管理栄養士の転職を成功させるために!チェックしておきたいポイント

食と栄養に関するスペシャリストである管理栄養士・栄養士は、医療機関や介護福祉施設をはじめとしたさまざまな職場で活躍しています。

中でも管理栄養士は実務も幅広いうえに重要ポストを任されることも多いので、やりがいも大きい仕事。

転職するなら、どんな人を対象にどんな栄養管理・指導などを行いたいか、職場や仕事内容が自分に合った求人を見つけるのがポイントです。

この記事では、管理栄養士・栄養士が希望の職場で働くための転職必勝ポイントを解説。おすすめの転職サイト・転職エージェントも紹介します。

転職を成功させるため、ぜひ参考にしてください。

管理栄養士の求人情報はココをチェック!職場選びは重要です

勤務先も幅広く、専門的な仕事とはいえ仕事内容も職場によって異なる管理栄養士。

転職に失敗しないためには、求人情報をしっかりチェックすることが大切です。

求人情報のチェックポイントをおさえましょう。

  • 職場の種類
  • 具体的な仕事内容
  • 管理栄養士か栄養士か
  • 勤務体制、休日
  • 給料、福利厚生

それぞれの項目について説明します。

勤務先でどんな人をサポートしたいかで職場の種類を決める

管理栄養士・栄養士が活躍しているのは、次のような職場です。

  • 病院
  • 企業
  • 福祉施設
  • 介護施設
  • 幼稚園・保育園
  • 学校

このほか、スポーツの現場や美容業界などにも管理栄養士、栄養士の活躍の場が見つかります。

管理栄養士・栄養士として「どういった人たちに、どのような指導をしていきたいか」、自分の希望に合った職場選びが必要です。

管理栄養士の職場っていろいろあるんですね。

仕事ってどこでも同じではないのですか?

仕事内容は職場の種類で異なりますよ。

病院では患者さん一人ひとりの病状に合わせた食事指導が必要ですし、学校では児童・生徒成長過程を考えた栄養指導などが必要です。

対象となる相手によって、食事・栄養管理の内容だけでなく、食事の提供回数なども違います。勤務時間など、働き方も職場によって大きく異なるのです。

調理がしたい?研究がしたい?具体的な仕事内容をチェック

管理栄養士は、専門的な知識を駆使して献立を考えたり、実際に調理をしたりするだけではなく、食事指導やアドバイス、さらには食品の研究開発などに携わることも。

求人情報に書かれている仕事内容をチェックし、具体的にどのような業務を行うのかをチェックしましょう。

たとえば病院では、看護師や医師、患者さんなどとコミュニケーションを取って仕事を進める必要があります。

生活習慣病の危険性がある患者さんにアドバイスをして、健康を意識した生活をすすめるのも管理栄養士の仕事です。

どういった形で健康を支えていきたいのか目的をはっきりさせ、それが実現できる職場選びをしましょう。

専門的な知識と技術を活かせる職場かどうかを確認

求人情報では、栄養士を求める仕事なのか、それとも管理栄養士の資格を活かせる仕事なのかも必ず確認しましょう。

栄養指導や食事の管理が主な仕事ですが、栄養士の場合は主に健康な人が対象です。

管理栄養士は健康な人だけではなく、病気の人などに専門的な指導や管理をすることができます。

自分の持つ知識や技術がいかに活かせるかによって、その職場で長く働き続けられるかどうかも変わってきますよ。

待遇面でも、管理栄養士なら資格手当などで栄養士より高い給料がもらえる可能性が高いです。

管理栄養士の休みは決まっている?希望がきく?勤務体制・休日をチェック

職場や仕事内容によって、勤務体制や休日・休暇はそれぞれ異なります。

土・日、祝日は休みか、シフト制か、残業はあるかなど、自分のライフスタイルに合う仕事かどうかを確認しましょう。

日曜は子どもと一緒にいたいし、夕ご飯も作ってあげたいし・・・。
そうですね。シフト次第では帰りが夜遅くになるドラッグストアなどは避けたほうがよいかもしれません。

応募する際は、面接時にでもシフトの融通がきくかどうか確認しておくといいですよ。

管理栄養士の給与や福利厚生は?職場によってまったく異なることも

管理栄養士の求人と一口に言っても、その待遇は職場によってさまざまです。給料や賞与に関する内容はきちんと確認しておきましょう。

給料の額だけでなく、次のような点にも注目してください。

  • 残業代はきちんと支払われているか
  • 資格手当はあるか
  • 交通費は全額払ってもらえるか
長く、無理をしないで仕事を続けるためには、福利厚生についても把握しておくのがおすすめです。

