転職を成功させるために!転職前に知っておくべき基礎知識

転職を成功させるために!転職前に知っておくべき基礎知識

転職活動を始める前に知っておきたいこと。それは転職の基礎知識です。

新卒のときとは違う転職ならではの用語や、転職率・離職率のほか、最新の転職事情もご紹介します。転職活動を始める前にしっかりと知識をつけましょう。

有効求人倍率の推移や離職率でわかる!売り手市場は転職チャンス

転職を検討する前に現在の転職市場を把握することは実はとても大切なことです。例えばあなたは今年の新卒の求人倍率をご存知でしょうか?リーマンショック以降、求人倍率は上がり調子になっています。

今が売り手市場なのか、買い手市場なのか、それを知ることも転職を決断する時に役立つひとつの要素。ぜひ最新の転職市場についての記事を読んで、転職活動に活かしてください。

これを読めばすぐわかる!転職市場の動向の記事一覧

転職者の年代別によって違う!企業から求められるもの

20代と50代で企業に求められるものが違うように、年代ごとに転職のポイントは変わってきます。自分の年代ではどんな人材が必要とされているのか、周りの同年代の人物はどんなスキルを持っているのかを知っておきましょう。

第二新卒や中高年層のいわゆる管理職(ハイクラス)など、求職者の分類によっては専門の転職サイトがありますので、こちらを利用するのもおすすめです。

第二新卒の人が転職するときに気をつけるべきポイントについては「第二新卒と呼ばれる時期はいつまで?第二新卒の意味と転職時の注意点」にて詳しく解説しています。

未経験でも挑戦できる!業界や職種に転職するポイント

今や違う業種・職種に転職するのは珍しいことではなく、未経験可の募集も数多くあります。しかし応募するのは未経験の人ばかりではないため、経験者と戦う覚悟も必要です。

採用選考で次に進めるために「これまでの経験やスキル」「なぜ新しいことに挑戦したいかを詰めた志望理由」をしっかり整えましょう。

未経験の仕事に転職するコツについては「未経験の職種へ転職するなら知っておきたい4つのポイント」にて詳しく紹介しています。

雇用形態から考えよう!自分に合った働き方

企業と従業員の間で締結される「雇用契約」。この雇用契約には複数の種類があり、「雇用形態」と呼ばれています。

正社員と契約社員、派遣社員、パートタイム労働者4種類それぞれの違いはなんでしょうか?雇用形態や待遇について具体的な違いを説明できる人は多くないでしょう。

しかし働き方を考える上で雇用形態はとても重要なものです。今後のキャリアプランを計画するために「雇用形態から働き方を考えよう!正社員・契約社員・派遣社員の違い」を読んで、転職を機に自分に適した働き方を考えてみるのがおすすめです。

基礎知識を身につけ、転職計画に役立てよう!

転職率や求人倍率が変動するように、時代によって情勢は移り変わるものです。高齢化が進み介護休暇にまつわる法律が制定されるなど、政策も変化しています。

数年後、数十年後の未来を見据えて行動するために、日頃から転職市場がどう動いているか情報を得ると良いでしょう。

今までなんとなくで認識していた知識を明確に答えることができれば、人生プランの計画にも役立ちます。基礎知識をもとに今後転職してどうなりたいかを考えてみてくださいね。

NEW ENTRY

12