タクシー運転手の給料ってどれくらい?年代別やトラックとの比較も

タクシードライバーへの転職を考えたことのある人、案外多いのではないでしょうか。

嫌な上司と同じ空間にいる必要もなく、車でいろんな場所を巡ったり、ランチのお店に詳しくなったり。気楽なイメージもあるかもしれません。

ただし、タクシー運転手の平均給料は一般のサラリーマンと比べてやや低め。

政府の統計では、平均で約27万6000円という数字が出ています。

給与体系が歩合給制という会社が多いため、働き次第で給料が変わるのも大きな特徴です。

この記事では、タクシー運転手の給料をさまざまな角度から見ていきます。ぜひ参考にしてください。

タクシー運転手の平均給料をいろんな角度から紹介します

政府の統計によると、2018年のタクシー運転手の平均給与は月276,000円

賞与などを合わせた年収額は、約348万円でした。

※厚生労働省 平成30年「賃金構造基本統計調査」より、年収=きまって支給する現金給与額×12+年間賞与その他特別給与額、1万円未満を四捨五入

ただしこれはあくまで全国の平均。タクシー運転手の給料が、他の職種や会社の規模、地域などによってどう異なるか、次の項目別に見ていきましょう。

まずは、タクシー運転手の給料が高い都道府県、低い都道府県を見てみましょう。

タクシー運転手の給料はどの都道府県が高い?ランキング上下1位~5位を紹介

タクシーの運賃は地域によって異なりますし、ニーズや利用者数なども地域によって差があるもの。運転手の給料も当然違いそうですよね。

厚生労働省による2017年の調査をもとに、タクシー運転手の都道府県別年収を算出し、上位と下位、それぞれ1位から5位までを紹介します。

タクシー運転手の年収が最も高いのは東京都で、約420万円です。

タクシー運転手の年収 都道府県別ベスト5
  1. 東京都: 4,185,100円
  2. 神奈川県:3,847,000円
  3. 愛知県: 3,783,300円
  4. 岡山県: 3,565,000円
  5. 岐阜県: 3,559,700円
1位は予想どおりですね。2位も、首都圏だし人気の観光地横浜もありますし。

3位は名古屋があるからかな、と思いますけど、4位と5位は意外でした。

そうですね。ちなみにこのあとは大阪の346万円、三重の341万円と続きます。
観光客が多そうな京都は何位ですか?
京都は13位でした。

観光地だから多い、というわけでもなさそうですし、タクシー会社の数や車両の数などの統計と比べても、特に関係はないようです。

下位はどうでしょうか。

タクシー運転手の年収 都道府県別ワースト5
  • 47位 秋田県 :2,267,600円
  • 46位 宮崎県 :2,318,400円
  • 45位 鹿児島県:2,421,600円
  • 44位 鳥取県 :2,468,100円
  • 43位 岩手県 :2,470,600円

最下位は秋田県という結果でした。物価などの違いもありますが、1位の東京と比べると倍近くの差があることがわかります。

タクシー運転手の給料も、地域格差が大きいですね。

では次に、会社の規模によって給料がどのように異なるのかを見ていきます。

タクシー会社の規模が大きいほど、タクシー運転手のもらえる給料が高い

タクシー運転手の給料を企業規模別に見ると、従業員の数が多い会社のタクシー運転手ほど、年収が高いことがわかりました。

所属する従業員人数別に、タクシー運転手の給料を調査した結果がこちらです。

タクシー運転手の給与額【社員規模別】
社員数 10~99人 100~999人 1,000人以上
月給 236,600円 287,500円 342,000円
賞与等 135,300円 164,500円 316,600円
年収 2,974,500円 3,614,500円 4,420,600円
※厚生労働省 平成30年「賃金構造基本統計調査」より、月給=きまって支給する現金給与額、賞与等=年間賞与その他特別給与額。
年収=「月給×12」+「賞与等」

特にボーナスなどの額は、大規模と中小規模の会社でかなり差があることがわかります。

従業員100人以下の会社の給料は、1000人以上の会社の7割にも達していません。

有名な大手タクシー会社だと、利用者にも信頼されて選ばれやすい、ということも理由の1つにあるかもしれませんね。
僕、ぜったいに大手のタクシー会社に転職します!
それだけで決めるのではなく、労働条件などもちゃんと見てくださいね。

