保育士ワーカーの特徴・注意点を解説!登録~退会方法まで紹介します

保育士ワーカーの特徴・注意点を解説!登録~退会方法まで紹介します

「保育士WORKER(ワーカー)」は、保育士に特化した転職エージェントです。

拠点数は15カ所と多く、全国の求人に対応しています。

どの地域でも利用しやすいのが特徴です。

また保育士ワーカーには、電話だけでなく会って面談もできる、平日の面接同行は9割以上といったメリットもあります。

その一方で、募集終了の可能性が高い求人もあるという注意点も。

当記事では、保育士ワーカーの「特徴」「メリット」「デメリット」を解説。登録~入職までの利用の流れ、退会の仕方についてもお伝えします。

メリットもデメリットも知ったうえで、保育士ワーカーの利用を検討しましょう。

保育士ワーカーの特徴を解説!15拠点あり全国の求人に対応

保育士ワーカーには、次のような特徴があります。

保育士ワーカーの特徴
  • 全国に対応!拠点は15カ所
  • 転職者も求人先も同じ担当者

転職エージェントの対応地域は、都市圏のみという場合も多いです。

しかし保育士ワーカーの拠点は全部で15カ所、全国に対応しています。

また保育士ワーカーには「転職したい人」と「求人先の保育園・企業」の双方を、1人の担当者が対応するという特徴も。

どういうことですか?
転職エージェントの中には、「転職者」を担当する人と、「保育園・企業」を担当する人が、分かれているところもあります。効率的ですが、ミスマッチが起こる可能性もあるんです。
へぇ。保育士ワーカーは、同じ人が対応するからミスマッチが起きづらいってことですか?
そのとおりです。保育士ワーカーでは、1人の担当者が双方の要望を把握しているため、ミスマッチを減らせるんです。

保育士ワーカーでは、これを「一元管理」と呼んでいます。

保育士ワーカーのメリット!自分に合った方法で面談可能

この章では、保育士ワーカーを利用するメリットを紹介します。

保育士ワーカーのメリット

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

保育士ワーカーのメリット1:面談は『対面』と『電話』から選べる!

転職エージェントを利用するときは、まずは面談(ヒアリング)を行います。これはどの転職エージェントも同じです。

とはいえ面談の仕方はさまざま。電話のみで面談する転職エージェントも少なくありません。

しかし保育士ワーカーでは、直接会って面談することも、電話で面談することもできます。

転職者が希望する方法で、面談できるのです。

対面と電話って、どっちのほうがいいんですか?
どちらでも大丈夫ですよ。面談で大切なのは、転職への思いや、職場の希望条件をしっかりと伝えることです。

自分が話しやすいと思う方法を選びましょう。

保育士ワーカーのメリット2:平日の面接には9割以上同行!

いざ転職をしようと思っても、面接に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

保育士ワーカーは面接同行に力を入れていて、平日は9割以上の面接に同席しています。

キャリアアドバイザーが面接時も転職者をフォローするので安心です。

土日は面接同行していないんですか?
はい、面接同行を行っているのは平日のみです。

保育士ワーカーのほかには、「保育情報どっとこむ」も面接同行に注力しています。

ただ保育情報どっとこむの場合、面接に同行するのはキャリアアドバイザーではなく、求人先の営業担当です。

詳しくは次の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

保育士ワーカーのデメリット!利用する前に確認しておこう

保育士ワーカーには、次のデメリットがあります。

保育士ワーカーのデメリット

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

保育士ワーカーのデメリット1:募集終了の可能性が高い求人も掲載

保育士ワーカーには、募集終了の可能性が高い求人も掲載されているので、注意が必要です。

求人検索をすると、「詳細をみる」というボタンが次の2種類に分かれています。

詳細をみるボタン【その1】

保育士ワーカーの「この求人の詳細をみる」ボタン

詳細をみるボタン【その2】

保育士ワーカーの「この施設の詳細をみる」ボタン

それぞれに掲載されている情報は、次のように異なるのです。

保育士ワーカーの求人情報は2種類
求人情報に表示される案内 求人情報の内容
「この求人の詳細をみる」 詳細情報あり
「この施設の詳細をみる」 施設情報のみ

「この求人の詳細をみる」の場合は、就業時間や給与などの詳細情報を掲載。

一方「この施設の詳細をみる」と案内されている場合は、施設情報しか記載されていません。

施設情報しか載っていない場合、募集が終了している可能性が高いでしょう。

保育士ワーカーのデメリット2:担当者によっては不満を感じる人も

保育士ワーカーに限ったことではありませんが、キャリアアドバイザーに不満を感じる人もいます。

「対応がよくない」「しつこい」と思う度合いは、人によって異なるもの。

キャリアアドバイザーは転職の重要なパートナーです。もし信頼できないと感じる場合は、次の対応を検討しましょう。

担当者に不満がある場合の対応策
  • キャリアアドバイザーの変更を申し出る
  • ほかの転職エージェントを利用する

保育士に特化した転職エージェントは、保育士ワーカーのほかにもあります。詳しくは「そのほかの転職エージェント」の章をご覧ください。

保育士ワーカーの『利用の流れ』と『退会方法』について紹介!

