転職の適性検査(能力検査・性格検査)を通過する対策とポイント!

転職の適性検査(能力検査・性格検査)を通過する対策とポイント!

新卒で就職活動をしていたときには、性格検査や能力検査などの筆記試験に苦しめられたという方も多いのではないでしょうか。しかし、転職の場合でも、面接に加えて適性検査を行う企業も少なくないんです。

もちろん、面接だけという企業や職種もありますが、入社したい企業が適性検査を導入している可能性もありますから、いざというとき慌てないよう対策をしておくことをおすすめします。

転職の採用なのに適性検査を導入する企業にはどんな意図があるのか、適性検査にはどんな種類があるのか等、適性検査に関する基本的な部分についてご紹介します。

適性検査にはどんな種類があるの?適性試験とどう違うの?

適性検査とは、選考にあたって行われるいろいろな検査の総称のようなものであり、いくつかの種類があります。まずは、どのような適性検査があるのか知っておきましょう。

また、よく似た言葉に適性試験というものもありますが、適性検査とは同じものなのか、違いがあるならどんな部分なのかについてもお話します。

適性検査の種類

適性検査には、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 性格検査
  • 能力検査

そして、2種類それぞれの中に、さらに以下のような種類の検査があります。

適性検査の種類 検査の名前
性格検査 ・YG性格検査
・クレペリンテスト 等
能力検査 ・SPI(現在はSPI3が主流)
・玉手箱
・CAB
・GAB
・SCOA
・TAP 等

検査の詳しい内容はこちらの記事→転職・中途採用のSPIや筆記試験の種類とは?問題例・対策を紹介!を参照いただきたいのですが、簡単にいえば性格検査は人格やタイプを、能力検査は論理的な思考や一般常識を測定するものです。

能力検査には、性格検査も含むバージョンと、能力検査だけの簡易版とがあるものも多いです。また、自宅やテストセンターなどでパソコンから回答できるWeb試験と、従来のように試験会場に出かけ、一斉に受検するタイプとがあります。

どの検査のどのバージョンを実施するかは、企業によって異なります。

適性検査と適性試験の違いとは?

適性試験は、公務員の募集時によく使われる言葉です。

公務員は、文書の作成・照合・分類などの作業が多いため、これらの処理能力を測るために、置換・照合・図形などに関する問題が出されます。これを適性試験と呼ぶのが一般的です。内容としては、SPIなどといった能力検査に似たものと考えてよいでしょう。

とはいえ、公務員も二次試験では、適性検査が実施されることも多く、これは性格検査に相当する内容です。

民間企業で適性試験を行うと書いてあるところがあれば、それは適性検査と同じ内容と考えてよいでしょう。

能力検査と性格検査をまとめて「適性検査」と呼ぶのが一般的なんですね。でも、企業によっては、性格検査のみを「適性検査」と案内することもあるんですよね?

応募先がどんな内容の検査を行うのかとっても気になりますが、知る方法ってあるのですか?

企業に直接問い合わせても内容について教えてもらえませんし、問い合わせたことで悪印象になることもありますから、気を付けましょう。

転職エージェントを通した応募であれば、そちらに問い合わせることをおすすめします。有名企業なら、ネットで検索すれば分かることもありますよ。

なぜ転職なのに適性検査があるの?新卒とは異なる企業側の意図とは

適性検査の種類などについてご紹介しましたが、新卒の就活のみならず中途採用にも適性検査をする企業が多いのはなぜでしょうか?その理由と、そこに込められた企業側の意図についても知っておきましょう。

新卒と中途では実施する適性検査が違うの?

どの適性検査を実施するかは企業によって異なりますが、能力検査だけを行うところは少なく、「性格検査+能力検査」まはた「性格検査のみ」というパターンが多いです。

そして、新卒採用の場合は、性格検査と能力検査の両方を行う企業が多く、中途採用の場合は両方実施する企業もありますが、性格検査のみというところも少なくありません。

つまり、中途採用の場合は、能力よりもどのような性格傾向でどんな行動をする人なのかをより重視する企業が多いということです。

企業はどんな意図をもって適性検査をするのか

上記から分かることは、面接だけでは分からない部分を補完するため、あるいは面接での印象と照合して、その人にどんな仕事ぶりが期待できるかを測るために、中途採用でも適性検査をする企業が多いと考えられます。

社会人として、また、その企業の社員として一から育て上げる新卒と違って、中途採用の場合は社風に馴染めそうな人か、その時募集している職種に向いた性格かといったことを知るために適性検査を活用しているということです。

したがって、中途採用にはそのとき補充したい人材や職種というものがピンポイントであり、それに合った人を見つけるための適性検査なのです。

新卒は能力検査もあるところが多いようだし、さらにその人がどのような人物かを知るために性格検査も併せて実施する傾向があるのですね。

つまりは、新卒の方がいろんな人を幅広く採用するということでしょうか?

