@type(アットタイプ)がIT・エンジニア転職におすすめな理由

「IT・エンジニア系の転職先を探して大手の転職サイトをのぞいてみたけれど、いまいち自分の希望に合った求人が見つからない」、そんな人にぴったりの転職サイトが「@type(アットタイプ)」です。

アットタイプは、他社の転職サイトでは情報が少ない IT・エンジニア系の求人を多く扱う転職サイト。

IT・エンジニア向けのこだわり検索やスカウト、マッチングなど、希望に合う求人が見つかる確率が高まる機能も充実しているので、効率のよい転職活動ができます。

そんな転職サイト「アットタイプ」について、サービス内容や特徴などを詳しく紹介していきましょう。

アットタイプを使いこなそう!特徴とサービス内容を徹底解説

「@type(アットタイプ)」の最大の特徴は、IT系、特にエンジニアの転職に強いことです。

まずはアットタイプの強みやサービスについて、詳しく説明していきます。

アットタイプにはエンジニアの求人数が他社サイトより多い

エンジニア関連の職種数を他社サイトと比較してみましょう。次の表のとおり、アットタイプでは選べる職種の数が多いことがわかります。

エンジニア関連の掲載職種数
転職サイト名 IT・エンジニア関連掲載職種数
@type(アットタイプ) 27種類
DODA(デューダ) 7種類
リクナビNEXT(リクナビネクスト) 11種類
またアットタイプで掲載している求人の中でも、IT・通信・Webエンジニア関連の件数は他の職種より際立って多いです。

アットタイプの求人検索画面では、業務内容も細分化されています。「システムエンジニア」の中でも「オープン・Web系」「制御・ファームウェア・組込系」「汎用機系」から選択できるのです。

アットタイプがエンジニア関連の転職に強いことは、次の2点からも裏付けられます。

アットタイプがエンジニア関連の転職に強い理由
  • ITエンジニア・モノづくりエンジニア向けの転職フェアを開催していること
  • IT業界に特化した人材派遣サービスも行っていること
こうしたことから、採用する企業側にも「アットタイプはエンジニア採用に強い」という認識が広まります。

求人件数が増えるのはもちろん、質の良い求人も集まりやすくなりますね。

ただしアットタイプは、事務系や販売職などの職種については比較的求人数が少ないことも事実です。これはアットタイプのデメリットと言えます。

こだわり検索条件からもわかるアットタイプの強み

アットタイプのサイトを見てみると、そのサイトの作りも明らかにエンジニアを意識した内容になっています。

他の転職サイトでは、職種から求人を検索する場合、「営業」や「事務」といった職種が左に並び、エンジニア系は右に並んでいますが、アットタイプではその真逆。左側にエンジニア系、右に営業・事務系が並びます。

なぜエンジニア系が左にあると「エンジニアを意識した」ことになるんですか?
人間の目は、左から右に、上から下に視線が行くものと言われています。ですから、一番見てもらいたい内容をまず左上に載せるんです。

Webサイトを見るときは、視線が「F」の字を描くようにまず左上から下へ、その後左から右へ動くと言われます。

言われてみればそうですね。
ですから、それを意識して作られているサイトが多いんですよ。これは「Fの法則」と呼ばれています。

上でも述べた通り、「システムエンジニア」でも「オープン・Web系」「汎用機系」などの条件で検索が絞り込めます。

その上アットタイプの求人検索機能は、独特なこだわり条件が設定できるようになっているのです。

@typeのこだわり検索条件一例
  • 個人のデスクを固定しない「フリーアドレス制」
  • 別部門や子会社として起業する「社内ベンチャー制度あり」
  • 自由な場所で仕事ができる「ノマドワーク可能」

これらは特にIT系企業に多い特徴です。

さらに「Java」などの言語やOS、「Dreamweaver 」などのツールや「VHDL」などのスキルや資格からも求人検索できます。
あらゆる角度から自分に合う求人を探せる、便利なシステムですね!

