ネイリストってどんな仕事内容?やりがい・苦労、活躍の場を解説

ネイリストってどんな仕事内容?やりがい・苦労、活躍の場を解説

「ネイルアーティスト」とも呼ばれる、ネイリスト。技術やセンスを活かして、お客様の爪にネイルを施します。

主な仕事内容は、次の3つです。

ネイリストの仕事内容
  • ネイルケア
  • ネイルアート
  • リペア

ネイルケアでは、爪を整える「ファイリング」、爪を磨く「バッフィング」、甘皮を処理する「キューティクルクリーン」を施します。

ネイルアートは「ジェルネイル」や「カラーリング」などで爪を装飾すること。リペアは爪の補修を行う作業です。

しかしネイリストの仕事内容は、爪に関することだけではありません。

当記事ではネイリストの仕事内容を詳しく解説します。

ネイリストの「活躍の場・働き方」「やりがい・苦労」についても紹介するので、ぜひご覧ください。

ネイリストの主な仕事内容は『ケア』『アート』『リペア』

ネイリストは、爪をケアして、ネイルアートを施す仕事です。

仕事内容は、次の3つに大きく分けられます。

ネイルケア
・ファイリング(やすりで爪を整える)
・バッフィング(爪を磨き凹凸をなくす)
・キューティクルクリーン(甘皮処理)
ネイルアート
・カラーリング
・ジェルネイル
・スカルプチュアネイル
リペア
・爪の補修
・巻き爪・深爪の矯正

「ネイリストの仕事」と聞くと、カラーやジェルなど華やかなイメージが浮かびますよね。

しかし自爪を整えてこそネイルアートは輝くもの、ネイルケアも大切な仕事です。

またネイルサロンでは、割れた爪・折れた爪などの補修(リペア)も行います。

ネイリストによっては、巻き爪や深爪を矯正することもあるんですよ。

ネイリストには、ほかにも次のような仕事があります。

ネイリスト|そのほかの仕事内容
  • カウンセリング
  • ハンド・フットマッサージ
  • ネイルチップ作成
  • 店内の清掃
  • 備品管理
  • 用具の手入れ

お客様の満足いくネイルを施すには、希望をしっかり聞き出して、イメージを理解する必要があります。

施術するうえで、カウンセリングはとても重要なのです。

またリンパの流れを整え爪の成長を促すため、ハンド・フットマッサージなどを行うことも。空いた時間では、ネイルチップを作成します。

ネイリストってキラキラしたイメージだけど、店内清掃とか備品管理もするんですね。
サロン環境を清潔に整えるのも仕事の1つですよ。電話対応、予約確認、受付なども行います。

また就業後は、サロンでネイルの勉強をすることも。特にアシスタントなどの下積み期間は、店に残って自主練習をすることが多いです。

サロンによっては、勉強会や講習会を開くこともあります。

ところで、ネイリストになるのって資格が必要なんですか?
ネイリストには必須の資格はありませんよ。とはいえ募集条件として、「ネイリスト技能検定」を挙げるネイルサロンは多いですね。

ネイリストの資格について詳しくは、「ネイリストになるには資格が必要?資格の種類・取得方法について解説」をご覧ください。

ネイリストの『活躍の場』と『働き方』も知っておこう

この章では、ネイリストの「活躍の場」と「働き方」についてお伝えします。

まずは、ネイリストがどんな職場で働いているのか、その活躍の場から見ていきましょう。

ネイリストの活躍の場はネイルサロンのほかにも!職場を紹介

ネイリストの職場というと、ネイルサロンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ネイリストには、次のような活躍の場があります。

ネイリストの職場
  • ネイルサロン
  • 美容室
  • エステサロン
  • ネイルスクール
へぇー。美容室やエステサロンで働くネイリストもいるんですね!
はい、店内にネイル用のスペースを設けて施術を行うんですよ。

