U・I・Jターン転職の定義やメリット・デメリットを簡単に解説します

U・I・Jターン転職の定義やメリット・デメリットを簡単に解説します

転職で生まれ故郷に戻ることを「Uターン」転職といいますが、大都市から小規模都市に移住して転職することは「Iターン」転職と呼ばれています。

また、生まれ故郷から大都市へ移動後、故郷近くの中小規模都市に移り転職することは「Jターン」転職。

進学のために地元を離れたけれど、地元企業に転職しようと考えている人、ずっと大都市で暮らしてきて「何だか疲れてしまった」という人、実は多いのではないでしょうか。

Uターン、Iターン、Jターン転職は地方で歓迎されることも多く、それぞれメリットがあります。しかし、意外なデメリットが潜んでいることも。

後悔や失敗を防ぐために、まずはそのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

この記事では、UターンやIターン、Jターンなど地方への転職に伴うメリットやデメリットを紹介、地方の求人探しに便利な転職サイトやエージェントを紹介していきます。

転職でおさえておきたい、Iターン・Uターン、そしてJターン

「Uターン」や「Iターン」、「Jターン」とは本来、人の住む場所が流れる「人口還流現象」を指す言葉。

それぞれのアルファベットは、地図上での人の流れに近い形を当てはめています。

U・I・Jターンいずれにも共通するのは、行き着く先が大都市ではなく地方だということ。

地方には、過疎化が進んでしまった地域や、地元に学校がなく優秀な人材がどんどん他所に流れてしまう地域も多いです。

そうして若者が少なくなってしまった地域では特に、UターンやIターンなどでその土地に移住し、働いたり子供を育てたりしてくれる人たちを望んでいます。

UターンとIターン、そしてJターンでの転職、それぞれの特徴を見ていきましょう。

生まれ育った地元で働こう!「Uターン転職」

Uターン転職は、進学などで地元から都市部に移り働いていた人が、地元へと戻る形で転職することを指します。

Uターン転職のポイントは「生まれ育った地元に帰る」こと。両親や幼なじみの近くで暮らしたい、自然の少ない都市部になじめない、といった人がUターン転職を選ぶ傾向にあります。

「Uターン就職」と「Uターン転職」って同じことですよね?
ええ。進学などで故郷を離れ、そこで仕事に就いたかどうか、というだけの違いですよ。

よりよい環境を求めて新天地へ!「Iターン転職」

Iターン転職は、生まれ育った土地で就職したのち、まったく別の地方に移住し転職すること。配偶者の転勤や転職に伴ってIターン転職をする人もいます。

都会にはない職種に就きたい人や、まったく別の生活環境で暮らしたいという人に多いのがIターン転職です。

結婚や出産など、家族構成が変わったことをきっかけに、より環境の整った場所を求めてIターンを選ぶ人も少なくありません。

Iターンで地方に移住・転職する場合、農業や環境関係の仕事といった、自然豊かな地方ならではの職種を希望する人が多いんです。

Iターン希望者を誘致する取り組みを積極的に行う自治体も増えていますよ。

地元から近く、でも目新しい土地へ「Jターン転職」

Jターン転職は、Uターンと同じく都市部に出て暮らしていた人が、地元の街に近い主要都市などに移住・転職することです。

故郷への便利なアクセスを確保しつつ、仕事の選択肢の多さや生活の利便性も重視する人が選ぶ、比較的バランスの取れた暮らし方と言えるでしょう。

このほかにも、「Oターン」といって、Uターンして地元に戻った人が、再び以前に住んでいた都市部に戻るパターンもあります。

さらに、地方→都市部→別の地方へと移住することを「Vターン」と呼ぶんですよ。

なんだかややこしいですね・・・。
UターンとIターン、そしてJターン、すべて出発点こそ違いますが、最終的には地方(地元)に行きつくのが特徴です。

わからなくなったら、アルファベットの形を思い浮かべてみてください。

魅力的だけど意外に難しい?地方で働くメリット・デメリット

都市部で働いていた人がUターンやIターン、Jターンの形で地方に転職することには、たくさんの魅力があります。

その一方で、現在住んでいる場所とは異なる土地で暮らしたり働いたりすることには、デメリットや苦労が伴うことも。

地方で働くことに憧れる人も多いですが、メリットだけでなくデメリットもあることを理解しておきましょう。

それを踏まえてまずIターン・Uターンが自分に向いているのかを考えること、その上で転職先や移住先の条件を絞って考えることをおすすめします。

希望のワークライフバランスが手に入る!地方転職のメリット

地方転職の最大のメリットは、住環境を変えることで、理想のワークライフバランスにより近づくことができる点にあります。

Uターン・Iターン・Jターンに共通のメリット
  • 都市部に比べて家賃や物価が安い
  • 通勤時間の長さや通勤ラッシュなどから解放される

地方と大都市とで比べると、物価や家賃の相場が低いのは地方ですよね。それに伴って年収の相場も低いという事実はありますが、それでも出費が減らせることは大きな魅力です。