でも営業や事務系のお仕事が少ないなら、私にはちょっと合わないかもしれません・・・。

確かにエンジニア系の求人に比べると少ないですが、その中にウサギーヌさんにも合う求人があるかもしれませんよ。
では、勤務地ではどうでしょう。地方の求人もたくさんありますか?
正直なところ、首都圏の求人が全体の約4割を占めていますね。

でもそれは大手転職サイトでも同じですよ。「求人件数が少ないから」という理由だけで利用しないのは、もったいないです。

転職に役立つ情報の量はどうでしょう?
転職ノウハウや業界動向をはじめ、適職タイプや「SPI2」などの診断テストなど、たくさん掲載されています。

エクセルテクニック講座やエンジニア体験ゲームもあって、個性的で幅広いですよ。

アットタイプの会員登録は無料で、「Yahoo! 」や「Facebook」のアカウントでの登録も可能です。

プロフィールや職務内容などを登録すれば、求人情報の検索や転職に役立つ情報はもちろん、このあと紹介するさまざまな転職サービスを利用することができます。

アットタイプのスカウト&マッチング機能で転職成功率を上げよう

上の章では、アットタイプにはいくつものこだわり条件があり、自分に合う求人を絞り込めることを紹介しました。

しかし検索条件を具体的に絞り込みすぎると、自分に合う求人を見逃してしまう可能性があります。

そこでぜひ活用してほしいのが、アットタイプの次のような機能。

アットタイプのおすすめ機能
  • スカウト機能
  • マッチング機能

「スカウト機能」は、経験やスキルを登録しておくと、それに興味を持った企業の採用担当者からメッセージが届くサービス。

「マッチング機能」は、自分が登録した条件に近い求人を出している企業を、@typeが自動的に抽出して教えてくれるシステムです。

2つの機能のメリットを理解し、うまく使い分けましょう。

アットタイプのスカウト機能は「スカウト」と「オファーDM」の2種類

アットタイプのスカウト機能には「スカウト」と「オファーDM」の2種類があり、@type会員の約74%が利用しています。

それぞれについて説明します。

アットタイプの「スカウト」とそのメリット

「スカウト」は、職務経歴書などの登録内容に興味を持った企業からメッセージが届くサービスです。

スカウトの1番の魅力は、自分にない視点で転職先の候補が見つかり、転職の可能性が広がること。

具体的なメリットは次のとおりです。

スカウトを利用するメリット
  • さまざまな企業の採用担当者から直接メールが届く
  • 意外な企業からのオファーが来ることもあり、可能性が広がる
  • 自分の市場価値がわかる
  • 書類選考が免除される可能性がある

どのような業界・企業からオファーが届いたか、どれだけメッセージが送られてきたかによって、自分の経験やスキルの市場価値が見えてきます。

自分では考えもしなかった業界や企業からスカウトメールが届くこともあります。

それがきっかけで自分の新たな可能性が見えたり、天職が見つかる可能性も出てくるのです。

スカウトメールが届くということは、採用決定に等しいんじゃないんですか?
いいえ。スカウトメールは、書類選考の免除や採用を約束するものではありませんよ。

アットタイプの「オファーDM」とその特徴

アットタイプには、スカウト機能に加えて「オファーDM」という機能もあります。

オファーDMは、登録した自分のスキル・経験など(Web履歴書の内容)と、企業の募集条件が合致した場合にメールが届くサービスです。

スカウトとは違い、個別に送られてくるものではなく、また自分の希望条件だけで判断されるものでもありません。

そのためオファーDMは、例えば募集条件が「未経験者歓迎」などと幅広い求人でも「合致する」と判断され、メールが送られてくる可能性があります。

登録したWeb履歴書の内容って、企業側からすべて閲覧できるようになっているんですか?
いいえ。企業側から確認できるのは、学歴・経歴やスキルなど、求人に必要な情報のみです。

個人が特定できるような内容は見られないので、安心してください。

では逆に、いま勤めている会社からスカウトが届くなんてこともあるんでしょうか!?
あり得ますね。自分のWeb履歴書を特定の企業に見られたくない場合には、「アクセス拒否設定」をしておきましょう。

