退職理由の例文を紹介!上司を納得させて円満退職しよう

退職理由の例文を紹介!上司を納得させて円満退職しよう
上司のパワハラがひどいので転職したいです・・・。退職するときは素直に理由を伝えてもいいですか?
本音であったとしても、ネガティブな退職理由はNGですよ!

上司の心証を悪くすると円満退職ができません。また「残業が多い」「給与が低い」といったネガティブな理由を挙げると、待遇改善を条件に引き止めにあう可能性もあるんです。

えぇ、それは困ります!どんな理由なら円満に退職できますか?
「退職の理由例」と「上司に伝えるときの例文」を紹介します!

「例文どおりに伝える」「自分なりの言い方に表現を変える」などして、活用してください。

当記事では、「上司に退職意思を伝えるタイミング」や「注意したい退職時期」についても紹介します。

円満退職をするためには、退職意思を伝えるタイミングも外せないポイントのひとつです。

また「退職・転職理由トップ5」もお伝えします。

退職・転職理由ランキング!転職経験者1,000名の本音を大調査

みんなはどんな理由で退職を決めたんでしょう?
本音ではネガティブな退職理由を挙げる人が多いですね。

当サイトでは、転職経験者に「転職をしたいと思ったきっかけや理由」についてアンケートを実施しました。

調査対象:転職経験者の男女1,000名
調査時期:2017年7月
調査方法:インターネット

転職理由は全24項目、最大3つまで理由を選択できる複数回答方式です。アンケートからわかった「退職・転職理由」のトップ5は次のとおり。

退職・転職理由ランキング
  1. 人間関係
  2. 給与への不満
  3. キャリアアップのため
  4. 他にやりたい仕事がある
  5. 残業が多い/休日が少なかった

今回のアンケートでは、多くの人が退職理由を3つ選んでいました。退職する理由はひとつではなく、いくつかの理由が重なっていることがわかりますね。

転職経験者の本音として多いのは「人間関係」や「給与への不満」といった、ネガティブな退職理由。

次いで「キャリアアップのため」「他にやりたい仕事がある」と、ポジティブな理由が続きます。

退職理由を伝えるときは、本音はどうあれ「前向きな退職理由」または「やむを得ない退職理由」を伝えましょう。

本音は大切ですが、円満退職をするためには、建前も必要です。次の章では、退職の理由例と例文を紹介します。

退職理由は「前向きな理由」「やむを得ない理由」がベスト

円満に退職するための退職理由には、主に2つあります。

まずは「前向きな理由」からみていきましょう。

「前向きな退職理由」と例文を紹介!円満退職を目指そう

前向きな退職理由の代表例は次の2つです。

前向きな退職理由
  • やりたい仕事がある
  • キャリアアップしたい

2つの理由に共通して必要なのは、今後のキャリアプランを明確にすること。

退職の揺るがない意思と「新たな環境でチャレンジしたい」という熱意を伝えましょう。

「やりたい仕事があること」を伝える際の例文
お忙しいところ申し訳ありません。

大変申し上げにくいのですが、◯月末で退職させていただきたいと思っております。

至らない点の多い私をここまでご指導いただき、大変感謝しています。

ですが実は〇〇業界に興味があり、かねてより挑戦したいと考えていました。自分の力を試したいという思いを捨てきれず、退職を決断いたしました。

誠に身勝手ではございますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

退職理由を伝えるときは、退職時期についてもはっきりとこちらから提示しましょう。

「キャリアアップしたいこと」を伝えるときの例文
お忙しいなか申し訳ありません。突然ですが、退職させていただきたく、お時間をいただきました。

これまでお世話になったことは大変感謝しています。

ですが、将来について改めて考えたところ、もっと業務の幅を広げ、新たな環境で能力を高めたいと思うようになりました。

誠に身勝手ですが、◯月◯日までに退職させていただきたいと存じます。よろしくお願いいたします。

とくに「キャリアアップのため」は要注意です。なぜ現職ではいけないのか、はっきりとした理由を伝えましょう。場合によっては「他部署への異動」「昇給」など、慰留条件を提示されて引き止めにあう可能性もあるからです。

もし引き止められ、それでも転職の決意が揺るがないのであれば、謙虚かつ揺るがない姿勢で次のように答えてください。

大変ありがたいお話ですが、退職の意思に変わりはありません。申し訳ありません。
転職先について聞かれた場合は、どう答えればいいですか?
「まだ決まっていません」と答えるのが無難です。

「やむを得ない退職理由」と例文を紹介!上司に納得してもらおう

やむを得ない退職理由はさまざまありますが、上司に納得してもらいやすいのは「家庭の事情」です。

やむを得ない退職理由例
  • 家業を継ぐことになった
  • 家族の介護をすることになった
  • 配偶者が転勤することになった
  • 結婚をすることになった

やむを得ない事情であれば、上司も納得せざるを得ません。例文は次のとおりです。

家業を継ぐことを伝えるときの例文
両親が高齢となりまして、家業を継ぐことを決断いたしました。会社には大変お世話になり、ご恩を感じていますが、退職させていただきたく存じます。
家族の介護を理由にするときの例文
家族が高齢となったため、介護に専念したく退職の意思を固めました。
家族の転勤を理由にするときの例文
実は夫が転勤することになりまして、大変悩みましたが、転勤先に付いていくことを決断しました。ご迷惑をおかけしますが、退職の意思を固めました。