育児休業制度や産前産後制度などの内容、利用者がいるか、利用しやすい環境かなども確認しておくのがベストです。

管理栄養士の給料はいくらくらい?収入アップに役立つ資格なども紹介」の記事も参考にしてください。

管理栄養士の面接攻略のポイント!転職の面接試験はこうして合格

管理栄養士として希望の職場で仕事をするために、突破しなければならないのが面接です。面接攻略のコツを知っておきましょう。

あらかじめ把握しておきたい!面接でよく聞かれること

管理栄養士の採用面接でよく聞かれることはどういったことでしょうか?悪い印象を与えないための答え方や内容についても説明します。

この職場を選んだ理由

「他の職場ではなく、なぜこの職場を選んだのか」という質問は、すべての採用担当者が知りたいことの一つです。

「栄養士の資格を活かしたいから」といった理由では不十分。

採用されるような回答をするには、あらかじめ職場の特徴をよく調べておくことが不可欠です。

自分の希望とマッチしている点や、そこで活かせる自分のスキルなどを交えて答えましょう。

子どもの食育について勉強してきたならそれを、生活習慣病の患者さんを少しでも減らしたいならそのように、具体的に伝えて採用担当者を納得させてください。

これまでの経験について

どのような職場で何をしてきたか、その経験によって管理栄養士としてどれだけ成長できたか、を伝えましょう。

また、その経験を応募先の職場でどう活かせるか、貢献できる知識やスキルを大いにアピールしましょう。

病院で仕事をしていたなら、医療についての知識や疾病に応じた管理指導ができること、患者さんの健康の向上のために行ったこと、など、詳しく伝えるのがポイントです。

前の職場を辞めた理由

マイナスの転職理由、たとえば「給与が安かった」「やりたい仕事ができなかった」「人間関係に疲れた」などといった退職理由でも、正直に話すのは問題ありません。

ただし、前の職場の愚痴や悪口にならないように注意してください。

以前はこうだったけれど、こちらの職場ではこのような対応をしていきたい、という前向きな姿勢をアピールすることが重要です。

栄養士には清潔感が大切!面接での印象をよくするコツ

管理栄養士は食事に関する仕事であり、患者や子どもと接する機会も多くあります。面接では、見た目や第一印象もチェックされていることを忘れてはいけません。

特に身だしなみには十分配慮しましょう。

濃い目のメイクやネイルなどはしていかないことです。

アクセサリーはして行ってもいいですか?
結婚指輪は大丈夫です。目立たないシンプルなネックレスやピアスなども問題ありません。

ただし、医療現場などではアクセサリーの着用が禁止されていることも多いので、面接でも付けていかないのが無難です。

第一印象をよくするには、清潔感が大切です。

ナチュラルメイクや清楚な服装を心がけましょう。

管理栄養士は、相談に乗ったり、アドバイスをしたりすることも多いです。話しやすい人、という印象を与えることも必要。

面接は緊張をしてしまうものですが、できるだけ表情が硬くならないように心がけましょう。
いつも緊張でガチガチになってしまうのですが、何かいい方法はないですか?
面接官の方でも緊張していたりするものですよ。

自分をよく見せようと気を張りすぎず、ダメなら縁がないということ、と割り切って臨むくらいがおすすめです。

そうですね。気持ちの持ち用ですよね。
私は鏡で笑顔の練習をしてるわ。顔ヨガもおすすめよ。
顔ヨガなんてできないよ~。
まあ、顔の筋肉を柔らかくすることで、表情も柔らかくなるということです。面接の前に顔のストレッチをしてみるといいですよ。

管理栄養士・栄養士におすすめの転職サイト

管理栄養士や栄養士の転職には、業界に特化した転職サイトを使うのがおすすめです。

専門分野に強い転職サイトの方が効率よく求人が探せますし、業界ならではの具体的な労働条件が掲載してあったりします。

管理栄養士・栄養士には、次のような転職サイトがおすすめです。

転職サイト
・エージェント名
特徴
ジョブメドレー 求人数:約1万件
LINEで転職相談ができる求人情報サイト
マイナビコメディカル 求人数:約1,500件
転職エージェント
フードキャリア 求人数:約400件
転職エージェント
栄養士のお仕事 求人数:約900件
転職エージェント
コメディカルドットコム 求人数:約2,000件
求人情報サイト
※2019年10月現在の求人数。管理栄養士、栄養士の求人のみ。

転職エージェントなら、転職活動の進め方や企業の判断ポイントなどもアドバイスしてくれます。転職に関する相談だけでも可能ですよ。

管理栄養士・栄養士の経験・スキルをアピールして転職成功

管理栄養士、栄養士の仕事は、さまざまな職場で幅広く活躍できます。

転職するなら、専門知識やスキルを活かすのはもちろんのこと、より働きやすい職場を見つけましょう。

管理栄養士、栄養士としてどんな人をサポートしたいかによって職場の種類を絞ったら、求人情報では具体的な仕事内容を確認してください。

面接ではそれまでの経験で得たこと、応募先で貢献できることを具体的に話し、熱意を伝えることが大切。

より希望に合った職場を見つけるには、栄養士や管理栄養士に特化した転職サイトを利用し、勤務条件など具体的な情報をアドバイザー経由で確認するのがおすすめです。

※掲載の情報は、2019年10月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月11日 11:41 求人更新