『マイケル・ペイジ』は外資系・スペシャリスト向け転職エージェント

『マイケル・ペイジ』は外資系・スペシャリスト向け転職エージェント

「マイケル・ペイジ」は、ロンドン発祥で40年以上の転職サポート実績を持つ転職エージェント。

世界36カ国で140支店を展開しており、外資系企業の転職に強いのが1番の特徴です。

東京都周辺で外資系企業への転職を希望するなら、「マイケル・ペイジ」の利用をおすすめします。

ただし「マイケル・ペイジ」自体が外資系企業ということもあり、日本の大手転職エージェントと比べるとサービス面で物足りなさを感じる人がいるかもしれません。

この記事では「マイケル・ペイジ」の特徴や利用に向いている人、登録から入社に至るまでの流れを説明します。自分が利用するのに向いている転職エージェントかどうかを見極める参考にしてください。

マイケル・ペイジの『求人』『アドバイザー』それぞれの特徴

マイケル・ペイジは一般的な大手転職エージェントとは違い、利用に向いている人が限られるエージェント。どんな人向けかは、求人内容やアドバイザーの特徴から判断できます。

では「マイケル・ペイジ」の特徴を、「取り扱う求人」と「アドバイザー」それぞれに分けて見ていきましょう。

『マイケル・ペイジ』で取り扱う求人の特徴とは

マイケル・ペイジが取り扱う求人には、主に次の3つの特徴があります。

「マイケル・ペイジ」取扱求人の特徴
  • 外資系企業が約8割
  • 東京都・神奈川県勤務が約9割
  • 営業、IT、マーケティングの職種が多め

「マイケル・ペイジ」の公式サイトから求人検索をしてみると、正社員の求人の約8割が外資系企業のものです。

世界36カ国に140もの拠点を構えるグローバルなネットワークと、40年以上に渡る人材紹介の実績によって、外資系企業からの依頼が多く集まっています。

勤務地で見てみると、東京都と神奈川県の求人だけで実に全体の約9割。

地方では1ケタの求人しかないところもあるので、地方で探す人は別の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

1ケタですか?そんなに少ないなら、地方の人が利用する価値はないのでは?
公開されている求人数が1ケタだからと言って、「価値がない」とは言い切れません。
どうしてですか?
一般には公開されない「非公開求人」もありますし、「マイケル・ペイジ」にしかない求人もあるからです。

「マイケル・ペイジ」で公開されている求人を分野別に見てみると、IT系や金融、医療、メーカーなど多岐に渡っています。数で比較すると、上位3つは次のとおりです。

マイケル・ペイジに多い求人の分野
  1. 営業
  2. IT
  3. マーケティング

もっとも多く掲載されていたのは営業職の求人です。また、財務・経理、エンジニアリングの仕事も比較的多く見られました。

『マイケル・ペイジ』に在籍するアドバイザーの特徴とは

マイケル・ペイジでは、キャリアアドバイザーのことを「コンサルタント」と呼んでいます。当記事でもここから「コンサルタント」と呼ぶことにしましょう。

「マイケル・ペイジ」で働くコンサルタントの特徴として、主に次の3つが挙げられます。

「マイケル・ペイジ」コンサルタントの特徴
  • 企業側・求職者側の双方を担当する1人体制
  • 業界・職種に分かれたチーム制
  • 固定給制のため、無理に転職をすすめられるリスクが低い

「マイケル・ペイジ」のコンサルタントは、担当が「企業側」と「求職者側」に分かれていません。

1人で対応するため双方の事情に詳しく、情報共有不足によるミスマッチが防げます。

大手の転職エージェントでは、「企業側とやり取りする担当者」と「求職者とやり取りする担当者」に分かれているところが多いです。
それだと何がどう違うんですか?
担当者同士のやり取りやコミュニケーションによって、採用の行方が左右されることもあり得るんです。

また「マイケル・ペイジ」では、「IT」や「医療・ヘルスケア」、「経理・財務」などの分野別チームでコンサルティングを行っています。

それぞれの専門分野の動向や採用ニーズを熟知しているため、企業側と求職者側の双方にとって話がスムーズに進められるというメリットがあるのです。

さらに「マイケル・ペイジ」ではコンサルタントの給料が成果による「歩合制」などではなく「固定給制」。

そのためコンサルタント同士のチームワークを妨げる障害がなく、個人の成績を上げるため無理に転職を勧められるリスクも低いと言えます。

マイケル・ペイジのコンサルタントは、みんな外国の人なのでしょうか?
日系の企業は日本人コンサルタントが担当しています。外資系の場合は外国人のコンサルタントも多いですね。

