未経験から営業に挑戦する際の重要ポイントとは?40代でも転職成功

営業には「ノルマに追われて大変」というイメージを持つ人が多いですよね。

でも営業の仕事には、頑張りが形に表れやすく達成感を得やすいという一面も。

また、転職は基本的に即戦力が求められる市場なので、未経験で異業種に転職するのは難しいと言われています。

しかし営業職は、未経験でも異業種からの転職がしやすい仕事の1つでもあるのです。

「営業の求人って多いから気になってはいるけど、やったことないから不安」そんな風に考えている人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

未経験でも営業職への転職がしやすい理由と、営業職に向いている人の特徴や、求人に応募する際のポイントなどについて紹介していきます。

営業職なら未経験でも転職はしやすい!その理由とは

未経験の職種への転職は難しいのは、求人をしている側が中途採用をする場合には「即戦力」を求めているからです。

仮に「未経験者歓迎」などと求人広告に記載されていたとしても、応募者に未経験者と経験者がいれば、経験者を採用する確率が確実に高いのです。

そんな中、営業職は未経験でも転職しやすいと言われているのは何故なのでしょうか。

営業の仕事は、業種によって提供する商品やサービスが異なり、顧客や販売方法なども異なります。

そのため、取り扱う商品やサービスについての知識や技術は入社後に学ぶことに。

そういった理由から、営業職は入社時に特別な資格や知識がなくても採用してもらえるケースが多いのです。

「未経験OK」「未経験可」といった営業の求人を見てみると、経験があるかどうかよりも、本人の人柄や熱意、やる気を優先させる企業が多いことがわかります。

もちろん、営業経験がなくても、前職で得た知識やスキルに転職先で役立つものがあるなら歓迎されることは間違いありません。

企業によって求める人物像は異なるため、求人情報をしっかりとチェックしましょう。

常に求人をしている企業は辞めた方がいいと聞いたのですが、それはどうしてですか?
いつも求人が絶えないということは、それだけ辞めていく人が多くて人員が安定しないか、応募が集まらない何らかのよくない原因がある可能性が考えられるからです。

求人情報だけを鵜呑みにせず、企業の口コミや評判なども調べておくことをおすすめします。

営業未経験でも大丈夫!営業に向いているのはこんな人

営業は未経験でも挑戦しやすいとはいえ、当然ながら向き不向きがあります。

どんなにやる気があっても、成果が出せない日々が続けば挫折してしまうことも。

営業に向いている人には、次のような特徴があります。

営業に向いている人の特徴
  • コミュニケーション力が高い
  • 何事にもマメだ
  • 相手の立場になって物事を考えられる
  • チャレンジ精神・向上心がある
  • コツコツと努力ができる
  • フットワークが軽い