土地などの相場も都市部より確実に安いので、将来的にマイホームを建てるなどの見通しも立てやすいメリットもあります。

直近のワークライフバランスだけでなく、長期的な将来設計を頭に入れて生活を考え直すことができるのも、地方転職の大きな魅力です。

東京の通勤ラッシュはひどいですもんね。毎日あのストレスがないっていうのは素敵です。
ええ。大都市だと遠くから通う人も多いですが、地方なら通勤時間も比較的短い人が多いですよ。

さらにUターンやJターン転職の場合、次のような利点もあります。

Uターン・Iターンのさらなる魅力
  • 生まれ育った地域に貢献できる
  • 子育てや介護などが、家族と助け合える

生まれ育った土地に人が少なくなったり、寂れていったりするのを見るのは悲しいもの。

自分が移住することで、地域の活性化ができればうれしいことですよね。若者や子どもが増えることによって雰囲気が明るくなったり、新たな人どうしの交流が生まれたりする可能性もあります。

もちろん、納税者が増えるのはその地域にとって大きなメリットです。

また、大都市での仕事で身につけたスキルや経験、特にIT関係やマーケティングなどの知識やスキルなどが、地元や地方で何らかの役に立てられる可能性も高いです。

そして、親や親戚などとの距離が近くなることで、助け合えるというメリットも見逃せません。

介護をしたり、逆に子育てのサポートをしてもらったりと、気兼ねなく頼り頼られる存在といえば、やはり家族をおいて他にありません。

お互いに安心して暮らせますしね。

離れた土地だから難しいこともある、地方転職のデメリット

地方に転職することには、苦労もあります。それはまず転職活動の段階から。

都市部で仕事をしながら、遠隔地の地方への転職活動を進めるには、次の3つの困難をクリアしなければなりません。

  • 求人情報を得るのが難しい
  • 面接などの際に交通費・宿泊費がかかる
  • 面接に出向く時間を融通するのが難しい

住んでいる地域と移住しようとする地域が離れているほど、また、移住しようとする地域がいわゆる「不便な土地」であるほど、転職活動が大変になります。

まず「求人数」自体が、地方に行くほど少ないのは紛れもない事実。希望の職種が見つかるとは限らないため、納得できる求人がなかなか見つからないことも。

希望の求人が見つかって選考に進んだとしても、遠方であるほど面接に行くだけでもかなりのお金や時間がかかってしまいます。

そして、都市部から地方に移住すること自体にも、デメリットはあります。

まず、地方での生活の利便性は、大都市より確実に劣ることになります。買物をするにも、店舗の数や規模に大きな差があるのです。

ずっと都会に住んでいる人には当たり前のことも、田舎では普通じゃなくて驚く場面は多いと思いますよ。

交通網が発達していない地域も多いので、車移動が欠かせないことも。車の購入費や税金といった出費がかさむことも大いに考えられます。

さらに、これまで縁もゆかりもなかった地域に転職・移住する場合、その土地になじむことができるかどうかというのも大きな問題です。

地方では人があたたかいイメージもありますが、意外に閉鎖的だったり保守的だったりする地域も多く、受け入れてもらうのに時間がかかる場合もあります。

都会とは人と人との繋がり方も違うでしょう。自分からその土地になじもうとする姿勢も大切ですよ。
移住を伴う転職では、よくも悪くも大きく環境が変わります。仕事面だけでなく、生活面のリサーチも十分にしておくことが大切です。

なじみのない土地に行くことを考えているなら、休暇などで何度かそこを訪れるなどして、自分の肌に合うかどうかや、地域の人たちの様子などをリサーチしてみるのがおすすめです。

