アナウンサーの年収・給料はどれくらい?各局の年収ランキングも紹介

人気の職業「アナウンサー」。

テレビやラジオでかっこよく喋っている姿を見て、憧れている人も多いのではないでしょうか。

「アナウンサーになりたい」「転職したい」と考えている人にとって、アナウンサーの年収や給料は気になるところですよね。

局アナの場合は放送局の規模によっても違いますし、フリーアナウンサーの場合は仕事の大きさや仕事量によって変わります。

この記事では、アナウンサーの年収について解説。アナウンサー志望の皆さんは、ぜひ参考にしてください。

アナウンサーの年収は?局アナとフリーアナウンサーの給与形態を解説

売れっ子芸能人は豪邸に住んでいたり高級車に乗っていたりと、たびたびその華やかな生活がテレビなどで放送されます。

では売れっ子芸能人と同じくらいテレビで見かけることの多いアナウンサーの年収は、どれくらいなのでしょうか。

アナウンサーとひとことで言っても、放送局の社員である局アナと、芸能事務所などに所属するフリーアナウンサーとでは年収が大きく異なります。

また局アナでもキー局と地方局、テレビ、ラジオ、ケーブルテレビなど、その形態によって大きな差が出るんです。

どんなアナウンサーになりたいかによって収入は違います。

なりたいアナウンサー

もちろん放送局によって年収は異なります。ここからは各アナウンサーの年収(収入)の相場を紹介しますので参考にしてください。

基本的に、局アナは放送局の社員なので給料制。毎月もらえるお給料が決まっています。

一方でフリーアナウンサーは基本的に歩合制です。仕事をした分だけもらえるのですよ。

キー局(東名阪)のテレビアナウンサーの年収は?

キー局(放送局の系列ネットワークの中心となる局)や準キー局のアナウンサーの年収は、一般的に見てかなり高額。

キー局の新卒のアナウンサーの場合、初任給が25万円前後、年収350万円程度で、キャリアを積むと年収1,300万円前後となるようです。

やはりアナウンサーは給料がいいんですね。
そうですね。しかしこれは東名阪のキー局や準キー局の年収。地方局はもう少し安いようです。
こんなにお給料がいいのに、なぜ局アナはアナウンサーを辞めてしまうのですか?
理由は人それぞれですが、「フリーになったほうがギャラが上がるから」という理由でフリーアナウンサーになる人も多いです。

このあと「フリーアナウンサーの年収は?」の章で紹介しますね。

地方局(ローカル局)のテレビアナウンサーの年収は?

キー局に比べ、地方局のアナウンサーは年収が低いです。

具体的な年収が発表されている企業はありませんが、相場は年収平均500万円~700万円程度。

とはいえ、他業種に比べると比較的高収入なところが多い傾向にあるようです。

ラジオ局のアナウンサーの年収は?

ラジオ局のアナウンサーは、テレビのキー局に比べると年収が低い傾向にあります。

とはいえ東名阪の放送局なら年収平均700万円~1,000万円程度と高額。

しかし地方のラジオ局は、年収平均300万円~600万円程度ともいわれます。

地方局になると職員数が少ないため、アナウンサー業務以外の作業、例えば編集や取材、デスクワークやイベントの手伝いなどをしなければならない放送局も。

またラジオ局によっては局アナがおらず、契約アナウンサーやフリーアナウンサーがニュースを担当することも多いです。

ケーブルテレビ局のアナウンサーの年収は?

ケーブルテレビ局のアナウンサーは、ほとんどの局でアナウンサー業務以外の業務をしなければなりません。

例えば自分でカメラを担ぎ、取材に行って自らナレーションをつけ編集をするといったことは普通です。

ケーブルテレビはどれだけ加入者がいるのかによって規模や年収が異なりますので、一概に平均年収をはじき出すことはできませんが、基本的には一般的な中小企業と同等レベル、平均300万円~500万円程度のところが多いと言われています。

やる作業が多く忙しい割に安い給料というのが、ケーブルテレビ局のアナウンサーです。

フリーアナウンサーの年収は?

