グランドスタッフの仕事内容とやりがい、適性や転職成功の狙い目とは

素敵な制服を着て、空港のカウンターでテキパキと働くグランドスタッフは、航空会社の看板的存在。キャビンアテンダント(CA)と並び、女性に人気の職種です。

華やかなイメージに憧れを抱く人が多いものの、具体的な仕事内容についてはあまり知られていませんよね。

グランドスタッフは、空港でのチェックインなどさまざまな裏方業務を行い、航空機のスムーズな運航を支えています。

この記事では、グランドスタッフの仕事内容や給料のこと、必要なスキルや転職の成功ポイントなどについて見ていきましょう。

グランドスタッフの主な仕事内容3つを紹介

グランドスタッフは「地上職」とも呼ばれ、空港で搭乗の手続きなどを行っています。

かつては女性ばかりだったこともあり「グランドホステス」と呼ばれていましたが、現在では男性でも違和感のない「グランドスタッフ」という呼び方に変わりました。

グランドスタッフの仕事内容は、主に次の3つです。

グランドスタッフの主な仕事
  • 搭乗手続き(チェックイン)業務
  • 案内業務
  • ゲート業務

それぞれ見ていきましょう。

搭乗手続き(チェックイン)業務

航空会社のチェックインカウンターで、パスポートやチケットの確認、荷物の預かりなどを行います。

自動チェックイン化が進み、乗客が自分で操作することも増えていますが、対応していないケースや慣れない人などに対してグランドスタッフが担当する機会もまだまだあります。

言葉遣いやマナーに気を付けるのはもちろんのこと、予想外の事態に対処しなければならないことも多いので、柔軟な対応が求められます。

混雑時はカウンターが長蛇の列となるため、作業は迅速にこなさなくてはなりません。

また、場合によってはチケットの発券や予約の変更などを行うこともあります。

ちなみに、予約をしたのに当日搭乗時間に来ない人のことを、業界では「No Show(ノーショー)」といいます。

逆に、予約がないのに当日現れるお客さんは「Go Show(ゴーショー)」。昔は「おばけ」なんて言い方をする人もいましたね。

案内業務(ロビーサービス)

空港ロビーで、利用客のさまざまな困りごとを解決するサポートを行います。

どのカウンターに行けばいいのか迷っている人、自動チェックイン機の使い方がわからず戸惑っている人などを見つけたら、行くべき場所を教えたり使い方を教えたり。

座席や乗り継ぎ、荷物などの問い合わせに答えたり、フライトの遅れやキャンセルに関する案内なども行います。

ゲート業務

搭乗ゲートで乗客を迎え、改札機前で搭乗券やパスポートの確認をして航空機へ案内します。

搭乗ゲートでの対応は、航空機出発までの時間が短いです。そのため、混み具合を見て案内する人数を調整したりして、スムーズに案内しなくてはなりません。

時間までに予定の人数が搭乗しないと、出発が遅れてしまうことも。そのため、間際になっても現れない客がいれば、アナウンスをしたり大声で呼びかけたりして探します。

これらがグランドスタッフの主な業務ですが、その他にも到着ゲートでの乗り継ぎ案内や、到着便の遅れ・荷物の紛失などの対応、VIPへの対応などもします。

グランドスタッフの業務は、多岐に渡るんですよ。

グランドスタッフって、航空会社の社員なんですか?それとも空港会社の社員なんですか?
いろんなケースがありますよ。

航空会社に直接雇用される人もいれば、空港会社や空港のグランドハンドリング会社に所属する人もいます。

航空会社から委託された企業に雇用される、旅行系の派遣会社に登録する、といったケースもあるんです。

グランドスタッフの仕事のメリット、デメリットとは?

グランドスタッフを目指す上で、仕事にどんなやりがいがあるのか、メリット・デメリットも気になるところですよね。

グランドスタッフになると、こんなやりがい・メリットがある

グランドスタッフのやりがい、メリットには次のようなことが挙げられます。

グランドスタッフの仕事のやりがい
  • 航空会社の顔として誇りを持って働ける
  • 航空機の安全な運航をサポートできる
  • 困っている人の役に立てる

空港では、さまざまな偶発的トラブルが起こります。出発までの限られた時間の中、同僚たちと連携し、上手く対処してスケジュール通り航空機が出発できたときの喜びや達成感はひとしおです。

