転職するなら在職中と退職後どっち?それぞれの注意点と選び方

転職するなら在職中と退職後どっち?それぞれの注意点と選び方

転職について少しでも考えたことがある方なら、今の仕事を続けながら転職活動をするのがよいのか、それとも退職してから転職活動をした方が良いのか、迷ったことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

在職中だと思うように時間が取れないこともありますし、退職後に本腰を入れて転職活動をしたいと考える方もいらっしゃるかと思いますが、実は在職中の方が良い場合も多いんです。

どちらにしても、それぞれメリットとデメリットがありますので、それについての情報をしっかりと収集し、自分にとってどちらがより有利になるのかをよく考える必要があります。

ここでは、在職中と退職後それぞれの転職活動について、どのようなことが予想されるのかよい点も悪い点も合わせてお話しますので、ぜひともご参考にしてくださいね。

在職中に転職活動をするメリットとデメリット

まずは、今のお仕事を続けながら転職活動をする場合のメリットとデメリットから見ていきましょう。

在職中の転職活動のメリット

現在の職場に勤務を続けながら転職活動をする場合、以下のようなメリットが得られます。

  • 経済的な不安がない
  • ブランクがない
  • 焦って妥協する必要がない

今の仕事での収入があり経済的な不安がないというのは、非常に大きなメリットです。転職活動にはなんだかんだとお金もかかるので、経済的な心配をしなくてよいというのは心の余裕にもつながります。

また、失業期間がなくブランクを空けずに済むため、転職自体に有利になり得ますし、収入が途切れないという点でも経済的な心配が不要です。

そして、これらのメリットのおかげで心理的に焦ったり妥協したりすることがないため、希望の転職先が見つかるという、最大の目的を達成できることにつながっていきます。

デメリットも知っておこう

こうしてメリットを見てみると、在職中に転職活動をする方が正解に思えてきますが、もちろんデメリットもあります。具体的には、以下のような点が挙げられます。

  • じゅうぶんな準備時間が取りにくい
  • 面接の日時が合わないことがある
  • 転職先の入社希望日に合わせられないと採用に影響する可能性がある
  • 現在の会社に転職の意思がバレるおそれがある
  • 転職への希望がしぼんでしまうことがある

仕事を続けていてただでさえ忙しいのに、書類の準備や情報収集などといった転職活動にじゅうぶんな時間を割くのはなかなか大変なことです。また、転職先が指定した面接日に、どうしても仕事で抜けられないという事態が発生することもあり得ます。

また、転職先が「今すぐ入社してもらいたい」という企業の場合、現職をすぐには退職できなければ、採用を見送られることも当然あり得ます。それで希望の転職先に入れないとなれば、それは大きなデメリットとなりますね。

さらに、今の仕事をこなすのに精いっぱいだったり、現職からの慰留があったりと、転職への気持ちがしぼんでしまうこともあります。前向きな気持ちで転職をとどまるなら良いのですが、そうでない場合はデメリットとなり得ます。

企業側はどう見ている?

在職しながら転職活動をする人に対して、企業側はどのような印象を持つのでしょうか?まだ在職中であるということがネックになることはあるのでしょうか?

実際のところ、中途採用に関しては在職中で転職活動を行う人も半数近くいますので、そのこと自体がマイナスに働くことは考えられません。

しかし、先にも触れたように、採用したくても実際の入社日までに時間がかかることが、採否に影響することはじゅうぶん考えられます。

急いで採用を希望する会社にどうしても入社したいときは、具体的な日時を示して、そのときまで時間をもらえるよう伝える必要がありますが、待ってでも採用したいと思ってもらえるほどのスキルを身につけておくことが前提となります。

転職するなら、まず今の仕事を辞めなければならないのかと思っていましたが、意外と在職しながら転職活動をする人も多いんですね!

まだ仕事を辞めていない状態で転職先の面接を受けるとき、何か気を付けることはありますか?

現時点でまだ在職中であることを正直に告げるのはもちろん、今すぐに入社はできないこと、いつ頃なら入社可能かという点はきちんとお話する必要がありますね。

今の職場できちんと引き継ぎをしてから退職したいので少し時間をいただきたいと伝えれば、誠実さもアピールできますよ。

退職後に転職活動をするメリットとデメリット

では次に、退職してから転職活動をするときのメリットとデメリットを見てみましょう。

退職後の転職活動におけるメリット

仕事を辞めてから転職活動をするメリットには、以下のような点があります。

  • 時間がたっぷり取れる
  • 転職活動の幅が広がる
  • すぐにでも入社が可能

やはり、最大のメリットは転職活動に専念できるという点でしょう。

時間的な余裕があれば準備もしっかりできますし、面接の日時も先方に合わせることができるので、転職活動自体をスムーズに進めやすくなります。

また、ハローワークの窓口は平日しか開いていないので、退職後の方が利用しやすくなります。ハローワークにしかない求人もありますから、より幅広い選択肢の中から転職先を選ぶことが可能になります。

さらに、すぐにでも入社できるというのは、とても大きな強みとなります。特に人手不足などで急いで採用をしたい企業にとっては、在職中よりも退職後の人の方が圧倒的に有利です。

退職後の転職活動のデメリット

では、逆にデメリットとしては、どのようなものがあるのでしょうか?

