転職時の企業研究の方法・目的とは?最低限チェックしたい情報も紹介

転職時の企業研究の方法・目的とは?最低限チェックしたい情報も紹介

転職する際、企業研究は欠かせません。

応募先企業の企業研究をしっかりしておかないと、「面接でうまく答えられなかった」「就職したけど、思っていた会社と違う」と後悔することもあります。

企業研究の方法は、企業の公式ホームページを見たり、転職イベントに参加したりなどさまざま。

在職中の転職活動で、企業研究に十分な時間が割けない場合は「最低限必要な情報」を集めておきましょう。

この記事では、企業研究の目的や方法、最低限集めておきたい情報を紹介します。選考前にしっかり企業研究をして、転職活動の成功を目指しましょう。

企業研究の目的とは!調べた情報で転職後の仕事をスムーズに

転職・就職活動の際、企業研究は具体的な目的を持って行うことが大切です。

目的を持って情報収集をすれば、それに応じた情報を取捨選択できます。

転職活動おいて企業研究をする目的は、主に次の3つです。

転職時の企業研究をする目的
  • 応募先企業の選択に役立てる
  • 書類選考や面接の通過率を上げる
  • 転職後スムーズに仕事をこなす
例えば「転職後スムーズに仕事をこなす」ために情報を集めるなら、必要な情報は「仕事内容」や「企業の主力商品・サービス」など。

「採用時に重視されるポイント」を知っていても、仕事はスムーズに進みませんよね。

企業研究は「応募先の企業を決めるための情報収集」が主な目的だと思っていました・・・!
それももちろんですが、一度社会人を経験している転職者の場合は「入社後に即戦力となる」と考えられる点が、新卒の場合と違いますよ。
なるほど・・・新卒よりも求められるレベルが高いということですね。
ええ。だからこそ、「仕事内容」や「主力商品」などを調べておくことは大切ですし、希望先の企業をしっかり理解しておけば、試験や面接対策にもなりますよ。

企業研究の方法を紹介!転職者向け情報だけでなく顧客向け情報も確認

転職希望先の企業の情報を集めるとき、企業の公式サイトや転職サイトに掲載されている情報を見ますよね。

企業研究の方法によって、得られる情報は違います。

企業が転職者向けに開示している情報はもちろん、顧客や株主に対して発信している情報もチェックしてみましょう。

さまざまな角度から企業情報を見ることで、より深く企業研究をすることができます。

ここで紹介する企業研究の方法は、次のとおりです。

企業研究の方法

それぞれの情報収集手段によって、どんな情報が得られるのか、詳しく見ていきましょう。

公式ホームページや会社資料をチェック!企業研究の基本

企業の公式ホームページ(コーポレートサイト)や会社資料を見ることで、次のような情報を知ることができます。

公式ホームページ・会社資料から得られる主な情報
  • 企業理念
  • 経営方針
  • 会社概要(事業内容・所在地・資本金・従業員数など)
  • 採用情報(募集職種・応募資格・初任給・手当など)
  • 取扱製品・サービス
  • 先輩社員の紹介やインタビュー

企業の公式ホームページや会社資料から情報を得ることは、企業研究の基本です。

多くの企業が公式ホームページに「企業理念」や「会社概要」などを掲載しており、実際に働いている人のインタビューを載せていることも。

先輩社員のインタビューを読むことで、どんな人たちが働いているのか知ることができます。実際に自分が働いているところを想像して、継続して働ける職場かどうか考えられますよね。

求職者向けに配られる「会社案内」などの資料には、公式ホームページに載せきれなかった詳しい情報が載っていることもあります。

面接時に「公式ホームページを見たかどうか」を問われる場合もありますから、必ずチェックしておきましょう。

公式ホームページや会社資料に掲載されている情報は、履歴書を作成する際の参考にも使えますよ。

「プレスリリース」のチェックもオススメです。

「プレスリリース」って何ですか?
企業が、広報を目的として報道機関向けに「新しい事業」や「新しいサービス」などを告知・発表することです。
プレスリリースはどこから確認できますか?
公式ホームページのトップページなどに「新着情報」として掲載されていることが多いですね。プレスリリースを確認しておけば、より最新の情報を得ることができますよ。