この章では、保育士ワーカーの「利用の流れ」と「退会方法」を紹介します。

まずは利用の流れから見ていきましょう。

『保育士WORKER(ワーカー)』の登録から入職までの流れ

保育士ワーカーを利用するには、会員登録が必要です。

登録は公式サイト、または電話から行えます。公式サイトからの登録時に入力する項目は、次のとおりです。

公式サイトから登録する場合の質問項目
希望条件 ・保有資格【必須】
・希望勤務形態【必須】
・入職希望時期
名前・生年月日 ・名前【必須】
・生年月日【必須】
・メールアドレス
お客様情報 ・郵便番号
・住所【必須】
・電話番号【必須】
・質問、希望など

全部で10項目ありますが、必須項目は6項目のみ。簡単に登録できます。

では登録から入職までの流れを見てみましょう。

「保育士ワーカー」利用の流れ
  1. 登録
  2. 希望条件などをヒアリング
  3. 希望に合う条件の求人を紹介
  4. 面接
  5. 内定・入職

登録後は保育士ワーカーから連絡がきて、転職先に希望する条件や、転職についての相談などを話します。

直接会って相談したい人は、その旨を伝えましょう。

紹介された求人が希望条件と合っていれば、面接を受けます。

内定後の給料や休日といった条件交渉は、キャリアアドバイザーが対応。双方が納得すれば、晴れて入職です。

『保育士ワーカー』の退会方法!担当者に退会依頼メールを送る

「保育士ワーカーが合わなかった」「別の方法で転職先が決まった」など、いろいろな理由で退会を考えることもあります。

登録前に退会方法も知っておくと安心です。

保育士ワーカーの公式サイトには、退会申請フォームなどはありません。

退会する際は、担当のキャリアアドバイザーに「退会したい」という旨をメールか電話で伝える必要があります。

ちょっと面倒です・・・。
そうですね。ただ退会申請フォームがない転職エージェントは、わりと多いんです。

『保育士WORKER(ワーカー)』の基本情報をチェック!

保育士ワーカーを運営するのは、株式会社ティスメ(医療ワーカーグループ)です。

2016年4月から、保育士の転職支援サービスを開始しました。

保育士のほかにも、介護士や看護師、栄養士などの転職も支援しています。

「保育士WORKER(ワーカー)」の基本情報
運営会社 株式会社ティスメ
(医療WORKERグループ)
公開求人件数 約31,000件
非公開求人 あり
求人更新日 随時
利用料金 無料
スマホアプリ なし
拠点(オフィス)一覧 ・東京本部
・大阪本社
・札幌支社
・仙台支社
・新潟支社
・横浜支社
・大宮支社
・静岡支社
・名古屋支社
・神戸支社
・京都支社
・高松支社
・広島支社
・福岡支社
・熊本支社
電話相談可能時間 【平日】9:00~21:30
【土曜・祝日】9:00~19:00
セミナー・イベントなど なし
保育士ワーカーは公開求人件数が多いですね!
はい。ただ「デメリットの章」でお伝えしたように、募集が終了している可能性のある求人も多いです。その点は注意してくださいね。

保育士専門の転職エージェントは『保育士ワーカー』のほかにも!

保育士専門の転職エージェントは「保育士ワーカー」のほかにもあります。

転職エージェントは転職の選択肢を広げるために、2~3つ併用するのがおすすめ。

自分に合ったキャリアアドバイザーと出会う可能性も上がりますよ。併用のメリットについては、次の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

それでは、保育士に特化した転職エージェント9社の特徴を紹介します。

保育士に特化した転職エージェント9社の特徴
転職エージェント 特徴
マイナビ保育士 ・一都三県と大阪に特化
・対面での面談が可能
保育士バンク! ・希望すれば対面の面談も可能
・こだわり条件の種類が豊富
ほいく畑 ・希望すれば対面の面談も可能
・派遣の求人もあり
保育ひろば ・入職まで平均1~2週間
・派遣の求人もあり
保育のお仕事 ・転職フェアを開催
・派遣の求人もあり
保育情報どっとこむ ・サポートが手厚い
・派遣の求人もあり
保育エイド ・人間関係に悩む人におすすめ
・保育士向け姉妹サイトが7つ
スマイルサポート保育 ・前給制度(週払い)あり
・派遣の求人もあり
キララサポート保育 ・運営会社は保育園を経営
・派遣の求人もあり

次に、自分で求人検索して応募する「転職サイト(求人サイト)」を見てみましょう。

保育士に特化した転職サイト
転職サイト 特徴
保育Fine! ・首都圏の求人が多い
・最大5万円を3カ月支給する制度あり

転職エージェントと転職サイトの違いについては、次の記事で解説しています。

また保育士求人は、さまざまな職種を扱う総合型の転職エージェントにも。

働きたい地域の求人数が少ない場合は、総合型の転職エージェントをのぞいてみるのもおすすめです。

『保育士ワーカー』のメリット・デメリットを知ったうえで利用しよう

「保育士ワーカー」は2016年にサービスを開始した、保育士専門の転職エージェントです。

大きな特徴は、全国15カ所に拠点を設置していること。

全国の求人に対応しているので、地域によって使う人を選びません。

また「転職したい人」と「求人先の保育園」を1人の担当者が対応するので、要望のすれ違いが起きづらい点も特徴のひとつです。

面談は電話だけでなく、直接会って行うことも可能。平日の面接同行は9割以上と安心感もあります。

その一方で、募集終了の可能性のある求人がサイトに掲載されていたり、担当者によっては不満を感じる人もいたりするなど、注意点も。

特徴やメリットだけでなくデメリットも知ったうえで、保育士ワーカーを利用しましょう。

※掲載の情報は2019年3月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
6月19日 23:01 求人更新

RECOMMEND