アナウンサーになるには何が必要?大学?顔?コネ?転職はできるのか

アナウンサーは人気の高い職業のひとつ。憧れている人も多いですよね。

ではあなたはどんなアナウンサーになりたいですか?

テレビ?ラジオ?「どこでもいいからニュースが読みたい!」という人もいるでしょう。

また「東京のキー局でテレビに出て有名になりたい」という人もいれば、「地方局で地元の人に愛されるアナウンサーになりたい」など、人によってなりたいアナウンサー像も異なりますよね。

さらに『フリーアナウンサー』になる場合、局アナとは違った経路やチャンスがあるんです。

アナウンサーによっては新卒だけでなく、すでに社会人として働いている人でもなれる手段があります。

当記事では、アナウンサーになるために必要な学歴や素質をお伝えし、どんな方法でアナウンサーになれるのかなどを紹介します。

アナウンサーになるには何が必要?重要なのは魅力と努力

アナウンサーになるには学歴や顔、コネなどが必要だと、まことしやかに囁かれています。それらは本当に必要なのでしょうか。

もちろん、難関大学を卒業しているに越したことはありません。難関大学を卒業したということは、それまでに多くの努力をしてきたということ。そこを評価されるでしょう。

しかし大学で選ばれるわけではなく、地方局やケーブルテレビ、フリーアナウンサーは、中には短大卒や高卒、専門学校卒の人もいます。

またコネで入社する人も少なからずいるかもしれませんが、それだけでできる仕事ではありません。コネのある人も実力があり、努力をしているはずです。逆にコネが邪魔をすることも大いに有り得ます。

アナウンサーに一番求められるのは、人間としての魅力です。

アナウンサーになるために必要なこと
  • 清潔感
  • 個性
  • 表現力
  • 滑舌や発声
  • 知識や経験
  • 体力

アナウンサーは美人やイケメンである必要はありません。大切なのは清潔感。人に好印象を与える雰囲気です。

そしてキャラクターや特技を持つことも重要。スポーツが得意、英語が喋れる、こんな資格を持っているなど、人とは違った個性を持つことはその人の自信になり、魅力となります。

またアナウンサーになるために、日頃から新聞や本を読み多くの知識をつけたり、いろいろなものに興味を持ち経験したりすることも大切。

滑舌や発声の練習は、現役のアナウンサーもしています。アナウンサーを目指す人なら、練習は必須。

そして体力も必要な仕事です。自己管理がしっかりできる人間が求められます。

アナウンサーになる人は、自分磨きをしているってことですね。
そうですね。人一倍努力をし、誰からも愛される魅力溢れる人がアナウンサーという職業に就いているんです。

アナウンサーになるための方法(ルート)は?

アナウンサーになる方法(ルート)は、どんなアナウンサーになりたいかによって異なります。

なりたいアナウンサー

ではそれぞれのアナウンサーになるための方法を見ていきましょう。

キー局(東名阪)のテレビアナウンサーになるには?

先ほどアナウンサーは難関大学出身でなくてもなれると言いましたが、キー局(放送局の系列ネットワークの中心となる局)のアナウンサーは違います。

キー局のアナウンサーになるには、四年制大学の新卒でなければならず、さらに難関大学だと有利です。

基本的にキー局のアナウンサーになる人の多くは、大学在学中に各局が開講しているアナウンススクールを受講します。

現役やOB・OGアナウンサーの指導が受けられるだけでなく、同じ志を持つ学生同士で交流を持てるのも大きなメリットです。

アナウンス試験はエントリーシートを提出することから始まりますが、倍率1,000倍以上ともいわれるキー局は、まずこの時点でほとんどの人が落とされます。

シビアな話ですが、残念ながら難関大学でないと書類審査に通らないでしょう。

ただしフリーアナウンサーになれば、キー局で喋ることができる可能性もありますよ。フリーアナウンサーは比較的誰でもなれます。

詳しくはこのあとフリーアナウンサーになるには?で紹介していますよ。

地方局のテレビアナウンサーになるには?

地方局のテレビアナウンサーには、難関大学出身ではない人もいます。

しかしアナウンサー志望者は、キー局だけでなく全国の放送局を受けることが多いです。キー局に比べれば多少倍率は低いものの多くの人がエントリーシートを提出するので、書類選考で落ちてしまうことも。

採用試験はキー局同様、エントリーシートを提出し、書類選考が通れば面接やカメラテストを受けます。

放送局によっては3次面接や4次面接もあり、遠く離れた放送局の場合、受験のたびに交通費や宿泊費などが必要となることを覚えておきましょう。

地方局の場合、その地方出身者を採用したり、他局のアナウンサー経験者を中途でキャリア採用するケースも多いです。

しかし別の職種の人が、転職して地方局のアナウンサーになることはほとんどありません。

別の仕事をしている人でアナウンサーに転職したいという人は、フリーアナウンサーになるという道も。

フリーアナウンサーについては、このあとフリーアナウンサーになるには?で紹介しています。

地方局で何年か経験を積んでからフリーアナウンサーになり、全国区で活躍している人も大勢います。

全国区の番組に出演したい人は、そういったルートで夢を叶えることもできますね。

ラジオ局のアナウンサーになるには?

