第二新卒と呼ばれる時期はいつまで?第二新卒の意味と転職時の注意点

第二新卒と呼ばれる時期はいつまで?第二新卒の意味と転職時の注意点

就活といえば新卒対象というイメージが強かったのは、もう昔のお話。近年は、「第二新卒」という言葉がよく聞かれるようになり、第二新卒を積極的に採用する企業も少なくありません。

でも、第二新卒の定義って何なのでしょうか?いつからいつまでが第二新卒になるのか、気になるところですよね。また、第二新卒として転職活動する際の注意点や、メリットやデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

入社からそれほど年月が経っていないけれど転職を考え始めているとか、在職歴が短いままに退職して転職活動中など、第二新卒に当たる可能性が高い方は、ぜひチェックしてくださいね!

第二新卒っていつまで?既卒との違いも含めてご紹介!

まずは、さっそく「第二新卒」の定義から見ておきましょう。第二新卒とよく似たイメージの「既卒」という言葉も時々耳にしますが、第二新卒とはどう違うのでしょう?それも合わせてご説明します。

第二新卒とは

第二新卒というのは、新卒で入社しておおむね1年~3年以内に求職している人を指す言葉です。とはいえ、厳密に年数が決まっているわけではなく、おおよそ1年~3年までなら第二新卒に含めることができるというのが定義です。

ですから、四年制大学を卒業して第二新卒となった場合、25歳前後の人が多いです。しかし、浪人や留年、留学、大学院卒などによって20代後半やそれ以上の年齢の人もいますから、第二新卒に関しては年齢的な定義はなく、新卒入社後の年数から考えます。

転職サービスや企業によっては、正規雇用に限らず、新卒後に派遣社員や契約社員の経験がある人や、留学などの影響で少し遅れて就職活動を始める人も第二新卒に含めることもあります。

1年未満または3年超の人は第二新卒ではない?

おおむね新卒入社後1年~3年以内の求職者が第二新卒であるとお伝えしましたが、では、1年未満や3年を超えている人は、第二新卒ではないのでしょうか?

これもまた法的な決まりがあるわけではないのですが、1年未満でも第二新卒に含まれるのが一般的です。

しかし、この場合は「短期離職」や「早期離職」として、第二新卒とは区別した呼び方をされることもあり、職歴1年以上の第二新卒よりも不利になることがあります。

また、新卒入社後3年を超えている場合は、ひと通りの社会人経験を持っており、即戦力を期待されての採用となることが多いため、第二新卒とは違う一般的な転職活動者とみなされます。

既卒とは?

既卒とは、学校を卒業してから一度も就職していない人、つまり社会人経験がない人を示す言葉です。卒業後おおむね3年程度までとされていますが、はっきりとした定義があるわけではありません。

このように、既卒とは一度も入社したことがない人のことですから、同じ若手の求職者とはいっても、社会人経験があることが定義のひとつとなる第二新卒とは、全く異なります。

第二新卒には、法的な定義があるわけではないのですね。

新卒入社からおよそ1~3年という年数が基準だそうですが、第二新卒には若い人というイメージもあります。入社後3年以内なら、30歳以上でも第二新卒というのですか?

第二新卒とは社会人経験はあるけど前職に染まり切っていないことが魅力ですから、若手であることも条件と言えますね。

法的な定義はないものの、30代前半くらいなら第二新卒に含めてもよいかもしれませんが、それ以上となると少し違和感がありますね。

第二新卒者の転職理由と、企業が第二新卒に求めることとは

今現在の仕事に物足りなさや不満があり、第二新卒として転職活動をしようか迷っている方も少なくないと思います。そんな方にとっては、他のみんなはどうして第二新卒として転職するのか、そのワケに興味がわきますよね。

第二新卒になる理由

第二新卒者の転職理由には、以下のようなものが挙げられます。

  • スキルアップを目指したい
  • やりたい仕事ができていない
  • 働いてみてこの業種に適性がないことが分かった
  • 給与や休日、福利厚生などに不満がある
  • 会社の将来に不安がある
  • 職場の人間関係が悪い
  • ハラスメント被害に遭っている

ご覧のように、今の状況に不満はないけれど更なるキャリアアップを目指す場合と、現職の仕事内容や待遇、人間関係に何らかの問題がある場合とに大別されます。

かつては、石の上にも三年で、どんなに大変でも3年は頑張るものだという意識が強かったのですが、現在はそれも薄れてきました。長時間勤務やハラスメントで心身を壊しそうなケースはもちろん、自身のキャリアアップといった目的でも、3年未満で転職することは珍しくなくなりました。

第二新卒採用に積極的な企業も!

近年は売り手市場で、第二新卒の採用に積極的な企業も少なくありません。このように、転職しやすい状況であるというのも、第二新卒になる理由の一つと考えられます。

では、企業側は、第二新卒に何を求めて採用するのでしょうか?

