保育士の転職成功ポイント5つを解説!辞める前に考えるべきこととは

保育士の転職成功ポイント5つを解説!辞める前に考えるべきこととは

「転職したい」「今の職場を辞めたい」と悩んでいませんか?

まずは転職したい理由はなにか、今の職場に問題がある場合は解決できないかを考えましょう。

今の職場で解決できないことであれば、転職を検討してください。保育士の転職方法は、主に6つあります。

転職方法 概要
転職エージェント 担当者がついて転職をサポート
転職サイト(求人サイト) 自分で求人を探して応募するサイト
保育士・保育所支援センター 地方自治体が実施する転職支援サービス
ハローワーク 厚生労働省が管轄する職業紹介所
知人の紹介 知人の紹介を受けて入職
保育園に問い合わせ 働きたい保育園に直接問い合わせ

当記事ではさらに、転職を成功させるための5つのポイントを解説します。転職したい人、転職しようか悩んでいるは、ぜひ参考にしてくださいね。

保育園を辞める前に今の職場で問題を解決できないか考えよう

まずは転職する前に、どうして今の職場を辞めたいのか考えてみましょう。

「キャリアアップのため」「目指す保育がある」など、転職しないと達成できない目標はありますか?ある場合は「保育士の転職方法」の章へ進んでくださいね。

今の職場に悩みがある、転職するか悩んでいるという人は、次の点を確認しましょう。

転職する前に考えるべきこと
  • 今の職場を辞めたい理由は何か?
  • 今の職場で問題を解決できないか?

「転職したい」「今の職場を辞めたい」と思ったのは、どんな理由でしょうか。理由をはっきりさせないと、転職しても同じ悩みを抱えてしまうかもしれません。

悩みの原因、理由を知って、解決方法を考えましょう。

解決しないようであれば、転職するのもひとつの手です。次の章では、保育士の転職方法を紹介します。

「仕事を辞めたい」と悩んでいる人は、次の記事を読んでみましょう。

「仕事が辛い」という人には、次の記事もおすすめです。

保育士の主な転職方法を紹介!おすすめは転職エージェント

保育士には、主に次のような転職方法があります。

保育士の主な転職方法
転職方法 概要
転職エージェント 担当者(※1)がついて転職をサポート
転職サイト(求人サイト) 自分で求人を探して応募するサイト
保育士・保育所支援センター 地方自治体が実施する転職支援サービス(※2)
ハローワーク 厚生労働省が管轄する職業紹介所
知人の紹介 知人の紹介を受けて入職
保育園に問い合わせ 働きたい保育園に直接問い合わせ
※1:キャリアアドバイザー、コンサルタントなど呼称は会社によって異なる
※2:各地方自治体が運営、名称は異なる場合も

おすすめは、転職の情報が集まる「転職エージェント」「転職サイト」「保育士・保育所支援センター」の利用です。

転職エージェントは、施設の内部情報を知れるのがメリット。転職サイトや施設のホームページでは公開されない「非公開求人」も扱っています。

また転職エージェントは転職者と園の橋渡し役。園には聞きづらいことも、キャリアアドバイザーになら質問しやすいです。特に聞いておきたいのは、次のポイント。

  • 職員の平均勤務年数
  • 退職者の有無と退職理由

平均勤務年数が短い、退職者が多いという施設には、注意しましょう。

転職エージェントって、転職サイトとなにが違うんですか?
転職エージェントは「希望に合う求人の紹介」や「園とのやり取り」、「履歴書の作成」や「志望動機の書き方」など、あらゆる面で転職をサポートします。
へぇ、心強いですね。転職サイトはどんなものなんですか?
転職サイトは、求人を掲載しているサイトのことです。自分で求人検索して、園に応募するので、マイペースに転職活動したい人に向いていますよ。

転職エージェントと転職サイトの違いについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

保育士向けの転職エージェント・サイトについては、(★リンク予定「保育士 転職サイト」)で紹介しています。

「保育士・保育所支援センター」は、転職エージェントと似たようなサービスです。転職エージェントとの違いは、地方自治体が運営していること。

気になる人は「住んでいる地域+保育士・保育所支援センター」で検索してみましょう。

検索例
「東京 保育士・保育所支援センター」

「転職エージェント」も「転職サイト」も「保育士・保育所支援センター」も気になります。どれにするか悩んじゃうわ。
転職方法はひとつに絞る必要はありませんよ。転職エージェントも、保育士・保育所支援センターも無料で利用できるので、いろいろ試してみてください。

また転職エージェントは、各社とも特徴が異なるので2~3つ併用するのがおすすめです。併用のメリットは次の記事で解説しています。

保育士が転職に成功するための5つのポイントを解説!

