転職を考える調理師なら必見!知っておきたい注意点や成功ポイント

調理師をしていて転職を考えている人、けっこう多いのではないでしょうか。

飲食・宿泊サービスの現場では、深刻な人材不足に悩まされています。

そのため、長時間労働や無理な勤務シフト、休日の少なさなどに不満を抱える人も多いのです。

しかし調理師の仕事にはやりがいや可能性も大きく、何より手に職があって誇りも持てる仕事。調理自体が嫌になったわけでなければ、今の職場から転職して、働きやすい職場への転職が実現すれば長く働けるはずです。

この記事では、調理師が転職を考えるなら知っておきたい、業界の課題や転職成功のポイントを説明します。

調理師におすすめの転職サイトも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

飲食業界の離職率は高い!新卒3年以内で約半数が離職

まずは調理師が活躍する飲食業界の転職事情を見ていきましょう。厚生労働省による統計データ「新規学卒者の離職状況」をもとに紹介します。

宿泊・飲食サービス業の新卒3年以内の離職率
学歴 離職率
大卒者 50.4%
短大・専門学校卒者 57.4%
※厚生労働省「新規学卒者の離職状況」より、平成28年の離職率

特に参考にしたいのは、調理師になる人の多くが当てはまるであろう短大・専門学校卒者のデータ。

半数を超える約57%の人が、卒業後就職して3年以内に辞めてしまっているのです。

この統計は調理師だけでなく宿泊業・飲食サービス業全体についての数字ではありますが、業界の離職率がかなり高いことがわかります。

調理師の転職事情:深刻な人手不足で残業が多く休日が少ない

次に、調理師を取り巻く外食・中食産業が抱える問題とは何かを見ていきましょう。

あの、その前に「中食」って何ですか?
お惣菜やお弁当などの調理済み食品を買って、自宅で食べることですよ。

「なかしょく」と呼ばれているんです。

外食・中食産業には、次のような問題点があります。

  • 残業が多い
  • 休日が少ない
  • 育児・介護休暇が取りにくい
※農林水産省食料産業局「外食・中食産業における働き方の現状と課題について」(平成30年)より

どれも深刻な人手不足が原因です。

飲食業・宿泊業の人手不足は、たとえばメーカーと比べると約4倍の欠員率。全産業の合計と比較しても2倍以上と、まったく人手が足りていないことがわかります。

人手が足りないので残業が多くなり、休日も少ない、といった状況が生まれてしまっているのです。

休日に関して言うと、全産業の年間休日日数が121日なのに対し、飲食・娯楽業は113日(平成28年)。

利便性を追求した深夜・24時間営業を行う企業が増える中、業界内の激しい価格競争のため人材不足と賃金の安さを改善できず。

そのため働き手が離れてしまう、そして残った人が多忙に・・・という悪循環の状況が見えてきます。

こんな状況を知ってしまったら、調理師を続けるのはつらいですね・・・。
でも、調理師の仕事にやりがいや楽しさを感じて働いている人もたくさんいますよ。

新しいメニューや流行はこれからも続々と生まれていくでしょうし、調理師の仕事の可能性は大きいんです。

職場選びに気をつけたり、自分に合った職場を選んだり、独立開業のために一定期間は我慢をしたり。現状を知った上で、よりよい環境で働くにはどうするかを考えるのがポイントです。

調理師の仕事内容や活躍の場を紹介している記事もあるので参考にしてください。

調理師の転職成功のカギ:自分に何が必要かを明確化しよう

調理師として長く続けていくには、職場選びが重要です。働きやすい環境かどうか、自分の目指す調理師の姿に近づける職場かどうか、がカギとなります。

調理師の転職を成功させる、3つのポイントをチェックしておきましょう。

ポイント1:求人を探す前に「なぜ転職したいのか」をよく考えてみる

まずは、自分がなぜ転職したいのかを改めてよく考えてみる必要があります。

そして「仕事において何が最も重要か」をはっきりさせてください。

「居残り残業が多い」「休みがほしい」「もっとスキルを上げたい」など、転職理由は人によってさまざま。不満があるならその不満を解消できる職場、希望があるならその希望が叶う職場を探せば長続きするはずですよね。

