ホワイト企業に転職したい!優良企業に共通する特徴と見分け方

ホワイト企業に転職したい!優良企業に共通する特徴と見分け方

「ホワイト企業で働けるかどうかは、しょせん運次第」と諦めていませんか?

しかし少しの努力で、ホワイト企業はもっと身近なものになります。

「ホワイト企業で働きたい」と思う人は多いもの。そのため、いち早く入社のチャンスを手に入れねばなりません。

また、ただ漠然と求人欄で「良い条件」を探すのではなく、正しい知識でホワイト企業の特徴を正確に見分ける必要もあるのです。

この記事では、ホワイト企業に共通する特徴と見分け方をわかりやすく解説します。

転職を考えているなら、次はぜひホワイト企業で働くチャンスをつかみましょう!

ホワイト企業ランキングを紹介!3つのデータ比較からわかること

ホワイト企業を外から見分ける方法は幾つかありますが、もっとも手軽なのはランキングを調べることです。

まずはホワイト企業に近づく第一歩として、3つのデータで足がかりを見つけましょう。

ブラックの反対がホワイト企業!その基準は「働きやすさ」

ホワイト企業とは、ブラック企業の対義語として生まれた用語です。

元々はネットスラングで明確な定義がありませんが、主な基準は「働きやすさ」。

3通りの「働きやすさ」のデータを下敷きにしたホワイト企業ランキングをご紹介します。

「3年後定着率」によるホワイト企業ランキング

最初にご紹介するのは、「3年後定着率」を元にしたホワイト企業ランキングです。

「3年後定着率」とは、入社した人が3年後も在籍している割合のこと。企業の働きやすさを表す一つの指標です。

入社3年後の定着率が高いということは、従業員がこの会社を気に入っているということ。これぞホワイト企業の特徴でしょう。

この3年後在籍率ランキングは、東洋経済新報社の「CSR企業総覧」に掲載されています。

この冊子は、東洋経済新報社が各企業のCSR(企業の社会的責任・社会的貢献)を調査し、その結果をデータにまとめたもの。

1,000社以上ある調査母体は、有力企業や先進企業など上場企業が中心です。本体価格は2万円もする高価なものですが、人事評価や休暇制度など求職者にも役立つ情報も数多く含まれています。

「3年後離職率」を元にしたホワイト企業ランキング

でも就活に使うには、もっと手に入れやすい同じ東洋経済新報社の「就職四季報」が有名ですね。こちらの調査母体は5,000社に及び、求職者に役立つ情報が満載です。

ここには、定着率の反対「3年後離職率※」が毎年掲載されています。これは「辞める人が多い会社=ブラック企業」を見分けるのに大変役立つ資料のひとつです。

3年後離職率とは

各企業の入社後3年間の離職者を、入社人数に対する割合で示したもの。なお厚生労働省の最新の調査結果では、大卒者の3年後離職率は3割を越えている。

離職率が低い企業ほど、働きやすい会社=ホワイト企業に近いと考えられるのです。

「就職四季報」にはこの離職率を元に「定着率ランキング」トップ200社が掲載されており、ホワイト企業を見つけるのに役立ちます。

「ダイバーシティ経営企業100選」に見るホワイト企業

次にご紹介するものは正確にはランキングではありません。「ダイバーシティ経営企業100選※」は、より総合的にホワイト企業を評価したものです。

ダイバーシティ経営企業100選とは

経済産業省の一事業として2012年度より始まった制度。女性、外国人、高齢者、障害者などが積極的に参画する企業を選考して表彰する。

女性、外国人、高齢者、障害者など各部門で選考に残った100社についての詳細なレポートは、公式サイトからダウンロードすることができるほか、書籍として出版もされています。

ランキングのように単一のデータに頼らず、長時間かけて総合的な選考が行われるため、レポートの内容はかなり本格的なものです。

ダイバーシティ経営企業はホワイト企業と重なる

「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材を活かし、価値の創造につなげる経営」を意味しています。

ホワイト企業の定義を超える意味が含まれていますが、以下の選考基準の一部を見れば、ホワイト企業とも重なる特徴を持つことは明らかです。

  • 勤務時間や勤務場所の柔軟化
  • 長時間労働の削減
  • 多様な人材が働きやすい環境と体制
  • 職務の明確化
  • 公正で透明性の高い人事評価制度

この100選にランキングされた会社なら、きっと誰にとっても働きやすいでしょう。

ホワイト企業だからといって働きやすいとは限らない?

