転職の内定後に必要な手続きは?入社日前に知りたい提出書類と注意点

転職の内定後に必要な手続きは?入社日前に知りたい提出書類と注意点

転職活動をして内定を貰ったら一息つきたくなるものです。

しかし、そこで立ち止まってはいけません!

内定通知を受けてからも「労働条件のチェック」「退社日の調整」「入社手続き」「入社初日の心構え」などなど…やるべき、知っておくべきことは盛りだくさん!

そこで今回の記事では、内定通知を貰ってから転職先の初日の注意点までを流れとともに解説します。

悩みやすい「労働条件で見るべきポイント」や「転職時に必要な書類」など、スムーズな転職に欠かせない知識を身に着けましょう!

面接先から内定を貰ったら?入社日までの流れを解説

面接先の企業から内定を貰ったらそれで終わり!…ではもちろんありません。

内定から入社するまでにはいくつもの重要なポイントがあり、自分のこれからを左右することも。

満足できる転職をするためにも、内定後の流れを理解し、後悔がないようにしましょう。

1:内定通知を受け取る

何かしらの手段で内定通知を受け取った場合、それに返事をしましょう。

採用の場合は電話またはメール、不採用の場合はメールでの通知が最近では多いようです。

不在の時に連絡があった場合はすぐに折り返すのがマナーです。連絡が遅いと入社辞退とみなされてしまう可能性がありますので注意しましょう!

面接を複数社受けており、別の企業の通知を待ちたいのであれば、連絡を受けた際に「○日後に改めてお返事致します」と伝えることがマストです。

ここで内定を受ける…前に、次のステップである労働条件の確認は必ず行いましょう。

2:労働条件を確認する

次のトピックで詳しくご紹介しますが、内定を受ける(承諾する)前に必ず労働条件を確認しましょう。

労働基準法により、企業は採用した人い対して書面で労働条件を通知する義務があります。書面の名前は「労働条件通知書」だけでなく「雇用契約書」や「内定通知書」といった他の書類の中に含まれていることもありますが、必ず書面でもらえるはずです。

メールの場合はメール本文又は添付ファイルなどで、郵送の場合は書面で送られてきます。

電話で内定通知をした場合、内定通知自体も「した」「しない」といったトラブルの元になるため、メールまたは書面で改めて送ってもらえるようにお願いする方がいいでしょう。

この時に「求人と違う」「面接で言っていたことと違う」という部分があれば交渉することになります。

ここで交渉しておかないと、その条件で働くことに同意したことになりますので、必ずしっかりチェックしてください。

3:内定の受諾または辞退

労働条件などもチェックし、この会社に入ろう!と思ったら内定受諾の連絡をしましょう。

当然ながら早ければ早いほどいいですが、1週間を超えて待たせるのはマナーとしてはよくありません。

内定辞退の際も同様で、出来るだけ早く連絡を入れましょう。

4:退社日及び入社日の決定

ここから具体的な転職スケジュールを組むことになります。

転職の場合、企業は3ヶ月くらいまでなら待ってくれるところも多いですが、それより長くなると内定取り消しとなることもあります。

まずは現在の職場の上司と相談し退職日を決め、そこから入社日を転職先に報告・相談する流れとなります。

5:退職及び転職先への入社

退職準備や引き継ぎを行い、円満に退職できたらいよいよ転職先への入社となります。

入社日のポイントなどは後のトピックで改めてご紹介します。

内定を貰った後も色々やることがあるんですね…。

内定を貰ってから転職先へ入社するまでどれくらいの期間を見ておくべきですか?

応募条件にもよりますが、転職の場合は1ヶ月~3ヶ月くらいで転職先へ入社することになります。

短期間で色々こなさなければいけないので、計画をきちんと立てることが重要ですよ。

必ずチェックしておきたい「労働条件」。より見ておくべき場所は?

前のトピックで内定後の流れを簡単に解説しましたが、ステップ2の「労働条件の確認」は非常に重要なポイントです。

しっかりチェックせずに内定を受諾してしまうと、後から「こんなはずじゃなかった」と後悔することも。

すべての項目について目を通すのは当然ですが、より見ておきたいポイントに簡単な解説をつけてご紹介します。

労働条件で必ずチェックしておきたいポイント

誰であっても労働条件で必ずチェックしておきたいポイントは以下の通りです。

  • 勤務・労働条件(求人と合っているか)
  • 給与・賞与額
  • その他支給(時間外手当・交通費・住居手当など)
  • 諸経費の有無(制服代などが必要か)
  • 社会保険
  • 休日及び有給休暇(独自の休暇制度もあるかもチェック)
  • 勤務時間(始業/終業時間、休憩時間、時間外勤務の有無)
  • 休日出勤の有無
  • 転勤・異動の有無

いずれも面接時や掲載されていた求人と違いがないか、自分の希望が通っているかなどをチェックしましょう。

特に休暇についてはトラブルになりやすいので注意が必要です。

週休2日制といっても、月に1回週に2日休みがあれば「週休2日制」となります。

完全週休2日制の場合も、土日が休みではない可能性もあります(火曜日と木曜日など)ので、しっかりとチェックしておきましょう。

他にもこんな項目が労働条件に明示されている!

