です

仕事を辞めることは、労働者の権利の一つであると言えます。とはいえ、辞めた後に自分が後悔することになっては意味がありませんので、辞める前にしっかりその理由を突き詰めて考え、本当に辞めても後悔しないと思えてから、行動に移したいものです。

職場の人のことや職場の状況を考えると辞めたいと言いにくいことは確かかもしれませんが、辞めたい気持ちが固まっているのに仕事を続けてもモチベーションも上がりませんし、心身にもよくありませんので、辞めることは悪いことではないと考えて辞めるための行動をした方がいいですね。

辞めると決めたのなら、退職の際のマナーは守りつつ、行動を起こしてみましょう。どうしても難しい場合は、無料相談を利用する、転職先を決めてから退職を言い出すなど、今回ご紹介した方法を試してみましょう。