ここまで3つのランキングを見てきましたが、それぞれ異なるデータを基準に企業を選んでいます。

つまりホワイト企業ランキングはどれも同一ではないということです。また「働きやすさ」の基準には個人差も。

離職率が低い会社も、実際入ってみたら働きにくいかもしれません。

またダイバーシティ経営企業のように様々な人が働きやすい職場でも、やっぱり自分には合わないということだってあるでしょう。

ホワイト企業にも色々あって、どの人にとっても同じように働きやすいとは限らないのです。

ホワイト企業や優良企業のランキングだけで、転職先を決めてしまっていいんでしょうか。
ランキングによってデータの種類や調査母体が異なるので、そこを忘れると判断が偏るので気をつけましょう。

ランキングだけで決めず、ホワイト企業に共通する特徴をよく見分け、さらに自分に合うかどうかを検討していくことが大切です。

ホワイト企業の特徴とは?優良企業がすべてホワイト企業だとは限らない

ホワイト企業に共通する主な特徴とは、次のようなものです。これは企業の「働きやすさ」の基本的な基準と言えます。

  • 離職率が低い(定着率が高い)
  • 給料が高く安定している
  • 労働基準法を遵守している
  • 福利厚生が充実している
  • 有給休暇がとりやすい

ホワイト企業と似た呼び方に「優良企業」がありますが、必ずしも「優良企業=ホワイト企業」とは限りません。

この「優良」とは経営状況のことを指すことが多く、従業員が働きやすいかどうかはまた別問題なのです。

企業を選ぶ際には、既存のランキングや「ホワイト」「優良」といった言葉だけに頼らず、自分でも企業研究をしておくことが大切だと言えます。

企業研究について詳しくは、次の記事で解説しています。

ホワイト企業は求人からも分かる!失敗しない見分け方のコツ

「ホワイト企業」に明確な定義はないものの、既存のランキングは企業の働きやすさを見分ける一つの手がかりになります。

でもこれだけではまだまだ不十分。さらにホワイト企業に共通する特徴を掘り下げてみましょう。

「働きやすさ」は女性社員や若手社員の満足度に表れる

離職率の低さの裏には、一体なにがあるのでしょうか。

従業員が「ずっと働き続けたい」と思うのは、差別のない待遇や充実した福利厚生など、その会社に満足できる要素が数多くあるからです。

つまり定着度=満足度と考えて間違いないでしょう。

一般にその企業の「働きやすさ」は、女性社員や若手社員の満足度の高さに表れると言われています。

ホワイト企業には若手や女性をサポートする制度が多い

つまり求人情報を見る際には、女性や新人へのサポート体制が、どれだけ充実しているかに着目すればいいということになりますね。

ホワイト企業には、次のような制度がよく見られます。前半が主に若手社員、後半が女性社員を対象とした制度です。

  • 社員留学制度
  • 社内公募制度
  • 社員交流セミナー
  • 新入社員研修の期間が長い
  • メンター制度
  • フレックスタイム制
  • 育児・介護に対する時短制度
  • 半日単位の有給休暇制度
  • 有給休暇の取得率90%前後
  • 出産や育児の休暇・休業制度

どんな制度を取り入れているかによって、企業が社員の教育に積極的か、社員の働きやすさを尊重してくれているか、などがわかってきます。具体的には次のようなことです。

ホワイト企業は従業員を使い捨てにしない

まずは、新人の社員研修。研修期間が長いことは、その企業が新人育成に熱心な証拠です。中には数カ月以上に渡って技能研修を行う会社もあります。

メンター制度とは、先輩社員による新入社員のサポート体制のひとつ。よりきめ細やかな社員の指導・育成が可能です。

ブラック企業ほど従業員を大切しない傾向にあり、ホワイト企業は、将来を担う社員を丁寧に育てることを大切に考えています。

またホワイト企業は、社員同士の交流の場を設けることにも積極的です。

セミナーやクラブ活動、座談会、定例会など、新人が職場に馴染みやすい環境作りができているかどうかも、働きやすさの大きな指標となるでしょう。よりよい人間関係の構築にもつながります。

ホワイト企業は甘い言葉でごまかさない

ホワイト企業には、求人情報の掲載内容にも、ブラック企業とは異なる特徴があります。

ブラック企業には、「求人票の高い月収に惹かれて入社したが、トータルの年収は低かった」なんてこともありがちです。

その点ホワイト企業は、月収はそれなりでもボーナスが高く、結果として年収の額が他社を上回る場合があります。

ほかにも次のような特徴が。

ホワイト企業の求人情報からわかる特徴
  • 月収の高さよりも年収の高さが目立つ
  • 業務内容について、甘い言葉を使わない
  • 会社側に不利な情報を隠さない
  • 福利厚生が手厚い

また、給与に限らず、良心的な企業ほど甘い文句や派手な数字でごまかしたりはしないもの。

残業が多いことなど悪い条件も隠そうとせず、面接でも向こうからどんどん教えてくれるような企業こそが「ホワイト企業」なのです。

手厚い福利厚生はホワイト企業の証し

また給与だけでなく、福利厚生も細かくチェックしましょう。

一例をあげると、使いやすい社員食堂がある会社なら、毎日便利ですし年間でかなりの食費が浮くはず。食事で健康状態がよくなれば、医療費だって節約できます。

「福利厚生の充実はホワイト企業の証拠!」
・住宅補助
・社員食堂
・家族手当
・その他各種手当

福利厚生は、その会社が従業員を大切にしていることの指標であると同時に、第二の給与ともなる重要な要素だと言われています。

メーカー業界にはホワイト企業が多い

ところで業界によっても、ホワイト企業の多い少ないってあるんでしょうか?

