労働問題を相談できる窓口を紹介!相談しない解決方法もあります

労働問題を相談できる窓口を紹介!相談しない解決方法もあります

働いていると「サービス残業」「上司からのパワハラ」「職場内でのいじめ」などのトラブルに巻き込まれることがありますよね。どこに相談したらいいか分からず、1人で抱え込んでいませんか。

この記事では、「労働問題について相談できる窓口」と「雇用形態別の対処方法」、「相談窓口に頼らない対処方法」を紹介します。

労働問題の相談窓口は複数あるので、自身の状況に合った相談窓口を見つけましょう。

労働問題は、相談することで解決できる場合もあります。1人で抱え込まず、窓口への相談も考えてみてください。

労働問題について相談できる窓口を6つ紹介

はじめに労働問題について相談できる窓口を紹介します。相談できる労働問題の内容や方法は、窓口によってさまざま。

「どんな問題を、どんな方法で相談したいのか」を踏まえたうえで、自分に合った相談窓口を見つけてくださいね。

労働問題を相談できる窓口は、次のとおりです。

労働問題の相談窓口一覧

項目をタップすると、詳しい説明に飛びます。

【労働相談窓口1】労働基準監督署

「労働基準監督署」は厚生労働省が管轄しており、企業への立ち入り調査や送検処分、逮捕する権限を持つ行政機関です。

労働基準監督署は強い権力を持っていますが、全ての問題を相談できるわけではありません。

労働基準監督署は「労働基準法」に直接違反している労働問題のみ、相談を受け付けています。「労働基準法」を直接違反していない問題については、労働基準監督署に相談しても対応してもらえません。

「労働基準法」に違反していない問題は、どんなものがありますか?
「いじめ」や「嫌がらせ」、「パワハラ」、「セクハラ」などです。

労働基準法に直接違反していない問題は、労働基準監督署内にある「総合労働相談コーナー」で相談することができます。

自分の抱えている問題が「労働基準監督署」に相談できるものか分からない場合は、まず「総合労働相談コーナー」に相談してみましょう。

「労働基準監督署」と「総合労働相談コーナー」の基本情報は、次の表を確認してください。

「労働基準監督署・総合労働相談コーナー」基本情報
労働基準監督署 総合労働相談コーナー
相談内容 労働基準法に違反したもの 労働問題全般
相談方法 ・面談
・電話
・面談
・電話
料金 無料 無料
受付時間※ 平日8:30~17:15 平日9:00~17:00
※事業所によって異なる
労働問題について相談したいんですが、最寄りの「労働基準監督署」や「総合労働相談コーナー」がどこにあるのか分かりません・・・。
労働基準監督署は、全国に配置されています。インターネットの検索窓に「労働基準監督署 窓口 神奈川」と、住んでいる地域も一緒に入力して検索しましょう。

また「総合労働相談コーナー」は、労働基準監督署外に設置されている都道府県もあります。所在地を事前に調べてから、相談に行ってくださいね。

【労働相談窓口2】法テラス

法テラスは、国が設立した公的な機関です。

法的なトラブルに関する相談を受け付けており、相談内容に応じて利用者に必要な情報やサービスを提供。解決に役立つ「法制度」や「手続き」、「法テラスと契約している弁護士や司法書士の事務所などの相談窓口」を案内してくれます。

法テラスの基本情報は、次のとおり。

「法テラス」基本情報
相談内容 法律関係全般
相談方法 ・電話
・面談
・メール
料金 無料
面談可能時間 事務所による
電話受付時間 平日9:00~21:00
土曜9:00~17:00
メール受付時間 24時間
公式HP 法テラス
法テラスの窓口はどこにあるんですか?
法テラスの事務所は全国にあります。法テラスHPから、住んでいる地域付近の相談窓口を検索しましょう。

またインターネットの検索窓で「法テラス 窓口 鹿児島」と、住んでいる地域と合わせて検索しても見つけられます。

【労働相談窓口3】みんなの人権110番

みんなの人権110番は、法務省が管轄している相談窓口です。

差別やパワーハラスメントなど「人権に関わる問題」を相談できます。

みんなの人権110番の基本情報は、次のとおりです。

「みんなの人権110番」基本情報
相談内容 人権問題
相談方法 ・面談
・電話
・インターネット
料金 無料
面談可能時間 事務所による
電話受付時間 平日8:30~17:15
メール受付時間 24時間
公式HP みんなの人権110番