この章では、転職に成功するためのポイントを解説します。

転職に成功するためのポイント
  1. 自己分析をしよう
  2. 保育規模や目標・理念を確認しよう
  3. 求人票をしっかり確認しよう
  4. 保育園を見学しよう
  5. 在職中に転職活動しよう

それぞれのポイントについて、見ていきましょう。

【転職成功のポイント1】自己分析をしよう!考えておきたい12の項目

転職したいと思った理由は、なんでしょうか。「キャリアアップのため」「人間関係がよくない」など、それぞれ理由がありますよね。

自己分析では転職したい理由に加えて、次の項目を考えましょう。

ノートやスマホのメモ帳などに書き出してみてください。

自己分析で考えたい12の項目
  • 今までの経験で学んだことは?
  • どんな保育をしたい?
  • どんな働き方をしたい?
  • 得意なことはなに?
  • 不得意なことはなに?
  • やりたいことはある?
  • やりたくないことはある?
  • 自分の長所はなに?
  • 自分の短所はなに?
  • 今どんな悩みがある?
  • 転職先に求める条件は?
  • ぜったいに譲れない条件は?

ほかにも思いついたことがあれば、どんどん書き出しましょう。進めていくうちに転職先に望む条件や、自分の考えがはっきりしてきますよ。

やってみると、書きたいことがいろいろ出てきますね!
ウサギーヌさん、その調子です!自己分析をしておくと、志望動機を書くときや、面接を受けるときにも役立ちますよ。

自己分析については、次の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【転職成功のポイント2】保育規模・保育目標・理念が合う施設を選ぶ

転職するときは自分の適性、目指す保育にあった園を選びましょう。

確認したいのは、次のポイントです。

自分に合う保育園を選ぶためのポイント
  • 園の規模は小規模か大規模か
  • 保育目標・理念・方針に共感できるか

一人ひとりと向き合って保育したい人には、小規模保育が向いています。

「0~5歳まで幅広い子どもの保育をしたい」「いろいろな先生がいる園で経験を積みたい」という人には、大規模な保育園が向いているでしょう。

保育施設には、次のような種類があります。

保育施設の種類
保育施設 概要
保育所
【0~5歳】
・認可保育所と認可外保育所がある
・認可保育所の方が給与は高い傾向
認定こども園
【0~5歳】
・幼稚園と保育所の特徴を持つ施設
・幼保連携型、幼稚園型、保育所型、地方裁量型がある
地域型保育
【0~2歳】
・保育所よりも少人数で保育
・小規模保育、事業所内保育、家庭的保育、居宅訪問型保育がある
幼稚園
【3~5歳】
・3歳~小学校入学前の子どもが通う
・幼稚園教諭免許が必要

地域型保育は比較的、新しい保育のかたちです。なかでも事業所内保育※は人気がある職場のひとつ。

事業所内保育施設とは

従業員などの子どもを預かるために、企業や病院に設置される保育施設のこと。「事業所内保育」や「企業内保育所」と呼ばれることもあります。

また施設の保育目標・理念・方針に共感できるか、という点も重要です。

いくら条件のいい保育園でも、目標や理念に共感できないと後々転職を後悔することも。

自分の目指す保育と、保育園の目標や理念にズレがあると、保育の仕方に悩んでしまいそうですね。
はい、目標や理念はしっかり確認することが大切なんです。目標などは保育園のホームページで見られますよ。

【転職成功のポイント3】給与・休日・手当などを確認しよう!