このほか、経験を積んでネイルスクールの講師になったり、自分でネイル教室を開いたりする人も。

またフリーランスの場合は、お客様の希望する場所へ出向き、ネイルをすることもあります。独立開業する場合は、自分の好きな場所でネイルサロンを開くことが可能です。

ネイリストの働き方を紹介!正社員・パートのほか独立の道も

ネイリストは自由な働き方ができるのも魅力の職業。次のような働き方があります。

ネイリストの働き方
  • 正社員
  • アルバイト・パート
  • 契約社員
  • 業務委託(フリーランス)
  • 独立開業

ネイリストの求人でもっとも目にするのは、ネイルサロンの求人。雇用形態は「正社員」や「アルバイト・パート」が多いです。

また10~21時など、営業時間の長いネイルサロンの場合は、シフト制を採用しています。

シフト制のネイルサロンでは、早番・遅番に分かれて勤務。ネイリストが交代して、営業するのです。

ネイルサロンの多くは、土日祝日も営業しています。そのため、平日に休みを取るサロンがほとんど。ただサロンによっては、土曜か日曜のどちらかを休めることもあります。
ネイリストの業務委託って、どんな働き方ですか?
美容室などで、予約が入ったときに働くケースが多いですよ。

またネイリストには、自宅や貸店舗などを借りて独立開業する道も。ネイリストは働き方の選択肢が多い職業なのです。

次の記事では、正社員・アルバイト別にネイリストの給料を解説しています。ぜひご覧くださいね。

ネイリストの『やりがい』と『苦労すること』も確認しよう

お客様のネイルを綺麗に飾るネイリスト。その仕事には、どんな「やりがい」や「苦労」があるのか紹介します。

まずは「やりがい」から見ていきましょう。

ネイリストのやりがい
  • ネイルを喜んでもらえたとき
  • 指名が入ったとき
  • スキルアップを目指せる
  • アイディアを表現できる

自分の施術したネイルでお客様が喜ぶ姿はうれしいもの。普段使いでも、特別な日のためでも、ネイルは気持ちを明るくします。

お客様の笑顔は、ネイリストのやりがいへと繋がるのです。

また施術を気に入ってもらい指名が入るのも、やりがいの1つ。「もっと技術を磨こう」「要望を叶えたい」など向上心も高まります。

ネイルサロンは指名料が給料にプラスされることも多いんですよ。実力次第で報酬が上がる点も、やりがいと言えます。
ネイルは新たな技術や流行などがあるため、勉強に終わりがありません。やる気次第でスキルアップを目指せる、施術を極められる、ということに大きなやりがいを感じる人も。

またネイリストはクリエイティブな仕事。思い描くアイディアを形にして、新たなデザインを作り出すこともできるのです。

次にネイリストが苦労することについて見てみましょう。

ネイリストが苦労すること
  • 肩こり・腰痛・目の疲れなどの負担
  • 土日祝日に休めない
  • 急用があっても休めない
  • 女性が多く人間関係に悩むことも
  • プライベートでも練習・勉強が必要

ネイリストは座って仕事をする時間が長く、集中力の必要な細かな作業も多いです。

そのため、肩こり・腰痛・目の疲れなど、身体的な負担に苦労する人もいます。

また土日祝日は休めないことが多く、休日の予定を合わせづらいことも。さらに予約や指名の都合があるので、急用があっても休みづらいのです。

ネイルサロンって女性が多いから、苦労することもけっこうありそうです。華やかでいいなとも思いますけど・・・。
そうですね、女性が多い職場ならではの苦労もあるでしょう。

女性の多い職場の悩みなどについては、次の記事を参考にしてみてください。

ネイリストはプライベートでも練習・勉強が求められます。技術を磨き、トレンドを追い続けなければいけないのです。「ネイルが好き」という人でないと、大きなストレスとなるでしょう。

ネイリストは爪のプロフェッショナル!働き方の選択肢も多い

ネイリストの爪に関する仕事内容は、「ネイルケア」「ネイルアート」「リペア」に分けられます。

ネイルアートが注目されがちですが、ネイルケアやリペアなども、ネイリストの大切な仕事。

ネイリストは爪全体のプロフェッショナルなのです。

またニーズの高まりを受けて、ネイリストの職場はネイルサロンのほか、美容室・エステサロンなどにも広がっています。スキル次第では、業務委託(フリーランス)や独立開業することも可能です。

働き方の選択肢の多さも、ネイリストの魅力と言えます。

自分の施したネイルでお客様に喜んでもらえるのは、大きなやりがい。その一方で、技術を磨き、流行を追い続けることが求められるという、厳しさもある仕事です。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
6月19日 22:59 求人更新