転職初日の挨拶が最重要!中途入社ならではのポイントと例文を紹介

転職初日の挨拶が最重要!中途入社ならではのポイントと例文を紹介

転職して初出勤の日に待ち構えている大仕事といえば、やはり入社挨拶でしょう。中途採用の場合は、そのタイミングで入社するのは自分だけというケースも多いですし、みんなの前で挨拶をするのはなかなか緊張するものです。

しかし、これから一緒に働く人たちにどのような印象を持たれるかによって、今後の仕事のしやすさも変わってきますから、うまくやりたいものですよね。

では、よい印象を持ってもらえるような入社挨拶とは、具体的にはどのようなものでしょうか?

意気込みや新しい仕事への情熱などをどのように伝えればよいのか、また、これまでの経歴やプライベートなことをどの程度言うべきか等々、いくつかのポイントを押さえながら、望ましい入社挨拶の具体例をご紹介します。

これだけは言うべき!入社挨拶に絶対含めたい内容とは?

入社挨拶は朝礼のときなどに行うのが一般的ですから、あまり長々と話すのは好ましくありません。かといって短すぎるのも、どんな人なのかわかってもらいにくくなるので、バランスが肝心です。

まずは、最低限あいさつに含めるべき内容を見ておきましょう。

入社挨拶に必須の項目とは

入社初日ですから、迎える側としてはこれから一緒に働くことになった人がどのような人物なのか、多少なりとも興味を持ってくれています。その気持ちに応えるべく、以下の項目は必ず取り入れて自分を知ってもらう第一歩としましょう。

  • 名前
  • 意気込み

最低限これだけ話せば、それなりに入社挨拶らしくなります。

緊張して頭が真っ白になりそうな人は、この2つだけを言うと決めておけば大丈夫です。

誰でも使えるいちばん簡単な挨拶例

上記の点を踏まえた、具体的な挨拶の例文をご紹介します。

おはようございます。本日より入社いたしました○○(フルネーム)です。縁あってこちらで働かせていただくことになりました。一日でも早くこちらの仕事に慣れて、戦力となれるよう頑張りますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

これなら、ゆっくり話しても30秒もかかりませんし、どんな職場に入社するときでも使える、汎用性の高い挨拶です。

人となりまでは伝わりませんが、職場環境が分からないうちは個性を出しすぎるのもリスクがありますし、最低限の挨拶にとどめたいならばこれだけでもじゅうぶんです。

名前と意気込みだけでも大丈夫なんですね!これなら、緊張しやすい人でも何とかできそうです。

でも、こんなに短いと悪い印象を持たれませんか?中途採用だと、前職についても話した方が良いのではないでしょうか?

これはあくまでも最低限言うべきポイントであって、緊張でしどろもどろになってしまうくらいなら、簡潔にこれだけ言う方がよいでしょう。

でも確かに中途採用の場合は、前に何の仕事をしていたかを話した方がいいことも多いですね。かといって、長々と自慢げに話すのはNGですよ。

声をかけてもらいやすくなる自己紹介も含めてみよう!

職場での人間関係は仕事にも影響するとても重要な要素ですよね。コミュニケーションを円滑にするためには、自分のことを知ってもらう必要があります。

入社したら自分から積極的にコミュニケーションを取っていくべきですが、あちらからも声をかけてもらいやすくなる挨拶をするのも良い方法です。

自己紹介として話すとよいこと

先にご紹介した必要最低限の挨拶に加えて、自分のことをお話してみましょう。具体的には、以下のような項目です。

  • 前職の業種や職種
  • 年齢
  • 出身地
  • 趣味
どのような経歴を持っている人なのか、これから始まる仕事の経験はあるのかというのは、迎える側の人たちにとって関心の強い部分です。なので、これまでやってきた仕事の内容を簡潔に伝えると、どんな人なのか分かってもらいやすくなります。

年齢はプライベート性の高い項目なので、抵抗があるなら言わなくてもかまいません。しかし、同じ年齢の人がいれば親しみを感じてもらいやすいので、言ってみるのもよいでしょう。

出身地や趣味は、人物像が伝わりやすく話題提供にもなりますから、長くなりすぎない程度に触れてみることをおすすめします。

職歴に重点を置いた挨拶例

転職者は誰でもそうですが、転職先での仕事の経験がない場合、在職者の方にお世話になる場面がさらに多くなります。したがって、その場合は特に職歴やこの仕事が未経験であることを伝えておくと、その後の仕事がスムーズになります。

本日入社いたしました○○(フルネーム)です。配属先は○○部○○課です。これまで○○メーカーでの営業や○○系の仕事をしてまいりました。今回の職種は未経験ですが、一日でも早く仕事を覚えて、皆様のお役に立てるよう努力いたします。

どうかご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

具体的には、このような形となります。

未経験だとどうしても「ご迷惑をおかけしますが」「わからないことばかりですが」などと言いたくなってしまいますが、ネガティブな印象を与えてしまうこともありますので、早く仕事を覚えたいという気持ちを伝えられる「努力します」などの前向きな言葉の方がおすすめです。

もちろん、未経験ではない仕事のときや、プライベートなことはあまり言いたくないけど自分のことも伝えたいという時にも使える挨拶です。

自己紹介を交えた挨拶例

もうひとつ、プライベートな部分も含めた入社挨拶の具体例を見てみましょう。

おはようございます。本日より入社いたしました○○(フルネーム)と申します。○○県出身の〇歳です。以前は○○(業種)で○○(営業や事務など職種)の仕事をしていましたが、縁あってこちらで働かせていただくことになりました。

趣味は○○で、休日にはよく○○をしております。同じ趣味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お声をかけていただければ幸いです。

これからこちらで精いっぱい頑張っていく所存ですので、ご指導ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願いいたします。

これだけ話しても30秒以上1分未満で、入社挨拶には適した長さです。

しかも、これまでどんな仕事をしていて、どのような人なのかが、簡潔ながらもよく伝わる挨拶です。

自分流にアレンジして使ってみてはいかがでしょうか?