次に、タクシー運転手の年齢と収入の関係についても見ていきましょう。

タクシー運転手は若いほどたくさん稼げる?年代別の平均給与を比較

一般的な職種では、管理職になる割合が多い40~50代で年収がピークとなる場合がほとんどです。

しかしタクシー運転手の場合、25~29歳が年収のピークとなっています。

5歳ごとに区切った年代別給料を見てみましょう。

タクシー運転手の給料【年代別】
年代 月の給与 年収
25~29歳 335,800円 4,222,600円
30~34歳 302,800円 3,844,900円
35~39歳 318,500円 4,008,400円
40~44歳 322,700円 4,077,100円
45~49歳 308,300円 3,927,300円
50~54歳 315,600円 4,038,300円
55~59歳 298,000円 3,780,100円
60~64歳 262,500円 3,329,100円
65~69歳 246,500円 3,078,400円
70歳~ 238,400円 2,936,200円
※厚生労働省 平成30年「賃金構造基本統計調査」より、年収=きまって支給する現金給与額×12+年間賞与その他特別給与額
若いうちが1番給料がいいだなんて・・・。希望が見えません。
タクシー運転手の給料は歩合制がほとんどで、どれだけ売り上げたかによって収入が決まります。

若い方が、体力もあって夜間や長時間でも働きやすいことなどが関係しているのでしょう。

タクシー運転手の給与体系については、次の章で紹介します。

タクシー運転手の給料は毎月変動する!その給与体系とは

タクシー運転手の給料に、「安い」というイメージを持つ人も多いですよね。

確かに、タクシー運転手の平均給料を他の職種の平均と比べると、タクシー運転手の方が安いです。

タクシー運転手の給料【全産業平均との比較】
職種 月の給与 賞与等 年収
タクシー
運転手
276,000円 171,200円 3,483,200円
全産業
平均
336,700円 931,600円 4,972,000円
※厚生労働省 平成30年「賃金構造基本統計調査」より、月の給与=きまって支給する現金給与額、賞与等=年間賞与その他特別給与額。
年収=「月の給与×12」+「賞与等」

年収にすると、タクシー運転手の給料は全産業の平均の7割ほどにとどまっています。

特にボーナスの額が全然違いますね!
これは、タクシー運転手に「歩合制」の給与体系が多いからなんです。

タクシー運転手の給料は、「どれだけ稼いだか」で決まります。

タクシー運転手の給料は、個人の売り上げ(営業収入)に応じて金額が決まる「歩合給制」を取っている会社がほとんど。

「基本給+歩合給(+各種手当+賞与)」で支払われる会社もあれば、すべてが売上次第の「完全歩合給」のところもあります。

歩合給ということは、学歴や社歴、年齢にかかわらず高収入が目指せるということ。

「自分の力を試してみたい」という人もいるのではないでしょうか。

売り上げのどれくらいがお給料になるんですか?
歩合率(賃率)は、だいたい55~60%だと言われています。

タクシー会社によって異なったり、売り上げた額によって変わることもあるのですが、歩合率を公表している会社は少ないですね。

また、歩合制では、営業の仕事でいう「ノルマ」に似た、「足切り」という制度を取り入れている会社が多いです。

一定の金額を「足切り」と定め、それを超えた売り上げ分が歩合制となります。

タクシー業界が歩合制を取る理由の1つは、仕事の性質上、会社が運転手の勤務場所や時間を正確に把握するのが難しいこと。

ただし完全歩合制については、タクシー運転手の生活を保障し、無理な労働や法令違反などを避けるためにも、見直すべきとの声が上がっているところです。
歩合制だとがんばった分だけ給料が増えるイメージですけど、実際には労働時間の長いシフトを選んだり、距離を稼いだり、工夫する必要がありますよね。
いつどの場所にお客さんが多いかを予測したりね。
でも僕、そんなに稼げる自信がないから、完全歩合制だと不安だなぁ。
歩合制でも、働いた時間に応じた給与の最低保障額は支払われるはずですよ。
そうなんですか?親切ですね。
いえ、これはタクシーに限らず、労働基準法で定められていることなんです。