それぞれ説明していきますね。

営業に向いている人の特徴:コミュニケーション能力が高い

営業の仕事にとって重要なのは、「お客様とのコミュニケーションがいかにうまく取れるか」。

お客様の話にしっかりと耳を傾けられる、会話のキャッチボールが上手くできる人は、営業の仕事に向いています。

営業に向いている人の特徴:何事にもマメだ

営業の仕事は、あらゆることをマメに行う必要があります。

一人ひとりのお客様をきちんと把握しておくため、小まめにメモをしたり、商品やサービスを買ってもらった後も小まめに連絡を取ったり。

そういった小さなことの積み重ねで、営業はお客様の信頼を得ることができるのです。

何事にもマメな人は営業の仕事に向いています。

営業に向いている人の特徴:相手の立場になって物事を考えられる

商品やサービスにお金を払ってもらえるようにするのが営業の仕事。相手の心をどれだけ動かせるかというのも大きなポイントです。

いつでも簡単に契約が取れるわけではないのが営業の厳しさです。

お客様自ら商品やサービス購入を決めてやってきてくれるのは稀なこと。実力ではなくラッキーな案件だと言えるでしょう。

自分の都合でお客様に購入や契約を急かしたり、すぐに決めてくれないからといって無下に扱ってしまえば、お客様は離れていってしまうことに。

それは、相手が法人であろうと、個人であろうと同じことです。

購入を決めるまでに時間がかかるお客様もいます。

きちんと相手の立場になって考えること、忍耐強く待つことは、営業に必要なことなのです。

営業に向いている人の特徴:チャレンジ精神・向上心がある

営業は常に数字を追い求めなければならない仕事でもあります。厳しい環境の中でも新たなことにどんどんチャレンジしていかなければなりません。

一つの契約が取れて満足するのではなく、次々と気持ちを切り替えて目標を高く持っていくことが求められます。

そのため、新たなお客様をどう獲得するか、どう売り込むかなどを積極的に考え、常に自分を高めようとする向上心がある人に、営業の仕事は向いているのです。

営業に向いている人の特徴:コツコツと努力ができる

意外に思う人もいるかも知れませんが、営業に欠かせないのが「コツコツと努力すること」。

マニュアル通りにはいかないのが営業の仕事です。

お客様は一人ひとり違うので、同じやり方では満足してもらえないことも。常に試行錯誤しながらお客様と向き合っていく必要があります。

相手に合わせ、手探りで考え地道にアプローチする必要もあるので、コツコツと努力することができる人は営業に向いていると言えます。

営業に向いている人の特徴:フットワークが軽い

営業はとにかく動き回ることが多い仕事なので、フットワークの軽さは必要不可欠。

急な呼び出しやトラブルで、お客様のところへ出向かなければならないこともあります。

対応が遅いと信頼関係にヒビが入ってしまったり、仕事がデキない営業担当として見られてしまうことも。

予想や予定通りに行かないことも多く、臨機応変な対応も求められます。

体力があり、フットワークが軽く、柔軟な対応ができる人は、営業に向いているでしょう。

体力やフットワークの軽さ、コツコツと努力をした功績として、自己㏚の欄に学生の頃の運動部の経験などを書くのは有利になりますか?
企業によっては学歴や職歴よりも重視する場合もあるので、積極的にアピールするといいですよ。

良い成績が残せたなら、具体的に数字などで伝えるのがベターです。

営業職なら未経験の30代・40代でも就ける!その理由や成功ポイントとは

未経験でも営業への転職はしやすい営業の仕事。「30代・40代でも大丈夫?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