面談での相談を希望する場合は、各都道府県にある法務局・地方法務局またはその支局で相談ができます。

「みんなの人権110番」の相談員は、「法務局職員」と「人権擁護委員」です。

また、女性の人権問題について相談したい場合は「女性の人権ホットライン」へ相談してください。

女性の人権ホットラインでは「上司からセクハラを受けている」「妊娠中に嫌がらせをされた」など、女性に関するさまざまな人権問題を相談できますよ。

【労働相談窓口4】こころの耳

こころの耳は、働く人のための「メンタルヘルス・ポータルサイト」です。

仕事の悩みを相談できるだけでなく、メンタルヘルスに対する情報を調べたり、メンタルヘルス対策について学んだりできます。

「こころの耳」の基本情報は、次のとおりです。

「こころの耳」基本情報
相談内容 労働に関するメンタルの悩み
相談方法 ・電話
・メール
料金 無料
電話受付時間 月曜・火曜17:00~22:00
土曜・日曜10:00~16:00
メール受付時間 24時間
公式HP こころの耳

問題を解決したいというよりは、「話を聞いてほしい」という人におすすめ。

【労働相談窓口5】NPO法人労働組合

NPO法人労働組合では、労働者があらゆる職場問題について相談できます。

現在の会社に労働組合がなければ、「NPO法人労働組合」に相談して労働組合を作り、問題解決を図ることも可能です。

NPO法人労働組合の基本情報について、次のようにまとめました。

「NPO法人労働組合」基本情報
相談内容 労働問題全般
相談方法 ・電話
・メール
・面談
料金 無料
面談可能時間 平日9:00~17:00
電話受付時間 平日9:00~17:00
メール受付時間 24時間
公式HP NPO法人労働組合

東京にある「労働組合相談センター」であれば、面談での相談も可能です。事前に電話で予約を入れて、面談をお願いしてくださいね。

【労働相談窓口6】日本労働組合総連合会

日本労働組合総連合会では相談して労働組合を作ることにより、問題を解決に導くことができます。

また個人の労働問題だけでなく「労働法制」「社会保障制度」「経済政策」など、社会的問題を解決するための取り組みも実施。

日本労働組合総連合会の基本情報について、次のようにまとめました。

「日本労働組合総連合会」基本情報
相談内容 労働問題全般
相談方法 ・電話
・メール
料金 無料
電話受付時間 最寄りの連合ごとに異なる
メール受付時間 24時間
公式HP 日本労働組合総連合会
※最寄りの連合に繋がる

日本労働組合総連合会は、47都道府県すべてに地方連合会を置いています。最寄りの連合ごとに相談受付時間が異なるので、調べてから電話をかけてください。

近くの事務所を探したい人は、公式HPの「全国の連合相談窓口」で検索しましょう。

派遣やパートで労働問題が起きたときの相談窓口や対処方法

ここまで「労働問題が起きたときの相談窓口」を紹介しました。しかし「派遣社員やパートで働いている場合でも、相談していいの?」と不安に感じる人もいますよね。

ここでは「派遣社員」と「パート・アルバイト」に分けて、労働問題が発生した際のそれぞれの対処法を紹介します。

まずは「派遣社員」の場合からです。

派遣社員の労働問題は派遣元や派遣先に相談!日本人材派遣協会も

派遣社員が労働問題について相談したいとき、「労働基準監督署」や「法テラス」などに相談しても問題ありません。

ただし派遣社員として働いているのであれば、派遣元企業や派遣先企業への相談が可能です。

まずは、派遣元で自分を担当している人に相談しましょう。解決しなければ、「派遣先」または「派遣元」の責任者(苦情処理担当者)に相談してください。

責任者に相談するとき、派遣元か派遣先のどちらに相談すればいいですか?
どちらでも問題ないですよ。

「給料など契約条件の問題」は派遣元の責任者に相談し、「職場における人間関係の問題」は派遣先の責任者に相談するなど、問題に応じて相談先を決めるのがおすすめです。

派遣元と派遣先の責任者に相談しても解決できなかった場合は、「一般社団法人日本人材派遣協会」の相談センターに相談しましょう。

「一般社団法人日本人材派遣協会」の相談センターは、派遣に関する相談や、指導・援助などを行う機関です。派遣社員は「派遣元や派遣先とのトラブル」について相談できます。

「一般社団法人日本人材派遣協会」にある相談センターの基本情報は、次のとおりです。

一般社団法人日本人材派遣協会「相談センター」基本情報
相談内容 派遣に関する労働問題
相談方法 電話
料金 無料
受付時間 平日9:30~19:00※
公式HP 一般社団法人日本人材派遣協会
※祝日、年末年始を除く