また女性であれば、結婚や妊娠を機に退職をするということもあるでしょう。寿退社をする場合は、次のように伝えましょう。

結婚を理由にするときの例文
この度、結婚することとなりました。家庭を守ることに専念したいため、退職させていただきたく存じます。
それじゃあ、まだ予定はないけど・・・「結婚を機に退職する」って言っちゃおうかな!
ちょっと待ってください、嘘はいけませんよ!同じ業界に転職するのであれば、どこかで接点をもつ可能性もあります。

いつどのように嘘が発覚するかわからないので、リスクを冒すのは避けましょう。お世話になった会社に対する誠意も必要ですよ。

どうしても伝えたくない場合は「一身上の都合」で通そう

退職理由は、できるだけ伝えたほうがいいです。

しかし、どうしても退職理由を伝えたくなければ「一身上の都合」で通しましょう。

「一身上の都合で辞めます」と言って、素直に辞めさせてくれるでしょうか?
具体的な退職理由を聞かれる可能性は高いですね。上司として「部下が退職する理由」は聞かずにはいられません。
やっぱりそうですよね・・・。問いただされたら、どうしよう?
そうですね。「一身上の都合」で通すか「退職理由を差し支えない程度に伝える」か、どう対応するか考えておきましょう。

退職願や退職届など、書面では退職理由にかかわらず「一身上の都合」で問題ありません。詳しくは、「退職願や退職届の正しい書き方とは?違いやマナーをわかりやすく解説!」の記事をご覧ください。

退職意思は就業時間外に伝えよう!円満退職にはタイミングも大切

この章では、退職を伝えるときのタイミングを紹介します。

退職を伝えるときは、タイミングも重要です。正しい切り出し方をすることで、円満退職につながる可能性が高くなります。

退職すると決めたら、まずは口頭で直属の上司に伝えましょう。

退職の意志が固まったら、すぐに伝えたほうがいいですよね!朝イチでいいですか?
退職を申し出るタイミングは、就業時間外が望ましいです!どうしても時間が合わず、就業時間内に伝えるしかない場合でも、始業後すぐは避けましょう。

上司の仕事が一段落ついているところを見計らって、退職意思を伝えてください。

また退職を告げるときは、次のような時期は避けましょう。

  • 繁忙期
  • 人事異動の直後
  • 重大なプロジェクトの進行中

円満退職をするためにも、会社に迷惑がかかる時期はなるべく外してください。

退職のタイミングや切り出し方について、詳しくは「正しい退職の切り出し方!円満退職につながる上司への伝え方や報告マナー」をご覧ください。

なるほど、円満退職をするためにはタイミングが重要なんですね!

ところで退職意思はいつまでに伝えればいいですか?

民法では、契約期間に定めがない場合は「退職する2週間前までには申し出ること」とされています。つまり2週間前までに伝えれば、退職できるということですね。

ただし会社によっては「1カ月前に届け出ること」などと規定があることも。その場合は会社が規定する時期に従い、1カ月前には退職の意思を伝えましょう。

勤めている会社の就業規則をしっかり確認してください。

就業規則に規定があれば規定どおりに、規定がない場合は「2週間前に伝えればOK」ということですね!
そのとおりですが、退職する際は引き継ぎの期間も考慮する必要があります。「どの程度の期間があれば、引き継ぎ作業が完了するか」も考えて退職意思を伝えましょう。

退職時期について詳しく知りたい人は「退職に必要な期間とは?流れと時期から考える最適な退職のタイミング」をチェックしてください。

上司に退職理由を伝えるときは、謙虚かつ揺るがない姿勢を心がけて

退職理由としてベストなのは、「前向きな理由」と「やむを得ない理由」です。

退職理由を伝えるときは、会社への感謝の気持ちを示しつつも、退職の意志が揺るがない姿勢を貫きましょう。

たとえ本心だとしても、ネガティブな理由は伝えないように要注意です。ネガティブな理由は上司の心証を悪くするため、円満退職から遠のきます。

「残業が多い」「給与が低い」といった理由を挙げると、待遇改善を提示され引き止められる可能性も。

どうしても退職理由を伝えたくない場合は、「一身上の都合」で通すのもひとつの手です。

また退職の意思を上司に伝えるときは、なるべく就業時間外を心がけてください。退職日は引き継ぎが完了するように余裕をもつことも忘れずに。

上司が納得する退職理由を伝え、円満退職を目指しましょう。

アナタに合った職場が見つかります
おすすめ転職サイト
転職者の年収アップを実現!専任のプロが徹底サポート!独占求人情報も掲載中
  • アナタの適職をプロがアドバイスします
  • @typeだけに掲載される独占求人情報アリ!
  • 年収・待遇の交渉も専任のプロが代行
詳細記事へ
公式サイトを見る
詳細記事へ
公式サイトを見る