  • 収入が不安定になる
  • 心理的に余裕がなくなる
  • ブランクがあいてしまう

失業手当を受け取りながら転職活動をすることができる人も多いでしょうが、いつまでも受け取れるものではありません。

お金に余裕がないこと自体もつらいですが、早く安定収入を得るべく転職先を決めなければという焦りが出てきてしまいがちなのも、大きなデメリットと言えます。その結果、妥協して転職先を決めてしまい、キャリアアップできなかったということにもなりかねません。

また、退職してすぐに良い転職先が見つかるとは限らず、ブランクが長くなってしまうこともあり得ます。失業期間が長引けば長引くほど、転職自体が不利になっていきます。

このように、退職後の転職活動には、そもそもの目的を達成できなくなる恐れがあることを知っておきましょう。

退職済みの人への企業側の評価は?

企業にとって、すでに退職した人が中途採用枠に応募してくることはまったく珍しいことではないので、特に問題ありません。

むしろ、すぐに入社してもらえるという点は、在職中の人と競合した場合、大いなる強みとなります。

しかし、ブランクが長い人に対しては、なぜこれだけ失業期間が長くなっているのかという疑問や不安を抱かれてしまうのはやむを得ません。半年以上のブランクがある人は、それに対する積極的な答えを用意しておきましょう。

ブランクや経済的な不安はあるけど、急いで採用したい企業に対しては退職している人の方がずっと有利ですね。

平日にハローワークに行けるのは確かに強みですが、インターネットでハローワークの求人検索もできますよね?在職中の人とそんなに差はないんじゃないですか?

確かにハローワークの求人は、インターネットで24時間検索が可能です。しかし、インターネットで見つけた求人への問い合わせや応募をしたい場合、窓口まで行く必要があります。

インターネットに掲載していない求人もありますし、平日いつでも窓口に行けるフットワークの軽さは有利と言えますね。

自分に合っているのは在職中と退職後のどっち?その見極め方とは

在職中の転職活動も退職後のそれも、どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあることをお話してきました。でも、「結局、自分にはどっちが向いているんだろう?」と迷ってしまうこともありますよね。

そこで、どのような人にはどちらが向いているのか簡単にまとめてみましたので、ご参考にしてくださいね!

在職中の転職がオススメな人

お仕事を続けながら転職活動をするのが向いているのは、以下のような方々です。

  • 貯蓄があまりない人
  • 有休がとりやすい人
  • 現在の仕事の都合ですぐには退職できない人

退職してしまうと金銭的な余裕がなくなりがちなため、現時点であまり貯蓄がないという人は、退職するとますます苦しくなってしまいます。このような人は、在職中の転職活動をおすすめします。

また、企業側の指定する面接日に有休や半休を取れるという人なら、転職活動も比較的スムーズに進みます。

今現在、関わっているプロジェクトが進行中とか、人員がじゅうぶんでなく社内がバタバタしているような状況では、そのまま在職しながら転職の準備を進めるのがベターです。今の職場に迷惑がかからないようにするのも、社会人として当たり前のマナーです。

退職後の転職がオススメな人

では逆に、退職してからの転職活動の方が向いている人とは、どのような人なのでしょうか?

  • じゅうぶんな貯蓄や経済的余裕がある人
  • 今の仕事では休みが取りにくい人

退職後に集中して転職活動をしたいという人も多いかもしれませんが、経済的な不安などから、基本的には在職しながらの転職活動の方がおすすめです。

しかし仮に、転職先が決まるまで長引いたとしても経済的な不安がない人や、退職しないと面接のための時間も取れないというような人は、退職後の転職活動の方がよいでしょう。

すぐに転職できるとは限りませんし、お金が減っていくのは気が気ではありませんから、転職活動を退職後にするなら、少なくとも半年分の生活費をためてからにしたいですね。

在職中に転職活動をするのがおすすめとのことですが、時間が取れないのがネックですよね。うまく進めるコツはありますか?

帰宅後や通勤時間などに転職サイトで業界の動向をチェックするとか、休日には経歴をまとめるなど、在職中で多忙でもできることはいろいろありますよ。

面接日に有休をとりやすいよう、普段から社内で連携を密にしておくのも大切ですね。

基本的には在職中の転職活動がおすすめ!

転職活動をするには退職する前か、それとも後かというのは、キャリアアップを望む人なら誰もが一度は悩むことではないでしょうか。

実際のところ、よほど貯蓄がたくさんあるか、現職が忙しすぎて面接の日時も合わせられないという人以外は、在職中の転職活動の方が何かとおすすめです。その方が、経済的な不安やブランクがあいてしまうリスクがないままに、余裕をもって転職先を選べるからです。

せっかく転職をするのですから、今よりも満足いく仕事を見つけたいですよね。やむを得ず退職後に転職するにしても、焦って妥協してしまわないよう、在職中からできる準備はしておくようにしましょう。