一般職と総合職の違いや男女比率、選択基準や併願・転換について紹介

就職活動や転職活動で、一般職と総合職の違いが分からなくて迷っていませんか?

一般職と総合職の大きな違いは、業務内容の範囲です。

この記事では、一般職と総合職の「主な違い」や「男女の割合」を紹介します。自分の性格や将来どうなりたいかを考えたうえで、一般職か総合職かの選択をしましょう。

また「総合職から一般職」「一般職から総合職」に転換できるのか、応募するときは併願して受けられるのかも解説します。

応募する求人を選ぶときに、ぜひこの記事を役立ててくださいね。

『一般職』と『総合職』の主な違いは、年収や業務内容の範囲

一般職と総合職は、主に年収や業務内容などに違いがあります。詳しくは次の表で確認してください。

一般職と総合職の主な違い
一般職 総合職
業務 ・文書作成など一般的な事務作業
・総合職の業務補助
・販売、生産管理、会計、人事などのあらゆる業務
業務範囲 限られている 限りはない
キャリアアップ 昇進のチャンスは少ない 管理職を目指せる
残業 少ない 多い
年収 低い 高い
転勤 ない ある
一般職のほうが、残業や収入は少ないのですね。
はい。総合職は一般職よりも多くの業務をこなすので、年収も高くなる傾向にあります。

総合職で入社すると販売管理や生産管理、会計、人事などの「基幹業務」に携わることが多いです。

そのため総合職として働く人にかかる責任は、一般職よりも重くなります。

総合職って忙しそうですね。
一般職に比べると業務の範囲が広いですから。残業が多く、勤務時間も長くなる可能性がありますよ。

自分の時間を大切にしたい人は「一般職」を選ぶことが多く、どんどんキャリアアップしたい人は「総合職」を選ぶ傾向があります。

総合職と一般職のどちらを選ぶのかは、自分の現状や性格も考えたうえで決める必要がありますよ。

選び方について詳しくは「自分の性格や働きたい形を考えて『一般職』か『総合職』を選ぼう」の章で説明しています。

公務員を目指している友達がいるのですが、公務員にも一般職と総合職の違いはありますか?
ありますよ。公務員の一般職と総合職の違いも、大まかに見れば上記の表とだいたい同じです。

 
たとえば「キャリア官僚」や「上級国家公務員」は総合職として、政策の企画・立案などを行います。その企画や立案を実施するのが、一般職として働く公務員です。

勤務先によって業務内容は異なるので、募集要項をしっかり確認しておきましょう。

『一般職は女性』『総合職は男性』の採用比率はまだ高い

昔からある「一般職は女性」「総合職は男性」という意識は、最近低下しているとはいえ、まだまだ男女の割合に偏りがあります。

厚生労働省が平成27年度に発表した「男女労働者それぞれの職業生活の動向」によると、総合職の採用比率は男性8割:女性2割。一般職では、男性2割:女性8割でした。

「一般職は女性」「総合職は男性」という傾向は、まだ根強く残っていることが分かります。

しかし前年度に比べて「女性の総合職」「男性の一般職」の割合は、少しですが増えているんですよ。

割合にとらわれず、自分のキャリアプランや希望する働き方を考えたうえで「一般職・総合職」の選択をするのが大切です。

自分がどんな性格で、どんな形で働きたいのかなどを明確にし、「どちらの職種が合っているのか」しっかり考えてみてくださいね。

一般職・総合職の選び方について、詳しくは次の章で解説します。

自分の性格や働きたい形を考えて『一般職』か『総合職』を選ぼう

転職活動中に「プライベートを重視して一般職で働くべきか、それとも給料が高い総合職に挑戦しようか」と迷う人も多いですよね。

そんなときは、自分のライフスタイルや「生活において重視したいこと」を基準に考えてみましょう。

一般職か総合職かを選ぶ基準となるのは、次のようなことです。

一般職・総合職を選択する際に考えるポイント
  • 現在、1日にどれくらいの時間働けるか
  • どう働きたいのか
  • 将来どうなっていたいのか
  • 自分はどんな性格なのか
  • どういった仕事をしたいのか
どの項目も具体的に考えるのが難しいです・・・。
具体的に考えるのが難しかったら、頭の中を整理するために紙に書き出すのがおすすめですよ。

たとえば「残業が少ないほうがいい」「できるだけ地元で働きたい」「キャリアを積んでいきたい」「年収をアップさせたい」など、希望する働き方について書き出せることは多くあります。

