2019年度の祝日チェック!GWは最大10連休、お正月やお盆は?

2019年度の祝日チェック!GWは最大10連休、お正月やお盆は?

2019年に現在の天皇陛下が退位され、皇太子さまが即位されることは、ニュースなどですでに発表されています。

誰もが気になるのは、それによって「祝日がどう変わるか」ではないでしょうか。

新天皇の即位により、2019年度のゴールデンウィークは最大10連休となります。

また、お盆休みと年末年始の休みも、土日を含めて最大9連休です。

この記事では、新天皇の即位に伴う祝日の変更について説明し、2019年4月~2020年3月(2019年度)の1年間の祝日を紹介します。

オリンピックが開催される2020年の変更点についても説明するので、ぜひ参考にしてください。

2019年のゴールデンウィークはカレンダー通りなら10連休!

新天皇が即位するのは2019年の5月1日。

その日は祝日となることが、国会で決まりました。

土日休みの企業の場合、2019年のゴールデンウィークは次のとおり10連休となります。

2019年のゴールデンウィーク
4月27日(土) 土曜日
4月28日(日) 日曜日
4月29日(月) 昭和の日
4月30日(火) 国民の休日
5月1日(水) 新天皇即位の日
5月2日(木) 国民の休日
5月3日(金) 憲法記念日
5月4日(土) みどりの日
5月5日(日) こどもの日
5月6日(月) 振替休日
すごいですね!今から楽しみです!
5月1日が即位の日でお休みになるのはわかるんですけど、その前後はなぜ休日になるんですか?
「祝日と祝日に挟まれた平日は休日とする」という法律(祝日法)があるからですよ。

2019年度の祝日は即位でどうなる?天皇誕生日は翌年2月に

2019年、祝日に関わる最も大きな予定は「新天皇の即位」です。

それに伴い、2018年とは次の2つの点が変わります。

新天皇の即位に伴う変更点
  • 祝日が5月と10月に1日ずつ増える
  • 天皇誕生日が変わる

それぞれ説明します。

2019年度は新天皇即位に伴い、休日が5月と10月に1日ずつ増える

2019年5月1日の新天皇即位の日が祝日に決定。祝日法によりその前後も休日となるため、ゴールデンウィークが最大10連休となるのは、前の章でお伝えしたとおり。

天皇の退位に伴う皇太子の即位によって、2019年には次のように祝日が2日増えます。

新天皇の即位に伴う2019年の新たな祝日
  • 2019年5月1日(天皇の即位の日)
  • 2019年10月22日(即位礼正殿の儀の日)

即位の日だけでなく「即位礼正殿の儀」の日も、休日となることが決まりました。

「即位礼正殿の儀」とは、新天皇の即位を広く海外にも知らせる儀式のことです。

ただしこの2日が祝日となるのは、即位が行われる2019年度のみです。

2019年度は新天皇即位に伴い、天皇誕生日が12月から2月に変わる

新天皇が即位するということは、「天皇誕生日」の祝日も変わるということ。

2019年度から、「天皇誕生日」は12月23日から「2月23日」に変更となります。

ちなみに、これはあくまで2019「年度」の話です。

天皇の退位に関する法律の施行は2019年の4月末。即位は5月1日に執り行われます。

そのため、祝日となるのは2019年2月23日ではなく、2020年の2月23日からです。

ただしこれまで、明治天皇・昭和天皇の誕生日がそれぞれ「文化の日」「昭和の日」として現在も祝日になっています。

そのため、12月23日が今後どうなるかはまだ不透明な状況です。

2019年度のお盆は?年末年始は?2019年4月~翌3月まで確認

では、2019年度の祝日・休日を、4月から翌年3月まで次ごとに見ていきましょう。

いずれも、2018年12月時点で決まっている祝日と、それに伴う振替休日です。

気になるお盆や年末年始の祝日だけを見たい人は、こちらから進んでください。

2019年4月の祝日・休日
4月29日(月) 昭和の日
4月30日(火) 国民の祝日(即位の日前日)

2019年4月の祝日カレンダー

2019年5月の祝日・休日
5月1日(水) 新天皇即位の日
5月2日(木) 国民の休日
5月3日(金) 憲法記念日
5月4日(土) みどりの日
5月5日(日) こどもの日
5月6日(月) 振替休日

2019年5月の祝日カレンダー

次は7月?あれ、6月が抜けてますよ。
残念ながら、6月には祝日がないんです・・・。
2019年7月の祝日・休日
7月15日(月) 海の日

2019年7月の祝日カレンダー

2019年8月の祝日・休日
8月11日(日) 山の日
8月12日(月) 振替休日

2019年8月の祝日カレンダー

【2019年度の祝日】お盆~12月

ゴールデンウィークが過ぎたら、次の楽しみはお盆休み、という人も多いのではないでしょうか。

お盆休みが例年8月13日~8月16日の企業であれば、2019年のお盆は土日を含めて最大9連休です。

2019年8月のお盆
8月10日 土曜日
8月11日 山の日(日曜日)
8月12日 振替休日(月曜日)
8月13日 火曜日
8月14日 水曜日
8月15日 木曜日
8月16日 金曜日
8月17日 土曜日
8月18日 日曜日
うちにはどうせお盆休みなんてないから、13日から16日まで4日間は有休を取ろうかな・・・。
あ?お盆に有休だと?いい度胸してるじゃねーかお前。

そんなことが許されると思ってんのか?

