Webライターの仕事内容を解説|副業で収入UPも目指せる!

在宅ワークの代表格として人気の職業「webライター」。

働く場所が自由でスキマ時間を活用しやすく、必要な道具もパソコンとネット環境のみ。初心者にもチャレンジしやすい仕事として、今注目を集めています。

副業に興味を持つビジネスマンや育児中の主婦の間で人気の「webライター」とは、どんな仕事なのでしょうか?

また、未経験からwebライターになるにはどうしたら良いのでしょうか?

この記事では、webライターの仕事内容、求められるスキル、メリット・デメリット、収入UPのコツなど、「webライターになる方法」全般についてお伝えします。

webライターの仕事内容|どんな文章をどうやって書くのか

webライターとは、「インターネット上の記事コンテンツを中心に執筆するライター」のことです。

まずは、webライターの仕事内容や仕事の進め方について見ていきましょう。

webライターが書くのは、web上のあらゆる文章

クライアントの依頼に沿って、webサイトやソーシャルメディアなどweb上に掲載される文章を作成するのが、webライターの仕事です。

多くの企業が自社のwebサイトやSNSのアカウントを運営する時代です。

webライターのニーズは高く、業界は常に「人手不足」と言われています。

webライターが書くのは、主に次のような文章です。

webライターが書く文章の種類
  • コラム(ノウハウや情報まとめなど)
  • 取材記事(インタビュー、イベントなど)
  • 紹介記事(店舗、商品など)
  • DM・メールマガジン
  • プレスリリース

このように、インターネット上の幅広い文章を執筆します。

webライターの仕事の流れ

実際の作業の流れを、「コラム記事」を書く場合を例にご紹介しましょう。

まずはじめに、クライアントから依頼を受けます。記事のテーマや構成、文字数、必須条件など、依頼内容を確認しましょう。

次に、記事を書くのに必要な情報収集を行います。わからないことはインターネットや本・雑誌などで自主的に調べ、情報や知識を集めます。

情報が集まったら、いよいよ執筆にかかります。

重要なのは、クライアントの指示に従いつつ正しい情報を伝えること。

自分の意見や考えを主張するのではなく、情報を「正確にわかりやすく伝える」技術が求められます。

取材記事の場合はこの他に、質問事項の作成、インタビュー、写真撮影、テープ起こしといった作業が発生します。

また、記事の企画提案や構成をwebライターが担当することもあります。

webライターに求められる4つのスキル

webライターにはとくに必須の資格はなく、最低限必要なツールも「パソコン」と「インターネット環境」のみ。手軽に始めやすいところも人気の理由です。

ただし、webライターとして安定した収入を得るためには、身につけておきたいスキルがいくつかあります。

スキル1.わかりやすく説明する文章力

webライターに求められる「文章作成能力」とは、正確な情報をわかりやすく伝える能力のことです。

クライアントが読み手に伝えたいことや、読者にとって役立つ情報。それらを文章のプロとしてわかりやすく解説するのが、webライターの主な仕事です。

ユニークな言い回しは必要ありません。むしろ「人にわかりやすく説明する能力」が求められます。

スキル2.正確な情報収集力

webライターの仕事でとくに重視されるのは、クライアントの意向に沿うことと、正確な情報を伝えることです。

もしもwebライターの書いた記事の内容が間違っていたら、その記事を掲載したクライアントの世間的信用を落としてしまうこともあります。

ライター自身の信用、そしてクライアントのブランドを守るためには、集めた情報が正確かどうかを見極める力も必要になってきます。

ネット上にはあらゆる情報がありますが、間違った内容のものも少なくありません。

正しい情報を発信するには、「一次ソース」の確認が必須です。

一次ソースとは、情報の大本、いわゆる情報源のこと。たとえば国の統計なら官公庁などの公的データ、研究成果なら論文というような、直接の情報を元にして執筆する必要がありますよ。

スキル3.ターゲットを意識したライティング

ほとんどの場合、クライアントが望んでいるのは「できるだけたくさんの人に自サイトを見てもらえること」です。

そのためには、読者ターゲットを意識したライティング能力や、SEOの知識が必要になります。

SEO(Search Engine Optimization)とは、webサイトをたくさんの人に見てもらうために行う施策のことです。

Googleやyahooといった検索サイトで特定のキーワードを検索すると、いろいろなサイトが表示されますよね。

その検索結果画面で、自社のサイトができるだけ上位に表示されるようにさまざまな工夫をこらすのが「SEO対策」と呼ばれるものです。

SEO対策には、文章の書き方や構成の仕方、キーワードの選び方など、いくつものコツがあります。

SEOがうまくいくと、そのページをたくさんの人に見てもらえます。このため、SEOを意識できるライターはクライアントからも歓迎されます。

ライターはいい記事を書くのが一番の仕事です。

でも、どんなにいい記事を書いても読者の目に留まらなければ意味がありませんからね。

スキル4.企画・提案力

ただ文章を書くだけでなく、多くの人が読みたいテーマや面白い企画を考えて提案できると、クライアントから重宝されます。

企画・提案には、クライアントが記事を読んでほしいメインターゲット層を理解した上で、「どんなテーマで書けばたくさんの人に読んでもらえるか?」を考える力が必要です。

企画・提案力があれば、自分の書きたいテーマを提案し、クライアントからOKをもらえる確率も上がります。

そのためにも、興味ある分野については普段からトレンドにアンテナを立てておきましょう。

webライターになるには?3タイプの働き方を紹介

では「webライター」になるには、どうしたらよいのでしょうか?