「残業が少ないほうがいい」「できるだけ地元で働きたい」のであれば、残業や転勤の多い「総合職」はその人にとって難しい条件です。

「キャリアを積んでいきたい」のであれば、管理職を目指せる「総合職」として働きたいですよね。

また働き方に関すること以外にも「自分がどんな性格なのか」も踏まえて、どちらが向いているのか考えましょう。

たとえば「人を率いるより、サポートをするのが得意」なら、総合職の補助業務をこなす「一般職」がおすすめ。

「リーダーシップを取るのが得意で、積極的な性格」なら、業務範囲に限りがなくキャリアアップの見込める「総合職」を選ぶのがいいですね。

「キャリアは積みたいけどリーダー的役割は苦手」「バリバリ働きたいけど長時間拘束されるのは嫌」という人は、どちらを優先するか、努力で克服できそうか、なども考えてみてください。

一般職と総合職、どちらが向いているのか把握するために、自己分析をするのもおすすめですよ。

自己分析のやり方や、転職活動への活かし方については「転職成功には自己分析が必須!やり方や転職活動への活かし方も紹介」が参考になります。

「定時で帰りたい」「責任が軽い方がいい」という理由で一般職を選んでもいいですか?
もちろんいいですよ。ただし、一般職だから定時で帰れる、責任が軽いとは限りません。

企業や部署によって労働時間や業務内容は異なりますから、企業説明会に行ったり求人情報を見たりして企業研究をしておきましょう。

企業研究の方法や目的については、次の記事に詳しく記載しているので参考にしてくださいね。

一般職と総合職のよくある疑問!転換の可否やエリア総合職について

この章では一般職や総合職に関連したよくある疑問を紹介します。

ここで紹介するのは次の2つです。

一般職・総合職に関する疑問

それでは詳しく見ていきましょう。

一般職と総合職の併願は企業により異なる!募集要項で確認しよう

同じ企業で一般職・総合職のどちらも募集がある場合、「併願して応募できるの?」と疑問に思うこともありますよね。

基本的に一般職と総合職は、併願して受けられない企業が多いです。

ただし企業によっては併願できる可能性もあるので、募集要項で「併願不可」となっていないか確認しましょう。

募集要項を見てもわからなかった場合は、企業に直接問い合わせをしてください。

「一般職で入社して総合職に転換」したり、「総合職で入社して一般職に転換」したりすることは可能ですか?
転換できるかどうかも企業によって異なるので、可能とは言い切れません。

入社後、一般職から総合職への転換は「可能だけど難しい」と言われることが多いです。

また総合職から一般職に変われたとしても、その企業では「もう総合職に戻れない」可能性もあります。

どちらに応募すべきか慎重に考えて、「一般職」か「総合職」を選びましょう。

『エリア総合職』とは、働く場所が限定されている総合職のこと

「エリア総合職」とは、支店や特定の地域内など、働く場所が限定されている総合職のことです。

「総合職で働きたいけど、転勤はしたくない」という人もいますよね。そうした場合に「エリア総合職」を視野に入れて、転職活動を進めるのもひとつの手です。

「エリア総合職」は遠方への転勤はありませんが、基本的な仕事内容や求められる成果などはいわゆる総合職とほぼ同じ。しかし年収は低いことが多いのです。

遠くへ転勤したくなければ「エリア総合職」で転職先を探せばいいんですね。
はい。エリア総合職は「地域総合職」や「特定総合職」など、企業によってさまざまな呼び方がありますから、求人情報をよく確認してくださいね。

何を重視して転職先を決めるかは人それぞれなので、自分の納得できる働き方を選びましょう。

一般職・総合職の違いをチェック!自分に適した働き方を選ぼう

この記事では「一般職」と「総合職」の違いや男女の採用比率、どう選んだらよいか、などを紹介しました。

一般職は残業が少ない分、年収が低く業務内容の幅に限りがあります。総合職は年収が高く管理職を目指せる分、責任は重く残業もより多い傾向があるのです。

一般職・総合職の男女採用比率にはまだ偏りがありますが、比率にとらわれる必要はありません。

一般職・総合職で迷ったら、自分の性格や将来の希望などをもとに考えましょう。

自分の適性を見極め、自分に合う働き方、納得できる働き方を選んで、後悔のない転職をしてください。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月20日 04:24 求人更新