転職する際は、求人の詳細や求人票から、次の点を確認しましょう。

求人票で確認したい項目
  • 基本支給額(基本給+手当等の計)
  • 雇用形態
  • 賞与
  • 交通費
  • 社会保険
  • 別途徴収金(給食費・互助会など)
  • 有給休暇
  • 休日
  • 福利厚生
  • 園児定員数
  • 非正規の場合は契約更新の有無

保育園によっては手当を年に1回、まとめて支給するところもあります。賞与と混同しないように気をつけてくださいね。

保育園によって異なりますが、主な手当には次のようなものがあります。

主な手当の種類
特殊業務手当 行事など通常業務以外につく手当
賞与 初年度に注目、但し書きをよく確認
通勤手当 車通勤の場合は可否と駐車場代を確認
住宅手当 家賃補助などを確認
管理職手当 役職がつく場合は確認
※施設によって手当の種類や呼称は異なる

転職する際は、どんな手当を用意しているかも確認してくださいね。

【転職成功のポイント4】保育園は必ず見学しよう!チェック項目紹介

転職するときは、必ず保育園を見学してください。

見学は実際に職場を見て、採用担当者や職員に質問ができる貴重な機会です。見学の際は、次のポイントをチェックしましょう。

見学でチェックしたいポイント
ポイント 詳しい内容
施設の雰囲気 ・園児とどんな接し方をしているか
・職員同士の雰囲気はいいか
・園長の人柄に信頼感を持てるか
・施設は清潔で整理整頓されているか
・園児は生き生きと過ごしているか
・保育士1人が担当する園児の人数
教育制度 ・中途採用の教育はどうしているか
・ブランクがある場合の教育制度は整っているか
勤務時間 ・残業はあるか、あるならどの程度か
・持ち帰りの仕事はあるか
・日誌などの事務作業はいつ行うか
職場までの距離 ・通勤時間はどれくらいかかるか
・通勤手段に不便はないか

見学してみると、良くも悪くもイメージが違うことがあります。気になる保育園があれば、どんどん見学に行ってみましょう。

「転職エージェント」や「保育士・保育所支援センター」を利用する場合は、キャリアアドバイザーに教育制度・勤務時間について質問してみましょう。

気になることを質問できるのは、転職支援サービスを利用する大きなメリットです。

【転職成功のポイント5】転職活動は在職中にするのがおすすめ!

転職活動は在職中にするのがおすすめです。次のようなメリットがあります。

在職中に転職活動するメリット
  • 金銭面の不安が少ない
  • ブランクの不安がない

退職すると収入が途絶えてしまうので、金銭面にストレスを感じてしまうことも。また保育の現場から離れることで、ブランクへの不安も募ってしまいます。

焦って転職活動をすると、不本意な転職をしてしまうかもしれません。

しかし在職中であれば、このような不安を抱かずに転職活動ができるのです。

でも働きながら転職活動するのって大変です。退職してからのほうが、落ち着いて転職先を探せると思います。
たしかに退職後の転職活動には、時間に余裕を持てるというメリットがあります。焦って転職活動しないように、転職活動中の生活費を貯めてから、退職するといいでしょう。

また転職エージェントを利用するという手もあります。キャリアアドバイザーが園とのやり取りや面接の日程調整、条件交渉などを代行するので、忙しい人でも転職活動をしやすいです。

転職の際は必ず保育園を見学しよう!納得できるかが転職成功の鍵

保育士は全国的に不足しているため、転職しやすい職種のひとつ。求人倍率は高く、選択肢も豊富です。

ただ転職する前に、まずはどうして転職したいのか、今の職場に問題がある場合は解決できないか、を考えてください。

転職して叶えたいことがある、問題は解決しそうにない、という場合は転職活動を始めましょう。

転職を成功させるには、まずは自己分析。どんな保育がしたいのか、求める条件は何か、を明確にします。目標や理念に共感できるか、働き方や給与など雇用面もしっかり確認してくださいね。

気になる保育園が見つかったら、ぜひ見学に行きましょう。

実際の職場を見て、採用担当者に質問できるので、施設をよく知ることができます。

自分の目でしっかり見て、ここで働きたいと思えるかが、最も大切な転職成功の鍵です。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月23日 14:48 求人更新