企画営業の仕事内容とは?業界別の特徴ややりがい、転職成功ポイント

「企画営業」は営業職の種類の1つですが、具体的にどんなことをするのかは「よく知らない」という人も多いのではないでしょうか。

企画営業は、市場調査をして新規顧客を開拓したり、販売促進のためのイベントを企画したりといった、マーケティングの要素も含んだ営業。

ただ売るのではなく、クライアントの課題解決ができる商品・サービスを企画・提案して売り込むのです。

そのため、形のあるモノ(有形商材)よりは広告など形のないモノ(無形商材)を扱うことが多いのも特徴の1つと言えます。

この記事では企画営業と営業、営業企画との違いや仕事のやりがい・大変なこと、未経験から転職する上で気を付けるポイントなど、転職に役に立つ情報を紹介します。

企画営業の仕事内容とは?一般的な営業や営業企画との違いも

従来の営業の仕事は、企業や店舗に出向いて商品をアピールし、店舗に置いてもらったり、買ってもらったりすることです。ただ、それだけでは、販路の拡大はなかなか難しいもの。

企画営業は、商品やサービスのニーズを分析して新たな市場を開拓したり、プロモーション活動やイベントを企画・運営したりします。

コンサルティングやマーケティングも含めた、幅広い営業活動を行っているのです。

求人を探してみると、「企画営業」という呼び方でなく「提案営業」「ソリューション営業」などとして募集している企業も多く見つかります。

求人情報で「営業企画」という仕事も見かけるのですが、違いは何ですか?
営業企画は、営業でなく企画がメインの仕事です。

営業戦略を考えたり販促ツールを作成したりして、企画で営業をサポートします。

企画営業は外回りなどの営業活動を行いますが、営業企画は基本的に営業活動はしません。

しかし、企業によってはこれらの区別がされておらず、営業企画が営業を行う場合も。

業務内容やその範囲については、求人情報や面接でしっかり確認しましょう。

企画営業はあらゆる業界で活躍している!職場別の特徴を紹介

企画営業の仕事はどんな業界で活躍しているのでしょうか。主な業界と、大まかな特徴を説明していきます。

メーカー

メーカーの企画営業は、営業として自社商品の良さを伝えることはもちろん、基本となる自社製品からクライアントオリジナルの商品を作り出す、「新商品の開発」に携わります。

食品メーカーを例に挙げてみましょう。チェーン展開する外食産業のクライアントに対し、新規店舗のオープンに必要な情報を提供したり、自社製品を使った新メニューを提案したりします。

不動産

土地や建物を仕入れて販売するだけでなく、どう活用すればいいか、といった提案なども行います。

住宅やビルの運用、不動産投資の相談などコンサルティングを含んだ仕事も多く、都市開発といった大きな事業を手掛けることもあります。

イベント企画会社

企画営業は、ホテルやイベントホールなどで行うイベントの企画やプロデュースするのが仕事です。

クライアントからイベントの目的や要望を聞き出し、それに合う演出などを提案。イベントの準備から本番の進行にまで関わります。

広告・印刷

広告会社や印刷会社などでも、企画営業の仕事は欠かせません。

広告では、どんな媒体に広告を出すのが効果的かなどの提案のほか、宣伝のためのイベントの企画・運営、POPやノベルティーグッズなどの企画にも携わります。

印刷では、クライアントの商品に合わせたパッケージや広告チラシ、パンフレット、オリジナルの名刺や封筒づくりなどの提案を行います。

保険

これまで紹介してきたのは、企業に対する営業でしたが、企画営業には個人向けの業務も。その1つが、個人向けに生命保険や損害保険を売る保険代理店です。

保険の種類は実にさまざま。保障内容や金額の組み合わせによっても無数のパターンがあります。企画営業は、客がどんな保障を求めているかによって、それに見合った保険を提案するのです。

このほか、企画営業は銀行や証券会社などでも必要とされています。

どの業界にも共通して言えるのは、企画営業に必要な知識は自社の商品・サービスに関する知識だけではない、ということ。

デザイナーや制作担当者など、周りのいろんな人と協力して進めていく必要もあります。

企画営業の仕事、やりがいや大変なことはどんなこと?