まったくの営業未経験者でも、30代・40代で営業職に挑戦することは可能です。

ではその理由と、30代・40代におすすめの業種、転職のポイントについて見ていきましょう。

常に求人があり、年齢を魅力にできることがある

営業は、どんな業界や企業にも必要な職種です。営業担当がいない企業は、まずないと思っていいでしょう。

そのため、幅広い業界が営業の求人を行っているのです。その中には、「年齢不問」「業種未経験可」「職種未経験可」などの求人も多数見つかります。

特に営業は社会人経験があること応募資格にしている企業も多いので、営業経験がなくても転職に成功できる可能性は十分にあるのです。

30代~40代が未経験で営業に転職するのにおすすめの3つの業界とは

次に、未経験から営業への転職を考えている人におすすめの業種を3つ紹介しましょう。

未経験の30代~40代におすすめの業界:不動産業界

不動産業界には、年齢にかかわらず未経験歓迎の求人が多いです。

また、土地や住宅など高額なものを扱うため、人生経験や社会人経験が活かせます。

転職してからでも、宅健などの資格を取得すれば昇給や昇進も狙えます。努力次第で独立開業という道も開けますね。

未経験の30代~40代におすすめの業界:IT業界

近年では、インターネットやスマートフォンなどが生活に欠かせないものとなりました。IT業界の企業も年々増加を続けています。

これから先もまだまだ勢いを増すであろうIT業界。

しかし、業界全体が若いため、組織を管理できるリーダー的存在となる人材が足りないという現状が。

後輩の指導経験などマネジメント経験のあるミドル世代は重宝される可能性が高いでしょう。

未経験の30代~40代におすすめの業界:人材業界

人材業界は少子高齢化の影響で人材不足が続いています。そのため、年齢を問わない求人が数多く存在。

最近では、40代以上のミドル~シニア世代をターゲットにした求人媒体も増えているほどです。

そういった人材会社では、ターゲット層に近い、または年上で社会経験豊富な30代~40代の人が活躍しやすいのです。

もちろん、「入りやすいからこの業界に転職した」というのでは長続きしない恐れもあります。

業界を選ぶときには、自分がどの業界に興味があるか、それをまず考えて選んでくださいね。

また、同じ業界でも、個人向けか法人向けか、有形商材か無形商材か、など、営業の方法などは様々です。

自分の適性に合った求人をじっくり探してみてください。

未経験から営業職求人に応募する際のPRポイント

営業の仕事が未経験の場合、志望動機や自己PRはどう伝えればいいのでしょうか?

転職を成功させるためのポイントをチェックしておきましょう。

未経験で営業への転職を成功させるポイント
  • その会社が求める人物像を把握する
  • 相手にわかりやすい表現で伝える
  • 粘り強さ・向上心をアピールする

応募先企業が求める人物像を把握する

応募する企業は、求人情報だけでなく、企業ホームページまでよく見て、会社全体を把握しておきましょう。

営業の仕事は、ただ喋りが上手いだけでは成り立ちません。お客様が求めるものは千差万別で、それを理解するのが営業です。

そしてそれは、営業の求人に応募する際も同じ。

「企業側が求めているもの」がきちんと理解できていなければ、どんなにやる気をアピールしたとしても、空回りで終わってしまいます。

企業ニーズをしっかり把握できれば、志望動機・転職理由もより説得力のあるものにできますよ。

相手にわかりやすい表現で伝える

営業の仕事に必要な要素として、「相手にわかりやすい表現で伝える」ということがあります。

お客様に商品やサービスを提供する上で、わかりやすい表現で簡潔に伝えられなければ、お客様の理解を得ることは難しいでしょう。

求人に応募する際も、相手は自分のことを全く知らないのですから、わかりやすい表現で自分をアピールすることが必要になります。

粘り強さ・向上心をアピール

仕事をする上で、上手くいかないことや失敗することは必ずある者です。しかし、落ち込んでばかりいては前に進めません。

「失敗から改善点を見出し、落ち込んでる暇があったら行動する」、そんな粘り強さや前向きな考え方ができる人を企業は求めています。

過去、失敗を糧に次の仕事に活かしたような経験があれば、積極的にアピールしましょう。

他にも「自分は営業の仕事に向いている」とアピールできることがないか探してみてください。
人の名前や顔を覚えるのが得意、というのはどうですか?
いいと思いますよ。たくさんのお客様の名前や顔を覚えるのも、営業には大切なことです。

単に「得意」というのもいいですが、自分で工夫して得意になった、というアピールも効果的です。

例えば、「ちょっとしたことでもメモを取るクセを付けている」「Excelに顧客の特徴などを書いて保存していた」というようなことがあれば、積極的にアピールしましょう。

未経験なりに、営業の仕事と自分との共通点をいかに探せるか。それも営業への転職成功ポイントと言えますね。

未経験で営業への転職を成功させるため、ポイントをおさえよう

未経験でも営業職への転職は可能ですし、30代・40代でもチャレンジできます。

しかし、未経験者を歓迎している企業でも、誰でも受け入れるわけではありませんよね。

応募先の企業が必ず見ているのは、営業職としての適性です。

自分は営業に向いているのか、企業が求める人物像とマッチしているか、まずはそこから見極めていきましょう。

いざ転職するには、転職理由や志望動機を明らかにし、自分の経験やスキル、性格などが営業の仕事にどう活かせるか、会社にどう貢献できるかをアピールすることが肝心です。

「自分を会社に営業する(売り込む)」、そのつもりでまずは応募してみてください。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月22日 00:29 求人更新