グランドスタッフのメリット
  • 語学力を生かせる
  • 気配りやマナーなどの高いスキルが身につく
  • 航空券が安く購入できる
  • 休みが取りやすい
グランドスタッフって忙しいですよね?でも休みは取りやすいんですか?
ええ。GWやお盆などの繁忙期は難しいですが、連続休暇を取って旅行に出かける人も多いですよ。

海外旅行に安く行けるのは、グランドスタッフだけでなく旅行関係の仕事につく人にとって大きなメリットの1つ。航空券だけでなく、ホテルや旅館を安くしてもらえることもあります。

ただし、人手が足りていない職場などでは休みが取りにくい状況だったりもするので、職場選びは重要です。

グランドスタッフになると、こんなデメリット・大変なこともある

華やかなイメージとは違い、グランドスタッフは精神面でも体力面でもタフさが求められる仕事です。

グランドスタッフの仕事のデメリットや大変なことは何か、見てみましょう。

グランドスタッフのデメリット、大変なこと
  • 業務の幅が広く、覚えることがたくさんある
  • 早朝や深夜のシフトもあり、勤務時間が不規則
  • フライトの遅延やキャンセル、予約客が来ないなどのトラブルも多い
  • クレーム対応がストレスとなる
  • 立ちっぱなし、重い荷物を持つ、走り回るなどで体力を使う

すでに紹介したとおり、グランドスタッフの仕事は多岐に渡ります。そのため研修期間などを設けている職場が多いですが、その時点ですでに「思っていたよりも大変」と辛くなってしまう人も。

仕事中は時間との戦いともなるため、わからないことがあってもじっくり教えてもらうヒマはありません。

チェックインカウンターの混雑やトラブル対応で手続きに時間がかかると、急いでいる利用客のクレームにつながることに。

フライト遅延やキャンセルなどの場合はその対応に追われますし、怒りの矛先をグランドスタッフに向けられることも多いのです。

グランドスタッフの労働環境については、勤務時間がシフト制で朝が早かったり夜が遅かったりするだけでなく、土日休みが取りにくいこともありますね。

グランドスタッフは接客サービスの仕事なので、これはどうしても避けられません。

また、グランドスタッフには女性が多いため、先輩の教育が厳しいなど女性の多い職場ならではの大変さもあります。

こちらの記事を参考にしてください。女ばかりの職場で無難に過ごすには?「あるある」な悩みと対処法

グランドスタッフの給与の相場は? 一般より高いの、低いの?

グランドスタッフの仕事が大変だと知ったところで、次に気になるのは給料のこと。

政府などによる統計データはないので、求人情報から相場を見てみました。

グランドスタッフの月収の相場は、入社時で15万円~18万円程度。

経験者であれば、25万円~30万円程と高くなります。

グランドスタッフの求人には派遣社員や契約社員、アルバイトやパートでの募集も多く、その相場は時給1,100円~1,300円でした。

仕事内容がハードで、語学力など特別なスキルも必要なのに、お給料は低いんですね。
そうですね。

給与が低いことに不満はあっても続けられるのは、グランドスタッフの仕事にやりがいや誇り、愛着が持てる人だけです。

グランドスタッフに求められるスキルや、あると有利な資格

グランドスタッフに求められるのは、主にコミュニケーション能力と語学力。

常に正しく丁寧な日本語で、笑顔で対応できるのはもちろんのこと、予測不能なトラブルにも、慌てたり焦ったりせず臨機応変に対処する必要があります。

混雑やトラブル時には、怒りや苦情を訴える客も少なくありません。そういった場合にも、丁寧に対応し、理解してもらえるよう努めます。

また、空港には世界各国の人が訪れるため、英語力は必須です。

グランドスタッフになるには、どの程度の英語力が必要なのでしょうか。
TOEICなら550点あるいは600点以上、英語検定なら2級以上が目安です。

グランドスタッフに向いている人のはこんな人

グランドスタッフには、向き・不向きもあります。「向いている」と言えるのは、次の5つに当てはまる人です。

グランドスタッフに向いている人
  • 人と接することが好き
  • 礼儀やマナーが身についている
  • 協調性がある
  • 語学力がある
  • 精神面・体力面ともにタフ

グランドスタッフの仕事は「接客」がメイン。業務は1人ではなく数名の同僚と行うことが多く、別のさまざまな職種の人とも関わりながら航空機の安全運航をサポートしています。

そのため、協調性・コミュニケーション能力ともに高い人が適しているのです。

また、グランドスタッフには気持ちの切り替えが早く、体力にも自信のある人が向いています。

デメリットとしてもお伝えしたように、グランドスタッフの仕事は、長時間立ちっぱなし。重い荷物を持つことや走り回ることも多く、勤務時間も不規則です。

先輩や利用客に怒られたりクレームを言われたりすることも多く、精神面でも体力面でも強くなくてはやっていけません。

語学、特に英語力については、まず募集に必須ですし、現場でも使います。国内線であっても外国人旅行客はいるため必要で、英語が流暢に話せるほど仕事がしやすくなります。

グランドスタッフへの転職、求人を見る時のチェックポイントは?

