転職エージェントの使い方!最大限活用するためのテクニック

転職エージェントの使い方!最大限活用するためのテクニック

最近では、転職エージェントを利用しての転職も一般的になってきました。ですが、実際に利用した人の感想としては、とても役立ったというものもあれば、十分に活用しきれなかったという感想があるのも事実です。

転職エージェントとは、ハローワークや転職サイトのように自分で求人を探して応募する形ではなく、アドバイザーが転職者と企業の間に入り、転職者に合っていると思われる求人を紹介してくれる形を取っています。

そのため、転職エージェントを上手く活用すれば、とてもスムーズに転職活動を進めることも可能です。つまり、大切なのは転職エージェントの使い方だということですね。

そこで今回の記事では、転職エージェントの使い方を確認し、転職エージェントを最大限活用するためのテクニックとは何かを詳しくご紹介します。

転職エージェントではどんなサービスが受けられる?使い方を確認!

転職エージェントを上手に活用するためには、転職エージェントの特徴を知っておく必要があります。そこで、最初に、転職エージェントではどのようなサービスが受けられるのか、使い方を確認しましょう。

転職エージェントは、無料で利用できるサービスです。

転職エージェントの基本情報

転職エージェントとは、転職する人と企業との仲介役を果たしてくれるものと考えればわかりやすいのですが、転職エージェントでは転職者側と企業側それぞれにアドバイザーがつき、求人の仲介をしてくれます。

転職者側には、自分に合った求人の紹介が受けられる、面接対策・書類の書き方の添削・面接日程の調整もしてもらえるなどのメリットがあります。

ですが、その反面、全ての求人情報が届くわけではない、担当のアドバイザーによっては転職が上手くいかないことがあるなどのデメリットがあることも確かです。

転職エージェントに関する情報やメリット・デメリットについてもっと詳しく見ておきたいと言われる方は、「転職エージェントとは?利用すべき理由とメリット・デメリット」をご参照ください。

非公開求人に応募できることが魅力です

転職エージェントを利用すれば、多くの非公開求人に応募できます。企業としても、大勢の応募者の中から絞るよりも、転職エージェントを通して企業に合っていると考えた人に対して求人を紹介してもらった方が、効率よく採用ができます。だから、転職エージェントには非公開求人が多いのです。

そのため、普通に探していたのでは見つけられない求人に応募できることもあります。

転職エージェントを利用する流れ

それでは、転職エージェントはどのように利用するのか、流れを確認しましょう。ここでは、大手転職エージェントマイナビエージェントの例を元にご説明していますが、多くの場合このような流れで転職エージェントを利用します。

1、申し込みをする。
2、キャリアアドバイザーと面談をし、求人の紹介を受ける。
3、応募する先を決める。
4、応募をし、面接を受ける。
5、内定をもらったら、入社までに条件面の確認をする。
6、アフターフォローも受けられる。

申し込みは、インターネット上でできます。ここで、プロフィールや職務経歴、希望条件などを入力します。すると、登録した情報を元に、キャリアアドバイザーとの面談日程が設定されます。

マイナビエージェントも含め、電話でカウンセリングを受けることも可能な転職エージェントもありますので、近くに出向くことのできる場所が無いという人でも、安心して利用可能です。

面談では、情報を元に転職者に合っていると思われる求人情報を紹介してもらえるほか、応募を希望する企業の雰囲気・社風・採用の際にポイントとなることなどの情報も合わせて教えてもらえます。その場で必ず応募しなければいけないわけでもないので、ゆっくり考えて構いません。

応募する求人が決まったら、応募手続きをキャリアアドバイザーが代行してくれます。この段階で、書類の添削や面接対策などを受けることができます。また、キャリアアドバイザーが推薦状も作成してくれますし、面接日程の調整もしてもらうことが可能です。