僕、できれば土日は休みたいです。でも調理師でそんな職場ってあるんでしょうか?
保育園や小中学校の給食センター、企業の食堂なら、土日・祝日が休めますよ。

ポイント2:求人情報の労働条件はすみずみまでチェックしよう

次に重要なのが職場探し。求人情報は、必ずくまなくチェックするようにしてください。

「高収入」「高時給」など、記載されている「都合のいいこと」だけを信じてはいけません。

高収入に惹かれたものの、実は見込み残業代が含まれていたり、交通費の支給限度額が低く、遠方からの通勤では自己負担が多額になってしまったりすることも。

基本給は少ないけれど、諸手当が付いたり福利厚生が手厚ければ、結果として納得のいく収入が得られることもあります。

手当の有無や福利厚生、夏季休暇・年末年始休暇の日数などまでしっかり目を光らせましょう。

お金のことだけでなく、企業の経営理念から職場の人数まで、あらゆる情報を入手して転職先を吟味するのがおすすめです。

給料については「★調理師の給料に関する記事(作成中)」で詳しく紹介しています。

ポイント3:職場の下調べをしておこう

求人情報や企業・店舗のホームページだけではわからないことも多いですよね。

職場選びに失敗しないよう、下調べをしておくことをおすすめします。

人間関係や職場の雰囲気が自分に合うかは、働く上で最も重要なことの1つ。

一般的な転職理由の第1位は「人間関係への不満」です。長時間一緒に働く人との関係が悪ければ、辞めたくなってしまう可能性も高いです。

レストランやカフェなど、店舗なら客として足を運んでみましょう。

店の雰囲気や働く人たちの様子、オーナーとのやり取りなどを観察すると、仲の良さや信頼関係の強さなど、ある程度はわかります。

求人情報の確認とか下調べとか、ちょっと面倒です・・・。
コロン太さん、それではいつまでも無駄に転職を繰り返すことになってしまいますよ。

転職するなら、職場選びは慎重にしてください。

情報をたくさん入手しておくことは、合わない職場への転職が防げるほか、面接などで必ず聞かれる志望動機を考えるにも役立ちます。

実際に足を運ばないとわからない情報を志望動機に加えれば、説得力が増します。熱意も伝わりやすいですよ。

職場の内部事情などを知るには、転職エージェントを使うのがおすすめです。担当しているキャリアアドバイザーまたは営業担当者なら、実際に足を運んで知っている場合もあります。

調理師におすすめの転職サイト

調理師の転職先を探すなら、飲食業界に特化した転職サイトを利用するのがおすすめです。

効率よく仕事が探せますし、業界ならではの条件で絞り込んだりもできます。ここではおすすめのサイトを4つ紹介します。

詳しい検索条件で探せる「調理求人ドットコム」

調理師に特化した求人サイトが「調理求人ドットコム」です。

約540件の求人の半数以上がシティホテル、リゾートホテルの調理師求人なので、ホテル希望の人は要チェックです。

求人数 約540件
求人エリア 東京などの首都圏に多い
備考 ・検索条件が多く絞り込みやすい
・検索できる料理のジャンルが豊富

東京の求人がメインですが、全国の求人を取り扱っています。自分で求人を探す転職サイトで、アドバイスなどのサポートはありません。

「栄養士・調理師求人ナビ」は学校給食や病院などの求人専門

栄養士・調理師求人ナビ」は、その名の通り管理栄養士・栄養士と調理師の仕事が探せる転職エージェントです。

ホテルやレストランなどの求人はなく、学校給食や病院、福祉施設などの求人を専門に取り扱っています。

また、「栄養士・調理師求人ナビ」はいわゆる転職エージェント。自分で求人を探すのではなく、スタッフが転職についての相談や面接対策などのアドバイスをしてくれます。

求人数 約3,800件※
求人エリア 全国(特に関西が豊富)
備考 ・転職サポートあり
・こだわりポイントがわかりやすい
※給食調理・調理師、キッチンスタッフの求人数

求人情報の記載はシンプルなので、不明点など詳しいことはスタッフに聞きましょう。

自分で探さなくても紹介してもらえるので、まずは相談するのがおすすめです。

求人情報が詳しい&転職サポート付き「飲食のお仕事」

求人情報の内容が豊富なのが「飲食のお仕事」。こちらもキャリアアドバイザーがサポートしてくれる転職エージェントです。

結婚式場やホテルから給食センターまで多彩な求人を取り扱っています。

求人数 約1,800件※
求人エリア 全国
備考 ・求人情報の内容が詳しい
・転職サポートあり
・非公開求人あり
※調理師以外の求人も含む

特筆すべきはその求人情報の詳しさです。

中には、職場や働いている人の写真が掲載されている求人も。「スタッフの声」や「キャリアアドバイザーから一言」などの情報もあるので、職場の具体的なイメージもしやすいです。

「クックビズ」なら無料転職支援サービスが利用できる

クックビズ」も求人数の多い転職エージェント。調理・キッチンスタッフやシェフ(候補含む)で絞っても約37,000件ほどの求人が掲載されています。

転職エージェントなので、相談から面接対策、条件交渉までキャリアアドバイザーのサポートが受けられるのもポイントです。

求人数 約54,000件※
求人エリア 全国
備考 ・求人情報が詳しくてわかりやすい
・転職サポートあり
※調理師以外の求人も含む

ただし、地方では求人が見つからない場合もあります。大手転職サイトなども利用して選択肢を増やしましょう。

調理師の転職はまず理由と目標を明確に!職場を吟味すれば後悔しない

調理師を取り巻く飲食サービス業界の離職率は高く、人手不足が深刻な状況です。

しかし調理師の仕事は工夫や努力次第で可能性も大きく広がりますし、個性やセンスも活かせるやりがいのある仕事。

どんな環境でどんな風に働きたいか。目標を明確にすることで、長く働ける職場を見つけやすくなります。

さまざまな転職サイトを活用して、希望に合った職場を根気強く探しましょう。重要なのは、不採用になっても諦めないことです。

まずは自分が今転職したいと思う理由は何か、どうしたいのかをじっくり考えてみてください。そうすれば目標もはっきりしてくるはずですよ。

※掲載の情報は2019年10月現在のものです。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月11日 12:05 求人更新