在職中の転職は不利ではない!メリット・デメリット、注意点を紹介

在職中の転職は不利ではない!メリット・デメリット、注意点を紹介

在職中の転職活動は「転職活動をする時間が上手くとれない」「簡単に今の仕事をやめられないかも」などの悩みが多く、不利のような気がしますよね。

在職中の転職活動を成功させるためには、「面接の日程調整」をどのように行うかが重要です。

また、在職中の転職活動において「入社日の決め方」と「退職の伝え方」も重要なポイント。

この記事では、「在職中の転職」と「退職後の転職」のメリット・デメリットを紹介します。

「在職中に転職活動をする場合の注意点」も紹介しますので「在職中に転職活動は、何に気をつければいいか分からない」と悩んでいる人は、この記事を参考にしてください。

在職中の転職活動はデメリットだけじゃない!メリットも紹介します

「在職中VS転職後 ~転職するならどっち!?」経済的な不安がない、在職中にすべきよ。退職後の方が専念できるよ!ハイ、そこまで。それぞれメリット、デメリットがあります。解説しましょう。

在職中の転職だとなかなか時間が取りにくいのが難点ですが、金銭面の心配をしなくていいのは嬉しいポイントですよね。また転職先が見つからなくても、現在働いているのなら焦ることもありません。

「在職中の転職活動」のメリットとデメリットを、詳しく見ていきましょう。

「在職中の転職活動」のメリット!金銭面の不安やブランクがない

「在職中の転職活動」のメリットは、次を見てください。

在職中に転職活動をするメリット
  • 金銭面の不安がない
  • 転職先が決まらなくても、今の仕事を続けることができる
  • 退職後すぐに次の職に就けるから、ブランクが発生しない

退職後に転職活動をする場合、収入が無い状況で活動経費を捻出する必要がありますよね。収入がなくても生活費は必要ですし、面接に行くための交通費もかかります。

在職中の転職活動であれば、毎月の収入で「生活費」と「転職活動費」のやりくりができるのです。

どうして「ブランクが発生しない」ことがメリットなんですか?
「働いていない空白の期間」について、面接先の企業から疑問を持たれることがないからです。

それに在職中の転職では、「前職のスキルや働く感覚が鈍っていない状態で次の職場へ行ける」ことが、選考において面接先の企業から評価されることもあるんですよ。

「在職中の転職活動」のデメリット!時間や日程の調整が難しい

「在職中の転職活動」はデメリットもあります。

在職中に転職活動をするデメリット
  • 転職活動に充てる時間が少ない
  • 面接の日程が調整しにくい
  • 転職活動が長期化する可能性がある

「在職中の転職活動」は働きながら行うので、自分で時間を作らないと転職活動を進められません。土日休みである企業の面接は平日に行われることが多く、平日に働いている人は面接の時間を作るのが大変です。

面接の時間を確保するためには、現職で有給申請を出したり、面接先に日程変更をお願いしたりする必要があります。

面接の時間を確保するための方法について、詳しくは「【在職中の転職活動における注意点1】面接の日程調整」を確認してください。

在職中に転職活動をすると、今の仕事もあるし「すぐに見つからなくてもいいかな」と思って、なかなか転職先を決められない気がします・・・。
今の仕事があると安心してしまい、危機感が薄れがちですよね。

「この日までには転職先を見つける!」と期間を自分で決めたら、転職活動が長引く可能性は低いです。

退職後の転職活動は時間に余裕はあるが、金銭面に不安

「退職後の転職活動」では、仕事をしていないため時間に余裕ができます。ただし退職後は収入がなくなるので、金銭面には不安を持つ人が多いようです。

ここでは「退職後の転職活動」のメリット・デメリットを紹介します。

「退職後の転職活動」のメリット!転職活動に集中できる

「退職後の転職活動」のメリットは、次のリストを見てください。

退職後に転職活動をするメリット
  • 面接日時の調整が簡単にできる
  • 転職活動に集中できる
  • 採用されたら、すぐに入社することができる

「退職後の転職活動」の最も大きなメリットは、時間に余裕があることです。

仕事をしていない分の時間を「企業研究」や「履歴書や職務経歴書の作成」、「面接の準備」にかけることができます。

また「在職中の転職活動」と比べて、面接の日程調整をスムーズに行うことも可能。

即戦力を求めている企業にとって、応募者が「採用したらすぐに入社してくれる」のは評価できるポイントです。

「退職後の転職活動」のデメリット!金銭面とブランクに不安

「退職後の転職活動」で発生するデメリットは、次のようなものが挙げられます。

退職後に転職活動をするデメリット
  • 金銭面に不安がある
  • 転職先が決まらないと、焦りが出る
  • 選考において、ブランクがあると不利になる場合がある

