転職の企業研究のやり方を紹介!選考の通過率を上げる情報収集の極意

転職の企業研究のやり方を紹介!選考の通過率を上げる情報収集の極意

転職をする際には、企業研究が欠かせません。なぜかというと、応募先の企業のことを知らないまま転職すると、転職活動をする上で不利になったり転職してから後悔したりすることになるからです。

そこで企業研究をしようと思った時、思いつきやすいのは求人情報や応募先の企業のサイトなどを参考にする方法ですが、それ以外にも情報収集に役立つ媒体があり、それらも合わせて活用することで詳しく情報を得ることができます。

情報は、多く知っているほど選考の際に役立てやすいので、できるだけ詳しい情報を集め、選考に役立てたいものです。

そこで今回の記事では、転職の選考の通過率を上げるための企業研究のやり方について、詳しくまとめてご紹介します。

転職で欠かせない企業研究、大きく分けて目的は3つ!

転職の際には企業研究が欠かせませんが、目的を持って行わなければ、せっかく情報を集めても使えないままになってしまうこともあります。

企業研究をする目的は、大きく分けて3つあります。では、どのような目的があるのか、具体的に見ていきましょう。

応募先の選択に役立てるため

企業研究をする目的は、選考のためだけではありません。そもそも、転職を考えるということは今勤めている企業に何らかの不満や不安を抱えているだと言えます。そのため、転職先をしっかり考えて選ばなければ、今よりも自分に合う環境で働くという本来の目的を叶えることができません。

そこで、企業研究をすることによって応募企業を比較検討し、どの企業に応募するのかを見極めるために役立てることができます。

特に、以下のようなポイントに着目して企業研究を行うと、転職したことを後悔するようなことが起こりにくくなります。

  • 事業内容や職務内容
  • 経営状態や成長企業かどうか
  • 勤務環境や待遇
  • 経営者の考え方や企業理念
  • 企業の風土
  • 社員の在籍年数
  • 取扱商品やサービス

転職したいと思っていると、つい焦って転職先を決めてしまいがちなのですが、転職するからには納得して働ける職場を探したいですよね。そのため、企業研究を自分の今後のために役立てられるようにしましょう。

選考の通過率を上げるため

転職したいと思っても、採用してもらえなければどうすることもできません。採用側としては、自分の企業に合う人材に来てほしいと考えるのが自然ですから、例えば面接で応募先企業に合うスキルや経験等をアピールできれば、それが強みとなります。

新卒で就職する場合とは違い、転職の際は既に社会人経験があることから即戦力になることを期待されるため、応募先の企業について理解し、自分がどのように役立てるのかをきちんと言えるかどうかが選考の通過率を左右します。

調べた情報をどのように選考に生かせるのかについては、後ほどさらに詳しくまとめてご紹介します。

転職後スムーズに仕事を進められるようにするため

企業研究をする3つ目の目的は、転職した後の仕事をスムーズに進められるようにするためです。先ほどもお話ししたように、企業側は転職者を即戦力だと考えて採用しますので、新卒のように時間を掛けて研修をしてもらえることはほとんどないと考えていいでしょう。

そこで、どのような仕事をしなければいけないのかを事前に知っておくことで、転職後にスムーズに仕事に取り掛かることが可能です。

企業研究と言われるとなんだか難しく感じてしまいますが、しっかり情報を得ておくことで選考の通過率を上げられるだけではなく、転職してからの自分の仕事にも役立つということですね!それならやっておく意味があると思えます。
一度社会人を経験している転職者は、即戦力と考えられるところが新卒の場合と違います。だからこそ、希望先の企業をしっかり理解しておくと試験や面接対策もできますし、そこで働く自分をイメージすることでスムーズに仕事が始めやすくもなりますよ。

ネットから紙媒体まで!様々な企業研究の方法をまとめてご紹介します

企業研究の目的を確認しましたので、次は企業研究にどのような方法があるのかを見ていきましょう。

企業側が出しているものを見ることで企業についてよくわかる、希望先の企業以外の情報を利用することで客観的な視点で見られるなど、企業研究の方法によって得られる情報が違います。

そこで、どのような方法でどのような情報が得られるのかも、合わせてチェックしたいと思います。

コーポレートサイトや会社資料

コーポレートサイトや会社資料を見ることで、以下のような情報を知ることができます。

  • 会社概要(事業内容・所在地・資本金・従業員数など)
  • 採用情報(募集職種・応募資格・初任給・手当など)
  • 取扱製品の紹介やサービス紹介
  • 経営者の言葉や創立までの経緯など
  • 先輩社員紹介やインタビュー

企業によって記載されている内容は様々なのですが、その企業の理念や会社概要などがよくわかることが多く、また経営者の言葉や社員のインタビューなどがあればそれも参考にすることができます。