『マイケル・ペイジ』で転職するには『即戦力と英語力』が必要

マイケル・ペイジを利用するのに、年齢などの条件はありません。しかし取り扱う求人のメインが外資系企業のものだという性質上、次の2つはクリアしておきたいところです。

マイケル・ペイジ利用者に求められるもの

それぞれについて見ていきましょう。

即戦力となる実務経験やマネジメント経験・スキル

外資系企業では「仕事をしながら自分で成長していく」という考え方が主流で、日本の企業のように「会社が人を育てる」風土でない場合がほとんど。

そのため外資系企業への転職者には「即戦力になること」がより重要なポイントです。

「マイケル・ペイジ」の利用も、専門的な実務経験や、部下の指導などのマネジメント経験を積んだ人が向いていると言えます。

マイケル・ペイジの公式サイトにも、「管理職経験者、有資格者など専門性を持つスペシャリストの転職支援をします」と明記されているのです。

社会人経験のない人や、これまでまったく経験のない仕事に転職したい場合、「マイケル・ペイジ」には紹介できる求人がないかもしれません。

その場合は別の転職エージェントを利用しましょう。

筆者が「マイケル・ペイジ」の公式サイトで求人検索をしたところ、未経験でもOKな正社員の求人件数は約20件でした。

とは言え、学歴や社会人経験年数、PCスキルや英語スキルなど、別の条件や能力が求められます。非公開求人にも、未経験OKの求人情報が含まれているとは考えにくいです。

転職は、自分に合ったサポートを受けることも重要なカギとなります。

未経験で20代の人に特化した転職サポートなら「ハタラクティブ」、「DODA」などの総合型転職サイトなどもおすすめです。

ビジネスレベルの英語力

外資系企業では、上司や同僚が外国人だったり、クライアントが外国人だったりすることも多いです。そのため英語での会話やメール、電話対応が日常的に行われることも。

「マイケル・ペイジ」で外資系企業への転職を狙うなら、英語力は必須です。

「マイケル・ペイジ」の求人は、7割近くが「英語のみ」で記載されています。

日本語で書かれていても「ビジネス会話レベルの英語力」「TOEIC800点以上」などの必須条件・理想条件がある求人がほとんどです。

「マイケル・ペイジ」公式サイトでも、「登録者にバイリンガルが多いことによってクライアントからの高い評価を受けている」と記載されています。

即戦力となるスキルや英語力がないと見なされた場合、登録しても転職先を紹介してもらえないこともあるんです。

その場合は、別の転職サイトやエージェントを利用するのがおすすめです。

大手転職サイト・エージェントから職種などに特化した転職エージェントまで、おすすめの転職サイトと主な特徴をまとめた記事があるので、ぜひ読んでみてください。

外資系転職エージェント『マイケル・ペイジ』の基本情報

『マイケル・ペイジ』は、1976年にイギリスのロンドンで設立されました。2001年に日本に進出、東京オフィスを開設しています。

そんなマイケル・ペイジの基本的な情報を表で見てみましょう。

マイケル・ペイジの基本情報
運営会社 マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社
会員数・年齢層 非公表
求人件数 約4,000件
非公開求人件数 非公表
求人更新日 随時
スカウト機能 なし
利用料金 無料
求職者向けスマホアプリ なし
拠点一覧 東京
面談可能時間 要相談
セミナー・イベント なし
「マイケル・ペイジ」の公式サイトを見たんですけど、他の転職エージェントに比べてかなり情報が少なくて、やや不親切な印象を受けました。
私もなんとなく「優秀な人材しかいらない」って言われてる感じがしたんですよね。
「マイケル・ペイジ」自体が外資系企業ですからね。日本のエージェントよりドライな姿勢なのは仕方ありません。
確かに、日本企業のサービスは行き届いているから、つい甘えてしまうのかも。
サイトが充実していないのも、「まずはとにかく登録してください、直接話をしましょう」ということでしょう。

『マイケル・ペイジ』登録から入社までの流れを説明

マイケル・ペイジの転職支援サービスは、次のような流れで行われます。

マイケル・ペイジ利用の流れ
  1. 登録
  2. コンサルタントからの連絡
  3. 求人案件の紹介
  4. 選考、面接
  5. 内定、入社
サービスの流れは、他の転職エージェントと同じですね。
マイケル・ペイジでも、応募書類の添削や面接のアドバイスなどはしてもらえるんでしょうか?
コンサルタントによっては、レジュメの添削や模擬面接をしてくれる人もいます。求人ごとに担当するコンサルタントが違うので、聞いてみるといいですよ。

マイケル・ペイジに登録するには、次の2つの方法があります。

マイケル・ペイジへの登録方法
  • 掲載されている求人情報に応募する
  • 「履歴書を送信」ボタンから必要事項を記入、送信する

求人情報にある「応募」ボタンを選択しても、企業に直接応募はされません。まずはコンサルタントからの連絡を待つ形です。

「履歴書を送付」ボタンを選択すると、名前や連絡先の入力フォームに移行。履歴書のデータを添付して送信します。

登録項目は他の転職エージェントに比べてかなり少ないので手間がかかりません。

その代わり、添付する履歴書が仕事を紹介されるかどうかの唯一の判断材料となるのです。

コンサルタントの興味を引くよう、経歴やスキルなど履歴書のアピール内容を充実させておきましょう。

『マイケル・ペイジ』で経験を活かせる外資系企業へ転職しよう

「マイケル・ペイジ」は、グローバル事業を展開する転職エージェント。外資系企業の転職に強いのが1番の特徴です。

「マイケル・ペイジ」の利用は、英語が堪能なうえ実務経験や管理職などの経験がある人が向いていると言えます。

利用者にはバイリンガルが多く、英語力が必須な求人がほとんど。そのうえ外資系企業では、日本の企業よりさらに即戦力となる人材を求められます。

また東京・神奈川の求人が約9割を占めているので、地方在住で外資系企業への転職を探すなら、別の転職エージェントとの併用をおすすめします。

「マイケル・ペイジ」を上手く利用して、自分の経験を活かせる外資系企業への転職を成功させましょう。

※掲載の情報は、2018年4月現在のものです。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月20日 04:28 求人更新