収入が途絶えることによる「金銭面への不安」は、「退職後の転職活動」において最も大きなデメリットです。

仕事をやめたら、「失業保険」が受給されますよね?
ええ、もらえます。しかし仕事をやめたからといって、すぐに失業保険を受け取れるわけではないんです。
ええ!そうなんですか!
人によって期間は変わりますが、3カ月以上待たないと失業保険を受け取れない場合があります。

失業保険を受け取るには「ハローワークへの書類提出」や、「求職活動の実績作り」などが必要になります。失業保険を受け取るための「手続き」や「申請期間」について、詳しくは次の記事を参考にしてください。

また退職後の転職活動で転職先がなかなか見つからないと、「早く安定した収入を得たい」と焦ってしまうことも。

焦るあまり、転職先に妥協してしまうと「希望していた仕事や待遇でない」ということになりかねません。

退職後に転職活動をするなら、金銭面で焦らないように貯金をしておきましょう。転職活動にかかる費用は人によって違いますので、詳しくは次の記事を参考にしてください。

在職中の転職活動における注意点を4つ紹介

ここまで「在職中・退職後の転職活動」のメリット・デメリットを紹介しました。

「金銭面の不安を感じたくない人」や「仕事のブランクを空けたくない人」は、在職中に転職活動をしたいですよね。

この章では「在職中の転職活動を不利にしないための注意点」を紹介します。

在職中の転職活動における注意点は、次のとおりです。

在職中の転職活動における注意点

では、4つの注意点について詳しく見ていきましょう。

【在職中の転職活動における注意点1】面接の日程調整

在職中の転職活動で「応募先の企業と時間が合わない」という理由で、面接に行くのを諦める必要はありません。「面接を受けに行く時間」を確保するために、有給休暇を有効に利用しましょう。

会社を休まなくちゃ面接に行けない場合、どんな理由で有給休暇を取ればいいでしょうか?
有給休暇を取るために、理由の申告は必要ありませんよ。

有給休暇の取得は、労働者の権利です。どうしても理由が必要な場合は「私用のため」と伝えましょう。

有給休暇について詳しくは、次の記事の中でも解説しています。

「1日休むと仕事が回らなくて無理」という人は、働いている会社にもよりますが「午前中だけ有給」や「午後から有給」を取るという手もあります。

今仕事が繁忙期なので、有給が取りにくいです・・・。周りには迷惑をかけたくないですし・・・。
でしたら、面接を受ける企業に相談してみましょう。仕事終わりや休日に面接を受けられるよう、企業側が時間を調整してくれることもあります。

また「転職活動をしていても、今の仕事を疎かにしていない」と好印象を持たれる場合もありますよ。

面接日程の調整をお願いするときは、「面接可能な日程」をできるだけ多めにメールで伝えるようにしてください。

「面接の日程調整メール」のマナーや例文については、次の記事で詳しい説明があります。

やっぱり、仕事をしながらの転職活動は大変そうですね・・・。面接の日程調整など、すべて自分でやるなんてできない気がします。
それなら、求職者と企業の間に入って日程調整をしてくれる「転職エージェント」を利用してみたらどうでしょう?

「転職エージェント」とは、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれたり、面接のセッティングをしてくれたりするサービスのことです。

例えば、仕事中に応募企業からの電話がかかってきた場合「すぐ電話に出られなかったら選考で不利になるかも」と心配ですよね。

「転職エージェント」を利用すれば、応募企業とのやり取りも仲介してくれるので、仕事をしながらの転職活動も安心です。

「転職エージェント」について、詳しくは次の記事で説明しています。

【在職中の転職活動における注意点2】入社日をいつにするか

在職中の転職活動で、面接官からいつ入社できるか聞かれた場合、具体的な時期を答えましょう。

いつ入社できるか答えられるように、面接前には次の2点を確認してください。

面接前に確認しておきたい点
  • 現職の就業規則
  • 現職の業務引き継ぎに必要な期間
就業規則で、何を確認するんですか?
「退職を申し出る時期」を確認してください。いつまでに退職を申し出ればいいのか、勤めている会社によって規則が異なります。