webライターになる方法と3つの働き方

webライターとして働く道は、大きく分けて次の3つです。

webライターとして働く3つの道
  1. 就職して会社員ライターになる
  2. 他の仕事をしながら副業ライターになる
  3. フリーランスのライターになる

それぞれ、目指す方法を見ていきましょう。

webライターへの道その1:「会社員ライター」になるには

1つめの働き方は、企業に就職して正社員・アルバイト・パートといった立場でライティングを行う「会社員ライター」です。

ニュースサイトなどメディアの編集部はもちろん、自社サイトを運営する一般企業や、他社サイトの作成・運営を請け負う編集プロダクションなど、さまざまな就職先があります。

ただ、大手の転職サイトなどを探しても、社内ライター専門の求人は数が少なく、全くの未経験から採用されるチャンスも少ないのが現状です。

まずは他の仕事をしながら副業として経験を積み、希望の会社への転職を目指すと良いでしょう。

webライターへの道その2:「副業ライター」になるには

2つめの働き方は、他の仕事をしながら空いた時間でライターの仕事を請け負う「副業ライター」です。

パソコンで文章を書く作業は、場所や時間をそれほど選びません。スキマ時間や終業後の時間を活用しやすい仕事です。

会社員として仕事を持つ人はもちろん、学生や主婦など、さまざまな人が副業ライターとして活躍しています。

未経験からチャレンジするなら「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトを利用するのが便利です。

これらのサイトでは、自分の好きな仕事を選んで1件ごとに契約を結ぶことができます。

会社員ライターやフリーランスのライターを目指している人にとっても、良い実績づくりになるでしょう。

webライターへの道その3:「フリーランスのライター」になるには

ライター1本で生活する「フリーランス」として活躍するwebライターも、たくさんいます。

特定のメディアで専属ライターとして働く人もいれば、複数のクライアントから依頼を受ける人もいて、その働き方はまさに「フリー」。

働く時間や場所を自由に決められるのは、フリーランスの醍醐味です。

フリーランスの場合、営業から経理まで全て自分で行う必要があります。「営業」というと難しそうに思えるかもしれませんが、実際に行うことは副業ライターの場合とそう変わりません。

初心者のうちはクラウドソーシングサイトで案件を検索し、できそうなものから少しずつ実績を積み重ねていきましょう。

また、業務委託でフリーライターを探している企業もあります。「ライター募集」などのワードで検索をかけて、気になったサイトに応募してみるのも良いでしょう。

webライターのメリット・デメリットは?働き方別に解説

さまざまな働き方が可能なwebライター。

今度はそのメリットやデメリットについて、会社員、副業、フリーランスの3つに分けて見ていきましょう。

会社員ライターのメリット・デメリット

社内ライターとして働くメリットは「安定した収入が見込める」こと。

フリーランスはクライアントからの依頼が少ないと収入も減ってしまいますが、会社員の場合、その心配は要りません。

また、営業や経理なども他の人に任せられるので「ライティングに集中できる」というのも嬉しいポイントです。

反対にデメリットは、「通勤や人間関係などのストレス」や「案件を自由に選べないこと」など。

通勤や人間関係のストレスについては、在宅勤務OKの会社を探すという手もあります。

「自分の納得できる案件やクライアントを選びたい」という場合は、経験を積んでフリーランスを目指すと良いでしょう。

副業ライターのメリット・デメリット

副業ライターの大きなメリットは「安定した収入を確保しつつ、副収入を得られる」こと。

さらに「知識や人脈を広げられる」「仕事以外の生きがいを得られる」といったこともメリットと言えます。

デメリットは、やはり「プライベートの時間が少なくなる」ことでしょう。本業を行いながら副業としてライターの仕事をこなすのは、決して楽ではありません。

本業もしっかりこなしながらの執筆は、予想以上に疲れる作業です。

本業に影響のないように、休息もしっかり取るなど自己管理しなくてはいけませんね。

またデメリットとまでは言えないかもしれませんが、「確定申告の作業が発生する可能性」も考慮に入れておく必要があります。

フリーライターのメリット・デメリット

フリーランスで働くライター、いわゆるフリーライターの最大のメリットは「働く場所や時間を自由に選べる」こと。

webライターの場合、依頼や原稿のやりとりをネット上で完結できるため、世界中を旅しながらでも続けることが可能です。

場所だけでなく、時間にも融通がききます。「通勤時間ゼロで朝起きる時間も自由」というマイペースな生活スタイルには、憧れる方も多いでしょう。

また「頑張った分だけ収入が増える」「仕事もクライアントも自分で選べる」といったことも、フリーランスのメリットです。

一方、デメリットは「収入が不安定になりがち」「営業や経理なども自分で行う必要がある」など。

webライティングの仕事は安価なものも多く、高収入を狙うには相当の数をこなしたり、経験を積んでクライアントから高単価をもらえるようなスキルを身につける必要があります。