労働者派遣法に基づいて、「労働者派遣アドバイザー」が相談者の悩みを聞いて解決の手助けをしたり、必要な情報を提供したりします。

パート・アルバイトの労働問題も正社員と同じ相談窓口を利用できる

パートやアルバイトとして働いているときに、トラブルが起きた場合、どこに相談したらいいのでしょうか?
パートやアルバイトであっても、「労働基準監督署」や「総合労働相談コーナー」などの相談機関に相談しましょう。

アルバイトだからといって、長時間労働・サービス残業などの労働基準法を違反するような労働条件は許されません。外部の機関に相談して、助けを求めてください。

長時間労働やサービス残業など「現在の職場が労働基準法に違反しているかわからない」という人は、次の記事を読んで確認してくださいね。

労働問題に対して「相談窓口を利用しないで解決できる方法」を紹介

ここまで、労働問題が発生したときの「相談窓口」を紹介しました。

ただし「外部に相談するには勇気がいる」「職場内の問題を外に漏らしたくない」という人もいますよね。

抱えている問題によっては、身近な人に相談することで解決できる可能性があります。

例えば次のような問題を抱えている場合、まずは身近な人に相談してみてください。

自分で解決できる可能性のある問題

それぞれの解決方法を詳しく見ていきましょう。

職場の人間関係は身近な人や上司に相談してみよう

職場で人間関係が上手くいかないときは、身近な人に相談してください。相談相手は、会社内の人でなくても構いません。

周りの人に相談することで、思いがけない解決方法が見つかることも。

上司や人事に相談すると、問題解決のために直接動いてくれる可能性もあります。

また相談しても人間関係が改善されない場合は、転職するのもひとつの手です。

人間関係で仕事をやめたい場合の「転職理由」や「転職先の探し方」、「実際に退職した人の声」などは、次の記事で紹介していますよ。

職場で無視されたりからかわれたりなど、直接的な暴力でない嫌がらせを「モラル・ハラスメント」といいます。

次の記事にモラハラを受けたときの「対処法」「事例」「相談窓口」などが詳しく書かれているので、読んでみてください。

パワハラを解決するために周囲の協力得よう

パワハラを受けている場合、信頼できる職場の同期や先輩、上司など周りに協力をお願いしましょう。

パワハラを受けている当事者ではなく第三者の立場から、パワハラをする人へ注意してもらえるよう頼んでください。

パワハラを受け続けていると、体調を崩して働けなくなってしまう可能性もあります。できるだけ早く、周りに助けを求めることが大切です。

パワハラの「事例」や「解決方法」、「相談窓口」については次の記事に詳しく書かれています。

セクハラを受けたら、はっきりと拒絶しよう

セクハラを受けた際、あいまいに受け流してしまうのはNGです。セクハラをしてくる相手に「嫌がられていないな」と勘違いされてしまう可能性があります。

セクハラを受けたら、はっきりと拒絶することが大切です。

またセクハラの場合でも、周囲に相談することで解決できる場合があります。セクハラは相談しにくい労働問題ですが、勇気を持って助けを求めましょう。

セクハラの「定義」や「相談窓口」、「対処方法」は、次の記事を読んでください。

セクハラの問題があるなら、解決できるよう対処したいのですが、セクハラについて相談しにくいです・・・。
セクハラ問題は、とくに女性にとってなかなか対処しにくい問題ですよね。どうしても相談しづらいのであれば、転職するのもひとつの手です。
一度職場で問題があると「転職先でもうまくやっていけるかどうか不安だな」と感じてしまう人も多いですよね。転職エージェントを利用すれば、事前に「転職先の職場環境」をキャリアアドバイザーから聞くことができますよ。

転職エージェントに関する情報や、利用するメリット・デメリットについて詳しくは、次の記事で紹介しているので参考にしてください。

おすすめの転職サイト・エージェントを紹介した記事もあります。

転職方法はそれ以外にもあります。自分の好きな方法で探してみましょう。こちらの記事もぜひ参考にしてください。

労働問題の相談窓口はたくさんある!一番いい解決方法を見つけよう

この記事では、職場で労働問題が起きたときの「相談窓口」や「対処法」を紹介しました。

窓口によって「受付時間」や「相談する手段」、「相談できる内容」がそれぞれ違うので、自分に合った窓口を見つけましょう。

労働問題や雇用形態によっても対処が異なる場合があるので、状況に応じて対処法や相談先を変えてください。また、相談窓口を利用しないで自分で解決したい場合は、周りに相談したり社内の窓口を利用したりしましょう。

それでも問題が解決しない場合は、転職することも考えてみてください。

自分に合った解決法を見つけ、労働問題のない職場で働きましょう。

※掲載の内容は2018年10月現在のものです。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月17日 08:09 求人更新

RECOMMEND