内定をもらったらそれで終わりではなく、転職者としては言いにくい給料や待遇などの条件面の交渉も、転職エージェントに行ってもらうことができます。

転職エージェントででは、本当にいろいろなサービスを受けることができるんですね。求人を紹介するだけではなく、書類の添削に面接対策、様々な交渉までやってもらえるとなると心強いんですが、ここまでサービスがいいのに本当に無料なんですか?
転職者から見ればサービスは無料ですが、転職エージェントは求人を出す企業の方から採用が成功した時点で成功報酬をもらっているんです。だからこそきめ細かいサービスを行って、企業側の要求に合う人材を募集しているんですよ。

転職エージェントに登録すべき?迷った時にチェックすべきポイント

転職をするなら、転職エージェントを利用する方法だけではなく、ハローワークや転職サイトを利用する方法もあります。そこで、転職エージェントに登録すべきかどうかを迷った時にチェックしたいポイントをご紹介します。

ハローワークの特徴

まずは、ハローワークの特徴をまとめます。ハローワークを利用するメリットから見ていきましょう。

  • 求人の量が多く地元の就職に強い
  • 採用・不採用について教えてもらえる
  • 公共職業訓練などのセミナーに参加できる
  • 書類の添削もしてもらえる

次に、デメリットです。

  • 募集要項と求人の実際の内容に違いがあることがわりとある
  • 相談員による対応の差が大きい
  • 自分で求人を探す必要がある

求人の量が多いのは無料で求人を出せるからなのですが、その反面募集要項とは違った内容の求人だったという声も多く聞かれる点が問題として挙げられます。

とはいえ、転職エージェントや転職サイトでも募集要項と違った内容の求人が無いというわけではありませんので、その点も合わせて知っておきましょう。

転職サイトの特徴

次に、転職サイトの特徴を見てみましょう。転職サイトを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 求人の量は多め
  • 職務経歴書などを事前に登録でき求人情報にアプローチしやすい
  • 会員登録しているとスカウトされるサイトもある
  • 書類の添削が可能な転職サイトもある

次に、デメリットです。

  • 採用・不採用についての情報が入りにくい
  • セミナーや面接対策などはない

転職サイトも割と幅広い求人が検索できるのですが、セミナーや面接対策などのサポートは無いのが一般的なので、その点で不安な人には少し物足りない部分もあるかもしれません。

転職エージェントに登録するかどうかを決めるためのチェックポイント

それでは、ここまでの情報を踏まえたうえで、転職エージェントに登録するかどうかを迷った時にチェックすべきポイントを確認しましょう。

  • 求人が多い方がいいか、少なくても質が高いものがいいか
  • 自分のペースで進めたいか、スケジュール管理も任せたいか
  • 面接の日程調整や給与面、待遇面の交渉を自分でしたいかして欲しいか
  • 不安や悩みを相談できる相手が欲しいかどうか

企業が非公開求人を出すのは、その条件に合った人を見つけるためです。公開で求人すると、多くの希望者が集まるような企業もありますが、その全員を自分の企業が求める条件に合っているかどうかチェックしていると、膨大な時間やお金がかかることもあります。

そこで、採用したい人の条件に合った人のみを募集するために、非公開求人としているわけです。つまり、条件に合った人しか採用しない分転職エージェントの求人の方が質が高いかわりに、求人の数はハローワークや転職サイトほど多くないということです。

また、転職エージェントはスケジュール管理などもしてくれますし、面接日程の調整や給料面などの交渉も全て代行してくれます。そのため、転職活動に専念することができます。ですが、アドバイザーから求人が紹介される関係上、自分のペースに合わせて転職活動をするという形にはなりにくいと言えます。

それから、転職エージェントではアドバイザーとの面談がありますので、その時に不安や悩みを相談することも可能です。ハローワークであれば相談に乗ってもらうことも可能ですが、相談員によって対応に差があるのも実情です。

