マーケティングの仕事内容や適性、役立つ資格や転職ポイント徹底解説

「マーケティング」という職種について、耳にしたことはあっても「どんなことをするのかよくわからない」という人は多いのではないでしょうか。

マーケティングとは、簡単に言うと「市場を分析し、ニーズに合った商品やサービスを売るための戦略を考えること」です。

優れた製品やサービスが売れるのは、マーケティングをしっかり行って売り出すからこそ。そのためマーケティングは、企業の発展には欠かせない重要な仕事と言えます。

この記事では、マーケティングの主な仕事内容を紹介。マーケティングに向いている人の特徴や役に立つ資格、未経験からの転職ポイントも解説します。

マーケティングってどんな仕事?似た職種との違いも解説

マーケティングは、企業の商品やサービスの売り上げを左右する重要な役割を任っています。

まずは、その仕事内容を大きく次の2つに分けて説明します。

マーケティングの主な仕事
  • 市場調査と情報収集
  • 戦略立案と実行、見直し

マーケティングの仕事内容その1:市場調査と情報収集

マーケティングの仕事は、まず市場調査で消費者のニーズを徹底的に調べ、結果を分析することから始まります。

市場調査と一口にいっても、いくつもの種類があります。

マーケティングに必要な市場調査の例
  • 商品のブランドイメージ、知名度の調査
  • 購入・利用者の感想や満足度・不満な点などを聞く調査
  • 「いくらなら買うか」など価格に関する調査
  • 集客・販促にどんなイベント・広告が効果的かを調べる調査

目的に合わせた調査を行い、分析結果から戦略を立てるのです。

マーケティングの仕事内容その2:売るための戦略立案・実行

市場調査から分析した内容をもとに、商品・サービスをよりたくさんの人に売るための戦略を考え、実行に移します。

マーケティングでは、「売る相手」「商品・サービスの価値」「価格」「流通方法」「宣伝方法」などについて、それぞれ細かな選定をしていく必要があるのです。

たとえば、流行に敏感と言われる20歳~34歳の女性を対象に海外旅行商品を売り出すとしましょう。

その場合、「フォトジェニック」で「まだあまり知られていない」場所やスイーツ、お土産になる「かわいい」雑貨、「癒やされる」エステなどが大きな価値となります。

パンフレットには読者モデルを起用し、パステルカラーやイラストで明るい誌面に。宣伝は女性向けのタウン誌やテレビのバラエティ番組などで行います。

なるほど、こういうの考えるのって面白そうですね!
ええ、ターゲットによって、さまざまな切り口、手法が考えられますよね。

また、戦略を実行に移して上手くいかなかった場合には、見直して修正していく必要もあります。スタート時に問題がなかったとしても、定期的に見直すことが必要です。

これらは一般的なマーケティングの業務ですが、企業によって扱う製品やサービスは異なりますし、任される業務の範囲も同じではありません。

マーケティングと「企画職」「開発職」の違い

マーケティングの定義から言うと、商品の企画や開発もマーケティングの一部です。

ただ、マーケティングと企画、開発部門を分け、マーケティングは「企画・開発された商品の販売・宣伝戦略を考えて実行する部門」という位置づけにしている企業も多いです。

転職を考えるなら、求人情報で業務内容や任される範囲をしっかりチェックしておきましょう。

マーケティングに向いているのはどんな人?

マーケティングの仕事内容はある程度わかったけど、自分にできるのかどうか自信がないです。
では、マーケティング職に向いている人はどんな人なのか、向いている人の特徴を見ていきましょう。
マーケティング職に向いている人
  • 数字に強い人
  • いろんなことに興味が持てる人
  • 新しもの好きの人
  • 「知りたい」という探求心が強い人
  • コミュニケーション能力が高い人

数字に強いと、マーケティングに欠かせないデータの読み取りがより早く、正確にできます。

また、いろんなことに興味を持ったり、新しいものに敏感に反応する人は、新たな情報をつかみやすいもの。

さまざまな情報のカケラが、マーケティングのアイディアの引き出しとなっていくのです。

マーケティングには、仮説を立てて検証する方法も。「どうして売れないのか」「どうしたら売れるのか」、原因の想定と検証とを繰り返して深堀りしていきます。

それには、「なぜ」「どうして」という疑問を貪欲に解決しようとする人が向いています。

マーケターにはコミュニケーションスキルも欠かせません。社内外のあらゆる人とやり取りするため、それぞれの意見を汲み取りつつ、自分の見解をわかりやすく人に伝える必要があります。