競合企業とどのように違うのか、どんなビジョンを持って経営を行っているのかなど、企業の姿勢がよくわかります。

プレスリリース

プレスリリースというのは、企業が広報を目的としてマスコミ向けに新しい事業や新しいサービスについて告知する文章のことを言います。これを見ることで、どのような事業に取り組んでいるのかなどの情報を得ることができます。

ブログやTwitterなど

ブログやTwitter、フェイスブック、ラインなどを通して、近年では様々な情報をネット上で集めることができます。

これらを通して、新しく提供されるサービスや商品の情報、企業が伝えたいことなど、多くの情報を得ることが可能です。

会社訪問やOBOG訪問

転職希望者が個人的に企業に連絡をし、人事担当者を訪ねることを会社訪問と言います。転職者の先輩やその知り合いなど、社員個人を尋ねていく場合は、OBOG訪問となります。

会社訪問やOBOG訪問では、企業に関する説明が聞けたり場合によってはオフィスを見せてもらったりすることもできますし、質問をすることも可能です。

直接企業に行きますので、職場の雰囲気などが分かりやすいのがメリットです。

イベント

イベントが行われている場合、希望する企業のブースに立ちよれば、直接興味があることや聞きたいことなどを聞くことができます。自分が知りたいと思うことが聞けるので、情報を得るのに便利です。

また、志望度が高いということを人事担当者にアピールするのにも役立ちます。

IR情報

IR情報というのは、上場企業が以下のような情報を株主や投資家に向けて公開したものです。

  • 経営方針・経営戦略
  • 財政状況・売上情報・損失情報
  • 企業構築や企業構造(ストラクチャー)
  • 事業を行う上でのリスク

これらの情報を見ることによって、今後の事業展開が予想できたり、どのような経営状況に置かれているのかを知ることができたりします。

社員の平均年齢やグループ全体の従業員数、平均年収などを知ることができる場合もあります。

四季報

四季報には、投資家に向けた情報公開である会社四季報と、新卒者に向けた就職四季報があり、以下のような情報を知ることができます。どちらも転職者向けに情報が公開されているわけではないのですが、かなり深く会社のことを知ることができるので、情報源として役立てられます。

載せられている情報全てではなく、一部をご紹介しています。

会社四季報の場合

  • 会社名や業務内容などの基本的な情報
  • 今期の業績の見通し
  • 全体的な業績
  • 財務状況
  • 株価
  • 資本移動
  • 格付け

就職四季報(総合版)の場合

  • 採用人数
  • 重視する科目
  • 平均年収
  • 3年後の離職率・全体の離職率や離職者数
  • 有給消化の平均
  • 業績や営業利益

就職四季報(女子版)の場合

  • 女性役職者
  • 勤続年数
  • 既婚率
  • 産休や育休の取得者数と期間
  • くるみんマークの有無

くるみんマークとは、厚生労働大臣によって認定された企業が表示することを認められるマークで、子育てサポート企業であることを意味するものです。高い基準を満たせば、プラチナくるみんマークを表示することも可能です。

新聞や業界紙

新聞や業界紙などを見ることで、新製品が発売されたこと、記事として取り上げられるような出来事があったことなどがわかります。

専門的な知識が得たい時には、これらの媒体が向いています。

求人サイトや求人情報誌・転職サイト

求人サイトや求人情報誌・転職サイトからは、以下のようなことがわかります。サイトや情報誌によって、掲載されている内容に違いがあります。

  • 募集職種
  • 仕事内容
  • 応募資格
  • 雇用形態
  • 勤務地
  • 勤務時間
  • 給与
  • 休日
  • 福利厚生
  • 会社概要
  • 選考方法

場合によっては、すでに勤務している社員の声などが掲載されている場合もありますし、仕事のやりがいや難しいところなど、踏み込んだ情報を提供していることもあります。

主に会社概要や待遇面について詳しくわかります。

転職エージェント

転職希望者と企業との間を仲介する役割を持つのが転職エージェントですが、転職エージェントを通すと一般的な求人だけではなく、非公開求人にも応募できるなどのメリットがあります。

転職エージェントは企業に関する様々な情報を持っています。例えば、企業の雰囲気や社風、採用の際に重点的に見られるポイント、企業の成長性など、詳しい情報を知ることも可能です。

転職エージェントのサービスについては次の記事で詳しく紹介しています。

口コミサイト

口コミサイトには様々な種類があり、社員や元社員を始めとして家族や取引先の立場からも情報が提供されているようなサイトもあります。

それを見ることで、会社の雰囲気や仕事の状況、残業の多さや休日の状況など、現場にいるからこそわかるような情報を得ることが可能です。

ただし、どうしても投稿する人の主観が入ってしまうことは否めませんので、全てを鵜呑みにするのではなく、上手に情報を利用することが大切です。

口コミサイトは無料で閲覧ができるのか、どのような仕組みなのかについては次の記事を参考にしてください。

知人・友人などの身近にいる人からの情報

企業に勤めている人ではなくても、以前その企業とかかわりがあった、その企業との取引があるなど、何らかの形で繋がっている人がいれば、その人に話を聞くことで仕事内容や企業の雰囲気などを知ることも可能です。