ホワイト企業が多い業界としては電力会社やガス会社などが有名ですが、これは新卒でもハードルが高く、誰でも目指せるわけではないことも。

一方以下のようなメーカー業界にも、ホワイト企業が多いと言われています。

「ホワイト企業が多い」と言われている業界例
  • 医療機器メーカー
  • 化学メーカー
  • 食料品メーカー

ただし、どの企業も「合う・合わない」はその人次第。「給料はあまり高くないが働きやすい」「残業は多いが福利厚生が良い」など、妥協点を見つけることも重要です。

企業の働きやすさの基準っていろいろなんですね。

自分でも詳しく調べてみないと、本当に働きがいのある職場を見つけることはできないってことですね。でもどういう点を調べればいいんでしょう?

給料だけではなく、休暇のとりやすさや福利厚生も重要ポイントですし、新人のサポート体制にも企業のホワイト度が表れます。

またホワイト企業は、働き手にとって不利な条件も包み隠さず提示してくれます。反対に「高給・簡単・楽」ばかり全面に打ち出す企業は警戒した方がいいですよ。

ホワイト企業でも辞めたくなるってホント?気持ちのズレにご用心!

ただし、いくら満足度の高いはずのホワイト企業に勤めていても、辞めたいと思う人もいます。辞めるまで行かなくとも、不満を抱えることも。

ホワイト企業にも不満を感じる人がいる!?

ではなぜ、せっかく入ったホワイト企業を辞めたくなってしまうのでしょう。それには以下のような理由があるようです。

ホワイト企業を辞めたいと思う主な理由
  • バリバリ働けない
  • もっとキャリアアップしたい
  • 別の場所で自分の力を試したい
  • 仕事が自分に向いていない
  • 上司と合わない
  • 同僚と上手くいかない

これらの理由は、大きく3つに分けられます。1つはホワイト企業に物足りなさを感じること、1つは仕事の向き不向き、そしてもう1つは、どうにもならない人間関係の問題です。

こういった不満は長期化する可能性があります。

なぜならホワイト企業なので辞める決心がつきにくく、相談しても贅沢だなどと理解してもらえず、結局ずるずると我慢する結果になることも多いからです。

ホワイト企業にいるのに不満だなんて。

ブラック企業で耐えてる私たちから見れば、こんなのワガママにしか思えません!

そうとは言い切れないところもあると思いますよ。ホワイト企業だからといって、全く問題がない訳ではないんです。

転職直後はホワイト環境に慣れず戸惑うことも

一方、いわゆる「ブラック企業」からホワイト企業へ転職した場合も、すぐに良い方向に向かうとは限りません。

ブラック企業からの転職者がよく直面するのが、「感覚のズレ」から来る不調です。

これは新しい環境に上手く適合できないことが原因。心も体もブラック勤務に慣れてしまい、ホワイトな職場環境についていけないという人もいます。

前職場との落差が大きいほど感覚のズレも大きいと考えられますが、周囲には理解されにくい問題です。

ただしこれは一時的なものであることも多く、転職に失敗したという訳ではありません。

時間の経過や小さなきっかけで乗り切れることもあるので、結論を急がないようにしましょう。

転職するかどうか悩んでいるなら、こちらの記事も読んでみてください。

「ホワイトじゃなくてもいいけど、楽な仕事がしたい」という人にはこんな記事もおすすめです。

「人との関わりあいが少ない仕事に転職したい」という人向けの記事もあります。

多くの会社はホワイト&ブラックのグラデーション模様

ホワイト企業やブラック企業のことを考えていると、世の中のあらゆる会社が黒白クッキリ分かれているかのように錯覚しがちですが、実際はそうではありません。

企業の多くはグレーのグラデーションで、ブラックやホワイトがモザイクのように入り組んでいて当たり前。

答えを急がず、いろんな部分に目を向けながら、新しい仕事を見つけてくださいね。

ホワイト企業を探すのもおすすめですが、ブラック企業の見分け方も知っておきましょう。当サイトではこんな記事もご用意しています。

もしかしたら自分と同じ思いを抱えている人がいるかも?ブラック企業に悩まされている人は、こちらの記事も読んでみてください。

ブラック企業の特徴の1つ、「パワハラの横行」も転職のきっかけとなり得ます。次の記事が参考になるかもしれません。

ホワイト企業への転職には特徴の見分け方が重要です! 

「ホワイト企業で働きたい」という人は多いもの。実現するには、まずホワイト企業を見分ける力を身につけることが不可欠です。

既存のホワイト企業ランキングを見れば、ある程度企業を選定することは可能。でもこれだけでは不十分です。

有給の取りやすさ、新入社員へのサポート体制、福利厚生の詳細など、検討すべき点は多数あります。

ホワイト企業の特徴をよく見分け、その中でも自分に合った会社を見つけましょう。

ただし「ホワイト」の度合いは企業によって一様ではなく、「誰にとってもホワイト」とは限らないので、妥協点を見つけることも必要ですよ。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 22:34 求人更新