人と違った感性を持った人も、マーケティングの仕事に活かすことができますよ。

ありきたりでない提案や方法で、消費者への新たなアピール方法を生み出せる可能性があります。

マーケティング職に資格は必要?役立つ資格とは

マーケティングに必須の資格はありません。

しかし、未経験でマーケター採用を狙う人や、マーケティング部門に新たに配属された人などは、マーケティングの知識を学んでおくのがおすすめです。

マーケティング関連の資格には、次のようなものがあります。

マーケティング・ビジネス実務試験

マーケティング・ビジネス実務試験は、マーケティングの実務的な知識を問われるもの。

試験のための学習で、マーケティングの理論や実務知識のほか、時事情報や実務の事例を知ることができます。

A~C級の3段階のステップがあり、誰でも受験可能。試験は年に4回行われています。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定では、Webマーケティングに関する知識のほか、社内外との調整・連携の方法、Webブランディング能力などが問われます。

マーケティングだけでなく、プログラミングや情報セキュリティ対策、インターネット広告・販売の知識や手法などについても総合的に学べる内容。

個人向けの全国一斉試験は年に2回行われており、誰にでも受験できます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営コンサルタントに位置づけられる国家資格。

試験科目の1つ「企業経営理論」の中で、マーケティングの計画や市場調査、価格計画やプロモーションといった「マーケティング論」についての出題があります。

他の科目でも、市場のメカニズムや消費者行動、店舗・販売管理などのマーケティングに役立つ知識が必要。難易度は高いですが、企業経営に関する広い知識も身につきます。

中小企業診断士は、マーケティングの枠を超えて、さらなるキャリアアップを目指す人におすすめです。

マーケティング未経験者でも転職できる!成功のポイント

マーケティングの仕事は、未経験からでも挑戦可能。

求人情報を見ても、「未経験OK」「未経験者歓迎」と掲げているものが多数見つかります。

とは言え、経験者が優遇されるのは間違いなく、未経験なら何らかのアピールポイントを用意しておかなくてはなりません。

未経験でマーケターを目指す人が気を付けるべきポイントは、次の5つです。

未経験でマーケティングへの転職に成功するポイント
  • 求人情報をなるべくたくさん見て、より働きやすそうな職場を選ぶ
  • 応募する企業の情報を集め、必要とされる人材のニーズを把握する
  • マーケティングとして、その会社で何がしたいのかを明確にする
  • 自身の経歴の中で、マーケティングに活かせるものをアピールする
  • マーケティング関連の知識を学びはじめる

職場選びは、転職成功を左右する重大なプロセスです。「『未経験OK』なのに給料が良いから」など、求人情報で強調されたメリット部分だけで判断するのはとても危険。

入社して「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう可能性も高いです。

いろんな求人情報を見比べ、いい部分も悪い部分も理解した上で、譲れない点は譲らず、妥協できるところは妥協しましょう。

転職の成功に最も必要なのは、自分の希望と企業ニーズがマッチすることです。

そのためには、その企業の目指すものは何か、どんな人材を求めているのか、などの情報を集めましょう。

その企業の主力製品や新製品が「誰」をターゲットにしていて、何が「売り」か、どんな方法でどんな場所で売られているか、なども見ておいてくださいね。
これまでの経験やスキルを、マーケティングの仕事にどう活かせるのか考えることも必要です。

営業や販売、接客などの経験があれば、売り上げを伸ばすために何をしたか、どんな結果を残せたのかなどをアピールしてください。

マーケティングへの転職を視野に入れた時点で、資格の勉強をはじめるなどの行動を起こすことも必要です。

職場探しに困ったり、「経験をどうアピールに活かせばいいかわからない」と悩んだりしたら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントなら、転職のプロとして、第三者の目で的確なアドバイスがもらえるはず。もし紹介してもらえる仕事がないなら、転職を考えるのはまだ早い、という可能性も高いです。

転職すべきかどうかを迷っている人も、転職エージェントに相談してみるのをおすすめします。

転職サイトはたくさんありますが、2~3のサービスを併用するのが効率的。こちらの記事で紹介しています。

マーケティングは未経験でも挑戦できる興味深い分野

マーケティングの仕事は、企業の発展に欠かせないもの。せっかく良い製品を作っても、売る場所や相手を間違えると売れません。

消費者のニーズを分析し、「どうしたら売れるか」、さまざまな戦略を考えるのがマーケティングの役割です。

マーケティング職に向くのは、いろんな新しいことに興味が持てる人や、「なぜ」「どうして」と探求するのが好きな人。数字に強いと、調査結果からの分析も正しく素早くできます。

未経験でも、マーケティングへの転職は可能です。転職するなら、相手企業と自分のニーズが合っていることを強くアピールしましょう。

その企業がどんな商品サービスをどんな方法で売り出しているのか、を調べておくと、面接時や志望動機の作成時に役立ちますよ。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月28日 10:51 求人更新