タクシー運転手の場合は、さらに労働大臣から労働時間等の改善基準が告示されており、保障給の金額は「通常勤務による想定賃金の6割以上」と決められています。

タクシー運転手の給料をトラックやバス運転手の給料と比較

タクシー運転手への転職を考える人には、トラックやバスの運転手も気になっている人が多いのではないでしょうか。

タクシー運転手と、トラックやバスの運転手との年収を比較してみましょう。

タクシー、トラック、バス運転手の年収比較
運転車両 タクシー トラック バス
年収 332万円 454万円 457万円
※厚生労働省「平成30年度 交通政策白書」
タクシー運転手の平均年収は、トラックやバスの運転手より100万円以上少ないという結果が出ています。

ただし、この金額の比較だけで転職を決めるには無理がありますよね。

労働時間や仕事の内容、業務で大変なことなど、転職先を選ぶには知っておくべきことがたくさんあります。

では、同じ調査結果から労働時間を比較してみましょう。

タクシー、トラック、バス運転手の労働時間比較
運転車両 タクシー トラック バス
労働時間 189時間 217時間 210時間

この3つのドライバー職では、タクシー運転手がもっとも労働時間が少ないことがわかります。

とは言え、全産業の平均労働時間は178時間。いずれのドライバーも平均より長い時間働いている人が多いのです。

他にも、必要な免許や資質、労働条件などを総合的に判断する必要がありますね。

トラック運転手については「トラック運転手になる!必要な資質や労働環境、収入や免許まで解説」の記事を参考にしてください。

バス運転手は、「バス運転手への転職ってどうなの?仕事や免許、収入などについて解説」の記事を参考にしてください。

タクシー運転手の求人情報から月収例を見てみましょう

タクシー運転手の求人には、給料はどれくらいの額で書かれているのでしょうか。

実際にインターネット上で掲載されているタクシー運転手の求人情報から、給料についてピックアップして紹介していきます。 

タクシー運転手の求人情報より給与について
募集元 月収例など
山形市内
大手タクシー会社
総支給例:27~42万円
基本給145,600円+歩合給+諸手当
東京都内
中堅タクシー会社
月収例:売上60万円で366,432円
基本給158,950円+歩合給+諸手当
名古屋市内
大手タクシー会社
月収例:売上50万円で23~25万円
基本155,700円+歩合給+諸手当
大阪市内
大手タクシー会社
平均月収:昼勤18~23万円、夜勤等25~30万円
基本給177,000円+歩合給+諸手当
福岡市内
大手タクシー会社
月収30万円以上多数在籍
基本給173,305円+歩合給+諸手当

金額は、地域によってというよりは、企業によってバラバラな印象です。

他の職種のように、「(給料は)経験によって異なる」という記載は見ませんでした。

未経験でも、経験者と同じ待遇なんでしょうか?
未経験の場合、会社独自の最低保障額を設定しているところも多いですよ。

たとえば入社後半年までは月30万円~40万円は必ずもらえる、となれば安心ですよね。

そうなんですか!それはありがたいです。
ただし、そのあと収入がガクンと落ちないよう、稼ぐコツなどをしっかり勉強しておく必要もありますね。

給与体系については、求人情報で多かったのは「基本給+歩合給」に家族手当などの各種手当がプラスされるもの。

ただし入社後一定期間を過ぎると完全歩合制になったり、自分で選択できるようになるタクシー会社もありました。

求人情報には書かれていないこともあるので、面接などでしっかり確認しておきましょう。

タクシーに必要な免許については、「タクシーの運転に必要な「二種免許」、受験資格や費用などを解説」の記事で紹介しています。

タクシーの求人を探すときには、「タクシーの求人サイトはどこを使うべき?おすすめをニーズ別に紹介」の記事も読んでみてくださいね。

タクシー運転手の給料は自分の働き次第!チャレンジする価値はある

タクシー運転手の平均給料は、約27万円。ボーナスなどを入れて年収が約350万円ほどです。

求人を探す際は、これを1つの目安としましょう。

一般的な職種と違い、40代~50代だからといって給料が高くなるわけではありません。

タクシー運転手の給料は歩合給制、つまりどれだけ働いたかによるところが大きいのです。

ドライバー不足の現在、タクシー運転手にも未経験からスタートできる求人がたくさんあります。

未経験からタクシー運転手に挑戦する価値は大いにあるのです。

ただし転職する前に、給料以外のことも調べておくことが重要。労働環境や雇用条件など、求人情報は細かいところまで確認してくださいね。

※記載の情報は2019年4月現在のものです。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 02:51 求人更新