企画営業の仕事には、どんなやりがい(メリット)・大変なこと(デメリット)があるのでしょうか。

企画営業のやりがい

企画営業のやりがいをひとことで言うと、「ただ物を売るだけでななく、創造的な営業活動ができる」ということ。

企画営業の仕事をしていて喜びを感じられるのは、次のようなときです。

  • 自分の提案が認められた
  • クライアントの隠れたニーズを引き出せた
  • 自分のアイディアが商品開発に活かされた
  • クライアントと苦労して作り上げた商品がヒットした
  • イベントやプロジェクトが成功した

どうやったら売れるか、商品の魅力を最大限アピールできるか、ということにマニュアルや正解はありません。

会社や商品に合った方法を自分で考え、形にしていくのはとてもクリエイティブな作業。場合によっては、クライアントとともに一から商品開発を手掛けることもあり、それが売れたときの喜びはまたひとしおです。

企画営業の大変なこと

一方で、企画営業の仕事には次のように大変なこともあります。

  • 営業力だけでなく、企画力も必要
  • 自社製品だけでなく、クライアント企業の商品知識も必要
  • 営業と企画を兼ねるため、仕事量が多い
  • 残業も多く、納期前やイベント時は休日出勤もある
  • 新規顧客の開拓が難しい

企画営業は、クライアントごとにマーケティングから企画、イベントの運営などまで、一連の作業にすべて関わらなければいけないケースが多いです。

そのため各種手配先との打ち合わせや連絡事項が多く、残業も多くなりがち。休日出勤しなければならないケースも発生します。

また、クライアントのニーズはいつどこにあるかわかりません。要望を聞き出すには信頼関係も必要なため、新規開拓がなかなか難しいというのも現実です。

企画営業に向いている人、いない人の特徴とは

転職を考えるなら、その仕事が自分に向いているかどうかも気になりますよね。それぞれ見ていきましょう。

企画営業に向いているのはこんな人

企画営業の適性とはどんなものか、向いている人の特徴をまとめました。

企画営業に向いている人
  • 柔軟な発想ができる人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 人の立場に立って考えられる人
  • 結果に直接つながらない作業もいとわない人

企画営業は、クライアントのニーズを形にする仕事。はっきりした希望ではなく、ぼんやりとしたイメージしかない場合もあるので、それを具現化できる発想力が必要です。

また、いろんな視点から物事を考えたり、いくつものパタ―ンや可能性などが見いだせる柔軟な発送ができる人が営業企画に向いています。 

とは言え、自分の意見を押し付けるだけでもいけません。相手が何を必要としているかを考え、提案することが重要です。

ニーズを引き出すには、コミュニケーションの取り方から気をつける必要があります。周りの人と協力して進めていくにも、円滑なコミュニケーションは不可欠です。

それに、いくら頑張って企画を考えても、すべてが結果に繋がるとは限りません。

地道な努力をいとわない根気強さも必要ですよ。

企画営業に向いてないのはこんな人

企画営業には、次のような人は向いていません。

企画営業に向いていない人の特徴
  • 内向的で引っ込み思案の人
  • アイディアを出すのが苦手な人
  • すぐに結果がほしい人
  • 仕事の姿勢が受け身な人
  • 人の気持ちを汲み取るのが苦手な人

企画営業に限らず営業には、内向的で引っ込み思案の人は向いていません。特に企画営業は、自分から相手のニーズを聞き出さなくてはならないため、より高いコミュニケーション能力が必要です。

いろんなアイディアを出せる発想力があることも重要なポイント。また、指示がないと動けない、受け身の人も企画営業には向いていません。

そして、企画営業の仕事は、ニーズを引き出し形にするまでに時間が必要。すぐに結果に繋がるわけではないので、短期で結果を求める人には向いていません。

未経験から企画営業への転職を成功させるポイント

企画営業は、未経験から転職する人も多い仕事です。

特に20代であれば、未経験をハンディキャップに感じる必要はありません。とは言え転職を成功させるには、押さえておきたいポイントもあります。

ポイントは「求人情報のチェック」「求められる資格やスキル」「志望動機」の3つです。順に見ていきましょう。

未経験OKの企画営業の求人で、チェックすべきポイントとは

求人の多い企画営業職。しかし給与の高さだけで決めるのは危険です。重要なのは仕事内容と働きやすさ。次の点は必ずチェックしておきましょう。

  • 業種と取り扱い商品、相手先
  • 研修など教育制度の有無、内容
  • 残業時間や休日の日数
  • ノルマやインセンティブの有無、内容
  • 給料体系

「誰に何を営業するのか」は、予想以上に重要なポイントです。

企画営業はどんな業界でも募集されています。自分が売るものに興味が持てないと、知識を学んだりアイディアを考えたりするのも苦痛。そうなると営業成績にも悪影響となり、仕事が長続きしません。

