転職を繰り返す人の特徴は?マイナスの習慣から抜け出すための考え方

転職を繰り返す人の特徴は?マイナスの習慣から抜け出すための考え方

転職は生活を一変させる重大なターニングポイントです。だからこそ、転職というのはそう何度もするべきことではないと考えている人も多いでしょう。

しかし、一方で、短期間で何度も転職を繰り返す人もいます。その中には、本当は転職を繰り返したいわけじゃないのに、1つの会社に長くとどまることができないという人も一定数いるのではないでしょうか?

意に反して転職を繰り返す人の中には、もはやどうしたら自分が転職せずにいられるのかわからなくなってしまっているケースもあるかもしれません。

そんな転職を繰り返してしまうことにお悩みの方のために、ここでは考えられる原因や、負の転職スパイラルから抜け出す方法を考えてみたいと思います。

なぜ私は転職したくなってしまう?考えられる3つの原因

転職を繰り返す人は、どうしても1つの会社に在籍する期間が短くなってしまいがちです。

ではなぜ、せっかく入社した会社をすぐに辞めたくなってしまうのでしょうか?

入社後すぐに転職を考えてしまう原因は、大きく分けて3つ考えられます。

  • 労働条件に不満がある
  • 職場の雰囲気や人間関係など環境になじめない
  • 業務内容に不満がある

労働条件に関しては、例えば給与が低く生活に支障が出たり、休日の少なさや残業の多さから肉体的・精神的にしんどくなってしまうなどの事例が考えられます。

また、職場環境というのも、働くうえでは非常に大事な要素です。特に入社したてのうちは、勝手がわからないことも多く、ストレスを感じやすいでしょう。

業務内容自体が、思っていたものと違っていたり、実際に取り組んでみたら思うようにできなかったりして、不満を感じるというケースも少なからずあります。

転職先の決め方に問題あり!?転職を繰り返す人の特徴

上に挙げたような問題があっても、辞めずに働き続けることができる人もいますよね。そうなると、『自分の性格や能力に問題があるから長続きしないのでは…』と不安になるかもしれません

確かに、仕事を短期で辞めてしまいやすいタイプというのも、ないとは言えません。

例えば生まじめで気にしやすい性格の人は、特に仕事に慣れないうちは注意されたり失敗する機会も多く、できなくて迷惑をかけているという不安から強いストレスを感じてしまうでしょう。

また、プライドが高い完璧主義の人であれば、仕事がスムーズにこなせなかったり職場にすんなり馴染めない自分を認めることは容易ではありません。結果として、『自分ではなく職場に問題があるんだ。辞めた方がいい。』と早々に見切りをつけてしまうのです。

しかし、転職を繰り返してしまう原因がその人の性格にだけあるのかと言えば、それも間違いです。

短期間で転職を繰り返す人に共通して見られる特徴が、実は1つあります。それは、転職先をよく考えずに決めているということです。

冒頭でもお伝えしましたが、本来、転職というのは人生を変える重大な出来事です。自分のキャリア形成やライフスタイルへの影響を十分に考えて、慎重に考えたり、調べたりしなければなりません。

それをなんとなくよさそう…程度のイメージで決めてしまったり、早く転職したいばかりに焦って妥協してしまうと、実際に働いてみた時に『思っていたのと違う、辞めたい…』という結果につながりやすいのです。

転職を繰り返す自分の人間性に問題があるのかも…と思っている方もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えませんよ。もしかしたら、転職先を決める時に、イメージや第一印象でなんとなく決めてしまってはいませんか?

もう転職したくない…どうしたら続けられる職場が見つかる?

それでは、転職を繰り返さないためには、どうすればよいのでしょうか?