中小企業が希望先で情報があまりない場合に利用できる媒体

ここまでご紹介した方法の中には、大手企業の情報しか得らないものもあります。では、中小企業が希望先で、その企業のサイトが無いなど情報が少ない場合はどうすればいいのかというと、以下のような方法が利用できます。
  • 求人広告から情報を得る
  • インターネット上で希望先の企業名を入力し情報が無いか検索する
  • 口コミを探す
  • 可能なら会社訪問やOBOG訪問をする
  • 身近な人でその企業について知っている人がいないか探す
  • 面接の逆質問を利用して情報を集める

中小企業となるとどうしても情報が限られるのは確かですが、その中からできる限りの情報を集めることで対応しましょう。

企業研究って、求人サイトや企業サイトを見るだけではないんですね。こんなにたくさん情報を得る手段があると、逆にどれを使っていいのか迷ってしまうのですが。何か選ぶためのポイントがありますか?
労働条件や労働環境、面接に生かすための企業理念や風土については、必ずチェックすべきですね。それ以外は、自分が気になることを重視しましょう。職場の雰囲気を重視するなら口コミサイト、女性の場合長く働けるかどうかを見たいなら女子向け四季報、といった感じです。

試験対策や面接対策に活用可能!企業研究の転職への生かし方

せっかく企業研究をすることで得た情報は、転職先を決めるためにも使えます。ですが、転職は採用してもらえなければ成り立たないので、選考の通過率を高めるためにも最大限活用したいものです。

では、企業研究をどのように転職活動に生かせるのか、具体的に見ていきましょう。

試験の傾向を知って対策に生かす

企業研究をする中で、志望先の企業が重視する試験がわかれば、それを重点的に勉強するなど試験対策をすることができます。

試験の点数はいいに越してのことはありませんが、いくつもの企業を受けるとなると勉強時間が限られるのも確かです。そこで、勉強内容を絞ることができれば、効率的な対策が可能です。

面接の際に生かす

先ほども少しお話しましたが、企業としては自分の企業に合った人を採用したいものです。そこで、その企業の理念や提供する商品やサービスの内容などの情報をきちんと理解して面接に臨むと、自分が持つ能力や経験のうち何を中心にアピールすればいいのかがわかります。

その企業でどのように活躍しているのかを具体的にイメージし、それを伝えることができれば、説得力のある話ができます。

さらに、転職先は同じような業種の企業ならどこでもいいという感じでは企業側も積極的に採用したいとは思いませんが、その企業の特徴を掴み、どうしてもその企業で勤めたいという熱意が伝われば、その分採用してもらいやすくなります。そこで、その企業ならではの取り組みなどを志望動機にする形で情報を利用しましょう。

面接の最後には、多くの場合面接官から何か質問が無いかを聞かれます。これを逆質問と言いますが、ここで何もないと言うとその企業に興味が薄い印象を与えてしまいますし、かといって企業サイトなどに載っている内容を質問しても何も考えずに来ているという印象を持たれてしまいます。

そこで、深く調べたことを元に話ができると、面接官から熱心に研究してきた、それだけ自社に魅力を感じてくれていると思ってもらうことも可能です。そのためには、企業研究をする中で気になったことや感じたことをメモする習慣をつけるといいですね。

面接は採否に大きく関わりますので、ぜひ得た情報をフル活用して臨むようにしましょう。

面接になると、どうしても一般的なやり取りになりがちで、なかなか特徴を出すことができません。企業研究をした結果を、どう生かすと面接官からの印象が良くなりますか?
面接では、その企業に対する志望度や、具体的にどのように役に立てるのかをアピールできる方が印象が良くなります。志望する企業の経営理念や、他とは違う商品など、その企業の特徴を掴んでおくと、その企業のことをきちんと知っているということがわかってもらえます。

企業研究で選考の通過率を上げるなら求人やサイト以外もチェック!

選考に応募する際の企業研究と言えば、どうしても求人サイトや企業サイトなどよく目に留まるものを思い浮かべがちです。ですが、実際には利用できる手段は多くあり、選ぶ方法によっては試験の傾向がわかったり、実際に働いている人の意見が聞けたりします。

企業は自分の企業に合う人材を採用することを希望していますので、転職者はどこでもいいのではなくその企業で働きたいという熱意を見てもらい、その企業で働くなら具体的にどのように自分が役立てるのかを理解してもらうことが大切です。

そのためにも、志望先の企業の情報をしっかり集めて、選考の通過率を上げるために生かせるよう準備しましょう。

RECOMMEND