はじめから高収入を狙って転職するには不向きな仕事と言えるでしょう。

どんな働き方にもメリット・デメリットの両面があります。自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

気になるwebライターの収入、高額案件をGETするコツも紹介

次に、webライターの気になる収入についても見ていきましょう。

会社員ライターの多くは月給制・時給制

正社員やアルバイト・パートとして働く場合、webライターも他の職業と変わらず、月給制や時給制が適用されることがほとんどです。

金額は勤務先によって大きく変わりますが、正社員の初任給は月給16万円〜20万円くらい、アルバイト・パートなどの場合は、時給1000円〜1500円くらいが相場です。

副業・フリーランスは、文字単価または案件単価

副業やフリーランスで仕事を請ける場合、「1文字につき○円(文字単価)」もしくは「1記事につき○円(案件単価)」といった形で支払われることが多いです。

金額はピンキリですが、初心者OKの案件なら文字単価0.1円〜5円くらいのものが多いです。

案件単価の場合、文字数やスキルによって大きく変わってきます。

たとえば「誰でも歓迎!ドラマの感想200文字で30円」という案件もあれば、「専門家インタビューをまとめる仕事。5000文字で10000円」といったものまでさまざまです。

もちろん経験を積んで能力を認めてもらえるようになれば、「1記事で数万円」といった高単価の案件を任せてもらえる可能性が広がります。

副業・フリーライターが収入UPを目指すコツ

副業ライターやフリーライターとして働く場合、単価の安い簡単な案件からチャレンジすることになるでしょう。

ここで「安いから」と言って手を抜かず、記事の質を意識しながら案件数を重ねていくと、仕事の進め方やクライアントとのやりとりのコツが掴めてきます。

ある程度の数をこなして実績を積んだら、難易度が高い高額案件にもチャレンジしていきましょう。

単価の高い案件を受注するためには、「得意分野」を持つことをおすすめします。

たとえば「美容」「健康」「金融・保険」「IT」「転職・就職」など、「この分野なら○○さんに任せれば安心」と言ってもらえる分野があれば、高額の仕事を受注しやすくなります。

また、HTMLやブログ作成など、web関連の専門知識を身につけるのも良いでしょう。

文章に加え「ページ作成も任せられる」となれば、単価UPの交渉もしやすくなります。

副業webライターが知っておきたい「2つの注意点」

副業でwebライターの仕事をする場合、とくに知っておきたい点が2つあります。

まず1つめは、本業のほうの会社の「就業規則」をきちんと確認すること。

最近は副業をOKとする企業も増えていますが、何らかの理由で「副業禁止」と決められている会社もまだまだあります。

副業が禁止されている会社で隠れて副業を行ってしまうと、最悪の場合解雇につながることもあるので注意しましょう。

自分の勤める職場で副業が許可されているかどうか、規則をしっかり確認し、必要な場合はきちんと申請手続きを行いましょう。

2つめのポイントは、確定申告を視野に入れておくことです。

確定申告とは、住民税や所得税の納税額を決めるために、自分自身の年間収入・支出を計算して申告する作業のこと。

副業での所得金額が20万円を超えた場合は、この確定申告が必要です。確定申告をしないと税務署から調査が入る場合もあるため、条件等をよく確認しておきましょう。

また20万円を超えない場合も、確定申告を行うことで収入が増えるケースがあります。

ライターの「原稿料」は支払われる際に先に税金を引かれていることが多いので、確定申告を行うことで払いすぎた税金が戻ってくるケースが多いのです。

少し面倒ではありますが、副業ライターは確定申告を行うことをおすすめします。

webライターは実力次第で収入UPが可能!副業にもおすすめ

インターネット上のあらゆる文章を手掛ける、ライティングのプロ・webライター。

文章を書くのが好きな人、得意な人には、とてもおすすめの仕事です。

webライターにもさまざまな働き方があります。会社員なら安定した収入のもとライティングに集中できますし、副業やフリーランスなら働く時間も場所も案件も自由に選べます。

副業やフリーランスとして働く場合、収入をUPするためには得意分野や専門知識を身につけることを意識しましょう。

自分次第で収入UPも見込めるwebライターの仕事。まずはチャレンジしやすいものから始めてみてはどうでしょうか。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月2日 06:16 求人更新