そうですね。新卒の場合はこれから教育していきますし、その人の特性に合った部署に配属することができるため、特定の性格傾向に限った採用はしないと言えます。

中途採用とは性格検査をする意図が違うということですね。

適性検査で落とされないためのコツとは?

面接はほぼすべての企業で行われますが、適性検査も実施する企業の場合、「面接対策はバッチリだけど、適性検査で落とされたらどうしよう…」という不安を抱く人も多いですよね。

そんな方々のために、適性検査を通過するためのコツや対策をご紹介します。

能力検査は対策をしておこう!

適性検査の中でも能力検査に関しては、できる限り多く回答できるように全力で取り組みましょう。一般常識や基礎学力を試すような問題が出るため、あらかじめ勉強しておくことをおすすめします。

企業がどの能力検査を実施しているか調べればわかることもありますから、過去問を解いておくと傾向がつかめます。能力検査の種類が不明な場合は、SPIや玉手箱など採用率の高い検査をチェックしておきましょう。

多くの対策本が市販されていますから、それらを活用して、時間内に一問でも多く正答できるよう練習しておきましょう。

時事問題が出題される企業もありますので、新聞やニュースには必ず目を通しておきましょう。

性格検査はありのままに答えるのが基本!

一方、適性検査の中でも性格検査は、どう答えたらよいのか悩んでしまう人も多いかと思います。性格や行動に関する質問文があり、それに対して当てはまるか否かを答えていく形式の性格検査の場合、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 普段の自分を思い浮かべてできるだけ正直に答える
  • 同じような内容の質問に矛盾した回答をしないようにする
  • 面接での印象とかけ離れないようにする

自分を良く見せようとして虚偽の回答をするのはNGです。

検査上はごまかせても、面接で実際に会って話をしたとき、その印象と検査結果がかけ離れていれば、面接官は違和感を覚えます。

そうなった場合、「ウソをつく人」という印象を与えかねません。

とはいえ、質問文のニュアンスによっては、同じような内容でも矛盾する回答になってしまうこともあり得ますよね。しかし、これについては過剰な心配は無用です。

一つの性格特性に関して様々な角度から複数の質問で計測しますから、多少矛盾があっても全体としての傾向が見えればよいのです。しかし、どう評価されるか気にしながら回答していると大きな矛盾につながりかねないため、正直に答えるのがベターです。

マッチしなければ不採用となることも

先にもお話したように、中途採用の場合は特に、その時点で求めている人材に合う人を探すために性格検査を実施するという意味合いが強くなります。ですから、どんなに良い人柄であっても、そのとき欲しい人材とマッチしなければ不採用となることはあり得ます。

たとえば、営業職の募集で自ら積極的に考えて動くことができ、実行力の高い人を求めている場合、従順で周囲との調和を重んじる人は不採用となることも多いでしょう。

もちろん、逆のパターンもあります。

こんなとき、その企業が求める人材に近づけるように回答しなければと思う人も多いでしょうが、そうすると面接での違和感につながりますし、無理して入社しても社風や期待に合わなくて自分も周囲も困るということにもなりかねません。

よほどその企業への入社意欲が高く、自分を変えるチャンスだと思っているならともかく、ありのままに答えて、その結果とマッチする企業や職種を探す方が入社後の仕事がしやすくなるはずです。

転職の場合は、求める人材と合わなければ不採用になることが多いようですが、適性検査で落とされると、何だか人格を否定されたようでかなり落ち込みますよね…。

それを避けるためにも、「いい人」になるように回答したくなってしまいます。

その気持ちはよく分かりますが、たまたまその時求める人とマッチしなかっただけで、その人が悪いから不採用なわけではないことも多いんです。落ち込む必要はないですよ。

同じ企業でも別のタイミングなら採用となる可能性もありますから、募集自体をよく吟味することも大切です。

適性検査は対策が必須!自分に合う職種を見極めて応募しよう!

適性検査には一般常識や学力を測る能力検査と、性格特性を測る性格検査とがあります。中途採用でも適性検査を行う企業は多いものですが、特に性格検査を実施する企業が多いです。

その理由は、その時に求める人材とマッチする人を効率的に選ぶべく、面接だけでは分からない性格傾向を検査によって測るためです。

企業に合わせて自分を偽るのではなく、自然な自分とマッチする募集を見つけることで、性格検査を通過できる確率が高まります。同時に能力検査についても過去問などで対策をしておけば、準備はバッチリです。

苦手意識がある人も、このような対策で適性検査を攻略しましょう!