未経験で不安な人は、研修などの教育制度があるかどうかも見ておきたいところです。

求人情報に「おまかせします」「好きなように」などと書いてある場合、何も教えてもらえない可能性も高いので要注意ですよ。

働く上では、待遇も肝心です。「どこも同じだと思ったら大きな間違いだった」という人も多いもの。残業時間の目安や年間休日日数なども詳しく見ておいてください。

営業の仕事には、ノルマやインセンティブ制度を取る企業がほとんどなので、給与形態についても把握しておく必要があります。年俸制や固定月給制、歩合制など、給与形態についても要チェックです。もちろん、ボーナスの有無や回数なども見ておきましょう。

企画営業で採用されるために、必要なスキルや資格とは

企画営業の求人を見てみると、学歴も資格も経験不問、と記載してあるものがたくさん見つかります。そもそも営業に必須の資格というのは存在しません。

ただ、企画営業には次のような資格・スキルを必要とするところも多いです。

企画営業に求められる資格・スキル
  • 普通運転免許
  • 基本的なPCスキル
    (メールやインターネット、WordやExcel、PowerPoint)

営業でも運転免許が不要なケースはありますが、特に不動産や保険の営業などでは、車でないと行けない場所も多いもの。効率よく得意先を回るためにも、免許が必須という求人がほとんどです。

また、クライアントや関係各所とのやり取りにはPCスキルが必須。見積書や企画書を作ったりもするので、WordやExcelのほかPowerPointが使えると便利です。

営業の中でも企画営業の場合はマーケティングの要素もあるので、次のような資格を持っていると仕事に役立ちます。

企画営業の仕事に役立つ資格
  • マーケティング・ビジネス実務検定
    • ビジネスキャリア検定の「マーケティング2級・3級」
こういう資格がないと、転職に不利になりますか?
いえ、資格がないからといって不利になることはありませんよ。

逆に、営業は資格がなくてもできる仕事なので、持っているから必ず有利になるわけでもないのです。

じゃあ取らなくてもいいですよね。意味ないですもん。
そんなことはありませんよ。知識があるというだけで、何も知らない人とは差がつきます。

企画営業の志望動機を書くときに気をつけるべきポイント

履歴書を書くときに悩むのが志望動機ですよね。企画営業の志望動機は、次のようなポイントを踏まえて書きましょう。

  • なぜ企画営業の仕事がしたいのか
  • なぜその会社で企画営業の仕事がしたいのか
  • 自身のスキルや経験を、その会社でどのように生かせるか

転職で最も重要なのは、企業のニーズと自分の経験・スキルがマッチすることです。

企業のことをしっかり調べた上で、自分がいかにニーズに合う人物か、どう貢献できるのかをアピールしましょう。

未経験なら、自分のスキルや経験とその業界・職種との接点、共通点を探してください。まったくない場合は、前職での経験やスキルをどのように活かすことができるのかを考えましょう。エピソードを交えてできるだけ具体的に書くと、説得力が増します。

雛形どおりのありきたりなものでなく、自分ならではのオリジナルな志望動機を伝えましょう。

また、給与や福利厚生など条件だけに触れるのは印象が悪いので避けてください。

企画営業の志望動機の例文(服飾メーカーの場合)
私は昔から洋服が好きで、ファッション雑誌のチェックを欠かさないのはもちろん、自分で洋服を作ったりもしておりました。

前職では介護職に従事し、資格も取りやりがいのある日々を送っておりましたが、おしゃれの大切さを介護業界でも実感する日々でした。「要介護者でも着られる洋服をつくって広めたい」という思いが強くなり、転職を決意いたしました。

貴社を志望する理由は、自社ブランドだけでなく多数の海外ブランドのOEMも展開していることと、公式ホームページに「社員のチャレンジ精神を尊重する」と記載されていたからです。

前職では、外出がままならない人のため近所へのお花見ツアーを計画するなど、イベント企画の経験もあります。動きやすい服装についてのアイディアも、たくさん溜まっています。

こうした経験や介護で培ったコミュニケーション能力は、貴社の企画営業の仕事でも必ず活かせると自負しております。

志望動機は、企画営業としての仕事の第一歩でもあります。

相手と自分をよく知った上で、効果的に売り込みましょう。

発想力やコミュニケーション能力を、企画営業に活かそう

企画営業は、クライアントも気付いていない新たなニーズを引き出したり、商品やサービスが売れるためにイベントやプロモーション戦略を考えたりする仕事。

そのため、一般的な営業職よりも発想力が必要とされます。

仕事には、新たなクライアントと一から関係を築き上げる、結果に繋がるかわからない企画のために綿密なマーケティングを行うなどの大変さがあります。

しかし自分のアイディアが採用される、紆余曲折を経たイベントが無事成功する、クライアントの商品がヒットするなど、努力が実を結んだときには喜びもひとしお。

人と話すことやアイディアを練ることが好きで、地道な作業も苦にならない人にはぴったりの仕事です。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月28日 11:29 求人更新