ラジオ局のアナウンサーになりたいという人もいるでしょう。

ラジオ局で喋っている人は、アナウンサー以外にパーソナリティやDJがいます。

ニュースを読むアナウンサーは局アナまたはフリーアナウンサー。

そして番組のパーソナリティやDJは、局アナのほか、タレントや歌手、フリーアナウンサーが務めます。

ラジオ局のアナウンサー(社員)は、ニュースを読むだけでなく番組パーソナリティをしたり、ときには自分で編集作業をしたりとその仕事は多岐にわたります。

ラジオ局のアナウンサーも四年制大学の新卒者か、他局でのアナウンサー経験者を中途キャリア採用するケースがほとんど。

別の職種の人が、転職してラジオ局のアナウンサーになることはほとんどありません。

ラジオ局によっては局アナ(社員)はおらず、すべて外注のフリーアナウンサーがニュースを担当することも。

今、別の仕事をしている人でラジオでニュースを読みたいという人は、フリーアナウンサーになるという方法もあります。

フリーアナウンサーについては、このあとフリーアナウンサーになるには?で紹介していますので参考にしてください。

TBSなど、テレビとラジオを兼営している会社もあります。

そういった会社のアナウンサーは、テレビもラジオもどちらでもニュースを読んだりバラエティ番組に出演したりするんですよ。

ケーブルテレビのアナウンサーになるには?

ケーブルテレビ局のアナウンサーは、比較的地元出身者が多いのが特徴。

学歴よりも、地元愛の強い人を採用する傾向にあります。

新卒採用のほか、フリーアナウンサーが中途キャリア採用されるというケースも多いです。

フリーアナウンサーやタレントとしてケーブルテレビに出演していた人が、その縁でケーブルテレビ局のアナウンサーに転職するというケースも珍しくありません。

フリーランスという立場から社員になることで、収入が安定しますね。

フリーアナウンサーになるには?

テレビやラジオ局のアナウンサーは、基本的に四年制大学の新卒者。ごくまれに他局からの転職者がいます。

では別の職種からアナウンサーに転職するにはどうしたらよいのでしょうか。

それは「フリーアナウンサー」になること。

フリーアナウンサーとは、放送局の社員である局アナではなく、どこかの事務所に所属して各放送局に派遣されるアナウンサーです。

フリーアナウンサーは、放送局の垣根なくどこへでも出演でき、CM出演や各種司会、講演会、執筆活動、グラビアなどさまざまな仕事ができます。

言わばタレントのような立ち位置なのがフリーアナウンサーです。

フリーアナウンサーは、学歴や資格が必要なく、誰でもチャンスや実力、人間的魅力があればなれる職業。

しかし、学歴や資格があるに越したことはありません。

局アナからフリーアナウンサーに転向する人が多いですよね。
そうですね。いろいろな放送局へ出演できるので、自分の可能性を試したいアナウンサーはフリーに転向する人も多いですね。

局アナは放送局の社員なので給料制。

しかしフリーアナウンサーになると基本的には歩合制となるので、ギャランティーが大幅にアップすることも夢ではありませんが逆に減少することも有り得ます。

仕事の幅も広がり、収入もアップする可能性があるので局アナからフリーランスになる人も多いです。

一方で社員ではないため、まったく仕事のオファーがなければギャラはなく、また終身雇用でもないので局アナに留まる人も多くいます。

転職でアナウンサーになりたいなら「フリーアナウンサー」

局アナになるには、基本的に四年制大学の新卒である必要があります。

キー局は、有名大学出身でなければほぼなれません。

地方局やラジオ局、ケーブルテレビ局も同様ですが、他局からの転職、つまりキャリア採用というルートもあります。

しかし他の職種からアナウンサーへの転職の道は、フリーアナウンサーになることです。

フリーアナウンサーは学歴も資格も必要ありませんが、努力や運も必要。

たくさん仕事があれば高収入となりますが、仕事がなければ収入はありません。

しかしやりがいのある素敵な職業です。とはいえフリーアナウンサーは正規雇用ではないので、そういった点を納得した上で転職を考えましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月21日 14:32 求人更新