長く働き続けることができる職場を見つけるために何よりも重要なことは、転職先の決め方を変えることです。

具体的には、以下の2つのポイントを意識するようにしましょう。

  • 自分が仕事に求める条件を明確にする
  • 現職を辞める前に転職先を見つける

あなたは仕事に何を求めていますか?高収入であること、残業がなく休みも十分にあること、スキルを身に着けられること、和気あいあいと仕事ができる環境があること…人によって優先する条件は様々だと思います。

まずは、あなたにとって最優先すべき条件を明確にしましょう。それがわからないままに転職先を探しても、なかなか自分に合った仕事や職場を見つけることはできません。

また、とりあえず今の仕事を辞めてから次の仕事を探すのではなく、できるだけ在職中に転職先のめどをつけましょう。

退職してしまうと、生活への不安からどうしても焦りが出ます。結果として、早く仕事を見つけることを優先して妥協してしまうことになるのです。

じっくりと落ち着いて転職活動をするためには、生活基盤は維持しておくことが望ましいでしょう。

仕事を辞めたくなった時に考えてほしい3つのこと

転職しても、またすぐに辞めたくなってしまうかも…と不安な方も少なくないでしょう。

もし仕事を辞めたいという気持ちが生まれてしまった時に、それを乗り越えるためにぜひ考えてみてほしいことが3つあります。

  • 何が原因で辞めたいのか考える
  • 今の仕事を辞めるデメリットを考える
  • 転職によって状況が改善するのか考える

仕事を辞めたいと思うには、必ず原因がありますよね。ただ『つらいから辞めたい』と一心に思いつめるのではなく、辞めたい理由を一度落ち着いて考えてみましょう。

仕事がうまくこなせないから辞めたいのでしょうか?残業が多いから辞めたいのでしょうか?職場に苦手な人がいるから辞めたいのでしょうか?

原因次第では、長く働き続けて職場に馴染んだり、仕事に慣れることで解消が見込めるかもしれません。

また、仕事を辞めることには多くのデメリットがあります。まず収入は途絶えてしまいますし、社会保険や社宅などの福利厚生も利用できなくなります。社会的な信用も失います。

それらのデメリットはきちんと理解したうえで退職を現実的に考えるべきです。

そして最大の問題は、転職によって状況が改善する見込みがあるのかどうかということです。

一般的に、転職で収入が増えるケースはそれほど多くありません。労働条件が今より良くなるとも限りません。

もし運よく条件の良い職場が見つかったとしても、また新しい環境で新しい仕事に一から取り組まなければならないのです。

こうして冷静に考えてみると、『辞める』という方向へ傾きがちな意識を切り替えやすくなるのではないでしょうか?

確かに、仕事を辞めることにはデメリットが多いですし、転職で状況が良くなるとも限りませんよね。そう考えれば、多少つらくても乗り切らなきゃと思えそうです。
とはいえ、中にはブラック企業やセクハラ・パワハラ・いじめなど本当に辞めた方がいいケースもあるかもしれませんから…。『絶対に辞めるな』と言っているわけではなく、冷静に判断してほしいということなんですよ。

採用に不利になるリスクも?転職を繰り返す人の印象とは

転職を何度も繰り返していると、周囲の人にどう見られるのかだんだん不安になってきますよね。

実際、転職回数が多い人の印象というのは、やはり一般的にはあまり良くありません。どうしても、根気がない人、打たれ弱い人…などネガティブなイメージを持たれてしまいがちです。

特に転職活動の場では、短期間で何度も転職を繰り返している人は、入社してもすぐに辞めてしまうのでは…と不安視され、採用に不利になる可能性が高いでしょう。

キャリア形成のために、何度か転職をするというケースもあると思うのですが…。それでも選考で不利になってしまうのでしょうか?
転職回数が多くても、職種や業界に一貫性があれば、相応のスキルや経験が身についているとみなされるでしょう。そういう場合、職務経歴書などで、きちんとアピールすることが大切ですよ。

長く働ける職場に出会うために…じっくり考えることから始めよう

転職という行為自体は決して悪いことではありません。

特に働き方が多様化している近年の日本では、転職を重ねることで自分のライフスタイルにあった働き方を模索するというのも1つのやり方と言えます。

ただ、本当は1つの会社で落ち着いて長く働くことを望んでいるというのであれば、転職を繰り返す現状からは抜け出す必要があるでしょう。

長く働くことができる職場を見つけるために、ぜひこの機会に一度じっくりと時間をかけて考えてみてはいかがでしょうか?