これらのことを考慮して、転職エージェントを利用するかどうかを決めるといいですね。

なるほど!転職エージェントが向いているか、転職サイトやハローワークを利用する方がいいかは、どのように転職活動をしたいのかによって決めればいいということですね。
その通りです。自分のペースで転職活動を進め、多くの求人から選びたい人には転職エージェントは向きませんが、スケジュール管理・交渉事などを任せたい人や、少なくても質の高い求人の情報が得たい人には転職エージェントが向いていると言えます。

転職エージェントを最大限活用するテクニックをまとめてご紹介します

それでは、ここまででご紹介してきた転職エージェントの特徴を元に、転職エージェントを最大限活用するためのテクニックをまとめてご紹介します。

複数の転職エージェントに登録しておく

転職エージェントにはそれぞれ契約先の企業がありますので、登録する転職エージェントによって紹介できる求人情報が違います。そのため、複数に登録しておいた方が、求人情報が得やすくなります。

さらに、大手の転職エージェントと中小の転職エージェントでも違いがあり、大手は転職エージェントとしては多めの求人情報を持っており、中小は企業と特に深く繋がっていて独自の情報を持っている可能性があるという特徴があります。

また、転職エージェントを利用するデメリットとして転職が成功するかどうかはキャリアアドバイザーの手腕にかかっている部分もあることをお伝えしましたが、担当者と合わないというような事態が起きた時にも、複数の登録先があれば安心です。

転職エージェントによっては担当者の変更に応じてもらえる場合もあるのですが、言いにくいことがあっても登録先が複数あれば悩まなくて済みますね。

それから、キャリアアドバイザー全員が同じ考えを持っているわけではないので、様々な視点からの話が聞けるのも、複数の転職エージェントに登録すると良いと言える理由です。

そこで、3~4か所を目安に、複数の転職エージェントに登録することをお勧めします。2か所くらいにしておこうかな、と思われるのであれば、規模の違う転職エージェンントに登録してみましょう。

申し込みの際に詳細に情報を入力する

転職エージェンの利用の流れの部分で確認したように、申し込みの際に入力した情報を元に初回の面談が行われます。そのため、面談前により詳細に情報がわかっていた方が、自分にピッタリの求人情報を紹介してもらいやすくなります。

これまでの仕事でどのようなことをしてきたのかは、転職の際にかなり重視されますので、リーダーをやった経験がある、関わったプロジェクトにこのような内容のものがあるなど、詳しく記入することがポイントです。

情報を正しく伝える

申し込みの際に情報を詳細に伝えることと合わせて、面談の際などに正しい情報を伝えることも、転職エージェントを活用するためのテクニックです。

どのような仕事がしたいのか、勤務地の希望はあるのかなど仕事に関する要望はもちろんのこと、自分に関する情報も正しく伝える必要があります。

最も問題なのが、キャリアアドバイザーに嘘を吐くことです。事前に伝えておけば何らかの対策をしてもらえたかもしれないのに、転職に不利になる可能性があるからと黙っていては、キャリアアドバイザーも対処することができません。

そのため、キャリアアドバイザーには正しい情報を伝えるようにしましょう。

キャリアアドバイザーとの面談を上手く活かす

面談前に、自分が何を話したいのかをきちんと整理しておくことが必要です。なぜかというと、方向性がある程度決まっているまたは具体的に決まっているのか、それとも方向性をはっきりさせるための情報が欲しいのかなどによって、キャリアアドバイザーとの話の内容も変わってくるからです。

面談ではこれまでの仕事の経験や希望を聞かれるため、それらについてしっかり話せるように考えておきましょう。

また、求人情報の提供を受ける場合、かなり詳細な内容が聞けるので参考になります。マイナビエージェントを例に挙げると、求人を紹介してもらう際に以下のような詳細な情報を提供してくれます。
  • 企業の雰囲気・社風
  • 企業の成長性
  • 採用の際にポイントとなること
  • 選考の難易度や通過率
  • 労働環境

