「マイナビコメディカル」は作業・理学療法士、言語聴覚士の転職向け

「マイナビコメディカル」は作業・理学療法士、言語聴覚士の転職向け

マイナビコメディカルは病院や施設で働く医師や看護師、薬剤師以外の「コメディカルスタッフ」に特化した転職エージェントです。

中でも、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の転職支援に力を入れています。

マイナビコメディカル最大のメリットは、転職大手マイナビグループならではの信頼性と転職支援の実績。

この記事では、マイナビコメディカルの特徴や、メリット、弱い点について解説してます。

そのほかの医療・介護職に特化した転職エージェントも併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

マイナビコメディカルはPT・OT・STの転職実績が豊富

マイナビコメディカルは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に特に力を入れている、コメディカルスタッフ専門の転職エージェントです。

医療業界のなかでも、おもに次のような職種の求人を取り扱っています。

マイナビコメディカルが扱う求人の職種
理学療法士(PT)/作業療法士(OT)/言語聴覚士(ST)/臨床検査技師/臨床工学技士(ME)/診療放射線技師/視能訓練士(ORT)/管理栄養士/栄養士/柔道整復師/医療事務など

マイナビコメディカル登録者の職種や紹介先施設の割合を見てみても、リハビリ職の転職に強い傾向が見られます。

マイナビコメディカル「登録者職種」の割合
登録者の職種 割合
理学療法士 53.0%
作業療法士 27.5%
言語聴覚士 13.6%
技師 1.2%
管理栄養士 1.0%
その他 3.6%
※2018年2月~9月集計・公式サイトより

いわゆるコメディカルの中でも理学療法士の人が最も多く利用しています。

また、求人情報に多い転職先を示したデータも。

マイナビコメディカル「紹介先施設」の割合
転職先の業態 割合
病院 36.1%
介護福祉施設 22.0%
在宅医療(訪問リハビリ等) 27.7%
その他 2.1%
※2018年2月~3月・公式サイトより

職種・地域ごとのマイナビコメディカルの求人数は「マイナビコメディカルはPT・OT・ST以外の求人が少ない」の章で紹介しています。

マイナビコメディカルを利用する3つのメリットを紹介

作業・理学療法士など、リハビリ職の転職支援を得意とするマイナビコメディカル。

初めて転職する人でも安心して利用できるサービスが充実しています。

マイナビコメディカルを利用する、3つの大きなメリットは次のとおりです。

マイナビコメディカル3つのメリット

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

マイナビコメディカルには転職支援40年の実績と信頼がある

マイナビコメディカルは、人材紹介サービスの大手「株式会社マイナビ」が運営する、厚生労働省認可※を受けた転職支援サービスです。

厚生労働省認可とは

「求人・求職者情報の管理」「キャリアコンサルティング」「利用者満足度」などの、厳しい審査基準をクリアした事業者だけが国から与えられる認可。

マイナビは40年近くも人材サービスを展開し、転職支援サービスをおこなう企業のなかでも社会的信頼と数多くの実績があります。

もちろん医療・介護業界での転職支援実績も豊富。

マイナビ看護師」「マイナビ薬剤師」「マイナビDOCTOR」など、それぞれの職種に合わせて専門性の高いサービスを提供しています。

マイナビはさまざま職種の人材紹介を通じて、全国各地の医療機関や施設と密接な関係を構築しているのです。

いろいろな病院や施設と関係を持っているマイナビコメディカルなら、自分の希望にピッタリの職場を見つけてくれそうですね。
ええ。多くの紹介先病院や施設とネットワークを築く、マイナビコメディカル最大の強みをぜひ活用したいですね。

医療業界において数多くの転職支援実績を持つマイナビコメディカルなら、あなたの希望やスキルに合わせて最適な転職先を紹介してくれますよ。

 

矢印
マイナビコメディカルの公式はこちら
矢印 マイナビコメディカルの公式サイトへ

マイナビコメディカルのキャリアアドバイザーは医療業界に精通

マイナビコメディカルでは、キャリアアドバイザーのサポート体制についても、徹底的にこだわっています。

求職者に納得のいく転職活動をしてもらうためです。

マイナビコメディカルに在籍するキャリアアドバイザーは、自らが直接病院や施設に足を運んで、現場の見学や採用担当者とのヒアリングを実施。

そのため、転職希望者は担当のキャリアアドバイザーから直接的に現場の雰囲気や仕事内容、人間関係などの情報を得ることができるのです。

基本的に転職エージェントの社内体制は、企業側と求職者側の担当者が分かれている「分業型」の場合がほとんど。

しかしマイナビコメディカルでは、企業(病院・施設)側も求職者側も同じ人が担当する「両面型」を採用しています。

マイナビコメディカルはキャリアアドバイザーの社内体制を「両面型」にすることで、紹介先病院・施設と求職者のマッチング精度を高めているんですよ。

さらにマイナビコメディカルでは、原則として「職員の定着率」があまりにも低い医療機関や施設には、求職者を紹介していません。

転職先の紹介だけでなく、転職したあとも安心して働き続けられるよう配慮されていることも、マイナビコメディカルを利用する大きなメリットですね。

マイナビコメディカルはリハビリ職のための情報コンテンツも充実

マイナビコメディカルの公式サイトには、求人情報以外にも理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための情報コンテンツが充実しています。