求人サイトや転職サイトの情報を確認しよう

転職活動で求人を探すとき、多くの人が「求人サイト(転職サイト)」を確認しますよね。

求人・転職サイトから得られる情報は、次のとおりです。

求人サイト・転職サイトから得られる主な情報
  • 仕事内容
  • 応募資格
  • 雇用形態
  • 勤務地
  • 勤務時間
  • 給与
  • 休日
  • 福利厚生
  • 会社概要
  • 選考方法

求人・転職サイトには、求職者向けの企業情報が掲載されています。応募資格や雇用形態、給与などは、応募する際とくに気になるポイントですよね。

求人情報などから、いわゆる「ホワイト企業」と「ブラック企業」を見分けることも大切です。こちらの記事を参考にしてみてください。

転職サイトでは企業のページに「仕事のやりがい」や「職場環境」など、実際の仕事や職場について詳しく書かれている場合も。

サイトによって載せている情報の有無が異なる場合もありますから、いくつかのサイトを見比べてみるのもオススメです。

転職サイトってたくさんありますよね。どのサイトを見ればいいのか分かりません。
転職サイトはそれぞれ得意分野が異なりますから、転職希望先の業界が掲載されているサイトを利用するのがいいですよ。

オススメの転職サイトや、それぞれの特徴についてはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。

転職希望業界の専門的な情報を入手するなら業界新聞を読もう!

業界新聞を読めば、転職したい業界の専門的な情報を入手することができます。

業界新聞って普通の新聞とは違うんですか?
ええ。「業界新聞」は一般的に読まれている新聞よりも、特定の業界についてさらに詳しく取材した情報が掲載されています。
転職したい業界が決まっていれば、業界新聞でより詳しく企業研究をすればいいんですね!
その通りです!業界新聞で専門的な知識を身につけ、面接などでアピールするのもオススメですよ。

FacebookやTwitterなどのSNSを企業研究に活用する

企業によっては、FacebookやTwitterなどのSNSを利用して情報発信している場合もあります。

SNSでは「新製品・新サービスの情報」だけでなく、「社内の様子」や「採用の最新情報」を発信していることも。

SNSでは、最新の情報をいち早く入手することが可能です。転職希望先の企業がSNSを利用している場合は、企業情報の1つとしてぜひ役立てましょう。

IR情報をチェック!株主・投資家向けの情報が転職に役立つことも

IR情報とは、上場企業が次のような情報を株主や投資家に向けて公開したものです。

IR情報で得られる主な情報
  • 経営方針
  • 業務・財務情報
  • 決算短信・有価証券報告書
  • 株式の状況
  • 株価情報

これらの情報を見ることで、現在の経営状況について具体的な数字で確認できます。さらに今後の事業展開などを予想することも可能です。

企業によっては「社員の平均年齢」や「グループ全体の従業員数」、「平均年収」などの情報を公開している場合もありますよ。

IR情報は株主や投資家に向けた情報ですから、専門知識がないと理解の難しいこともあります。

分かるものだけ確認しておこう、くらいの気持ちでチェックするのがオススメです。

四季報を読んで企業研究に役立てる!膨大な情報を取捨選択する

四季報には、投資家に向けて情報公開している「会社四季報」と、新卒者に向けた「就職四季報」、女性の求職者に向けた「就職四季報(女子版)」があります。

それぞれから入手できる情報は次のとおりです。

【会社四季報】入手できる主な情報
  • 会社名・業務内容などの基本的な情報
  • 今期の業績の見通し
  • 全体的な業績
  • 財務状況
  • 株価
  • 資本移動
【就職四季報(総合版)】入手できる主な情報
  • 採用人数
  • 重視する科目
  • 平均年収
  • 3年後の離職率・全体の離職率や離職者数
  • 有給消化の平均
  • 業績や営業利益
【就職四季報(女子版)】入手できる主な情報
  • 女性役職者
  • 勤続年数
  • 既婚率
  • 産休や育休の取得者数と期間
  • くるみんマーク※の有無
くるみんマークとは

「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証のこと。一定の基準を満たした企業が申請することで、「くるみん認定」を受けることができます。