これらの情報は転職サイトなどでは知ることができないものなので、とても貴重な情報源となります。

これらの情報を持った上で書類の添削が受けられたり面接対策が受けられたりするわけですから、それらのサービスも積極的に利用して対策を立てることで、ぜひ転職を成功させたいものです。

キャリアアドバイザーとの信頼関係を意識する

転職エージェントを利用しての転職活動は、アドバイザーに間に入ってもらって行うものです。

実際には、転職者を担当するキャリアアドバイザーと企業側を担当するリクルーティングアドバイザーがいるのですが、転職者が直接関わるのはキャリアアドバイザーです。そのため、キャリアアドバイザーとの信頼関係は転職活動の成否を左右する要因となります。

とはいえ、コミュニケーションをしっかり取って、キャリアアドバイザーとわかり合えればいいというわけではありません。

もちろん、連絡をきちんと取り、自分の希望を理解してもらうことは前提なのですが、ここで言う信頼関係とは、コミュニケーションを取るのと共に、転職活動に対する本気度を見せることで、転職できる可能性が高いと判断してもらうことです。

キャリアアドバイザーも転職を成功させたいわけですから、転職できそうな人だと思ってもらうことが大切なんですね。やる気がある人は転職が成功しやすいと思ってもらえるため、採用されるためのアドバイスをよりしっかり受けられる可能性が高いです。

そこで、キャリアアドバイザーとの信頼関係を作るために、これまでの仕事の内容をきちんと整理したり、どのような企業で働きたいのかのイメージをしっかり持ったりすることで、キャリアアドバイザーに転職に対する意欲を見せるようにしましょう。

もちろん、嘘をつかないことも信頼関係を作り上げる上で大切です。

採否に関する情報をきちんともらう

転職活動をするにあたって、もし不採用だった場合は、その問題点を洗い出して次の応募の際に生かす必要があります。

多くの場合、転職エージェントには応募者の良い点や気になる点などが連絡されていますので、それをしっかり聞き出すことで次回につなげることができます。聞かないと教えてもらえない場合もあるので、ぜひ積極的に聞いてみましょう。

納得できない求人は受けない

転職エージェントは、企業から報酬を受け取っているので、きめ細かいサービスで転職者を支援し、転職できるように後押ししてくれます。

ですが、キャリアアドバイザーにはノルマがあるなどの事情もあるため、場合によっては意に沿わない求人を紹介されたり、募集要項と実際の内容が違う求人を紹介されたりといったことも絶対にないとは言えません。

そのため、転職エージェントが全てだと思いこみ過ぎるのではなく、自分の考えも持ちつつ、納得できない求人は受けないようにするスタンスも大切です。

転職エージェントに登録すれば何でもやってもらえるというイメージもあるんですが、やはり自分で意識して動かなければいけないこともあるんですね。どんなところに気をつければいいんですか?
様々なサービスが受けられる転職エージェントは心強い存在ですが、任せきりにせず自分も転職に積極的な姿勢を持つことが大切なんですよ。そのためには情報を整理してアドバイザーに伝えたり、アドバイスや採否の際の情報などを積極的に求めたりすることが大切です。

転職エージェントを最大限活用するには複数の登録と情報の整理が大切

以上のことから、転職エージェントを最大限活用するためのテクニックとして、まず複数の転職エージェントに登録する必要があることがわかります。

その上で、申し込みや面談の際にはこれまでの仕事や今後の仕事の希望についての情報をきちんと整理してキャリアアドバイザーに伝える必要がありますし、逆にキャリアアドバイザーにアドバイスを求めるなど、情報を積極的に受け取る姿勢を持つことも大切です。

キャリアアドバイザーに転職に積極的だと思ってもらえると、転職が成功しやすいと判断されて積極的なサポートを受けられる可能性が高くなります。キャリアアドバイザーとの信頼関係を築くことも、転職エージェントを最大限活用するためのテクニックの一つと言えるんですね。