  • 若手社員の補充
  • 教育にかける時間やコストの削減
  • 適応力や柔軟性
  • 高い入社意欲

第二新卒が増えているということは、3年未満で退職されて若手不足に陥る企業も増えているということ。それを補充するために、第二新卒を積極採用するという企業も多いです。

また、第二新卒者は前職で社会人経験を積んでいますから、ある程度のビジネスマナーは身についています。したがって、一から社会人教育をする手間は省けます。

しかし、即戦力となるほどの経験はありません。ということは、前職に染まっていないということでもあり、転職先の仕事や環境に対する柔軟性や適応力も期待されているというわけです。

新卒枠に応募することは可能?

そんな第二新卒の人が、新卒枠に応募することはできるのでしょうか?

これについては企業によって違いがありますが、多くの企業では新卒枠は新卒のみで、第二新卒に関しては別枠となっています。

第二新卒が新卒枠に応募しても良いことになっている企業があったとしても、応募するメリットはあまりありません。新卒枠で入社すると、新卒の新入社員と同じように一から新人教育を受けることになりますし、これまでのキャリアはリセットされてしまいます。

また、先にもお伝えしたように、採用する企業側にとしては、新卒でも既卒でもない第二新卒にこそ期待するものがあって、第二新卒枠を設けています。したがって、企業にとっても転職者にとっても、第二新卒は第二新卒枠に応募するのがベストです。
ほとんどは新卒と第二新卒が別枠になっているとはいえ、企業によっては第二新卒の人が新卒枠に応募することもできるんですね。

あまりメリットはないようですが、応募できるかどうかはどこで判断すればいいのですか?

応募できる場合は、その旨が募集要項に記載されていることも多いですから、よく確認してみましょう。記載がない場合は、直接問い合わせてもみてもいいですね。

しかし、人材的に新卒とは違いますから、やはり第二新卒者は第二新卒枠に応募する方がオススメですよ。

第二新卒で転職することのメリットとデメリットを知ろう!

第二新卒にとっても売り手市場の現在、思い切って会社を辞めて第二新卒としてやり直そうと考えている若手の方々も多いと思います。しかし、安易に退職することはおすすめできません。第二新卒のメリットとともに、デメリットについても知ったうえで検討しましょう。

第二新卒のメリット

まずは、第二新卒で転職することのメリットから見てみましょう。

  • 年収や待遇がアップする可能性が高い
  • 未経験の業種や職種にも挑戦しやすい
  • 意欲や人柄を重視してもらえる

待遇アップや、たとえお給料が下がってもやりがいはアップする等、労働状況の改善を期待して転職するわけですが、第二新卒の場合はそれが実現しやすいのが大きなメリットのひとつです。

というのも、新卒では入社できなかった会社や業種も、第二新卒ならチャレンジできることもよくあるからです。新卒よりもライバルが少なく、スキルよりも意欲や人柄を重視してもらえますから、本当にやりたかった仕事に就ける可能性もじゅうぶんあります。

また、第二新卒なら未経験の職種にも挑戦できますし、入社後に慣れやすいのもメリットです。

第二新卒のデメリット

良いことばかりに思える第二新卒の転職ですが、もちろんデメリットもあります。

  • またすぐ辞めてしまうのではと思われる
  • 社会人としての基礎ができていないことへの評価が厳しい
  • 昇進や退職金において新卒社員と差がつくことがある

もっとも大きなデメリットは、前職を3年以内に辞めているという実績があるため、今回も定着しない人材かもしれないと考えられてしまうことでしょう。

また、第二新卒には社会人としてのスキルがすでに身についていることを期待されているため、それができないときには新卒よりもずっと厳しい評価が下されてしまいます。期待に応えられるよう、意識を高めておかなければなりません。

さらに、退職金制度がある企業では、新卒で定年まで勤めあげる人と比べると、勤続年数が少ない分、支給額に差が出ることもあり得ます。昇進にも差がつくことも考えられますから、キャリアアップと今の会社で働き続けた方が良い部分とを天秤にかけて、じっくり考えましょう。
第二新卒の定義は3年以内の転職ですから、企業側が「また短期間で退職されるのでは?」と不安になるのも当然ではありますね。

退職した理由や、またすぐ辞めるつもりはないということを、どう伝えたらいいでしょうか?

転職理由は、正直に伝えた方がよいでしょう。ただし、人間関係が理由の場合は「この人にも非があるのでは?」と思われないよう、伝え方に工夫が必要ですね。

「転職するなら若いうちが良いと考えました」等、次は腰を据えて働くつもりでいることもアピールしましょう。

第二新卒は新卒入社後3年まで!利点も多いが安易な退職はNG!

第二新卒の意味と、転職における注意点、そして第二新卒者のメリットとデメリットについてお話してきました。

法的な定義はないものの、新卒入社後およそ1年~3年が経過している求職者を第二新卒と呼び、社会人経験があるため教育コストを減らせることや、柔軟性があることなどが採用する企業側にも歓迎されています。

しかし、辞めやすい人とみなされるリスクや、出世や退職金で損をする可能性もあるため、安易に退職して第二新卒者になることはオススメできません。人生設計を踏まえて現状と将来をじっくりと考え、キャリアアップできそうな場合にのみ転職を決めましょう。