「現場で働くリハビリ職へのインタビュー記事」「医療業界の最新ニュース」「OT・PT・STのスキルアップ術」「学会レポート」など、役立つ情報が満載です。

マイナビコメディカルの情報コンテンツは、公式サイトから誰でも気軽にチェックできます。

通勤時間やちょっとした隙間時間などを利用して、ぜひアクセスしてみてください。

これらのコンテンツは、マイナビコメディカル公式サイト内の「セラピストプラス」から見ることができますよ。

マイナビコメディカルはPT・OT・ST以外の求人が少なめ

マイナビコメディカルは医療従事者のなかでも、理学療法士などのリハビリ職に特化した転職エージェント。

転職支援サービスの対象を一部のコメディカルに特化することで、より専門性の高いコンサルティングやマッチング精度を実現できます。

しかしサービスの専門性が高くなるほど、「利用者層が限られてしまう」というデメリットが生まれてしまうのです。

マイナビコメディカルのデメリット、というわけではありませんが、弱い点もあります。

マイナビコメディカル2つのデメリット
  • PT、OT、ST以外の求人は比較的少なめ
  • 地域によっては求人数が少ない

マイナビコメディカルの求人検索では、職種を選択するだけで「どの地域に、どの職種の求人がどのくらいあるのか」ひと目で把握できます。

そこで筆者が職種・地域ごとでどのくらい求人数に差があるのか、マイナビコメディカルの求人検索を使って調べてみました。

マイナビコメディカルの職種別求人数(2020年10月28日更新)
職種 求人数(件)
理学療法士 9,495
作業療法士 8,480
言語聴覚士 4,436
臨床検査技師 1,347
診療放射線技師 823
管理栄養士および栄養士 1856
医療事務 737
柔道整復師 474
臨床工学技士 398
視能訓練士 224
少ないと言っても、結構な数の求人がありますね。

地域別では、やはり大都市圏の求人が多く、地方では選択肢が少ない、というのは否めません。しかし、大都市圏に求人が多いのはどんな職種でも当てはまることです。

求人数の少ない職種や地域の人たちは、マイナビコメディカルの利用に向いていないのかしら?
いいえ、そうとは限りません。探したい転職先は1つなのですから、少ない中からも見つかる可能性はありますからね。

非公開求人や医療業界の最新ニュースなど、ここでしか手に入らない情報もあるので、サービスを利用する価値は十分にありますよ。

希望する職種や地域の求人数が少ない場合は、ほかの業界特化型エージェントや総合型の転職支援サービスを併用するのがおすすめです。

転職サイト・エージェントの比較やそれぞれの特徴について、次の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

PT・OT・STの転職に強いマイナビコメディカルの基本情報

株式会社マイナビが運営するリハビリ職に特化した転職エージェント、マイナビコメディカル。

この章ではそんなマイナビコメディカルの基本的な情報を、表にまとめて紹介しています。

サービスの利用者層や、キャリアアドバイザーと直接面談できる拠点など、ぜひ転職エージェント選びの参考にしてください。

マイナビコメディカルの基本情報
運営会社 株式会社マイナビ
会員数 非公開
利用者の年齢層 24歳以下:19.6%
25歳~29歳:30.6%
30歳~34歳:18.4%
35歳~39歳:12.7%
40歳~49歳:14.0%
50歳~59歳:3.8%
60歳以上:0.6%
求人件数 12,329件
非公開求人件数 全体の約4割
スカウト機能 なし
利用料金 無料
スマホアプリ なし
拠点一覧 新宿
埼玉
横浜
船橋
札幌
静岡
名古屋
大阪
神戸
広島
面談可能時間 要相談
セミナー・イベント 治験セミナーや転職相談会などを開催

新型ウイルスの影響により、2020年10月現在、面談やセミナーは来社方式のほか、電話やメール、webツールで行われています。

転職相談会は、地方での出張相談会や土日の相談会も開催していますよ。

マイナビコメディカル以外の医療業界に特化した転職エージェント

この章ではマイナビコメディカル以外の、医療・介護職を専門とした転職エージェントを紹介します。

各転職支援サービスの強みなど、それぞれの特徴も併せて参考にしてください。

気になる転職エージェントを選択すると、各社の公式サイトへ移動できます。

医療・介護職に特化した転職エージェント
転職エージェント 特徴
PT/OT人材バンク ・PT、OT、ST専門
・リハビリ職専任の担当者が転職をサポート
・面接同行は行っていない
PT・OT・ST WORKER ・PT、OT、ST専門
・面接同行、見学同行あり
・直接会って面談可能
メドフィット ・医療や介護職に対応
・面接同行あり
・直接会って面談可能
医療や介護職に特化した転職エージェントだけでも、たくさんの会社があるんですね。
ええ。転職エージェントによって、求人検索の方法やキャンペーン内容などが異なるので、ぜひそれぞれのサイトをのぞいてみてくださいね。

PT・OT・STの転職ならマイナビコメディカルを活用しよう

マイナビコメディカルは医療従事者のなかでも、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の求人を豊富に取り扱う転職エージェントです。

転職大手のマイナビグループが提供するサービスだけあって、面談可能なオフィスが全国各地に点在。

東京や大阪、名古屋以外の地方都市に住む人でも、医療業界に精通したキャリアアドバイザーと直接転職の相談しやすいメリットがあります。

ただ希望する地域や職種によっては求人が極端に少なくなるため、ほかの転職エージェントとの併用がおすすめです。

他のサイトやエージェントも参考にして、可能な限り転職の選択肢を広げていきましょう。

※記載されている内容は2020年10月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
1月21日 16:45 求人更新