地方への転職に便利!地方に根付いた情報サイト

最後に、地方の求人探しに便利な転職サイトや情報サイトを紹介します。

いくつも併用して選択肢や情報を増やし、よりよい仕事を見つけてましょう。

地方求人が探せる転職サイト
転職サイト名 地域・特徴
GLOCAL MISSON Jobs 管理職・経営幹部向け
全国各地の求人あり
はたらくぞドットコム 地元有名企業の求人を掲載
東京・福岡の求人が特に多い
農家のおしごとナビ 農業をしたい人向け
全国各地の求人あり
ジョブキタ 北海道に特化した求人情報サイト
転職のかんづめ 静岡の正社員求人情報
静岡新聞社が運営
ふるさとみやざき人材バンク 宮崎県へのUIJターン向け求人サイト
YOUTURN 東京から福岡への移住を支援する転職エージェント
・Agreアグレ社員
・JOB ANTENNA
沖縄県内の正社員求人情報

地方への移住・求人探しについては、「地方への移住、仕事はどうする?相談窓口や便利な情報サイトを紹介」も参考にしてください。県などが設置する求人マッチングサイトも掲載しています。

新卒で地方への就職を考える人は、「LO活(Local+就活)」のサイトを活用してください。全国の地方就活の情報が手に入りますよ。

また、次のような大手転職サイトにも、UターンやIターン、地方の求人を特集したページがあります。

大手転職サイトの地方特集ページ
サイト名 特集ページ
マイナビ転職 ジモJOB特集
doda Uターン・Iターン転職
リクナビNEXT 好きなまちで働く×暮らす特集

「1人では不安」「相談したい」という人は、アドバイザーがサポートしてくれる転職エージェントを利用することをおすすめします。

地域に根付いたサービスをしている転職エージェントなら、地元企業や採用事情に詳しいので、よりよい転職先が見つかる可能性も高くなります。

地方の転職に力を入れている転職エージェント
転職エージェント名 特徴
sibire(シビレ) 東京にこだわらずエンジニアのキャリアを活かしたい人をサポート
REGIONAL CAREER(リージョナルキャリア) 全国の地方転職をサポート
30代以上向け
ジョブキタ紹介 北海道専門の転職エージェント
「ジョブキタ」のエージェント版
HUREX(ヒューレックス) 特に東北への転職支援に注力
人材情報センター 北陸(富山・石川・福井)への転職に強い転職エージェント
ココカラ。転職 石川・富山・福井の地元企業への転職をサポート
キャリアプラス 福井県内の派遣、正社員求人に対応
職業訓練制度あり
みらいキャリア 愛知・東海エリアのメーカー・製造業に特化したエージェント
名大社「ジモト転職エージェント」 愛知・岐阜・三重の就職・転職をサポート
コトコト 京都に特化した転職エージェント
クリエ転職ネット 中国・四国エリアの転職エージェント
キャプラ転職エージェント 岡山・広島・香川・愛媛の転職サポート
オカジョブキャリア 岡山エリアの転職エージェント
高知求人ネット 高知県の転職・UIターンをサポート
ITキャリア沖縄 ITエンジニア・Webデザイナー向けのU・Iターン移住転職支援サービス
あの、家の近くのハローワークでは探せないんですか?
ハローワークは、各地域で管轄が決まっていて、そのエリアの求職相談をメインに行っています。

別の地域の仕事を探すには、その地域のハローワークに出向くなどしなくてはいけません。

ただ、「品川公共職業安定所(東京)」と「ハローワークプラザ難波(大阪)」の2カ所のハローワークには、「地方就職支援コーナー」がありますよ。

また、ハローワークの求人は労働条件などについての情報量が少なく、遠くに住む人が転職先を選ぶには情報不足になりがちです。

ハローワークを使って転職するなら、担当者により詳しい情報を聞くなどしてください。ハローワークだけでなく別の転職サービスと併用するのがおすすめです。

ワークライフバランスや生き方から考える、自分に合った転職のカタチ

仕事を変えるだけではなく、「生活環境から変えたい」と地元や地方への転職を考える人も多いですよね。家族のためにUターンやIターンを選ぶ人も少なくありません。

テレビなどで見る田舎暮らしや地方での生活は、良いところばかりが取り沙汰されているため憧れも大きくなりますが、しっかりリサーチしておかないと、「こんなはずでは」と後悔してしまうことも。

いま当たり前だと思っていることが、できなくなると予想外に不便でストレスが溜まってしまうことも大いに考えられます。

Uターン・Iターンはメリットもデメリットも把握した上で、情報を集めたり旅行がてら少し滞在してみたりして、その土地と自分との相性を見極めることも大切です。

求人は地元に根付いた転職サイト・エージェントなどで情報を集め、後悔のないようにしてくださいね。