現職で退職を伝えるタイミングについては、「【在職中の転職活動における注意点3】上司に退職を伝えるとき」の章を参考にしてくださいね。

例えば9月1日に面接を受けるとします。引き継ぎや有給休暇の消化に必要な期間が1カ月、退職の申し出が1カ月前であれば、退職するまでに2カ月必要です。

面接官に入社日を聞かれた場合「本日内定をいただけるのであれば、11月1日に入社できるよう調整します」と具体的に伝えましょう。

「いつ入社できるかわからない」と答えるのは避けてくださいね。面接先の企業から「入社意欲がない」と判断されてしまうことがあります。

また良い印象を与えたいからと、「退職手続きが間に合わない、無理な日付」を答えるのもいけません。

もし入社日に間に合わなかった場合、あなたを受け入れる準備をしていた転職先の企業に迷惑をかけてしまいます。

今の会社で業務の引き継ぎが長引いてしまって、「転職先に伝えた入社日」に間に合わなくなった場合はどうしたらいいでしょうか。
「間に合わない」とわかった時点で、できるだけ早く転職先に入社延期の申し入れをしましょう。

ただし、一度伝えた期日通りに入社するのがビジネスマナーですよ。

【在職中の転職活動における注意点3】上司に退職を伝えるとき

在職中に転職活動をして内定をもらった場合、退職が穏便に進まなければ「内定取り消し」なんていう事態にもなりかねません。

「14日前に退職の申し入れをすれば退職できる」と民法に定められていますが、退職の申し出は、会社で定められている就業規則に従いましょう。

会社の就業規則に従うのは、円満な退社のために大切なこと。

円満退社をするために、退職の話をする適切な「タイミング」や「切り出し方」、「伝え方」も大切ですよ。詳しく知りたい人は次の記事を見てください。

上司に「転職先の企業名」を聞かれた場合は、正直に答えたほうがいいんですか?
言う必要はありません。会社名を言うことで、思わぬトラブルになることがあります。

転職先を言うことで、「転職先の悪口」や「転職先の経営状況が悪くなっている噂」など、あなたが不安な気持ちになることを上司に言われる可能性があります。また会社によっては、転職を白紙にしようと根回しをされてしまう可能性も。

転職先を聞かれて、どうしても断り切れない場合は「業界名」や「職種名」を伝える程度にしておくといいです。

転職先が決まったから仕事を辞めると上司に伝えたら、「在職中の転職活動は違法だ」と言われてしまいました・・・。
在職中の転職活動は違法ではありませんよ。

ただし同業他社に転職をする場合、競業避止義務違反になる場合があります。事前に就業規則を確認しておきましょう。

【在職中の転職活動における注意点4】履歴書の書き方

在職中の転職活動で履歴書を書く場合、現在の職歴の下に「現在に至る」や「在職中」と記載しましょう。

退職日が決まっている場合は「(〇〇年◯月退職予定)」というように、現在の職歴の下にかっこを使って書いてください。

連絡の取りやすい「曜日」と「時間帯」も記入しておくと親切ですね。

連絡の取りやすい曜日と時間帯は、「備考欄」や「自己PRの下」に記載しましょう。

在職中の転職活動だと、志望動機の書き方は何か変わるんですか?
在職中であっても、退職後であっても、志望動機の書き方は変わりませんよ。

履歴書や職務経歴書に書く「志望動機」をどう書けばいいか分からないという人は、次の記事を読んでくださいね。

在職中の転職活動を不利にしないために4つの注意点を押さえよう

「在職中に転職活動をする」のか、もしくは「退職後に転職活動をする」のか、どちらがいいとは一概に言えません。どちらにもメリット・デメリットがあります。

金銭面に不安がある人は「在職中の転職」がおすすめです。「在職中の転職だと、時間のやりくりに自信がない」という人は、転職エージェントの利用を検討してみてください。

「面接の日程調整の仕方」「入社日の伝え方」「退職日の伝え方」「履歴書の書き方」の4つのポイントを押さえておけば、在職中の転職が不利になることはありません。

自信を持って転職活動に臨み、希望の転職先を見つけてくださいね。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月23日 21:52 求人更新