フリーアナウンサーとは、放送局の社員ではなく芸能事務所に所属して各放送局に派遣されるアナウンサーです。

基本的にはオーディションなどを経て番組出演の切符を手にした人が、フリーアナウンサーとしてテレビやラジオなどに出演します。

1本仕事をすると◯万円というケースが多く、やればやるほど収入が増えます。

元局アナで放送局を辞めてフリーランスになった人は1本単価がとても高く、はじめからフリーアナウンサーの人でも、キー局の大きな番組で活躍し有名になれば1本単価は高くなるでしょう。

放送局の垣根なく出演できるだけでなく、フリーアナウンサーになれば講演会やイベント司会、ナレーションなどさまざまな仕事をすることができます。

現実的に成功したフリーアナウンサーは億を超える年収を得ている人は多いです。

しかし無名のフリーアナウンサーが地方の局や番組でたくさん喋っても、キー局のような億単位のギャラにつながることはありません。

とはいえ他業種に比べるとギャラの相場は高め。

数時間の勤務で数万円、地方であってもイベント司会なら一般的に3万円以上、ときに10万円以上のギャラが出ることもあります。

アナウンサーに興味があるなら、「アナウンサーになるには何が必要?大学?顔?コネ?」「アナウンサーってどんな仕事内容?」の記事もぜひ読んでみてください。

放送局の平均年収ランキングを紹介!

上場している放送局は、毎年平均年収が発表されています。

ここで紹介するのは、アナウンサーに限定しているわけではなく会社全体の平均年収です。

放送局の平均年収ランキング(上場企業とNHKのみ)
放送局名 平均年収 平均年齢 分類
TBSホールディングス 1,632万円 51.5歳 キー局
朝日放送グループホールディングス 1,478万円 43.6歳 準キー局
日本テレビホールディングス 1,461万円 48.6歳 キー局
テレビ東京ホールディングス 1,392万円 47歳 キー局
テレビ朝日ホールディングス 1,376万円 42.5歳 キー局
RKB毎日ホールディングス 1,315万円 50.4歳 準キー局
中部日本放送 1,225万円 49.1歳 準キー局
NHK 1,124万円 40.6歳 公共放送
フジ・メディア・ホールディングス 1,117万円 45歳 キー局
新潟放送 813万円 42.7歳 地方局
さすが上場企業。夢のような平均年収ですね。
そうですね。

でもフリーアナウンサーなら1年でこの10倍以上稼ぐ人もいますからね。夢のある仕事です。

フリーアナウンサーはピンからキリまで!高収入も夢じゃない

ここまで読み進めてきて「フリーアナウンサー」という職業に興味を持った人も多いのではないでしょうか。

フリーアナウンサーには資格はいりませんし、学歴も必要ありません。

局アナからフリーに転向するだけでなく、一般企業を退社してフリーアナウンサーに転身する人も多いです。

フリーアナウンサーは、どんな人でも喋る技術を磨き人としての魅力を高めれば、誰でもなれるチャンスがあります。

フリーアナウンサーは社員ではなく非正規雇用です。基本的には事務所に所属しオーディションを受けます。

フリーアナウンサーという職業に興味を持った人は、次の記事を参考にしてください。

アナウンサーの年収は放送局によって違う!頑張り次第で高収入も

アナウンサーの年収や収入は、その放送局によってバラツキがあります。

東名阪のキー局の局アナは1,000万円を超える年収を手にしている人も多いですが、地方局やラジオ局、ケーブルテレビ局のアナウンサーの年収はそれほど高額ではなく、むしろ激務の割に収入が少ないといったケースも。

フリーアナウンサーは社員ではないので、雇用や収入が保証されているわけではありません。

しかし1本あたりの単価が比較的高いので、高収入も期待できる職業です。

現在別の職業に就いている人でアナウンサーに転職したいという人は、フリーアナウンサーを目指し、バリバリ仕事をして高収入を目指しましょう。

※掲載の情報は2019年7月現在のものです

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月26日 19:24 求人更新