上記に挙げたものの他にも、以下のような項目が明示されています。

もちろんこれらも重要な項目なので、きちんと目を通しましょう。

  • 昇給や退職金について
  • 契約更新の条件
  • 研修期間について
  • 休職について(育休・産休・病気などによる休職など)
  • 夏季・年末年始の休暇
  • 給与支払日
  • 退職(解雇事由、定年など)
提示されていた条件が違ったり、ここはどうにかならないの?という部分があった場合、担当者に相談してもいいのでしょうか?
「その条件だから面接を受けた」のですから、当然言う権利はあります。

逆に言えば交渉出来るのはこのタイミングだけ(受諾したら難しい)なので、担当者に本音で相談することをおすすめしますよ。

事務手続きで躓かない!入社手続きで必要な書類とは?

入社手続きの際、沢山の書類を会社に提出しなければなりません。

必要な書類がないとスムーズな事務手続きが出来ず快適な転職が遠ざかってしまいます。

転職を決めたタイミングから準備を始め、スムーズに手続きが行えるように準備しておきたいですね。

必ず会社に提出しなければならない書類はコレ!

入社手続きにおいて、「必ず会社に提出しなければならない(提出の可能性が高い)書類」と、「会社によって必要となる書類(提出の可能性はまちまち)」の2種類に分けられます。

提出必須と言える書類は、税金や保険関係の書類となっています。

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらは退職時に前の会社から受け取る書類です。源泉徴収票は年末調整に必要なものなので、入社が年明けになる場合は提出を求められないことがあります。

以下の3種類の書類は、転職先の企業から書類を渡されるものです。

  • 扶養控除等申告書
  • 健康保険被扶養者異動届
  • 給与振込先の届書

税金などの手続きであったり、給与振込口座の指定に必要な書類です。

2つ目の「健康保険被扶養者異動届」は扶養する家族がいる方のみ提出が必要なので、書類自体受け取らない方もいるでしょう。

会社によって提出が必要となる書類

続いて、会社によって提出が必要となる書類です。簡単にカテゴリごとにわけてご紹介していきましょう。

  • 入社誓約書
  • 雇用契約書

上記は、入社受諾書など他の書類とひとつにまとめられていることもあります。

労働条件や就業規則に関することであったり、入社後の待遇について記載されている書類です。

  • 身元証明書(身元保証書)
  • 住民票記載事項証明書
  • 従業員調書

こちらは身元保証人や現住所の確認に使用される書類です。最近では現住所の確認は履歴書で行われることも多いため、不要なケースが多いかもしれません。

最後は、健康診断書や卒業証明書といったものとなります。卒業証明書は基本中途採用であれば提出することはないでしょう。

  • 健康診断書
  • 卒業証明書
  • 免許・資格関連の証明

免許・資格関連の証明は免許(資格)が必要な職業の場合、確認のため提出を求められる可能性が高いです。

かなり種類が多いですが、すべて簡単に用意出来るものでしょうか?
中にはなくしたら再発行しなければならなかったり、退職時に申請しておかないと発行できない書類もあります。

自分に必要なものを早めに見極めておきましょう。

入社初日に失敗しないためのポイントは?

入社手続きも終わり、いよいよ転職先への初めての出社…。緊張する方も多いでしょう。

やはり最初の印象は強いものですから、ここで失敗してしまうとあまりいいイメージを持たれない可能性も十分にあります。

そこで、このトピックでは入社初日に気をつけるべきポイントについて解説していきたいと思います!

出社時間は事前に確認するのが○

就業規則にて出社時間は決まっていますが、実際会社で運用されているルールと違う可能性も十分にあります。

自分で判断し15分前に出社したらすでに全員が揃っている…なんて状況を避けるためにも、採用担当者に「適切な出社時間」を確認しておくことをおすすめします。

その上で、少し早めの出社時間を設定するといいですね。

例えば多くの社員が8時半に出社するのであれば、それよりも前の8時20分くらいを目指して出社するように調整しましょう。

第一印象は重要!失敗しない服装とは?

見た目はその人の印象に大きな影響を与えます。

どんな服装であっても外したらダメなのは「清潔感」。清潔感がないとそれだけで悪い印象を与えてしまいます。

私服OKな職場であれば、最初はきれいめで、かつ落ち着いた色合いのものを選びましょう。

紺・黒・グレー系のジャケットを羽織っていったり、女性であれば薄いピンクやベージュ、白など上品な色合いでまとめるのがオススメです。

その他心がけておきたいポイントはこちら

その他、初日にあるいは初日までに気をつけておきたいポイントはこちらです。

  • 挨拶(スピーチ)は1分~2分程度で終わる簡潔なものを
  • 笑顔を忘れず、学ぶ姿勢を大切に
  • お誘いはできるだけ断らないようにする
  • 業界の知識を予習しておく
  • わからないことがあれば採用担当者に相談しておく

やはり笑顔や自分から学びにいく姿勢は大切。わからない部分はきちんと質問しメモを取るなど、1日でも早く戦力になる努力をしましょう。

また、人付き合いも大切な要素。お誘いはできるだけ断らず、早く馴染める努力をすることも重要です。

初日は誰でも緊張するものですから、気合を入れすぎず肩の力を抜いていきましょう。

挨拶をしっかりするなど基本を守るだけでも好印象になります。新しいスタートを気持ちよく切りたいですね。

内定してからもやることは沢山!スムーズな転職を目指そう

ついつい内定を貰うと安心して気がぬけてしまいがちです。

しかし、内定を貰ったからといってそこで終了ではなく、そこから新しい職場でのスタートになります。

しっかりと内定後の知識を身に着けて準備しておくことで、スムーズな転職を目指しましょう!