四季報には、膨大な企業情報が載っています。企業研究として活用するには有能な雑誌ですが、すべての情報を確認するにはかなりの時間が必要。

企業研究に割ける時間が少ないなら、最低限の情報のみ確認するのがオススメです。

最低限チェックしておきたい情報は「企業研究をする時間がない!最低限必要な情報をノートにまとめよう」の章で紹介しています。

転職イベントに参加!企業の採用担当者から直接情報を入手する

「転職フェア」などのイベントが行われている場合、企業の採用担当者から直接話を聞くことができます。

希望する企業のブースがあれば、自分自身で知りたいと思ったことを聞けますから、企業研究には大変便利です。

転職フェアは入場無料で、数十社~数百社の企業が参加。個別に話が聞けるだけでなく、転職に役立つセミナーや講演会なども開催されています。

転職フェアについて詳しくは次の記事で紹介していますので、参考にしてください。

実際に参加したレポを交えた記事もあります。

転職エージェントを利用!キャリアアドバイザーから情報収集する

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーから次のような情報を聞くことができます。

転職エージェントの利用で入手できる主な情報
  • 社風
  • 企業の成長性
  • 職場の雰囲気
  • 採用の際に重視されるポイント
採用で重視されるポイントも教えてもらえるんですね!
転職エージェントは、転職希望者と企業の仲介役ですからね。

キャリアアドバイザーから「企業が求めている人物像」などを、教えてもらえる場合もあるんです。

また転職エージェントを利用することで、一般的な求人だけではなく「非公開求人」に応募できることも。

企業研究はもちろん、転職活動の幅を広げるためにも転職エージェントはオススメです。

転職エージェントの使い方や活用方法については、次の記事で詳しく紹介していますので参考にしてくださいね。

口コミサイトを確認する!情報の信憑性には注意が必要

口コミサイトは、企業の社員や元社員が投稿しているサイトもあれば、取引先企業の立場から情報提供している場合もあります。

それらの口コミサイトからは、残業の多さや休日の取得状況など、現場にいるからこそわかる情報を入手することが可能です。

しかし口コミサイトの情報には、人の主観が入っています。

人の主観が入っている情報は、参考にならないのですか?
参考にできないわけではありませんが、すべてを鵜呑みにするのは危険です。

どう感じるかは人によって違いますから、個人の意見として参考にする程度に留めておきましょう。

口コミサイトの信憑性や活用法については、次の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。

企業研究をする時間がない!最低限必要な情報をノートにまとめよう

転職活動の際、「企業研究をする時間がない」と感じることもありますよね。

とくに仕事をしながら転職活動をしている場合は、なかなかまとまった時間が取れないものです。

企業研究の時間が十分に取れない場合でも、選考前に最低限必要な情報だけは集めておきましょう。

面接などの選考前に最低限チェックしておきたいのは、次のような情報です。

選考前に最低限必要な情報
  • 企業名称
  • 事業内容・規模
  • 取り扱い商品・サービス
  • 採用情報
  • 求める人物像
  • 競合他社

企業名称や事業内容、主力商品などの情報は、主に企業の公式ホームページから入手できます。採用情報が公式ホームページに記載されていない場合は、転職サイトや求人サイトを確認しておきましょう。

競合他社の情報も必要なんですか?
ええ。転職希望先の企業が、その業界の中でどの立ち位置にいるのか理解するためにも、競合他社の情報は必要です。

同様の主力商品やサービスを提供している企業を、事前に調べておきましょう。

企業研究で調べた情報は、すぐに確認できるようノートに書き留めておくのがオススメです。

情報を見返したい時に、その都度調べていたのでは時間がかかります。とくに在職中に転職活動をするなら、何度も同じ作業をする手間は省きたいですよね。

ノートに書き込んでおけば情報が整理しやすくなり、企業同士の比較もできて便利ですよ。

企業研究に使うノートの作り方は(★「転職 ノート」へ内部リンク予定)で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

転職活動成功のために企業研究は必ずやっておくべき!

この記事では企業研究の目的や方法、最低限集めておきたい情報などを紹介しました。

転職活動中の企業研究は、応募先企業を選択するためだけではなく面接時や就職後に後悔しないためにも、必ずやっておくべきです。

企業研究の方法はさまざま。求職者向けの情報でなく、一般の人や投資家に向けた情報を見てみるのもオススメです。

在職中で企業研究の時間を十分に取れない場合は、必要最低限の情報だけでも調べておきましょう。調べた情報をノートにまとめておけば、いつでも見返すことができて便利ですよ。

転職後に後悔しないためにも企業研究をしっかりして、転職活動成功を目指しましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月18日 00:34 求人更新

RECOMMEND