何を言っているんですか!有給休暇の取得は労働者の権利ですよ!

会社がとやかく言える筋合いのものではありません。

2019年9月の祝日・休日
9月16日(月) 敬老の日
9月23日(月) 秋分の日

2019年9月の祝日カレンダー

2019年のシルバーウィークは・・・3連休が飛び飛びですね。「大型連休」とは言えないわ。
火曜から金曜まで4日間の有休を取ることができれば10連休にはなりますけど、難しいですよね。
2019年10月の祝日・休日
10月14日(月) 体育の日

2019年10月の祝日カレンダー

2019年11月の祝日・休日
11月3日(日) 文化の日
11月4日(月) 振替休日
11月23日(土) 勤労感謝の日

2019年11月の祝日カレンダー

あ、せっかくの祝日が土曜日になってる!
もともと土日休みの人は、祝日が土曜だと振替休日にもならないので、ちょっと損した気分になっちゃうかもしれません。 

でも2018年はそういう日が2日ありましたからね。2019年度は1日だけです。

あれ?12月も祝日はないんですか。ちぇー。
天皇誕生日が2月に変更になりますから。

でも、12月最後には年末年始のお休みが待っていますよ。

【2019年度の祝日】年末年始~翌年3月

12月・1月といえば、年末年始の連休が何日あるのかも大いに気になりますよね。

2019年~2020年の年末年始は、土日をあわせて最大9連休です。

企業によって異なりますが、例年12月28日~1月4日が休みの会社であれば、土日をあわせて9連休となります。

2019年~2020年の年末年始の日付と曜日の並びは、次のとおりです。

2019年~2020年にかけての年末年始
12月28日 土曜日
12月29日 日曜日
12月30日 月曜日
12月31日 火曜日
1月1日 元日(祝日)
1月2日 木曜日
1月3日 金曜日
1月4日 土曜日
1月5日 日曜日
「通常のお正月休みは3が日だけ」という人も、土日が入れば長く休めますね。
2020年1月の祝日・休日
1月1日(水) 元日
1月13日(月) 成人の日

2020年1月の祝日カレンダー

2020年2月の祝日・休日
2月11日(火) 建国記念の日
2月23日(日) 天皇誕生日
2月24日(月) 振替休日

2020年2月の祝日カレンダー

あ、2020年はうるう年なんですね!2月が29日まであります!
2020年3月の祝日・休日
3月20日(金) 春分の日

2020年3月の祝日カレンダー

なるほど。2019年度は、GWが10連休にお盆が9連休、年末年始も9連休なんですか。

連休がたくさんあっていいなぁ。

会社所定のお休みが少ない人でも、有休を取れば長期休暇にできます。

有給休暇は計画的に使いましょう。

ところで、2020年にはオリンピックが東京で開催されますよね。

それに伴い、祝日にも変更があるのです。次の章で見ていきましょう。

2020年のみ、祝日が東京オリンピックの開催によって一部変更

2020年7月~8月にかけてオリンピックが東京で開催されるのに伴い、祝日にも一部変更があります。

オリンピックの開会式は2020年7月24日、閉会式は2020年8月9日を予定。

その準備や運営などをスムーズに行うため、2020年に限り祝日が変更されることが決まっているのです。

まず、2020年以降は「体育の日」の名称が「スポーツの日」に変わります。

そして、次の祝日は日付が変更となるのです。

2020年に限り変更となる祝日
海の日 7月23日(木)(通常は前週の月曜)
スポーツの日 7月24日(金)(通常は10月の第2月曜)
山の日 8月10日(月)(通常は翌11日)

2019年までは10月の第2月曜日とされている「体育の日」が、2020年だけは東京オリンピック開会式当日の7月24日となり、これ以降「スポーツの日」となります。

体育の日に関する「祝日の意義」も、次のように変更されます。

「体育の日」と「スポーツの日」の意義の違い
体育の日 スポーツに親しみ、健康な心身を培う
スポーツの日 スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う
なんだか難しくなるんですね。どういうことですか?
スポーツをすることで、その歴史や文化を理解したり、スポーツマンシップなどの精神を学んだりできますよね。

スポーツを通じて、国内はもちろん世界の人々との相互理解を深めよう、ということです。

2019年度の祝日はどう過ごす?長期休暇の計画はお早めに

2019年の4月から2020年3月まで、新天皇の即位やオリンピックの開催に伴い、祝日が変更されます。

「来年度のことなんてまだまだ」と思っていても、月日は意外に速く過ぎていくもの。

2019年度は、GWが最大10連休、お盆と年末年始が最大で9連休です。

いつもは家でのんびり過ごすという人も、旅行の計画を立てたくなるかもしれませんね。

GWの旅行については、すでに旅行会社で受付が始まっています。

転職を予定している人は、この長い休みを踏まえて退職時期を考えたり、転職活動を進めたりするのがおすすめです。

2020年にはオリンピックも開催され、忙しい年になりそうです。祝日を把握して、計画的に楽しく過ごしましょう。

※掲載の情報は2018年12月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
1月23日 23:43 求人更新