前職についても簡単に触れれば、どの程度即戦力になるかが分かってもらえそうですね。

出身地や趣味なんかも話していいんですね。声をかけてもらうきっかけになれば、職場にも馴染みやすくなります。

趣味を話すときに気を付けた方がよいことはありますか?

入社挨拶は、とにかくよい印象を持ってもらうことが目的ですから、あまり一般的でない趣味なら言わない方がよいこともありますね。

自転車やバイクのツーリング、お酒、スポーツ観戦など、人とコミュニケーションを取れる趣味がある人は、簡単に話しておくと後々助かることがあるかもしれません。

挨拶するときはココに注意して好印象を目指そう!

同じ言葉を話していても、声や表情などによってまったく違う印象になることも多々あります。

入社挨拶で第一印象が決まってしまいますから、「この人なら一緒に働いていけそう」と思ってもらえるように挨拶をしなければなりません。

文言を考えたら、次は好印象を持たれる話し方をマスターしましょう。

挨拶のときの注意点

具体的には、以下のようなポイントに注意しながら挨拶しましょう。

  • 大きな声で話す
  • 笑顔で話す
  • ハキハキと明るく話す
第一印象を決めるのは、話す内容そのものよりも、声のトーンや表情などの言葉以外の部分だと言われています。一生懸命考えた挨拶文の内容が台無しにならないよう、上記のポイントに気を付けて話しましょう。

鏡を見ながら挨拶してみると、意外と表情が暗く見えたりしていることに気づくこともあります。不安な人は、前日や当日の朝にでも、鏡の前で予行練習しておくとよいでしょう。

話す内容よりも声や表情、しぐさなどの方が印象を左右するということですね。

普段は大きな声で明るく話せても、入社挨拶となると緊張して声が震えてしまうこともありますよね。そんなときは、どうすればいいでしょう?

挨拶は緊張して当たり前ですから、それでも明るく話そうと努力しているのが見えれば、逆に誠実な人柄を印象付けることもできますよ。

「大きな声で明るく笑顔で」の3点を意識すれば大丈夫です。

風邪で声がかれてしまったりしないよう、体調管理もしっかりしておきましょう。

メールでの挨拶はどのような人にどんなふうにすべき?

口頭での挨拶だけでなく、メールでのあいさつも必要となることもあります。誰にどのような文面のメールを送ればよいのでしょうか?この点についても、入社前に知っておきましょう。

誰に挨拶メールを送るべきか

入社日に口頭で挨拶できた人には、事情がない限りはメールでの挨拶は不要です。メールを開いて読むのも手間ですから、重ねて挨拶をして余分な時間を取らせるのはNGです。

ですから、メールで挨拶すべきなのは、今後仕事で関わることがある人のうち、口頭での入社挨拶ができなかった人ということになります。

社内の人はもちろん、取引先など今後お世話になる社外の方々に対しても、メールで挨拶をしておきましょう。

入社日当日は何かとバタバタしがちですが、できるだけその日のうちにメールを送信するようにしましょう。メールですから、事前に下書きなどして準備しておくのもよいですね。

挨拶メールの文章例

では、実際にどのようなメールを送ればよいでしょうか?

基本的には口頭での挨拶と同じ内容でかまいませんが、趣味などのプライベートな内容は省きましょう。受け取り手にとっては突然知らない相手からメールが送られてくるわけですから、趣味などが書いてあると妙に馴れ馴れしい印象となってしまいかねないからです。

以下に、メールの具体例を挙げます。

本日〇月〇日より中途採用より入社いたしました○○(フルネーム)と申します。
配属先は○○となりました。

前職では○○をしておりました。
今回の仕事は未経験ですが、一日でも早く皆様のお力になれるよう、
精いっぱい努力してまいります。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

○○ ○○(フルネーム)
○○○○〇(メールアドレスや連絡先)

内容は、名前と配属先、前職と意気込みの4点に絞り、長くても500文字以内で簡潔にまとめることを心がけましょう。

メールでの挨拶も忘れないようにしなければなりませんね。メールを送る相手は、口頭での挨拶ができなかった人だけというのも、覚えておきます。

メールのタイトルは、どうしたらいいでしょうか?

いいところに気が付きましたね。タイトルを見ただけで入社挨拶のメールであることが分かるようにしましょう。

具体的には「入社のご挨拶(所属と氏名)」でよいでしょう。

挨拶の本文に集中するあまり、無題で送信してしまうことのないよう注意してください。

挨拶は明るく簡潔にして第一印象を良くしよう!

中途入社の人に対しては、新卒と違って、どこでどんなお仕事をしてきた人が入ってきたのか、在職者の方々は興味を抱いてくれています。その思いに応えるべく、今回の仕事に関する経験の有無は伝えた方がよいでしょう。

前職に加えて簡単な自己紹介と、ここで頑張っていきたいという気持ちを短く話せば、挨拶の内容としては必要十分です。

「この人なら一緒に良い仕事をしていけそう」と思ってもらえるような挨拶ができたら大成功です。そのために肝心なのは、明るく愛想よくハキハキと話すことです。声のトーンや表情が暗くならないよう、大きな声で話すよう意識してみてくださいね。