アットタイプの4つの「マッチング機能」を解説

スカウト、オファーDMの他にも、アットタイプ独自の転職支援サービスがあります。それがマッチング機能※です。@type会員の約70%が利用しています。

アットタイプのマッチング機能とは

特定の条件の下、求職者と求人情報とを自動的に照合し、合致した求人情報を@typeが自動的に抽出して紹介するサービス

マッチング機能を使うと、転職活動がより効率よく行えます。

アットタイプには、次の4種類のマッチングサービスがあります。それぞれ違った条件でマッチングが行われます。

アットタイプのマッチング機能一覧
マッチング機能 マッチング条件
スキルマッチング 経験・スキルに合った求人
希望条件マッチング 希望条件に合った求人
パーソナリティマッチング 性格や志向に合う仕事環境の求人
足あとマッチング アットタイプでの検索履歴に合う求人

条件に合う求人を取りこぼしなくチェックできて便利なうえ、自分で求人を検索する手間が省けるので、忙しい方にもおすすめです。

マッチングサービスの結果も、メールで届くんでしょうか。

大量のメールが来ても困ります・・・。

マッチングサービスの結果は、アットタイプにログインすると4つのマッチングごとに見られるようになっています。

メールは届かないので安心してください。

転職サイト「@type(アットタイプ)」の基本情報

ではここで改めて、アットタイプの基本的な情報を紹介します。

アットタイプは、人材紹介会社である「株式会社キャリアデザインセンター」が2000年に始めた、キャリアアップ転職専門の情報サイトです。

アットタイプの基本情報
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
会員数 約255万人
利用者の年齢層 19歳以下:0.6%
20~24歳:5.3%
25~29歳:14.5%
30~34歳:24.1%
35~39歳:23.3%
40~45歳:15.0%
45~49歳:8.1%
50歳以上:9.0%
求人件数 約3,000件
求人更新日 毎週火曜日・金曜日
スカウト機能 あり
利用料金 無料
スマホアプリ あり
@typeの運営会社は、サイト設立前からエンジニア向けの情報雑誌を発行したり、エンジニア向けの適職フェアを開催したりしているんですよ。
アットタイプが「エンジニア」という業種に強いのは、今に始まったことではないんですね。

「アットタイプ」の転職支援サービスを併用して転職成功率UP!

アットタイプは転職サイト「@type(アットタイプ)」以外にも、幅広い転職サービスを展開しています。

複数の転職サイトを利用したり、転職エージェントと転職サイトを併用したりして、転職の可能性をより広げましょう。

アットタイプの転職サービス
  • 転職エージェント「type転職エージェント」
  • IT業界に特化した派遣「type IT派遣」
  • 「@type 営業の転職」
  • 「販売・サービスの仕事@type」
  • 女性向けの転職サイト「女の転職@type」
  • 「@typeエンジニア転職フェア」

転職エージェントなら、専任のキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれたり、助言をしてくれたりといったサポートが受けられます。

すでに職種を絞って探している人は、「@type 営業の転職」や「販売・サービスの仕事@type」など、職種に特化した転職サイトも利用しましょう。

また、エンジニアに特化した転職フェアとしては日本最大級のイベント「@typeエンジニア転職フェア」も東京で開催されています。東京近郊の人はぜひ参加してみてください。

求人情報を正しく評価し、自分に合う企業かどうかを見極めるためにも、たくさんの求人情報を見たり転職市場の動向を把握したりすることが大切です。
転職フェアって、僕も行くべきでしょうか。
ええ、ぜひ。応募する前に採用担当者に会って話ができる絶好の機会ですよ。

同じように転職活動しているライバルたちの様子も見られて刺激になるでしょう。

転職フェアについて詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

IT・エンジニア転職に強い「@type(アットタイプ)」に登録しよう

アットタイプは、特にエンジニアなどのIT系や技術職での転職を考えている人には外せない転職サイトです。

「情報量が多い大手の転職サイトにだけ登録しておけば、他は見なくていい」と思う人もいるかもしれません。

しかしアットタイプのように特定のジャンルを強みとするサイトの方が、その分野の企業を集めやすく、求める求人情報が早く見つかることもあるのです。

アットタイプには、転職サイトによくあるスカウトサービスだけでなく、独自で求人のマッチングをする機能も4種類あります。

忙しくてじっくり求人を探す時間がとれない人でも、効率よく転職活動ができますよ。

また、アットタイプでは転職エージェントなどのサービスも充実。

各転職サイトの特徴・得意分野を理解して併用するなど、転職活動を効率よく進めていきましょう。