上の方でもお伝えしたように、グランドスタッフの雇用先にはいくつものケースがあります。

航空会社の直接雇用、航空会社のグループ企業、空港会社や空港のグランドハンドリング会社での採用、旅行系の派遣会社への登録などです。

求人を探すときには、次のようなポイントを必ずチェックしましょう。

グランドスタッフの求人チェックポイント
  • 雇用形態(正社員、契約社員、パート、アルバイト、派遣)
  • 正社員登用制度、キャリアアップ制度の有無
  • 担当する航空会社
  • 勤務シフト
  • 勤務エリア
  • 通勤手段などの指定の有無
  • 研修・教育の有無とその期間

派遣社員や契約社員、アルバイトやパートでの雇用も多いグランドスタッフの職種。

正社員での採用よりハードルは低いですが、将来への不安もありますよね。正社員を希望するなら、正社員登用制度や管理職などへのキャリアアップの制度があるかどうかも確認しておきましょう。

希望の航空会社がある場合は特に、どのエアラインの業務を行うのかも確認しておきましょう。

航空会社は国内企業か外資か、国内でも大手と独立系エアラインやLCCでは雰囲気が違います。

大手国内航空会社や系列会社での採用はその航空会社の仕事がメイン。しかしハンドリング会社などの場合は、さまざまな航空会社から業務を受託しているのです。

転勤したくない人は、勤務地も要チェックですよ。
あの、「通勤手段などの指定」ってどういうことですか?
そもそも、グランドスタッフなど空港で働く人は、急なトラブル対応などのため、空港から1時間以内で通える範囲に住むよう指定されることが多いです。
え!?そうなんですか!
ええ。公共交通機関が動いていない早朝や深夜に出勤することもあるので、通勤用にバスを走らせる会社もありますし、車やバイクでの出勤を条件にしているところもあります。

そのあたりもしっかりと確認しておかなくてはいけません。

グランドスタッフへの転職、成功させるポイントとは?

競争率の高いグランドスタッフの求人。よりハードルが高いのは、正社員での募集、国内外の大手航空会社の募集です。

採用されるには、門戸が広かったり競争率が低かったりする、次のような求人が狙い目だと言えます。

  • 非正規としての採用
  • 募集人数の多い求人
  • LCCや独立系エアライン

「LCC」は「ローコストキャリア」と呼ばれる、いわゆる格安航空会社のこと。

「独立系エアライン」とは、航空会社の世界的な連合組織(ワンワールド、スターアライアンス、スカイチーム)に属さない航空会社をいいます。

まずはそこで経験を積み、別の会社に転職するという方法もあります。

このほか、航空業界の専門学校であるエアラインスクールに通うのも効果的です。

スクールに通うメリットは何ですか?
航空業界への就職に合った面接や履歴書作成のサポートをしてくれたり、過去の試験や求人などの情報が手に入ったりします。

講師は元CAなど航空業界経験者であることが多いので、業界の情報なんかも聞くことができますよ。

エアラインスクールはいくつもあり、在学中のみ対象、短期の目的別セミナーが開催されている、など、スクールによってさまざまな特徴があります。自分の目的に合うところを選んでくださいね。

グランドスタッフは人が好き、語学が好きな人にぴったりの仕事

グランドスタッフは、華やかなイメージと裏腹に、精神的にも体力的にも強くなくては務まらない仕事です。

業務の幅が広く、語学などのスキルやマナーの高さなども必要。その割に給料が低いという現状もあります。

しかし、これほど国際色豊かな仕事は、なかなか他にはありません。

航空会社の安全運航を守る責任は重大ですが、同時にやりがいも感じられますよね。

人と接することが好きな人、英語が話せる人には、グランドスタッフはぴったりの仕事。大変なことも把握した上で挑戦するのがおすすめです。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月11日 11:51 求人更新